カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOPダイエット・育毛・健康 ≫ メタボは改善

メタボは改善

去年の10月に受けた職場の健康診断の結果の解析?みたいなのを今年もまたもらいました。

検査結果じたいは1月頃にもらっていたのですが、今回もらったのは、大げさに冊子にされたもので、過去2年ぶんとの比較その他がのっているものでした。

↓クリックで拡大
140508metabo.jpg

糖尿病の検査では単に血糖値を調べているだけで、ヘモグロビンA1Cを調べていなかったり、脂質異常症の検査では未だに単純にLDLとHDLの基準値で判定していたりと、いまいち古いです。

最近では、LDLコレステロールとHDLコレステロールの量ではなく、それぞれの量の比率(LH比)に意味があると言うことになっています。このLH比と言うのが、新たな動脈硬化指数として採用されているみたいにテレビで言ってましたので、調べてみましたが・・・

110_10_img_1.gif

ちなみに、私の場合は 125 / 49 = 2.55

と言うことで、血栓ができている可能性があり、心筋梗塞のリスクも!と言うことのようです。 

このLH比ですが、たしかにいろんなサイトに出ていますが、脂質異常症や動脈硬化に関しては、日本動脈硬化学会のガイドラインと言うのがメジャーなんですが、これは5年ごとに改訂されるので、2012年の最新版ではまだLH比についてふれられていません。

だから、このLH比は一体どこの誰が決めたものか、この基準値が本当に正しいのかどうかもまだはっきりしないと思います。

日本動脈硬化学会の決めたガイドラインにしてもいろいろ批判される場合もあるので、何が正しいのかがはっきりするには時間がかかるため、とりあえずの目安と考えたほうが良いかもしれません。

だいたい、かなり厳しめに設定されていることが多いみたいなので、あまり深刻に考えないようにしています。

ゆるめに設定するより厳しめに設定しておくほうが良いだろうと言う安易な考えだと思いますが、人間は、「自分は良いことをしている」と思っている時のほうが行動が暴走して危ないと言うことにあまり気づいていないようです。

良いことをしている、正義であると考えて暴走・・・よくあることですね。偽善の暴走には恐ろしいものがあります。

それはさておき、この3年ほどで少しずつやせてますから、それにともなって、血圧や血中脂質の値などが改善されてきています。

この調子で、あと2キロほどやせられれば、BMIも25以下になるので、おそらく黄色の判定部分も無くなるでしょう。
 
最近、老化現象の進行が急速にはやまっていることが自覚されます。

脱毛はなんとか止まったようで一安心ですが(まだ油断できない)、なんとなく元気・やる気が出ないと言う感じが多いです。

男性更年期と言うやつでしょうか。女性の更年期ほどではありませんが、男性も加齢によって男性ホルモンが減ってくると症状が出る場合があるようです。

男性型脱毛症も、男性ホルモン(テストステロン)が減って行くと発症するようです。

一般には、男性ホルモンが多いほうがハゲるかのように誤解されていますが、むしろ逆のようです。メジャーな男性ホルモンであるテストステロンの血中濃度は20代がピークで、その後は加齢とともに減少して行きます。

個人差が大きいので必ずと言うわけではないみたいですが、30代以降は毎年1割ずつくらい減って行く場合が多いそうです。

そもそも、男性の場合はテストステロンには脱毛の促進作用は無いそうで、むしろ髪の毛を太くしたりする作用があるとネットに書いてありました。でも、どうなんでしょう!?

テストステロンに脱毛促進作用が無いのは本当かもしれませんが、髪の毛を太くするのはエストロゲンではないのかな!?男性の場合、テストステロンが代謝されてエストロゲンになりますので、テストステロンが多いとエストロゲンも多くなるはずです。ちゃんと調べた訳でないので、違うかもしれませんが。

ともかく、男性型脱毛症の場合に何が問題かと言うと、テストステロンを材料にして頭皮(毛乳頭細胞)で合成されるジヒドロテストステロン(DHT)と言うホルモン(これも男性ホルモンの一種)が多いと男性型脱毛症になるようです。

テストステロンを材料にして、頭皮でDHTを合成する酵素(5アルファ還元酵素)がたくさん作られている人が男性型脱毛症になりやすいそうです。

頭皮でテストステロンが多くてDHTが少ないと髪の毛は正常なのですが、テストステロンが減ってきて、相対的にDHTが増えてくると男性型脱毛症を発症するようです。

だから、歳を取ってテストステロンが減ってくると、もともと頭皮でDTHの合成が多かった人がハゲはじめる(頭皮でDTHがあまり作られない人はハゲない)と言うことなのかもしれません。

いずれにせよ、テストステロンが減ると良いことは無さそうです。

対策としては、運動と睡眠らしいですが・・・。

運動するとテストステロンは増えるらしく、筋トレなど効果的らしいですがウオーキングも良いそうです。

筋トレはなかなかしんどいし嫌いなので、メタボ対策とかねて、私もウオーキングなどをしようかと思っていますが・・・

しかし時間的に難しいのが難点です。ウオーキングが無理なら簡単な筋トレ程度にしようかな。

いずれにせよ、運動と睡眠が重要なようなので、心がけたいと思います。
 
 

Comment

ャバィ・・(´Д`;)
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

実はオイラもコレステロールが高くて
この計算なら軽く3を超えてます
もう寿命ですかね?
今のうちに釣りに行っておこう
2014年05月11日(Sun) 20:51
編集
万年さん、こんにちは

上の結果で2011年のを見ると、私も3倍以上でしたし、それより以前はずっとそんな感じでした。

でも、先日、頚動脈エコーで動脈硬化ぐあいを見てもらったら、全然動脈硬化など無かったので、(他の部分に無いとは言えませんが)、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか?

すぐにどうにかなるものではなく、長期的に徐々に動脈硬化が進んで行くものでしょうから、運動と食事を考えて徐々に改善してゆけば良いだけだと思います。

・・・って、それが難しいんですが(汗)。
2014年05月12日(Mon) 08:21












非公開コメントにする