カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 泉南タチウオ好釣果

泉南タチウオ好釣果

2014年11月1日(土)テンヤ・タチウオ釣り@春日丸・娘船(岬町・谷川)
日出6:20 正中11:44 日没17:08
水温22℃(洲本沖灯浮標)、気温17〜18℃、風向〜東、風速5m、波高0.5m

潮(小潮)@洲本

141101_shio.jpg

(結果)夫婦2人で41匹

141101chouka.jpg




さて、今回は一匹狼さんご夫婦とうちとでタチウオ釣行の「夫婦対決」となりました。ちょうどYUKAもタチウオ釣りに行こうと思っていたところに声かけていただきましたので。

YUKAは寒さに弱いので例年でしたらもう釣行するのは微妙ですが、アカイカ釣りでは無念の船酔い完全グロッキーでまったく釣りができずでしたので。

三連休のどの日にするか、どこの船にするかでいろいろ迷いましたが、1日(土)が行けることになったので、船宿の船底は一匹狼さんにお任せして、泉南の春日丸に決定。

泉南の船は料金が男性6千円、女性5千円なので二人で1万1千円ですから、和歌山での一人分の値段です。安いですねー

釣り座は当日の先着順ですので、4人ならんで竿出すために一匹狼さんに場所取りをお願いして先に行ってもらう予定をしていましたら、前日の晩に船宿から電話があり、「別船(娘さんが船長する小さい船)も出すから、私らはそちらのほうの前側に4人で入ってください」との連絡があったそうで、場所取りしなくて良くなりました。

後ろには別のグループ4人が入るので、全部で8人とのことです。船の大きさや装備がわからないのでちょっと心配にはなりますが、人数少ないほうが分け前は多くなりそう?な気がしたので、とりあえずラッキーです。

翌朝、家を4時過ぎに出発、5時10分頃に船着き場に到着して小さい方の船に荷物をのせてから駐車場に車をとめて、歩いて船にもどると、一匹狼さんらの荷物もありましたので、少しの差で私らが先に着いたようです。

小さい船のほうですが、春日丸よりはだいぶん横幅は狭いですが、思ったより大きくて、8人なら超余裕です(中乗りのK君が胴の間YUKAの隣で釣りしていたので、実質9人でしたが)。

前のほうには詰めれば8人くらい入りそうなくらいの余裕ありましたので、そこに4人ですから、かなりひろびろできました。

141101ayakamaru.jpg
(船の写真撮り忘れたので、一匹狼さんのブログから写真を拝借)

141101turiza.jpg

ただ、キャビンに入れないことと、カップラーメン用のお湯が無かったことが残念でした(カップラーメン持って行ったのに)。

あと、竿受けが付けにくいです。春日丸の親船のほうには穴にはめて竿受けをつけるアダプターみたいのがあったのですが、こちらの船には置いてないそうです。

チビラークロングはなんとか付きましたが(若干、無理矢理で少し不安定)。イケスの給水用の配管がなかったらもっとかっちり付くんですが・・・

141101_0625sao_yuka.jpg

ロングじゃないほうのチビラークは船縁には付きませんでしたので、このようにイスに取り付けました(笑)。まあ、どうせあまり使いませんので。

141101_0635sao.jpg

さて、春日丸のほうで奥さんと船長がケンカ?何かトラブルがあったようで、そのためか少し出船遅れて6時過ぎでした。

春日丸船長の奥さん、気立ても良いしアシストも完璧にしてくださるお客さんにはかなり親切(しかし変なことする客にはきっちり注意する)と、まさに理想的な中乗りさんですが、船長には厳しいようです(笑)。ものすごいキレてました。

さて、私が乗る船のほうは娘さん(何と20歳とか!?)が船長です。中乗りには弟さんでしょうか、どちらもかなり若い二人なので今後の成長に期待したいと思います。

結構飛ばして30分ほどでポイント近くまで到着。洲本沖?もうちょっと手前(友が島寄り)のようにも思いましたが、あまりこのへんの地理はくわしくないのでわかりません。

6時45分くらいには釣り開始だったと思います。

私は普通にフロロ10号のリーダー1mにケミホタルなどは無しでテンヤのみのシンプルな仕掛けでいつも通りスタート。エサは1日ずっとサンマでやりました。イワシは使わず。

YUKAのほうは、春日丸特製仕掛けである胴付きテンヤでやることに。

141101shikake.jpg

テンヤの上のリーダーが胴付き1本針仕掛けになっていて、その針にサンマの短冊の刺し餌をつけて釣ると言うやりかたです。

個人的には、オマツリした際のややこしさが増すためにあまり好きではありませんので私は使いませんが、今回は釣り座にかなり余裕があったので、彼女だけは試してみました。

さて、私はテンヤにサンマ2枚重ねでスタート。水深70mほどで、どんどん深くなって行くパターンでした。

1投目、アタリかと思ったらYUKAとオマツリ。

なんとYUKAが船上で第1号、メーター近い良型をいきなり釣れました。これは胴付きの針のほうに釣れてました。

私のPEラインのそばにタチウオの歯があってヒヤヒヤしましたが、切れること無く一安心。

しかし、オマツリが本当に深刻でぐちゃぐちゃになり、中乗りK君もなかなか解けず、最終的には切ってました。

切ってくくり治すのが一番早いと思います。新しいのをタダでくれましたが。

気を取り直してふたたび仕掛けを落下させて、底から3mあげて、1mずつ巻いて止めてを繰り返してますと、底から10mでコツンとこづき上げるようなアタリがあり、竿先を少し下げてみますと糸がふけましたので、テンヤをくわえているようで、あわせますとばっちり乗りました。

上がってきたのはメーター級の良型で、さい先良く1匹ゲット。

水深は徐々に深くなって行き、最終的には85mくらい深くなりましたが、釣れたタナはだいたい同じで水深60mくらいでした。

と私が1匹釣ってその後はもたついている間に、何とYUKAが連続ゲットで3匹も釣りました。どれも枝針の刺し餌のほうに来たようです。釣れたタチウオの型はまあまあ良かったです。

と言うことは、良型タチウオはあまりはげしい誘いには反応しないのかと思い、誘いをマイルドにしますとそれが正解だったのか、ここからアタリじたいは小さいですが、アタリが出たところで止めてくわせる感じで少し待つとごつごつとしたアタリが出て、そこであわせるとだいたい確実にフッキングしまして、連続で3匹ほど良型をゲット。

何とかYUKAに追いつきました。しかし、ここから急に小型も混じり出します。いちおう動画を撮影してくれたようなので・・・



こんな小さいのも釣れました。キープした中では最小のサイズです。

ここのポイントには小型と大型が同居しているようで、当然の帰結として、大型は小型のタチウオを食っていました。

大型を釣り上げると口から30センチくらいの小さいタチウオを吐き出しましたし、家でさばいたら大きなタチウオの腹の中から小さめのタチウオが三つ折りみたいになって出てきましたので。

最初の流しは1時間ほどで、私もYUKAも数匹ずつ釣れました。

また動画です。これくらいがレギュラーサイズでしょうか。大中小と混じりましたが。



これくらいの良型もたまに混じります。

141101_0850ore_tachiuo.jpg

そして次の流し、8時から9時半までの間がよく釣れて、途中に入れ食いタイムもありました。

水深は75mくらいから深くなって行く感じで、これまたアタリの出るタナはほぼ一定していて、底から10m前後、だいたい70mくらい、せいぜい65mくらいでずっとアタリがあり、アタリがとぎれた時にだいぶん上のほうまでさぐりましたが、あまり浮いてないようでした。

一番浅いタナで釣れたのは、YUKAがいっぺん55mで1匹釣りまして、それが一番浅かったです。私が釣った中では朝一の60mくらいが一番浅かったです。

エサはずっとサンマで通してイワシは使いませんでした。

あと、途中、一匹狼さんに話しかけたら顔色悪くて体調悪そうだったので、船酔いされたのかと思いましたが、船酔いではなく朝から頭痛で体調良くなかったそうです。

なので、あまり話しかけないようにしました。体調悪い時に話しかけられたら余計にしんどいのはわかりますので。

141101_1000idou.jpg

二回目の流しの途中は入れ食いで、タナもバラつかず、また小型が多かったのではげしく誘うとよく反応してきました。

YUKAにはまったくアタリがなくなったようなので、わりとはげしく誘うように言いましたが、彼女は竿を竿受けにかけっぱなしなので、電動で1m早巻き、3秒静止、1m早巻き、3秒静止・・・これを繰り返してやるように指示しましたら、そこからアタリが出だして、彼女にもぼつぼつ釣れるようになりました。

アタリが出て竿先が揺れたら電動レバーをマックスにして電動アワセ、これでかかったようです。

巻き上げも竿受けにかけっぱなしです(笑)。こんな適当な釣り方でも結構釣れてました。

141101_0832yuka.jpg

141101_0833yuka.jpg

この流しではテンヤにも結構かかったようです。

潮がほとんど動いていないのか、この流しは1時間半ほどと長かったですが、だいたい同じくらいのタナでアタリが出たので、やりやすかったです。

ただし、アタリが出た後に上へ上へとはあまり追いかけて来なかったので、アタリが出てフッキングしなかったらテンヤをまた3mほど沈めてから誘い上げて、再度アタリが出たらそこでしばらく少し待つと、その後にわりとはっきりしたアタリが出てかかりが良かったです。

9時半の時点で二人あわせて30匹以上、YUKAも10匹以上釣ってますので、このペースで行くとクーラーに入りきらないなあと心配していましたが・・・

141101_1000cooler.jpg

10時くらいからは潮がかわったのか、ほとんどアタリ無し。

ポイントを移動して船団の外に出てみたり、船長もいろいろさぐってくれているようですが、まったくアタリが出ません。

141101_1010idou.jpg

11時すぎにふたたび船団のそばへ移動、ここからぽつぽつとアタリは復活しましたが、入れ食いではなく、アタリも出にくく、底から5mくらいでマイルドなさそいで良型1本を追加。

しかし、後が続かずで、たまにアタリが出ても同じタナではあたりません。

11時半頃、少し当たりがもどりましたが、フッキング率は低く、アタリも続かずで2−3匹追加するのがやっとで12時ちょうどに終了〜。

(結果)夫婦でタチウオ65〜100cm(計ってない)を41匹(リリース4匹)

141101chouka.jpg

途中である程度配ってから帰ったので、恒例の整列写真はありません(汗)。

サイズは測ってませんが、指2本半(田辺のより細い)が15匹、指3本が15匹、指3本半以上が10匹くらいの比率でしょうか。一番太いのは指5本ありました。

YUKAが数えていて15匹(リリース1匹)だったので、私は26匹(リリース3匹)で、両方の船をあわせての竿頭だったようで、めずらしくトップとはうれしかったです。人数少ないほうの船に乗せてもらったおかげと思います。

YUKAの15匹のうち、胴付きの針に来たのとテンヤにかかったのとは、だいたい半々とのことでした。テンヤだけならもっと少なかったと言うことなので、春日丸で良かったです。いつもタチウオは釣れても数匹なので、彼女にしたら大爆釣でした。

いちおう今回は夫婦対決と言うことで、一匹狼さん20匹、奥様10匹ですから私らの勝利と言うことではありますが、一匹狼さんが体調不良で消化不良な釣果だったようですから素直には喜べません。

一匹狼さんは、朝一は出遅れていた上に、釣りの途中からぐったりしていたのに20本も釣っていたとは、逆にびっくりでした。元気だったら竿頭だったでしょう。

寄港後は頭痛もおさまったようで、帰りには「平野台の湯」とか言う温泉によって食事と雑談して風呂に入って帰りました。YUKAも楽しかったと喜んでいたので、良かったです。一匹狼さん、どうもありがとうございました。リベンジいつでも受けて立ちます(笑)。


釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ご夫婦で沢山釣れおめでとうございます。

カップ麺食べれなかったようですが、広々と釣りができてよかったですねー。

沢山頂きありがとうございました。早速美味しく頂きました
2014年11月02日(Sun) 21:40
編集
>ゴリオさん

いえいえ、細いの押しつけてすみませんでした。でも細いのもわりと脂のっていて美味しいと思います。田辺のより細かったですが、田辺のより美味しかったです。さすが大阪湾(笑)。

こんなに横が広々とタチウオ釣りできるの滅多に無いので、ラッキーでした。
2014年11月02日(Sun) 22:17
編集
ご夫婦で大漁、うらやましい~
(妬・僻・笑)

金両丸さんが休船中なので泉南に行ってません。
春日丸さんはずいぶん前に親父さんの仕立を使わせてもらっただけなので
また行ってみようかなー。

きょうは明石からアオリの予定が悪天候で休船です。

木曜はどこかへなにかで出撃しまーす。
2014年11月03日(Mon) 10:05
編集
しんすけさん、こんにちは!

今回は良い日に良い船にあたりました。YUKAがこんなに釣るのは本当にめずらしいです(笑)。胴付き仕掛けのおかげとは思いますが・・・

金両丸の船長、体壊したんでしょうかね。なかなか再開されませんね。

明石のアオリはぼちぼち終盤でしょうか。今年はあまり良くなかったみたいなので、デビューしなくて良かったです。

木曜日頑張ってきてくださいねー。
2014年11月03日(Mon) 10:35
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

大阪の太刀魚は良い感じですね
三重でも釣れているようですがイマイチ大きさが
釣り方は天秤の流し釣りで撒き餌無しのエサは鯖やサンマの切り身
そろそろ三重ではヒラメが楽しめる時期になってきました
ウタセ真鯛も今はちょっと調子よくないようですがこれから期待できそうです
釣り堀も先日辨屋さんへブリ1匹含む大漁でした
三重の方にも楽しい釣りがあります
また関西遠征行きますのでよろしくですm(_ _)m
2014年11月03日(Mon) 20:35
編集
万年さん

大阪湾のタチウオ上向いて来ましたが小型が増えてきました。サイズは大中小とミックスですね。でも小さいのも脂乗ってきておいしかったです。

三重のタチウオ釣りは和歌山のタチウオ釣りと同じ釣り方ですね。和歌山はなぜか夜釣りなので水中ライトを付けるところだけ違いますが。

そちらはヒラメが釣れるから良いですね。こちらはヒラメ釣りをやっている船は少ないです。あまり釣れないのかな!?

辨屋で大漁おめでとうございます。もうブリが放流されているんですねー。

また機会ありましたらご一緒よろしくです!
2014年11月03日(Mon) 23:29
編集
はじめまして(^ ^)

春日丸に初めて行ってみようと思うのですが、どんな感じの船ですか?
下手くそなので、船頭が優しく教えてくれる(^○^)ところを探してます。

それと、駐車場が解るか不安なのですが、ワンボックスの少し大きめでも止めれそうな感じでしょうか?
2015年10月22日(Thu) 07:57
編集
タチウオ大好きさん

どうも、はじめまして!

春日丸、良い船と思いますが、ここに限らず泉南の船はテンヤのリーダー部分の枝針をつけた仕掛けを使う人が多く、混んでいる時にオマツリしたらぐちゃぐちゃになります。でもアシスタントが乗っていて、解いてくれます(滅多に切らないので時間かかりますが)。船長はあまりしゃべりませんが、たいがい奥さんもアシスタントとして乗っていて、よくしゃべるし釣り名人ですから聞けば釣り方も教えてくれると思います(たぶん)。たまに乗ってないこともありますが。

駐車場は、ちょっと離れていてわかりにくいですね。私が行った頃と変わりなければ、出入り口が狭いですが大きなワンボックスでも停められます。ただ、次々と駐車して行くので、奥のほうに停めると手前の車が出るまで出られません(混んでいる時ですが)。

こんなところですが、よろしくお願いします。
2015年10月22日(Thu) 08:34












非公開コメントにする