カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP怒り ≫ 積み重ね

積み重ね

小さいことの積み重ねも時には大切でしょう。コツコツと1匹1匹を積み重ねれば、爆釣です。

私はそういう釣りが結構好きです。

逆に、小さなストレスが積み重なることにも弱いです。

1つ1つの小さいことをなかなか忘れられず、どんどん蓄積して行くのだと思います。

だから、コツコツ積み重ねる釣りが好きであり、また逆に、小さいストレスが繰り返されて臨海を越すと、そこで怒りが爆発するのかもしれません。

小銭の貯金も積み重ねれば結構な財産になりますし、小さい借金でもひたすら繰り返せばいずれ破産します。

小さいストレスは、それ自体たいしたことありませんが、積み重なると私の場合はだめです。

たとえば、自分の靴が玄関の一番隅っこのところ、壁際にびったり寄せて置かれていることがあったとします。

そんなところに靴を置かれると、一旦かがんで少し中央に寄せて履かなければなりませんので、ちょっとしたストレスです。端に置いていなければ、そのままスリッパを履くようにしてスムーズに履けるのですから。

私は靴を履く時にはいちいちかがんでひもをむすんだり、靴べらを使ったりのように手間のかかる履き方はしませんし、そういう靴ははきません。靴に足をつっこんで、少し前後左右にねじこめば履けるような靴しか履かないのです。そうできないと不快だからです。

なのに、靴を玄関の一番端に追いやられていると、スムーズに靴がはけず不快・・・小さいことですがストレスです。

ただ、もちろん、それが1回くらいあったからと言って、どうってことありません。

ところが、二回目、三回目と続くと、ちょっと腹立たしくなります。

四回目、五回目になるとさすがに文句を言います。やめてくれと。

そこで、はいはいと言ってくれたので、もうならないかと思ったら、また六回目、七回目と続きます。

で、8回目くらいでたまりかねて、今度は少し怒った調子で文句を言うと、

「そんなことで怒ったらいかん」

とか言われます。

そこで怒りは爆発です。

いやいやいや、もはや、靴が端に寄せられていることだけで怒っているのではない。さんざん何度も繰り返しているから、やめてくれと言ってもまだ何度も繰り返される、そのことにも怒っているのだと。

1回や2回ならそんな小さいことで怒るわけがない。何度も何度も、そして、やめてくれとお願いしてもさっぱりやめてくれない、やめないことの正当な理由も考えられない、そこへ持ってきて、そんなことで怒るなとか、「そんなこと違い」のことを言われる、何もわかっていない、だから怒るわけです。

小さなストレスは、時間が経てば忘れますが、忘れる前に何度も積み重なると、大きなストレスになります。

小さいストレスの積み重ねを軽視しないようにしたいものです。


怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする