カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ちょくり爆釣!

ちょくり爆釣!

2014年9月27日(土)落とし込み(チョクリ)
仲政丸@和歌山・美浜

日出5:51 正中11:51 日没17:51
天候:晴れ  風向:南東  潮:上り〜動かず  水温:25.6度  波高:ベタ凪
潮(中潮)@三尾

140927_shio.jpg

(結果)メジロ14匹

140927chouka1.jpg



さて、今週は日ノ岬周辺のポイントで落とし込み(チョクリ)です。今年はベイトがかかりにくいことがあるので、前日に船長に電話して、アミエビを持ち込んでやっても良いのかどうか聞いてみましたところ、オーケーだそうです。

その場合、アミエビのカゴをつけるとカゴの抵抗を受けて仕掛の落ちる速度や落ち方が変わるので、少し重めのオモリにしたほうが良いとのことでした。カゴを仕掛の上につけるより下(オモリのすぐ上)に付けるほうが良いかもとのことでした。

それか、印南の船は長さ10センチくらいの小さい鉄仮面80号でやっているそうです。

ただ、万が一仕掛が切れた場合には鉄仮面だと損害が大きいので、今回は小さめの網カゴを持って行くことにしました。

しかし、結論を先に書きますと、今回はベイトのかかりもそう悪くなかったので、結局アミエビは使いませんでした。

4時半集合とのことで港に4時25分頃に港に着くと、すでに皆さん揃っているようで私が最後でした。前回に来た時にすでに予約していたので、私が予約一番でお待たせしてしまったようで、どこに入るか聞かれます。

釣り座については選べる時ほど悩みます。

大阪湾の船とは違って、ここらの流し釣りはミヨシが良いことが多いみたいですが、イケスが使いたかったので左舷のトモに入りました。

その日の潮と風の具合などによって船がどっち向きに流れるか違うようです。

なので、前が良いか後ろが良いか、右舷が良いか左舷が良いか色々あるでしょうから、事前にどこが良いかは私にはわかりませんので、イケス使用を優先です。

140927turiza.jpg

5時頃に出船。

140927_0525departure.jpg

ゆっくりめに走って日ノ岬の南側の水深60mくらいのポイントには5時半少し前くらいに到着。まだ少し薄暗い感じで絶好の時間帯かと思います。

最初の流し、ベイトの反応はまずまず出ています。

140927_0530tankenmaru.jpg

仕掛を投入し、落とし込みと巻きあげを繰り返しますが、ベイトがかからず。そして次の流しもベイトがかかりません。

右舷トモのWさんはベイトがかかったようで、20センチくらいのサバでした。前当たりまではあったようで、かじられた痕がついていたそうです。

こんなに反応が出ていて、しかも朝一なのにいきなりベイトのかかりが悪いとは、この時点では厳しい一日になるかと思いました。

そこで、とりあえずハリスの号数を落とそうかなと思っていると、移動になりましたので、仕掛の交換もとりあえずやめて船頭仕掛けのまま保留することに。

一応、今回の作戦はこんな感じでシミュレーションしてきました。

まず船頭仕掛け(ハリス10号)ではじめて、ベイトがかからなくなったらハリスの号数を8号市販→7号自作→6号自作と落として行って、それでもベイトがかからないようならアミエビをまいてハリス8号でやることにしようかと。

数分移動してすぐ近くで次のポイント・・・と思いきや、反応うすいようでやらずに通過。

日の出です。

140927_0600sunrise.jpg

紀伊水道方向へ走り、アイノセまで行ってないと思いますが、トフの近くなのか沈船のポイントでしょうか。探検丸には何かの魚礁らしきものが底に映ってます。

140927_0610tankenmaru.jpg

ここには千代丸がいました。このポイントは朝から活性が高いようです。

140927_0608chiyomaru.jpg

6時過ぎ、ここで釣り開始。水深は同じく約60mほど。ベイトの反応もまずまずです。仕掛はハリス10号の船頭仕掛けのまま開始。

仕掛を落とし込んで行きますと、50mほどのタナでベイトが簡単にかかり、仕掛の落下速度が遅くなります。

前回までと違ってベイトもそれほど大きくないらしく、そのまま簡単に沈めることができたので、底から3mの狙いのタナには簡単に持って行けました。

そして、竿先からベイトが逃げまどうのがビンビンに伝わってきます。すごい暴れ具合。竿の暴れ具合を動画で撮りたいくらいですねー。残念ながら静止画ですが。

140927_0622sao_maeatari.jpg

これは来るなあと思ってましたら、すぐに竿が刺さりました。

最初の1本目なので慎重にやりとりして上がってきたのはメジロでした。これで一安心です。

140927_0625mejiro1.jpg

その後も同じようにすると、ベイトがわりと簡単に付きまして、良い感じで竿先も暴れてくれます。

この釣りで早合わせは禁物ですし、基本的には向こうアワセだと思いますので、あわせないほうが良いと思います。

あと、私のクセなのですが、最初からガンガン強く巻き上げてしまうので、そのせいで途中ですっぽ抜けが連続しました。船長に指摘されて途中から修正。

途中でバラシつつも順調に3本目をゲット。この3本目は思いっきり食い上げでした。竿先が跳ね上がったままもどらなくなったので、オマツリしたかと思いましたが、ゆっくり2−3mほどリールを巻きますと、竿が突っ込みました。やはり食い上げのアタリだったようです。

こいつを取り込み4匹目をゲット、順調です。

140927_0720mejiro4.jpg

次もベイトがすぐにかかり、底から3mくらいで待ってますと、しばらくして前当たり、そしてまた思いっきり食い上げのアタリでヒット。

やりとり開始しますが、フッキングが甘かったのか、これは途中でバラシ。

アタリが多いので釣りが雑になってると指摘があり、ここから丁寧に、アワセも早合わせにならないように、やりとりも雑にならないように気をつけます。

やりとり途中でバラすと食わなくなるので他の方にも迷惑がかかります。

・・と順調に釣れていましたが、潮が止まってきたようでベイトのかかりが悪くなってきました。

ここでハリス7号の自作仕掛にチェンジ。針はW胴打ちの銀色と金色の2色を交互に配置したものです。

この金色の針のほうによくかかりました。

140927hari.jpg

まあ、2,3回なのでたまたまかもしれませんが。ハリス細めなので適切な太さのクッションゴムを装着(ハリス10号では付けてません)。

自作仕掛に変えてやるとまたベイトがかかりだし、探検丸を見るとベイトが底のほうに固まっているように映っています。

140927_0740tankenmaru_sao.jpg

ちょっと見にくいですが。

140927_0740tankenmaru.jpg

このことと、あと先ほどから食い上げのアタリが多かったこととをあわせて考えますと、メジロはベイトの層より上にいるのではないかと思って、ベイトの反応の境界線上50mくらいに仕掛が来るようにカウンター48mくらいに上げますと、これがアタリですぐに竿先が突きささりました。

そしてメジロゲット。その後も同じパターンで3連チャンの入れ食いです。

このポイントでは何と9本も釣れました。まだ8時40分ですからすごいペースです。

140927_0846mejiro.jpg

その後はぼちぼちアタリも遠のいてきましたので少しだけ移動。

ここで、この日の唯一のベイト貯金、10センチ弱のマルアジ1匹だけです。

140927_0840beit_maruaji.jpg

結局最後まで使わずリリースしましたが。

移動して少しだけ日ノ岬に近付いたのか、それともぐるっと回って結局同じ場所にもどってきたのかわかりませんが、ここも底に何か沈んでます(沈船?魚礁?)。

140927_0850point.jpg

140927_0850tankenmaru.jpg

ここでもすぐにヒットして10本目をゲット。

140927_0900mejiro10.jpg

そして11本目がヒット・・・と思ったら途中で急にスポっと抜ける感じで抵抗が消失。クッションゴムのサルカンがのびてしまい、仕掛がまるごと無くなっていました。

たしかにこのクッションゴムを付けるときに、なんかサルカンが頼りない感じだなあと少し思ったのですが・・・後悔先に立たず。クッションゴムを買う時はサルカンのしっかりしたものにしましょう(汗)。

ここからは、ベイトのかかりも良さそうだったのでハリス10号にもどしてクッションゴム無しでやりました。

その後また移動、少し日ノ岬に近付いたような気がしますが、わかりません。水深も同じようなポイントです。

140927_0915tankenmaru.jpg

ここは福丸2隻と千代丸がいました。

140927_0920fukumaru_chiyomaru.jpg

探検丸でのベイトの反応は、ここでは底べったりではなく、少し浮いていてところどころ空白がありますから、ベイトの層に青物が突っ込んで割れているように見えますが、どうでしょうか?

140927_0920tankenmaru.jpg

そんなイメージで、ここではベイトがかかったら狙いのタナは底から3m上と言う感じでやりました。

そしてすぐ11本目をゲット。9時半です。

140927_0930mejiro11.jpg

今回は右舷の方でパワーの弱い電動リール(PLAYS800?)を使っておられてなかなかメジロを浮かせられず苦労されており、そのためだけではありませんが、人数の割に結構オマツリが多かったです。

もちろん私のせいでのオマツリもありましたからお互い様ですし、なにより魚の活性が高くてよくヒットしたこともありのオマツリ多発で、ひさびさにかなりの量の仕掛を消耗しました。

ここでまたオマツリして仕掛がぐちゃぐちゃになったので、今シーズンは使う機会の無かったハリス12号の自作の太い仕掛にしてみましたが、それでもベイトがちゃんとかかり、早合わせしないためにロッドキーパーに置いて待機。

前当たり中です。

140927_0935sao.jpg

そして突きささり、ハリス12号ですから安心してやりとり。メジロ12本目が上がりました。

140927_0949mejiro12.jpg

終盤は風がやんで、潮もあまり動いていないせいで不安定な流れ方をしているでしょう、オマツリが多くなり、また仕掛消失。最後はハリス10号の船頭仕掛が残っていたので、それにもどしましてやりました。

途中からはイケスの魚を時々シメながらなので、ぼちぼちになってきましたが、ベイトをかけるのはあいかわらずぞれほど難しくないほうで、反応の上に来れば1回か2回、遅くても3回くらいの落とし込みでかかります。

ベイトがかかり竿受けにかけて待機、すぐに前当たりです。メジロの活性は高そうです。

140927_0947sao_maeatari.jpg

早合わせしないために、わざと写真を撮りました(笑)。そして10時過ぎに13本目をゲット(写真無し)。

10時40分くらいになり、あと1回流して終わりましょうのアナウンスあり仕掛を投入。

竿先が変な動きをしたと思ったらオマツリ、それも最後の最後にかなり大がかりなオマツリにまたまきこまれてしまい、反対側ではずしてくれている間に糸が張りすぎないようにしていますと、ある程度ゆるんだ拍子に道糸が3番目と4番目のガイドあたりからからまってしまいました。

このまま糸が引っ張られたら竿が折れそうなので、あわててなおそうと思った瞬間に思いっきり引っ張られて、バキっと言う音とともに竿先が折れてしまいました・・・(涙)。

140927_1050sao_hakai.jpg

呆然としつつも、しばらくするとオマツリがほどけたようで、仕掛を上げると何だか重たい・・・まだオマツリしているのかと思いましたがそうではないようです。

巻き上げていると途中から急にガンガンと引きます。なんと、メジロがヒットしていたようです。

オマツリをほどいてもらっている間にベイトがついて、そこにメジロがヒットした瞬間に引っ張られて竿が折れたようで複雑な心境。

最後の最後に14本目を船長にタモ入れしていただき、ちょうど終了となりました。

(結果)メジロ14本

140927chouka.jpg

折れた竿は幸いにして保証の何千円かでどうにかなりましたが余計な出費でした。そんなトラブルがありましたが、活性高い日に当たりしかもたぶんこの日は私の入った釣り座がたまたま良かったのでこれだけ釣れたのだと思います。

結局今回の釣果はすべて純粋に落とし込みで釣れたものでした。いつもはストックしておいたアジを使って実質的には普通の「ノマセ釣り」のようにして何匹か釣ってますが、今回はそれをする必要がありませんでした。

と言うか、ベイトがかかるとかなり高い確率でメジロがヒットしたので、活性の割にベイト貯金がほとんど貯まらなかったと言うこともあります。

ひさびさに良い日に当たって良かったです。たまにはこういう日があっても良いでしょう。次回はボウズもありえる釣りですので・・・

と言うことで、気分良く家に帰ることができました。仲政丸船長、いつもながら色々とご指導どうもありがとうございました。

釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
カーク船長 お疲れ様でした。

いやぁ大爆釣おめでとうございます最高の日に当たったようですね。

タナ取りが正解だったみたいですが、チョクリで指示がないと底から10mくらいで待つのは中々難しいですが、これまた大当たりで釣果は腕によるところも大きいでしょう^^

メジロは硬直した方をいただきましたが、脂のりも程よくて美味しかったです、
暑い中、ブリしゃぶにしました、今日も明日もメジロを堪能させていただきます、お魚ありがとうございました。

私も4日は予定が入ったので5日はタチウオ行くかもですので、都合があえば
ヨロシクです。

しかしカーク船長に触発されて今日出撃しようか迷いましたが行かなくて良かった(笑)
今日はボウズや1~2匹の方が数名いてそうな気配の釣果ですし。

2014年09月28日(Sun) 16:07
編集
お疲れさまです。

また魚あつかましく催促して頂きすいません(笑)。

いずれカンパチでも釣ってお返しするつもりです。

まあつもりですが・・・私では釣れないでしょうけど(爆)

また釣行記読ましていただき秘策考え中です。
2014年09月28日(Sun) 16:39
編集
>一匹狼さん

そうですねー、3匹だけですが、ベイトより少し上めと言うのが当たったのはうれしかったっですね。他は底から3mくらいでしたが、今回は青物の活性が高かったので、ベイトをはやくかけるのが一番重要だったと思います。

今日は爆釣ではなかったですね。波高1.5mとなってましたが今日は波のせいかもわかりませんね。波があるとたぶんベイトがかかったかわかりにくいし、やりにくいと思います。昨日はベタ凪でした。

10月5日またわかり次第連絡しますね。


>ゴリオさん

いえいえ、メジロですから遠慮しないでください。いつも色々頂いてますし。でもカンパチ3本釣れたら1本下さい(笑)。

針の件で画像添付したメールを携帯に送らせていただきました、ちゃんと届いているかわからないので、ご確認下さい。では!
2014年09月28日(Sun) 17:35
ひぇ~!
編集
カーク船長が大釣りしたとはイケチャンにきいてましたが、やはり凄かったんですなぁ!
いやぁおめでとうございます!
そのイケチャンと伊勢湾のタテ釣り(チョクリ)に28日出ましたが…サッパリで!?

まぁ初の挑戦ですからそう釣れるとは思ってませんでしたが、それにしてもベイトの喰い付きの悪さよ?? 
メジロどころかハマチ1匹釣るのが関の山でしたわ!? 万年…ちゃんには行かなくて良かった(満員で断られた)ですが、万年…ちゃん和歌山行きたがるの無理ないなぁ(笑)
2014年09月29日(Mon) 14:27
こんにちは〜
編集
>好人さん

どうもこんにちは〜

そちらでも落とし込み(立て釣り?)は流行っているんですねー。好人さんもされたとはびっくりです。

結構難しい釣りですが、この日はベイトも青物も活性良くて爆釣でした。ベイトがかからないと釣りにならないので難しいですね!

こちらも今年はハマチが少なく(去年が多かった)、でもメジロが多いので良い感じですが、シオとかカンパチはまだ釣れてませんねー、これからシオ・カンパチも期待できるようになるかと思います。

ちなみに、万年さんのところから和歌山まで、私がこちらから貞丸に行くのとだいたい同じくらいの距離です。
2014年09月29日(Mon) 16:10
編集
こんにちは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

アルシエラ落とし込みあまり折れそうに無いのですが
やっぱり糸が絡むとどうしようも無いですね
しかし、良く釣りますね
バラしてなかったら20匹オーバーしていたような

所で先日行ってビッグフィッシング取材後ろに我々もちらっと映ってました
相手の船は80cmブリ・カンパチ・ヒラメも上がっていたみたいで
数は我々の方が多かったみたいです
2014年09月29日(Mon) 16:47
編集
>万年さん

どうもこんにちはー

ばらしてなかったら20匹以上釣れていたとは、船長にもまったく同じこと言われました(汗)。

アルシエラもさすがに変な方向と言うか、直角以上に曲がりましたので折れましたたねー・・・波止釣りの頃から結構たくさん竿を折ってます(汗)

でも、もうパーツ交換してもらいましたので大丈夫です。6千円ほどかかりましたが、買い直すよりはるかに安いです。

ビッグフィッシングの映像私も見ましたよ−、小さく写ってますねー。青と緑の服装の色でなんとかわかる感じでしたね。

こちらはブリ逃してしまい残念でしたね。
2014年09月29日(Mon) 17:42
編集
めっちゃ釣ってますねー!
私もこの波に乗ってもう一度、と思いましたが嫁に「同じ魚はいらん」と一蹴されてしまいまして…w
で、次の日の釣果を見たら…やはり釣りって難しいですね

しかしロッドが痛い…保障期間内でよかったですねぇ
2014年09月30日(Tue) 22:07
編集
>りっつさん

どうもこんにちはー。やはり続けていると良い時にも当たりますねー。この釣りはじめた頃は、ボーズ→1匹→ボーズ だったので、もうチョクリはやめようかなと思ったくらいで、やめずに良かったです。

たしかに、同じ魚が続くと家族には文句言われますが、メジロ思っていたより美味しいので、いまのところ好評ですが、念のため1週おきの出撃にしています。

高い竿なので、買い直さずにすんで助かりました。
2014年10月01日(Wed) 08:47












非公開コメントにする