カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ チョクリ好釣果

チョクリ好釣果

2014年9月14日(日)仲政丸@和歌山・美浜

落とし込み(チョクリ釣り)

日出5:41 正中11:55 日没18:09
天候:晴れ  風向:北  潮:下り~動かず〜上り?  水温:26.2度  波高:凪
潮@三尾〜中潮

140914_00shio.jpg

(釣果)メジロ4本

140914chouka_ore1.jpg



さて、先週に引き続いてまたまた中紀の落とし込み、いつもの仲政丸です。今回は万年さんとご一緒させていただくことに、万年さんの希望で三連休の真ん中の日になりました。

連休中ではたぶん一番混んでいる日ではないかと思いますが、行って見るとやはりお客さん多く、たぶん11人だったと思います。

少し早めに出たのですが、途中で二回ほどトイレに寄ったりしていると4時40分くらいに港へ到着となり、今回はすでに乗船がはじまっていました。

幸い、万年さんが早く来られていて、場所も決めていてくれました。右舷の後ろに2人並んでです。

万年さんは「船酔いしにくいほうが良いから」と言う本人のご希望で後ろから二番目に入られ、私がともに入らせてもらいました。

140914_00turiza.jpg

さて、今回は前回より早くまだ暗い内の5時前に出船。

140914_01departure.jpg

最初のポイントは、港を出てまっすぐ沖へ向かった方向でしょうか?よくわかりませんが、水深60mくらいのところです。ベイトの反応は水深40m以下にびっしり出ています。

140914_03_0526tm.jpg

早速仕掛けを投入すると、すぐにかかりますが、かなりベイトが大きいようで、なかなか沈んで行きません。

20センチくらいのマルアジの他に、同じサイズのムロアジや、それより一回り大きなゴマサバもいます。

ゴマサバが何匹も付くとまったく沈まないのでしょうがないので仕掛けを上げましたし、そのせいでか、オマツリも多かったです。

それでもぽつぽつと船上ではメジロがヒットしています。右舷ではミヨシの方がよくヒットさせてました。

同じポイントには福丸観光漁業も来てました。阪神沖釣りクラブのみなさんでビッグフィッシングの撮影だったようです。

140914_04fukumaru.jpg

2−3回目の流しだったかで、ほどよい感じのベイトが付いて(たぶん20センチ弱のマルアジ)、そのまま無理矢理沈めて底から3mに投入しますと、良い感じで暴れます。

140914_05_0540sao.jpg

これは行くかな行くかなーと思っていると竿先が突き刺さりました。突き刺さって一呼吸してから手持ちにしてやりとり開始。

ゴンゴンと良い感じの引きですが、それほど大物と言うほどでもありません。しかし、最初なので慎重にやりすぎてまわりの方とオマツリしてしまいましたが、無事に上がったのは前回に釣ったハマチより一回り大きい何とかメジロと呼べるサイズのものでした。

これでボウズはなくなり一安心。

今日はこのポイントでかなり粘りました。

140914_08_0800point.jpg

ベイトも大きすぎると言う難点はありますが、朝の内はよくかかりましたし、大きくてもマルアジだと良い感じで気配ありです。しかし、サバはダメっぽい感じでした。

これは20センチオーバーのムロアジです。マルアジもこれくらいのサイズでした。ベイトには、少々大きくてもマルアジが一番良いようです。

140914_06bait.jpg

1時間半ほどやっていると、だんだんとベイトの反応も少し沈んできて、かかりが悪くなってきました。

しょうがないので、船頭仕掛けからハリス8号の市販のサビキ風仕掛けにチェンジしますが、ベイトのかかりはあまり変わらず、少しましになったかなあと言う程度です。

ベイトのかけ方は基本的にダーっと仕掛けを沈めて行くだけです。たまにベイトの層のタナで竿をしゃくっていますが、ほとんど付いたことありませんが、まれにかかることもあります。

ベイトの反応はちゃんと出ているので、とにかく偶然ひかっかるだけでも良いと思って仕掛けを上下させていると、たまーにかかる感じです。

で、苦労して良い感じで良いサイズのベイトがかったので、底から3mのタナにおろしますと、今にも竿が入りそうな気配がビンビンと来ます。

しかし刺さらず空振り・・・竿先が沈黙したので、どうやらベイトがはずれたようです。

気を取り直してベイトをかけるべく、ひたすら落とし込み、するとベイトが付いたので、狙いのタナ(底から3m)へ、しばらくして竿先が浮き上がったり下がったり前アタリです。

しかしヒットはせず、船長の「あげて下さい」の合図で仕掛けを回収、しかしアジが付いているのでややゆっくり目に巻き上げていると、水深40mで突然竿先が刺さりました。

てっきり誰かとオマツリしたかと思いましたが、時々つっこむような感じなので明らかに魚の引きです!

そして巻き上げて来るとメジロでした。船長は左舷のオマツリほどきで不在だったので、万年さんにタモ入れしていただいて無事ゲット。

7時過ぎで2本です。気持ちが楽になりました。

140914_07_0730mejiro2hon.jpg

↑左下に一匹と、もう一匹は左上に頭だけ写ってます(汗)。他はムロアジやマルアジ、ゴマサバなどです。ベイトがいかに大きいかがおわかりかと思います。

しかし、このサイズのマルアジでもメジロ・ハマチは飲み込むようです。

さて、その後、潮が完全に止まりベイトのかかりがさらに悪くなります。

船長によると、このポイント今日は青物がかなりたくさんいるそうです。船の魚探ではわかるのでしょうか。

なので、しばらく粘って上り潮が動き出すのを待つ作戦だそうです。

少しするとなんとなくベイトがかかりやすくなった感じがして、50mより下でベイトがかかり、そのままおろして底から3mをキープしていると、竿先がズンズンと入り、刺さった〜と思ったらもどりました。

しかし、まだベイトがかかっているようなので、もう一度タナをキープしていると、先ほどと同じような前アタリ。

しばらく待っていると今度は思いっきり刺さってドラグもすべって糸が出て行きましたので、竿を手持ちにして格闘開始。

ところがドラグがすべって糸が出て、かなり強い引きでなかなか巻き上げられません。巻いてもすぐ同じだけ出されます。

ドラグを少し閉めますがそれでもかなりの引き。水深60mのところ75mも出てしまいました。

船とは反対方向に走っていったようで糸が外向きでしたので、誰ともオマツリする心配は無いだろうと思って慎重にやりとりします。

そして残り10mとなったところで何か変!?

どうやら隣の船とオマツリしていたようです。その船は、福丸ではなくもう一席いた和寿丸と言う漁師さんの船で、帰って調べたら美浜ではなく三尾漁港の船だったみたいです。漁師さんが長い竿で一人で釣りしてました。

あと少しなので強引に巻き上げてとりあえず魚が見えてきたので魚を上げてしまおうと思って強引に寄せてきますが、一番上の針におまつりしている漁師さんのPEラインが見えてきたので船長がそれをほどいてくれている時にブチっと仕掛けの幹糸から切れて逃げて行きました・・・

はっきり見えませんでしたが、引きはこの日一番の大物でした。青かったのでカンパチではなかったとは思いますが・・・まあ、漁師さんに迷惑をかけてはいけませんね。まさかそっちへ走るとは・・・

ともかくベイトが少しかかりやすくなったのでこれからチャンスかと思い気を取り直して頑張ろうとすると、何故か福丸が移動して行きました。

残念ながら潮が動き出したら二枚潮になってしまい、ベイトが余計にかからなくなったので、一流しだけ手持ちのベイトをつけて流した後、ヒットしなかったのでこのポイントはあきらめて、こちらも移動となりました。

帰りにまた寄るそうなので、その時に期待です。

しばらく走って紀伊水道の中央よりだいぶ日ノ岬寄りのポイントへ。

140914_09_0930point.jpg

トフでしょうか?あまりわかりません。すみません。ここには供進丸がいました。水深約50mです。

140914_11_930kyouahinmar.jpg

140914_15_1022tm.jpg

このポイントはわりとベイトのかかりも良かったです。

何回めかの流しで底より少し上でベイトがかかったので、底まで落として3mほど上げて待つと、良い感じでベイトが暴れ回っています。

これは刺さるな〜と言う感じです。すると思った通り突き刺さりましたので格闘開始。

しばらくすると後ろのほうでオマツリ騒ぎのようです。私のほうも20mくらいで急に引かなくなりましたので、もしかしてオマツリかなと思いましたが、糸の方向が船から遠い方向ですし、残り10mくらいでまた引き出したので、オマツリではなく魚でした。一安心。

釣れてきたのはハマチかメジロかの微妙サイズでしたが、3本目があがり一安心。

140914_12_1000mejiro3.jpg

その時万年さんに釣れたタナを聞かれたので、底から3mと答えましたが、ただし、一旦底まで落としてから3m上げると言いまして、その通りにされるとすぐに万年さんの竿が良い感じで暴れ出し、今にも刺さりそうな感じ。

すると刺さりました!格闘開始です。

140914_14_1013mannensan2.jpg

かなり強い引きです。船底のほうに走っていますのであまり良くない感じです。

ちょうど流し変えのタイミングだったようで、船長から「他の人は上げて下さい」の合図があり一安心。しばし格闘の末あと少しの所で船長もタモ入れにかまえてくれて、ハリスをつかんだところが、左舷お誰かとオマツリしており、タイミング悪く引っ張られてしまったのか、あと少しのところでバレてしまいました・・・

これもかなりのサイズだったと思われます。万年さん、残念でした。

10時半までここでやり、その後、少しだけ日ノ岬方向へ移動。冬のメジロやマダイのポイントの近くでしょうか。

140914_16_1040point.jpg

水深が約41mのポイントです。ここでもやるそうです。

140914_18_1050tm.jpg

たしかここで万年さんが来てすぐにヒットさせてメジロを1本上げたのではなかったかと思います。

私はベイトがかからず苦戦。結構映っていましたが、なかなかかからないので、ハリス細めの仕掛けにチェンジ。

するとすぐにヒットしてメジロとハマチの境界サイズをゲット。4本目が釣れて満足な釣果です。

まだまだチャンスありかと頑張りますが、ベイトがなかなかかからず少し疲れてきました。

また、針が小さいためか、ベイトがかかってもすぐはずれてしまいます。ベイトが大きいからなのか、食い込み悪くてちゃんと針がかりしていないためかわかりませんが。

全体の状況も釣れなくなってきたので11時頃に最後の移動。朝のポイントに寄って終わりだそうです。

その前に一ヶ所寄り道しまして1投だけ流しましたが、反応が小さいと言うことでまたすぐ移動で朝のポイント水深約60mへ。時間は11時20分でした。

140914_19_1120tm.jpg

ここで3回くらい流して終わりだそうなので手持ちのベイトがある人は刺してやってとのこと。

私も万年さんも1匹ずつマルアジがありましたので、それぞれ刺して投入。

このポイントはカンパチもいるので期待が高まります。

しばらくすると万年さんの竿がしなっています。ヒットしたようです。

140914_13_1013mannensan.jpg

これも無事にゲットして2本目。私のほうはヒットせずで上げてきたらマルアジがグロッキー状態だったので、こいつはあきらめて自分でベイトをかけるべく頑張りました。

しかし、その後もベイトはかからず、11時40分くらいだったかに終了。

カンパチは釣れませんでしたが、メジロ4本も釣れて満足です。

(結果)メジロ60センチ前後を4本

140914chouka1.jpg
(左2本が万年さん、右側4本が私の釣果です)

持ち帰った2本はどうにか60センチありましたのでメジロで良いでしょう。

140914chouka_cm.jpg

上のはギリギリ60センチあるかないか。たぶん死後硬直で縮んでましたので、釣った時には十分メジロだったと思います。

残り2本は途中下車したのでサイズわかりません。

ところで、いつも魚をさばくと胃袋の中身をチェックするのですが、ビックリ仰天、片方のメジロにはなんと小石が入っていました。

140914ibukuro.jpg

海底のエサを食べていてそれと一緒に砂利も飲み込んでしまったのでしょうか!?

肝心の食べた餌のほうは消化されたのか吐きだしたのか、確認できません。

明らかに20センチくらいあるマルアジを飲み込んだから釣れたはずなのですが。まあ釣り堀でもそうですが、魚はたいがい針にかかって引きずられると食べたものの多くを吐きだしことがありますので。

でも石は吐き出さなかったようです。

それはそうと、この日は前回に引き続き、かなりベイトのかかりが悪く苦労しました。青物は多かったようですが、ベイトがかからないと釣りがはじまりませんので。

書いて良いのか、左舷の艫にはおなじみO田さんが乗ってまして、気さくな方ですので賑やかで楽しい雰囲気でしたが、朝一に船上で一番最初にヒットさせたのをバラしてからすべてがうまく行かず、たぶんお一人だけ残念賞だったと思います。

以前はイサギ釣りの時に巨大ブリを釣り上げるのを隣でずっと見てましたので、それくらい上手な方なのにこういうこともあるので、チョクリは怖いですね。

私も万年さんも最大のブリ級を逃した(逃がした魚は大きい?)のは残念でしたが、お客さん満員に近い11人も乗っていて上手な方が残念賞になる状況で、二人とも複数匹釣れたので、良かったです。私の4本はラッキーな出来すぎかと思います。

では万年さん、遠いところお疲れ様でした。また機会あればよろしくです。

これからしばらくはタチウオとチョクリを交互で楽しもうかなと思っております。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
釣行お疲れさまでした

今回もいい感じで釣れてますねぇ、うらやましいです
私も天気が良かったら木曜に初チャレンジしてみようと思ってます
何せ初めてなんで右も左も分からない状況ですがw

何かこれがあれば便利!って物があればご教授してくださいませ~
2014年09月15日(Mon) 15:28
編集
>りっつさん

今日は爆釣でしたねー。1日違いですが、まあ釣れたので良かったです。

釣れたアジなどベイトを生かしておくのにブクブクがあれば良いかと思います。

あと、空いていれば船の上にある容器にアジを入れれば良いと思いますが、足りない場合があるので私は念のためバッカンか容器かを持って行ってます。

あとは・・・探見丸はお持ちでしょうかね?これはあったほうが良いですねー。

仕掛けは1つは無料でもらえて(船頭仕掛けハリス10号4本針)、二つ目から500円で買えますが、ベイトのかかりが悪い時用に細めのハリスで自作して行くか、市販のを買って行くのが良いかと思います。

それと、木曜でしたらもしかしてゴリオさんが行っているかもしれないので、いろいろと教わると良いかと思いますよ。

では頑張ってきて下さい!
2014年09月15日(Mon) 18:01
編集
沢山ありがとうございました。いつもすいません。

しかし胃の中に石とは驚きです。

底から3mとありますが、べた底で待ってるのではないのですか?

今までヨコワ狙い以外すべて、べた底だったのですが。

また仕掛けも4m程あると思うのですがどの針が釣れてるとかあったのでしょうか?
2014年09月15日(Mon) 18:09
編集
>ゴリオさん

底から3mは船長の指示だなだったと思います。いつもも私は底を1、2mは切ってますが。確かに一番上と下の針では3mくらい離れてますからどの針にベイトがつくかでタナは変わってきますね。

たぶんこの日は青物が浮き気味だったにかもしれません。

今思い出しましたが、朝のポイントの2匹目は巻き上げ途中の40mくらいでヒットしたんでした。後で書き直しておきます。

ベイトも本命も下のほうの針にかかっていることが多かった気がします。
2014年09月15日(Mon) 19:54
編集
ブクブクですかー、確かにエサが無いと釣れないからキープしておく方がよさそうですね
ではバッカンと一緒に用意しておきます
探見丸は…残念ながら持ってないですw
今まで親機を搭載してる船に乗らなかったのもなんですが予算が…
せっかくシマノのリール使ってるのでいつかは購入したいです

仕掛けは市販のものを2つほど買っておくようにしますね
8号くらいのハリスならいいんですかね?

色々と教えていただきありがとうございました、がんばって結果に結び付けたいと思います

>ゴリオ様
もし木曜乗られるようでしたらよろしくお願いします
なにぶん不器用が服を着て歩いてるような人間なのでご迷惑をお掛けするかもしれませんが
2014年09月15日(Mon) 20:30
編集
>カーク船長

ありがとうございます。船長の指示だったのですね

>りっつさん

まだ予約してませんが、行くつもりです。

こちらこそご迷惑をお掛けするかもしれませんが、よろしくお願いします。
2014年09月15日(Mon) 21:33
編集
>りっつさん

船にえさ箱とかあればバッカン無くても行けますし、バケツで水をまめに入れ替えればブクブク無くても大丈夫かもしれませんが、念のため持って行くと便利かと思います。

仕掛けは8号のを念のため持って行った方が良いかと思いますが、基本的には船長がくれる仕掛けが一番良いと思います。

では、頑張ってきて下さいねー
2014年09月16日(Tue) 13:24
編集
>カーク船長さん

ありがとうございます
今日予約入れた際に船長から細い目の仕掛け持ってきてと言われたので仕入れに行っておきました
これで後は釣れてくれればいいのですが、それだけはその日にならないとわかりませんよねw
とりあえず楽しんできますー

>ゴリオさん
お会いできる事を楽しみにしております
お天気がいいといいですね
2014年09月16日(Tue) 16:05
編集
>りっつさん、ゴリオさん

では頑張って釣ってきて下さいねー。

N丸のHPにおふたりとも釣果写真でかでかと出るのを楽しみに待ってます!
2014年09月16日(Tue) 17:36












非公開コメントにする