カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 最近の食事など

最近の食事など

最近はあまり外食などしていませんが、外食すると写真を撮っているので調べて見ると12日と15日に外食していました。

12日は雨降りでしたが、また空いている店、長崎ちゃんぽん十鉄へ・・・

150512chanpon_shop.jpg

YUKAは普通のやつ。

150512chanpon_shiro.jpg

今回は黒とか言うのにしました。それの、野菜2倍で。前回はチャーハンセットにしましたが、さすがに炭水化物の取りすぎになるので今回はやめて、餃子セットにしました。

150512chanpon_kuro.jpg

普通味のちゃんぽんにニンニク脂をふりかけたもののようで、かなりニンニクがきつく脂が多いので、今の私には刺激が強すぎでしたが、味は良かったです。10年前なら夢中で食べたでしょう。

最初は空いていて、客は私ら2人だけ(店員は3人)の貸し切り状態で喜んでましたが、不思議なことに、その後は続々とやってきました。

たぶん、近所のラーメン店が休みだったから、その下流にあるこの店に客が流れてきたのかと思いますが、どうでしょう?

でも夕食時にしては空いているほうで、全部で10人も客はいませんでした。

なぜ私は空いている店が好きかと言うと、正確に言えば空いているのが好きなわけではなく、混んでいるのが嫌いなのですが、まず待たされるのが人一倍苦手です。

待つと言うことができない性格で、昔よりは少しマシにはなりましたが、なかなかなおりませんね。

もう一つは、うるさい、騒がしいのが苦手と言うのもあります。食事は静かにしたいのです。もちろん無言と言う意味ではなく、静かに語りながら大人の食事をしたいと言う訳です。

そういう点で最悪だったのが、最近行った焼き肉店でした。

店の名前は忘れましたが、最近できたようで、割引券のチラシが入っていたので行ってきましたが、最悪でした。

150515yakiniku.jpg

店内は狂騒、騒乱状態でした。と言うのは大げさですが、家族連れが多く、それも何故か、小さい子供を連れた家族ばかりでした。

小さい子を連れた親御さんも、まわりが静かな状況で自分の子供がワイワイ騒ぎ出したら、静かにするように注意すると思うのですが、最初からワイワイ、ギャーギャーうるさい状況ではもう無駄ですから、騒ぎ放題になるのでしょう。相乗効果ですごいことになってました。

子供が騒ぐのは元気で良いじゃないかと言う人が多いですし、別に悪いことではない、自分が子供の頃にもかなり騒がしい子供だった、などと考えると文句も言えません。

しかし、私は人一倍騒音には弱いので、隣で唐突にギャーギャー叫ばれたり、場内が騒然となっていると、本当に胃がキリキリと痛んできて食事どころではありません。味もわかりませんでした。

そんな状況で消化の悪い焼き肉の食べ放題などをまた無理にたくさん食べたので、翌日はひどいゲリでした。

この店のチラシをよく見たら、小学生半額、幼稚園以下は無料と書いてましたので、小さい子供連れが多かったのだと思います。今度からそこらへんはよく注意したいと思います。




家での食事ですが、このあいだの週末は釣りに行かず、土日とも仕事でしたが、一匹狼さんにイサギをいただきまして、私も次の週末にまた行きますからほとんど近所に配ったのですが、2匹だけ頂きました。それがすごくてびっくり。

刺身ですが、これだけ脂がのっているのははじめて?過去最高の脂の乗りでした。

150512isagi.jpg

正直、この時期のイサギはそれほど脂がのっている印象はなかったのですが、ちょっと認識が変わりましたねー。いつもは釣れだすのがもうちょっと遅いので。

イサギは2月3月頃のほうが美味しいと思ってましたが、これだけたっぷり脂がのっていると、何の料理をしても美味しいです。確かに身のしまり具合は圧倒的に冬の時期のほうなので、刺身で食うなら脂ほどほどでも冬のほうが好みですが、これだけ脂がのっていると煮付けなんかにするともすごい美味しかったですし。

写真はちょっと汚いですが、塩焼きも最高でした。

150518shioyaki.jpg

脂ノリノリで、あふれだしてました。

次の週末が楽しみですが、まさか一週間で劇的に痩せたりしていないでしょうね!?産卵がはじまると体力を消耗するので脂が急激に落ちて行くのではないでしょうか?わかりませんが。

あと、天気は別に雨でも良いのですが、波があると釣りにくいので、そこだけ心配です。

タケノコもたくさんいただきましたので、タケノコ御飯にしてもらいました。

150519takenoko.jpg

美味しいです。まだタケノコ生えているんですね。最近は自分で掘る体力がなくなってきたので、いただいてばかりですが、余裕があれば掘るのもまたやってみたいです。



都構想の選挙結果からマスコミがまた適当な分析をしてますね。高齢者や生活保護受給者が反対したせいで潰されたみたいに。

あれだけ賛否が拮抗した結果ですから、一部の人達が反対から賛成にくらがえしたり、反対の人が投票に行かなければひっくりかえった結果ですから、そういうことが言えてしまうのかもしれませんが、論理的な思考ができる人間のやることではありませんね。ネットの書き込みレベルのことをマスコミが言うようになったらもうおしまいです。

そんなことより、私は今回の件で、民主主義って本当に大丈夫か心配になりましたね。

何故かと言うと、賛成と投票した人も、反対と投票した人も、「よくわからないけど」とか言いながら投票した人が多いからです。

賛成派も反対派も、一般の有権者がよくわからないからわかりやすく説明しようとはしていたようですが、わかりやすく説明すると言うことは不正確で大ざっぱで極端な説明になると言うことです。

あとは政策の内容そのものの具体的な説明よりも、不安や不満をあおるやりかたをどちらもしていましたね。

賛成派は「やらないと大変なことになる」と言って現状のままでいることの不安をあおり、反対派は「やってしまったら大変なことになる」と変えた後の不安をあおってました。

あとはお互いにレッテル貼りです。賛成派は「反対派は自分たちの既得権や利権を守るために反対している」とすぐ言いますし、反対派は「賛成している奴は橋下信者で騙されている」みたいに言ってました。

さらに、お互いに相手の言っていることが、ウソだとかデマだとか決めつけてました。賛成派は「反対派のデマに注意」と言い、賛成派は「橋下氏はウソつき」と言ってました。

でも、どっちも正しいとも間違っているとも言える部分があります。協定書に書かれていることには限りがあるわけで、今回の住民投票で決まるのは、協定書に書かれていることだけです。

それ以外のことがどうなるかは、やってみないとわからないところが多いのも事実です。例えば、市営地下鉄の民営化だって、都構想が実現しても府議会で否決されたらできないわけですから。

なので、厳密に言うと、賛成派も反対派も言っていることのかなりの部分はデマと言えなくも無いですし、本当と言えなくも無いのです。そこまで断言していいのか?と言うのが私の印象でした。でも、わかりやすく説明するとなると、断定して言うしかなくなるから、しょうがないのかもしれません。

ですから、賛成派も反対派も、本来ならば、「良くなった場合(悪くなった場合)はこうなる可能性がある」と言う言い方しかできないはずの部分が多いのですが、お互いに自分たちの主張に最大限都合よく事がすすんだ場合の事のみを主張していただけでした。

賛成派や反対派が配っているチラシなどを見ても誤解するだけです。正確なことは協定書に書かれていることだけなので、協定書を見て理解できなければ本当のことはわかりませんし、中身が理解できたとしても、やってみないとわからないことも多いのです。

このように難しい政策について、行政に詳しいわけでもない一般の人がその政策の良し悪しを直接判断するなど無理でしょう。

ですから、若者はよくわからないからあまり投票に行かない人が多く、高齢者はよくわからないから保留の意味のこめてとりあえず反対とした人が少々多かったと言う程度ではないでしょうかね?


住民投票にはもう一つ欠点があります。責任の所在があいまいになる点です。

議会や市長が決めたのなら、失敗した時は議会や市長の責任ですし、彼らをやめさせることもできるでしょう。

しかし、住民投票で最終的な決定をしてしまったら、責任を取るのは誰か?誰も責任を取れません。多数派の側の責任と言うことになりますが、責任の重さを人数で割れば、1人1人の責任はほぼゼロです。

責任がほぼゼロであることについて、人はそんなに真剣に考えるでしょうか?

だから、よくわからないけども、期待して賛成、不安だから反対、とかその程度になってしまうのかなと思います。別にそれが悪いとも言えませんし。

料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする