カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOPダイエット・育毛・健康 ≫ 病院通い

病院通い

このところ、週一のペースで歯科医院と耳鼻科とに通ってます。

子供の頃は、他人に顔のまわりを触られるのがものすごく怖くて、歯医者と耳鼻科はどちらも恐怖で逃げ回ってました。さすがに歳を取るとそれほど怖くありません。

ただ、歯医者のほうは、15年ぶりくらいに行きました。特に何も症状が無かったのですが、冷たいものを食べるとものすごいしみて困っていたので・・・。

とりあえず歯の表面の歯石取りからはじまりましたが、歯医者に来るのは15年ぶりですと言ったら、急遽、一番ベテランの歯科衛生士さんに交代になりました。最初は若い衛生士さんのはずでしたが、別の患者さんのほうへまわされたようです。

で、その時はYUKAも一緒に行っていて、最初はYUKAのほうがベテランの衛生士さんで、私のほうが、その若い衛生士さんにやってもらうことになっていたようですが、私が10数年ぶりと言ったので、急遽入れ替えに。

おかげで私は上手な人にあたって、時間もそれほどかからずに終わりましたが、YUKAのほうが大変だったらしいです。水でびしょびしょにされ、長時間口を開き続け・・・お気の毒に・・・

ちなみに、私のほうは、10数年歯医者に行っていなかった割りには歯石もたいしたことなく、また治療が必要な虫歯は一ヶ所だけで、他はたいしたこと無いそうです。

15年前は虫歯だらけの上に歯周病もひどくて、たまたま職場の近くにあった阪大歯学部病院に通院して大変でしたので(汗)、それに懲りてその後は真面目に歯磨きなどしてきたからかもしれません。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシも多用していたのが良かったのかもしれません。でもそのせいで、歯の根元部分がけずれて?かわかりませんが、そこがしみやすくなっているそうで、そこに樹脂をかぶして行くそうです。

あとは、全体に歯周病で歯茎が後退している部分も多いようですが、歯周ポケットは親知らず周りが4〜5mmとちょっと深いくらいで、あとは2〜3mmほどで、歯周病と言うほどのレベルではないとのことでした。

最初の治療は歯の表面の歯石除去、次が虫歯の治療、そしてその次に、しみる部分に上から樹脂をかぶすと言うのを何カ所かやってもらったら、劇的に良くなりました。

これでこれからの暑い時期、アイスが食べ放題です。

4回ほど通って歯のほうは昨日で終わり、来週から、歯周ポケット内の歯石除去になります。

耳鼻科ほうは、もともと自覚症状が無く、脳ドックでたまたま中耳炎といわれたので行ってますが、昔からしょっちゅう繰り返している「滲出性中耳炎」と言うやつです。

原因はよくわかりませんが、私の場合、鼻の奥の空気の通り道の形が悪いためか(鼻中隔湾曲症)、副鼻腔炎をおこすと鼓膜の内側に水と言うか粘液がたまって耳が聞こえにくくなると言うパターンのようで、この10年ほどちょくちょくなってます。

鼻の穴から金属の細長い棒をつっこまれて、耳管に空気をガーガー送り込むという処置をして内耳に通気するのが1つの治療法のようで、これも昔からやってもらっていますが、本当に効果あるのかどうか・・・。

ところが、私の右の鼻のほうが鼻中隔湾曲症のため、この棒が入りにくく結構大変です。

今の耳鼻科に最初に行った時には、若い先生に当たってしまい、最悪でした。痛くて痛くて。結局、右の鼻からはできずに、左の鼻からやることに。これだとあまり効果がありません。

次の週に行った時に先生をチェンジしてくれと言ったら、別の先生で、この人は苦労しながらも痛くせずにうまくできました。次の週からは慣れたのか、一発ですぐにできるようになり、楽でした。

今日また行かねばなりません。

たぶんこの右側の鼻中隔湾曲症のせいで、右の鼻がしょっちゅうつまりやすいです。そして、たぶんそのせいで、右の耳が滲出性中耳炎になりやすいのかもわかりません。

最近は慣れてしまって放置していたのですが、脳ドックの面談で放置するのは良くないと言われて通院してますが、耳は自覚症状が無いのですが、鼻のほうはあまり良くなっている気配がありませんね。

鼻づまりも片方だけなので、別に苦しくないからこれも慣れてきました。

それより、鼻の奥で出た鼻水が私の場合はすべて鼻の穴からは出ずに喉のほうへ流れて行くので、喉の調子が悪くなって困ります。喉がいがらっぽくなります。

もらっている薬は、抗アレルギー薬とムコダインの二種類です。

抗アレルギー薬のほうは、毎週、週替わりで変えられています。

最初にもらったニポラジンとか言うのがものすごい眠くなったので次の週はタリオンと言うのに変えてもらいこれも眠くなるので、今週はアレグラとか言うのを飲んでましてこれは眠くなりませんでしたが、あまり効いてもいない感じです。

眠くなるやつだと、仕事中に眠くなってちょっと困りますが、夜は熟睡できて良いです(朝まで一度も目覚めず)、

ムコダインと言う痰や膿を排出しやすくして副鼻腔などの粘膜の抵抗力を強める薬だそうです。

効いているのか効いていないのかよくわかりませんね。もともと症状もそんなに出てなかったので。

でも鼻づまりが解消するとずいぶん楽になるのは間違い無いです。

今日も行ってきますが、痛くありませんように・・・

Comment

編集
カーク船長の知覚過敏は、楔状欠損によるものですね。

実はこれ、歯ブラシが原因というよりも長年の咬合力(噛みあわせる力)が原因と考えられています。

参考:
http://www.ha-channel-88.com/jiten/kusabijou-kessonn.html

また、歯の噛みあわせの面にむし歯を起こす菌と、
歯肉が痩せて歯根が一部露出して起きる根面のむし歯の原因菌が異なることがわかってます。

なので、今むし歯がなくても将来は油断禁物です。
2014年08月08日(Fri) 10:20
編集
歯科にくわしい方

どうもありがとうございます。

そう言えば、最初に行った時に「かみしめのせいなので、マウスピースを作ったほうが良いかも」と言われました。

かみしめている自覚など無かったもので、聞き流していました。実は、この前の火曜日で一通り治療は終わったのですが、まだ知覚過敏が結構の残っていてアイスとか食べるとやっぱり結構しみるので、どうもマウスピースをしなければならないのでしょうかねー。そんなもの口に入れたら眠れない気が・・・

なるほど、虫歯もいろいろあるんですね。これからは定期的に通おうかと思ってます。

どうもありがとうございました。
2014年08月08日(Fri) 18:03
編集
マウスピースですが、今まで結構な数作ってきましたが眠れない方はいらっしゃらなかったですよ。
気になる方には後縁や頬側を短くしたり、内側を薄くしたり調整しますので。

噛み締めをされてるかは歯の噛みあう面の形状と磨り減り具合でだいたい診断できます。
主治医に相談されるのがいいかと思います。噛む力で歯が弱るというのは本当ですから。

ちなみに私はいびき防止のマウスピース使ってますがよく眠れてます。
2014年08月09日(Sat) 12:18
編集
歯科にくわしい方

これまたどうもありがとうございます。

子供の頃に反対咬合の矯正のためにマウスピース?をしていたのを思い出しますが、たしかに眠れないほど不快ではなかったかもしれませんねー。

主治医が、マウスピースするだけですぐに改善するかもしれないと言っていたと思いますが、ホンマカイナ!?と思って聞き流してました(汗)。

ちょっともう一度相談してみようと思います。ありがとうございました。
2014年08月09日(Sat) 14:22












非公開コメントにする