カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ イサギ良く釣れたが・・・

イサギ良く釣れたが・・・

2015年5月24日(日)イサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
潮@三尾〜小潮
日出4:53 正中11:57 日没19:00
天候:曇り時々晴れ  風向:東  潮:動かず~上り潮  水温:20.7度  波高:ベタ凪

150524_shio.jpg

(結果)35Lクーラー満タン

150524cooler.jpg



さて、またイサギ釣りです。当初はご近所の方とご一緒する予定でしたが、都合が悪くなり私一人で釣行です。ちょうど、釣りの後に京都まで魚を届けることになっていたので、一人だと直行できますから、問題なしでした。

3時半集合とのことで、いつもより余裕を持って出ますと3時過ぎに到着。雨の予報でしたが、雨はまだ振っておらず、途中で降り出しても良いように、雨用の格好をしてましたが、結局雨はぽつりとも来ませんでした。

当初は前日に予約していたのが、満員で乗れずにこの日になったのですが、何と予約が1番とのことで、右舷が6人、左舷が7人の13人でしたので、少しでも空いているほうと言うことで、右舷のトモに入りました。

150524turiza.jpg

この時は気づきませんでしたが、私のお隣からの3人組がYahooブログでおつきあいいただいている股屋釣海さんのグループの方々でした。釣海さんは私とは一番離れた場所でした。

4時前に出船、ポイントに到着したのが4時20分くらいだったと思います。4時半には釣り開始。曇っていたのでまだ暗かったです。指示ダナは忘れましたが、底から5〜10mくらいだったかな?

反応はかなり上のほうまで出てますが、暗いうちはしばらくアタリ無し。

150524-0422tankenmaru.jpg

明るくなってきた頃にぽつぽつと釣れはじめますが、私には当たりません。

底から5〜7mを狙いますが、当たりません。

まわりではそのうちに高活性になってきたのか、ダブルだトリプルだと言う声が聞こえてきますが、私もようやく釣れてきましたが、1匹ずつ、しかも、型はいまいちです。

底から7mで型がいまいちなので、もっと上げますが、そうすると釣れなくなります。

そして釣れても中サイズが1匹ずつ、たまに大きな当たりで良型がヒットしますが、そういうのは途中ではずれます。

まわりは快調に釣れているのに、自分はイマイチでしかもはずれてばかり・・・

一体原因は何なのか!?最後までわかりませんでした。

釣れている人たちの会話から、底から12mとか15mくらいで良型が釣れているようですが、私は同じように上げてもアタリが出ず・・・

結局、底から5〜7mくらいでやって中サイズをコツコツと追加してました。

雨の予報は完全にはずれ、結構日射しも出てきました。ベタ凪で潮もゆるく釣りやすいのですが、せっかくトモに入れたので、もうちょっと潮が早めに流れてくれたほうが私としてはありがたかったのですが・・・

150524_0802hinomisaki.jpg

7時過ぎに釣海さんグループのお一人、私のおとなりの方が巨大ヒラメ90センチを上げました。

150524_0705hirame.jpg

すごいでかかったので、ちょっと怖かったです(笑)。

実はその少し前に、ハリスが飛ばされて、仕掛けには針が一つも付いていない状態になっていたのに、それに気づかずに釣れない釣れないとストレスに思っていたのですが、よく見たら仕掛けが根こそぎ持って行かれてました。

朝からヒットした良型があまりにはずれることが多いので、またはずれたのだろうと思っていたのですが、根こそぎ切れていたようです。ドラグがきつめでしたので。

もしかして、私にもこのヒラメがヒットしていたのではないかと思うと微妙な気持ちになりました(笑)。まあ、どっちみち私には上げられなかったと思いますが。

開始から3時間、ちょうど半分くらい時間が経過して、だいたいこれくらい、40匹くらいでしょうか。

150524-0745.jpg

数的にはまわりの方々と同じくらいかと思いますが、私には「これぞジャリのイサギ」と言う良型がほとんど釣れてません。まわりでは大型もよく釣れていたので、頭の中が「???」でした。

それと、よくはずれます。よく釣っている方はあまり途中ではずれていないどころか、ダブルとかトリプルでしたが・・・

そのうち、まわりでも少し当たりが遠のいた感じになってきました。

150524_0800yarikae.jpg

今回使用したタックルは、フォースマスター1000を売り払って買ったばかりのシーボーグ300J,と、あと竿はいつもと違うアカイカマイカの180でした。高めの価格の電動リールに、超安い竿の組み合わせ(笑)と言うアンバランスタックルです。

フォースマスター1000は私には合いませんでした。何と言っても糸を出す時にレベルワインドが固定されているのが最大の欠点で、レベルワインドが端のほうで止まっている時などは糸がスムーズに出ませんので短気な私はイライラします。なんでそんなことになっているのでしょうか!?

これでまた電動リールはすべてダイワになってしまいました。ダイワでトラブルが多かったのでフォースマスターを買ってみたのですが、ハズレだったのか、このリールもトラブルが多く、カウンターに水が入ったり、カウンターがすぐ狂ったり、カウンターがフリーズしたりと、実にトラブルの多いリールでした。ビーストマスターにしておいたら良かったのかな!?

さて、8時くらいに船の位置をやりかえ。

150524_0800chiyomaru.jpg

今回は竿を変えたのも失敗だったかも!?いつもはアカイカマイカの手持ちスタイルか、タチウオの竿で、どちらもやや先調子ですが、今回は完全に胴調子です。いつもの竿とはエサの出具合やアタリの出方などが違ったかもしれません。わかりませんが。

船の位置をやりかえる前くらいから食いがしぶくなり、まわりではぽつりぽつりの食いですが、だんだん釣れなくなった感じでしたが、私だけは同じペースで釣れ続けてました。これも不思議です。

タナは結構底のほうだったので、みなさん上のほうをされていたのでしょう。巨大ヒラメがいなくなって、イサギが底に沈んだのでしょうか?私は下でばかりやってましたので、ほぼ同じペースで釣れてました。

お隣の方にタナを聞かれて、底から5mですと答えると、そんなに下と驚かれてましたので。

ただ、型はイマイチでした。もちろん、リリースするような小さいのは釣れませんが。

それでも、底から2〜5mの間を何度か往復しないとヒットしません。

しかし、そのうち、たまにまずまずのサイズもヒットするようになってきましたし、針はずれは減りましたが、しかし35センチ級の大型はほとんど釣れませんでした。

トモだったのでイケスを使ってましたが、9時になり、これ以上イケスにイサギを入れ続けると、帰港して午後便の出船までに間に合わなくなったら迷惑になるので、ここからは釣ってはシメてとするようになり、少し手返しが悪くなりましたが、それでもポツポツとは釣れてました。

そして10時30分になり終了。

(結果)イサギ24〜34センチを71匹、マアジ26センチ前後を3匹

150524_chouka.jpg

今回は、まわりで良型がダブルトリプルと釣れている時間帯にあまり釣れず、ヒットしても中サイズが1匹ずつ、たまに良型がヒットしてもしょっちゅうはずれると言うことで、かなりストレスでした。

また、上のタナをされていた名人のOさんは、かなりの良型を結構釣られていたので、さすがだなと思いました。

私は上のタナで待ちきれませんで、底ばかりやってましたので。

今回はYUKAが京都の友人の家へ遊びに行っており、そこに友人ら4人で集まっているので、イサギを持って行く約束をしましたから、結構数がいりましたので、型より数を優先したと言う言い訳をしておきましょう(笑)。

不思議と少しやせていて脂があまり乗っていないものとかも多かったです。

次回は上のタナで良型を狙う釣りをしたいと思います。できれば産卵はじまって脂が落ちてこないうちにまた行きたいと思いますが、今週から忙しくなってきたので、行けるか微妙です。

でも、イサギ釣りをもうわかった気になっていましたが、今回のようなことがあるとまた燃えてきますねー。まだまだ修行が必用です。また早く行きたくてしょうがない気持ちになります。

結局、たくさん釣りたいからと言うより、何が正解なのかを知りたいから数を釣って確認したいと言う気持ちが強いのかなと言うことがわかりました。

今回、後半は型をあきらめ数狙いで釣れるタナ(底のほう)が正解だったとは思いますが、前半は何かが間違っていたのかと思います。

その間違いが何だったのか、状況が違えばまた答えも違うかもしれませんが、その答えを求めてまたしばらくはイサギ釣りに集中できそうです。

わかった気になっていても、まだまだわからないことがあり、修行が必用と言うことだけははっきりわかりました。良い勉強になった釣行でした。

次回は本当に良型狙いを頑張ります(笑)。

と言うことで、いつも以上に必死で釣りをしてしまいましたので、股屋釣海さんかなとも思っていたのですが、こちらからご挨拶もできずに、愛想もなく申し訳ありませんでした。

またお会いすることがありましたら、何とぞよろしくお願いいたします。
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れさまでした~。

京都行かれてからだったのですね。

ダブルで釣るのは(?)ですが、棚についてはもしかして・・・

去年の5月29日の釣行記に書いてますが、棚をあげてもすぐにアタリがない。
エサ撒いて自分の釣座の下に寄せないとダメなのではないでしょうか。
2015年05月26日(Tue) 18:07
編集
>ゴリオさん

タナはおっしゃる通りかもしれませんねー。特に今回は潮もあまり動いてませんでしたので。

また良型は賢いからすぐには飛びついて来ないのかもしれません。

今週の土曜日に空きがあったらまた行こうと思ったのですが、昨日の釣果欄を見たら木・金・日の午後便に空きありとしか書いてなかったので、あきらめようかと思ってます(涙)。
2015年05月27日(Wed) 08:47
編集
こんにちは。
いつも良く釣られてますね。
5月上旬に一回行きましたが、55匹しか釣れませんでした。船頭さんに色々教えてもらい、一度仕掛けを自分で作ってみたらと言われて挑戦してます。
針の選び方が難しいですね。サビキの色と針の種類とサイズ選びにかなり悩みました。結局は、市販仕掛けよりワンサイズ小さな針で、グレバリ、アジバリのサビキ。金のカラバリにしました。ハリスも枝だけを2.5号で幹糸は、3号。それとオール3号。船頭さんが自作なら5本針もとおっしゃってたので、それも作りました。考えだすと色んなパターンが出来てたのしです。サビキを自作したのは初めてで、一つ作るのに1時間も掛かって大変でした。
カーク船長も自作サビキですか?
2015年05月27日(Wed) 11:16
編集
>のぶさん

どうもこんにちは!仕掛けを自分で作るのは良いと思いますねー、いろいろ考えますので。

私も以前は作ってましたが、最近は時間が無いので、特殊なやつのみを作ることにしていて、あとは市販のものを使っています。

特殊なのは、針の数を多くしたり、逆に少なくしたり、市販のには付いていないような針を使ったりとかする場合ですが、どれも冬場の難しいイサギを釣る時に使う用です。

今の時期は市販ので行けるかなと思っていて作らなかったのですが、今回のようなことああると、やっぱり作ったほうが良かったなと思います。特に、今回のようにオキアミの刺し餌を持って行かなかった時などにそう思いますね。サビキの種類で食いが変わるかもしれませんので。

私は市販のサビキの付いた針を買ってそれをくくるだけなので、1つ作るのにそんなに時間はかかりませんが、それでもいろんな組み合わせのを作りますから、やりだすと時間がいくらあっても足りませんね。

仕掛けを作るのは釣りに行けない時に、釣りのかわりの楽しみになるくらい面白いと思います。
2015年05月27日(Wed) 14:02
編集
こんばんわ 参考になりました!   ありがとうございます。

明日、出撃いたします!!
2015年05月27日(Wed) 19:34
編集
>HBさん

今頃入れ食いでウハウハでしょうか。頑張ってきて下さいねー
2015年05月28日(Thu) 08:04
編集
いやいや、十分でしょう。
なんやかんやでその数はすごいです。

ちなみにリンク先の方のブログ拝見しましたが、私も同じこと思いました。
初めてお会いした時に、写真からの予想よりずっと若かったです(笑)
2015年05月28日(Thu) 12:59
編集
T端さん、どうもです

まあ数的には満足しているのですが、やっぱり前半に良型を釣りそこなったのが残念でした。

写真のほうが老けて写るもんなんでしょうかね?あまり気にしてませんし、顔にシミとか出てきましたので実際老けてますから、写真のほうが年相応かと思ってますが、あちらにも書きましたが、福山雅治と同学年です(笑)。
2015年05月28日(Thu) 15:03












非公開コメントにする