カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ イサギ快釣でマダイも

イサギ快釣でマダイも

2015年3月14日(土)イサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

天候:晴れ時々曇り  風向:北5〜10m  潮:動かず~上り潮  水温:14度  波高:1m以下
日出6:11 正中12:08 日没18:05
ポイント:楠井沖

150314shio.jpg

今回は最近うわむきつつある楠井沖のイサギです。今くらいからよく脂がのったイサギが増えてきて美味しい季節です。

集合が5時半だと思って5時20分頃に港に着きましたが、5時過ぎ?に集合だったようでお待たせしてしまったようですが、私の他にはお客さん一人だけで空いていたのでたぶんそれほど迷惑かけずにすんだと思います(汗)。

150314turiza.jpg

30分ほどでポイントに到着、楠井沖です。風が少しありますが、潮はほとんど流れていないようで、波もほとんどありません。たまに少し出るくらいです。

150314_0555kusuioki1.jpg

ここらへんの海底は結構起伏があるのか、風で船が少し動くと水深が1−2mくらいかわりました(干満のせい?)。

アンカーおろしてしばらくすると魚探にも反応が出てきました。

150314_0605tankenmaru.jpg

6時くらいに釣り開始、底から5−7mくらいからはじめてとのことで、最近は結構上のタナでも食うようになってきたとのことですから、様子見てタナもさぐってとのことでした。

しかし、産卵の時期とは違って、タナを上げれば上げるほど大型が来るとは限らないようで、下のほうで大きいのが釣れることもあるようです。

船長もすぐに釣り開始、いきなり好調に釣り上げていますが、私はアタリ無し・・・

船長は入れ食いで釣っているのに、私は3投くらいやっても何も無いので不思議に思ってますと、なんと、クッションゴムのサルカンが開いていて、仕掛けを放流していました(汗)。

ちゃんと仕掛けを付けてサルカンもしめて再度投入。底から3mまで落としてエサを出しながら3mくらい上げてきてしばらくアタリを待ちます。

150314_0555sao.jpg

アタリが出ないのでもう一度エサを出そうかとすると、その頃にアタリが出ると言う感じで、ぽつぽつ釣れます。

最初は20センチくらいのリリースサイズも釣れてましたが、やっているうちにだんだんと小さいのは少なくなりたまに良型も混じるようになってきました。

探見丸の反応もものすごい感じです。

150314_0641tankenmaru2.jpg

タナも、底から12mくらいでコンスタントに釣れるようになってきました。

先針にオキアミ刺してますが、サビキのほうにも食ってきます。ダブルはたまーにしかありませんし、最盛期みたいに鉄仮面しゃくったらすぐアタリが出るわけではなく少しだけ待つ感じありますが、1投に1匹は確実に釣れてきて空振りが少ないです。

そんな感じでコツコツと釣り続けていると、9時過ぎには40匹くらいで、もうみやげには十分な量です。

150314_0915ikesu.jpg

しかし、この頃だったか、少し食い渋ってきて上のほうのタナではあまり食わなくなってきたので、ハリスを2号にしてタナも深めにしたらまた釣れだしました。

船長はたぶんサビキ仕掛けで釣っていたと思いますが、私はサビキには食わずオキアミを刺した針でしか釣れなくなりました。

しばらくして、かなり良い引きをする魚がヒット!これはもしかしたらサンバソウ?丁寧にやりとりして上がってきたのは、残念、サンノジでした(笑)。

しかし、この時期のサンノジは美味しいので、頭と内臓を傷つけないように取り除いて、よく冷やして持ち帰ります。

150314sannko.jpg

こうすると臭みまったく無しで美味しいですが、内臓はもろに「ウ○コ」のニオイです。はじめて釣った時に内臓をぐちゃぐちゃにしてしまったときにかぎました(笑)。たぶん夏だと身も臭いのだろうと思います。水温低い時期は美味しいです。

この後、船長もサンノジを釣り上げ、私にくれました(笑)。ありがとうございます。

まあサンバソウではなく残念でも、細ハリスでやりとりする練習になったかとこの時は思っていましたが・・・

そうこうしていると、イサギはまた順調に釣れだし、いつしかサンノジが釣れたことやイシダイが来るかもしれないこと、細ハリスでやっていることなど忘れて釣りをしていました。

150314_0920sao.jpg

そしてアタリがあったのでまたイサギだろうと竿受けに竿を起きっぱなしで巻き上げスイッチオンしますと、いきなり強烈なツッコミで竿先が深く刺さりましたが、瞬殺・・・

上げてみますとハリスが切れてました。良型イシダイだったかも・・・

ドラグはかなりゆるめにしていたのですが、細ハリスにしている時はイサギかどうかわかるまでは手持ちにしておくべきでした・・・。竿も少し固めだったこともあるのか、ともかく残念です。

でもイサギの食いはまた良くなって来ましたし、またイシダイに切られてもいやなので、自作2号の仕掛けはやめて、市販の「海戦」のハリス2.5号4本針仕掛けでやることに。

しばらくぽつぽつとイサギが釣れています。底から7mまで仕掛けを落としてそこからエサを出しながら3mくらい上げて少し待つとアタリが出る感じです。

そしてまたアタリが出たので巻き上げ、しばらくやりとりしてイサギの引きであることを確認したので、あとの巻き上げは竿受けにかけてやろうとした頃に、何故か急に強く引きだしました。

そこからはやりとりしながら慎重に巻き上げます。サンノジとは比べものにならない引きです。

これは何か良い魚だろう、きっとイシダイ?

上がっていたのは50センチオーバーのマダイと良型イサギのダブルでした。

イサギがオキアミの針に食いついていて、マダイのほうはサビキに食ってました。

下でイサギが食って、巻き上げの途中でマダイが食いついたようです。

150314madai.jpg

ここから、2匹目のどじょうならぬ2匹目のマダイを狙って、空針にオキアミを刺してやる仕掛けに変えました。

しかし、帰宅して魚をさばいてわかったのですが、マダイの胃袋にはアミエビがびっしり詰まってました。

150314madai_ibukuro.jpg

なので、普通のサビキのままで上のタナをやっても良かったかもしれません。船長も何度かハリスを切られたと言ってましたので、私の場合と同じく普通のサビキ仕掛けにマダイが食ってきていたようです。

その後しばらくマダイ狙いで上のタナをやりますが、アタリが無いしイサギが釣れてますから、その仕掛けのまま下におろして、またイサギ狙いです。

イサギは順調に釣れてまして、12時までやろうと言うことで残り1時間、イシダイも混じる期待を込めてやりますが、もう一人のお客さんがまずますのサンバソウと小さめのサンバソウを釣られましたが私にはイシダイ系は釣れず・・・

もう一人のお客さんは結構な高齢の方で、釣りがひさしぶり?体力的にかなりしんどそうでしたが・・・だからか、手返し少なめでイサギはあまり釣ってませんでしたが、イシダイとサンバソウが釣れて良かったのではないでしょうか。

そして12時になり終了。

なんと、この日は船のポイントやりかえが一度も無く、朝一にアンカー投入した後に、すぐロープの長さで微調整した程度で、あとはずーっと釣りを続けられましたので、移動もまったく無く、6時間びっちり釣りに集中できました。

帰港途中からイケスの魚をシメますが、数が多いので結構な重労働です。

(結果)イサギ23ー32センチを78匹、マダイ54センチを1枚、カワハギ1匹、サンノジ1匹+船長に頂いたの1匹

150314ore_chouka.jpg

(自分のデジカメでも撮ったのですが、新しく買ったばかりで設定がおかしく、高感度にしすぎて太陽光の下では露出オーバーで使い物にならず。)

こんだけ釣れると35Lクーラーが満タンで氷が入りません。急遽、御坊のコーナンで発泡スチロールを購入しました。

150314chouka.jpg

正直、イサギがここまでたくさん釣れるとは予想外でしたので・・・。次回は40Lクーラー持ってこうかな!?そういう時に限って釣れなかったりして(笑)。

30センチオーバーはあまり釣れませんでしたが、前回に来た時よりは平均して型は良くなってましたし、リリースしようかどうか迷う小サイズが釣れたのは朝のうちだけでした。

その小サイズも念のためイケスにキープしていましたが、最後にリリースしてそれ以外を数えると78匹で、リリースしなければ80匹以上、朝一にもたつかなくて、途中でマダイ狙いの浮気とかしなければ100匹は行ったかも!?

ちなみに船長は私の倍ほどは釣ってました。船の前方イケス内の船長の釣ったイサギです。

150314senchou_chouka.jpg

マダイは少し黒っぽくなっていたので、水深が浅いところだからかと思っていましたが、どうやらオスの婚姻色だったようです。白子が入ってました。

マダイの内臓(白子・キモ・胃袋)です。

150314madai_naizou.jpg

このマダイの白子が最高に美味しかったです。私は魚の白子は実はそれほど好きではないのですが、マダイの白子はクセがないのにコクがあり、ものすごい美味しかったです。

水からゆでて沸騰後1分ゆでた後に氷水に取り、ネギポン酢で食べました。

150314madai_shirako.jpg

これはウマイ!もっと食いたい(笑)。

サンノジとイサギの刺身です。

150314sashimi.jpg

イサギは細長いのから体高あるのまで色々混じっていて、細長いのは脂無し、体高ある丸っこいやつは脂こってりで美味しいです。

帰宅後、一匹狼さんにおすそわけの連絡をすると、彼も釣りに行っていたようで、別ポイントで釣れたイサギを味の比較のため2匹とメジロの半身を逆にいただいてしまいました。

釣れたポイントはアイノセよりも日ノ岬寄りの沈船かどこか、水深60mくらいのところだそうです。2月上旬に私もイサギを釣った場所かな!?

メジロと比較用のイサギは今晩に頂きます。かえってすみませんでした。

楠井沖のイサギもイシダイも上向いて来た感じですのでこれから楽しみです。これから春先にクラゲの潮(?)が下ってくるまでは良く釣れるのではないでしょうか。クラゲの潮が来るとイサギはまったく食わなくなるそうです。

なので、今月中にできたらもう一度行きたいと思ってます。


釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
大漁おめでとうです。

雨の予報だったがふらなかったのですね。

寝てたからはっきりわからないが大阪は雨だったような?

天気予報のせいか土曜なのにすいてた?。

やっぱり船長は倍ですかー凄いです。
2015年03月15日(Sun) 17:58
編集
ゴリオさん、どうもです

大阪市内は雨が降っていたみたいですねー。楠井沖、雨はまったく降りませんでしたよ。しかし、無線で他の船(サバ釣り?)は「雨ふってきたわー」とか言うのが聞こえてきましたから、私らのいた場所だけ降らなかったのかもしれません、ラッキーです。

この時期は土曜でもたまに空いてることありますね。まだ釣果にムラありますから、お客さんの客足もムラあるのかもしれません。

このところ安定してきてますからチャンスかと思いますが、水温がまた急に下がったりしたらわかりませんね。
2015年03月15日(Sun) 18:50
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

大漁ですね!
この時期にこんなに釣れるんですね
今週は天気が定まらなくて
来週アジ釣りを予約したのですがアジも型が良くなってきたみたいで
いつもの船は日曜日の午後しか空いていませんでした
2015年03月15日(Sun) 20:28
編集
万年さん、こんにちは!

なんと、そちらの船は満員ですかー。こちらは混んでる日もあるみたいですが、空いてる日もあるようですねー。

和歌山も船によってはアジ釣りもしてますが、まだそんなに釣れてないようですね。

日曜の午後だと帰宅が遅くなって次の日仕事ですから、なかなか釣行しにくいですね。
2015年03月16日(Mon) 08:25












非公開コメントにする