カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ メジロ三昧

メジロ三昧

先日、メジロがたくさん釣れ、どうしよう・・・と思うくらい釣れましたが、たくさん釣れたら釣れたで何とかなるもんですね。

家とYUKAの実家へ持ち帰りは3本だけでした。YUKAの母上からはもっと欲しかったのに的なことを言われてしまいましたが(汗)。

また、お味のほうも割と好評でした。今のところ、今年の落とし込みで釣れたメジロを6本さばきましたが、ブリ糸状虫が入っていたのは1匹だけでした。ただその1匹のメジロにはムシが全部で3匹ほど入ってましたが・・・

たまに引きが弱いメジロがいますが、それがムシ入りなんでしょうか?見た目では特に細いわけではなかったので、わかりませんでした。

さて、メジロ料理です。

(1)メジロの刺身

ほどよく脂がのっているものも半分くらいいて、そういうのはやはり美味しいです。

これなんか、ほどよい脂の乗りでした。

141002mejiro_sashimi.jpg

こちらは、かなりの脂の乗りです。

141002mejiro_sashimi_hara_abura.jpg

脂が好きなYUKAは大喜びで食べてました。

141002mejiro_sashimi2abura.jpg

脂がのっているほうが日持ちするような気もしますが、やはり何日も置くと脂も酸化しますので、早めに食べることにしています。冷蔵庫の真空チルド室に保存してますが。


(2)メジロのタタキ・その1(生)

脂がそれほど乗っていないものは、タマネギと一緒にタタキ風にして食べました。ポン酢に薬味を加えたタレをかけて食べます。

141002mejiro_tataki.jpg


(3)メジロのタタキその2(半生バージョン)。

141002mejiro_tataki2.jpg
3枚におろしたメジロを柵にして、その柵に塩コショウ(省略可)してからニンニクをすりおろしたものをこすりつけます。

そして、フライパンにオリーブオイルをしいて、メジロの柵の表面だけを強火で焼きます。表面が焼けたら、すぐにフライパンから上げる。

そのフライパンに、バター+しょうゆ+酒(白ワイン)を加えてソースを作る。

表面を焼いたメジロの柵を刺身状に切り、盛りつけ。ソースを上からかけてできあがりです。

141002mejiro_tataki2_tare.jpg

焼き加減はレアのレアと言う感じでしょうか。

141002mejiro_tataki_1mai.jpg

これはウマイっすねー。いくらでも食えますが、ちょっと味が濃いので、濃い味が好きな人にはおいしいかと思います。あっさりが好きな方は、ソースをもうちょっとあっさりしたものに変えれば良いかと。


(4)漬け丼

141002mejiro_zukedon.jpg

ある種の定番である漬け丼です。完全にご飯がかくれてしまってますが・・・美味しいです。


(5)メジロの鉄板焼き

141002mejiro_teppann.jpg

さて、あとは、大量に食べられる食べ方で、何度も書いてますが、去年だったかにどこかの船宿に出ていた食べ方、メジロをめんつゆに漬け込んで鉄板焼きです。

めんつゆにおろし生姜、おろしニンニク、ゴマなどを入れてそこに刺身状に切ったメジロを漬け込みます。濃い味が好きなら半日ほど、あっさり目が良ければ1−2時間程度漬ければ良いと思います。

141002mejiro_teppannyou_zuke.jpg

それを鉄板焼きにするだけです。

これは、いくらでも食えます。子供のいる家ならなおさら盛り上がることでしょう(!?)


(6)メジロの唐揚げ

141002mejiro_karaage.jpg

最後は唐揚げです。いつもは竜田揚げが多いですが、今回は唐揚げで食べました。青魚の系統の唐揚げや竜田揚げは美味しいですね。大好物です。

これも、たくさん食べられます。

(7)メジロの竜田揚げ

141002tatsuta.jpg

青物の処理に困ったら竜田揚げです。ゴマサバもマルソウダもメジロも余ったら竜田揚げ(笑)。たいがい美味しいです。

このように、色々料理して食べているので、いまのところメジロは順調に消化されており、好評であります。

しかし、今晩もまた、釣りたてで新鮮なメジロが手に入りそうな予感・・・(笑)。


料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

ありがとうございました
編集
先日はありがとうございました。

沢山いただいたので、色々お分けして、わらしべ長者状態です。

>(3)メジロのタタキその2(半生バージョン)
いいですねぇ。
ぜひ試してみたいので、また材料をお願いします(笑)

ちなみに我が家では、パン粉(メリケン粉を使わずに、単にパン粉のみつける)をつけて、オリーブオイルで焼いて、タルタルソースで食べたら好評でした。

最近はマンネリのレシピでは文句を言われるので大変です。

私は中々釣りには行けませんが、今月25日に職場の同僚と貞丸です。
船長もどう?
2014年10月04日(Sat) 00:39
編集
このじんゆうさん、こんにちは!

いえいえ、こちらこそ先日はどうもでした。

このじんゆうレシピは、しっかり中まで火を通すんでしょうか?それも美味しそうですね。今度試してみます。

(3)本当におすすめですよ。25日頑張って材料を入手してください(笑)。ただ、養殖のワラサでやると、ちょっとくどいかもしれませんね。まあ、万が一また爆釣したら送りつけますので(笑)。

25日に貞丸どうしようかなー。順番から行くとチョクリの週なのですが、次の週末も台風が来そうなんで、もうちょっと予定をいろいろ考えたいと思います。
2014年10月04日(Sat) 08:46












非公開コメントにする