カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ またまた中紀のアジ釣り

またまた中紀のアジ釣り

2014年3月28日(金)アジ釣り@仲政丸

天候:晴れ  風向:北  潮:8時頃まで上り→動かず→8時半頃から下り潮  水温:17度  波高:0.5m→ベタ凪
日出5:53 正中12:05 日没18:17
ポイント:アイノセ?

140328shio.jpg

(結果)マアジ27〜40センチを46匹、イサギ28センチ1匹。他、小アジ・中アジ30匹

140328chouka_cooler.jpg

さて、またまた中紀のアジ釣りです。前回のアジが美味しかったので迷わずでした。

土日のどちらかでと思ってましたが、天気悪い予報ですから有給が余りまくっているのでせめて1日くらい消化するためにも、金曜日に休んで行くことに。

ようやく完成した西川大橋を通れました。

14032801nishikawaohashi.jpg

おかげで港には予定より5分早く4時50分に到着。

予約したのが遅くて最後のほうで、お客さん7人中の6番目だったので左舷前から二番目に入りました。

140328turiza.jpg

前日の釣果が乗っていなかったので出船しなかったのかと思いきや、全然釣れなかったそうです(ガビーン)。まあでも荒れすぎて釣りにならなかったそうなので、魚の活性が悪くないことを祈ります。

5時過ぎに皆さん乗船が済んだらすぐに出船。北風が吹いていて思ったより波がありますが、船は左右に揺られながら紀伊水道の中央を通り越してすすみまs。

ベタ凪を予想していたので荷物をそこらへんに置いていたら、しぶきの海水でべちゃべちゃになっており、バッカンも口があいていたので、底に海水がたっぷり貯まってました(涙)。

ポイントには6時過ぎに到着して釣り開始です。到着後は波もなくなりベタ凪になり、ぬれたのも乾きましたが(汗)。

140328asahi.jpg

さて、釣り開始。水深72mほどで底から5mから開始です。

潮はゆるやかに上り潮が流れていて、船尾から船首に向かって流れています。良い感じです(笑)。

一投目、着底して3m巻き上げコマセを出してもう2m巻き上げると、いきなりアタリ!

中速で巻き上げると30センチほどのマアジと20センチほどの中アジが釣れました。これはさい先良いかも。

そして、しばらく入れ食いです。

140328sao.jpg

朝のウチは入れ食いでしたが、だんだんと小アジが邪魔しだしてきました。タナも安定せずに難しいです。

底近くでは小アジで、上げると良型が釣れますが、上げっぱなしでは釣れなくなるので、税金のように小アジも釣らねばなりません。

開始1時間ほどで良型の30センチ前後のアジが10数匹釣れましたが、8時頃から潮がほぼ止まってしまい、そうなると小さなアジしか釣れません。

船長もポイントを微調整したりいろいろしてくれますが、難しいです。底から7−8mでも小アジ・中アジですが、底から10mまで上げると何も釣れません。もっと上げてもダメでした。

140328tankenmaru.jpg

探見丸には水深60mくらいまでびっしり色んな反応が出てましたが、底のほうで小アジ・中アジしか食わない時間がしばらく続きました。

15〜20センチくらいの小・中アジは朝のウチに釣れたもの以外はほとんどリリースしました(たぶん前回の倍以上釣れました)。

しかし、9時前くらいから潮が動き出し、そうなると突然良型のマアジが入れ食いになりました。下り潮の動き始めです。

底から7mでやってましたが、底の小アジもいなくなり底から5mでも良型が釣れます。

おまけに40センチ級のジャンボも釣れました。

140328junboaji.jpg

潮は朝一とは逆に船首から船尾に向かって流れ始めたので釣り座的には不利ですが、関係なくアタリが出ます。

しかし、30分くらいするとまた釣れなくなり、もう終わりかと思っていたら、船長がアンカーロープを少し引っ張ってポイントの微調整をしてくれると、またすぐに入れ食いに。

たまにアタリが遠のく時間もありましたが、ここからは小アジはほとんど混じらずに良型のマアジがぽつぽつと釣れ続きました。

140328tankar.jpg

11時過ぎにまた少し食いやみましたので、家から持ってきたイカタンとサンマの切り身(タチウオ用に置いていたもの)を付けて底を狙ってみましたが、イカタンは効果なし、サンマ切り身は身の部分だけかじられて皮だけになって終わり。

そのうちまたマアジが釣れだしたので、底物狙いは2−3投でやめました。

釣り座の位置から考えて、たぶん船長に見られていたと思いますが、特にダメ出しは出ませんでした(笑)。

イカタンはしばらく付けてやってましたが、イカタンを付けていない針にしか釣れないので、途中からやめました。

終了の12時が近づくにつれてまた入れ食いになり、11時50分頃から入れ食い、ダブルが2回もあり、終わるのが名残惜しい感じでしたが、12時ちょっと過ぎにラスト一投宣言があり、終了となりました。

(結果)マアジ25〜40センチを46匹、イサギ28センチ1匹。
20〜25センチ級の中アジ15匹、小アジ15匹くらい(もっと釣れたがリリース)。

140328chouka.jpg

数は前回と同じくらいでしたが、型が良いのが混じり、40センチ級も3匹釣れました。

翌日は後半から水温が下がって伸びなかったようなので、またまた良い日に釣行できてラッキーでした。

釣り | Comments(3) | Trackbacks(-)

Comment

編集
またまた良い日に行けましたねー

橋も完成したようで。

平日のわりに沢山のってますね、久しぶりに天気よかったからでしょうか。

早く行きたいです。波情報でて行けそうなら早い目に予約したほうが、よさそうですね。
2014年03月29日(Sat) 21:50
編集
カーク船長 こんばんわ。

リールが和歌山でもジョグになってますね。
5月の写真になるとシーボーグ300Jに変わってそうな気が(笑)

大、中、小とアジを釣られて料理の幅も広がりますし良いですねぇ~。
今日は駄目だったみたいですが、噂の金アジは爆釣してましたね。

イサギ釣りに切り替わる前に3回はアジに行きたいと思っています^^;
丁寧に持ち帰ってるせいか、イサギより美味しい気がするので。
2014年03月29日(Sat) 23:51
編集
>ゴリオさん

そうですねー、今回も良い日に当たりました。お客さんはまあまあ乗ってましたが、ようやく釣れだしたので、みなさん集中しているのかもしれません。

天気悪かったらそんなに混んでないと思いますが、週間予報でだいたい予想して早めに予約入れたほうが良いかもしれませんね。



>一匹狼さん

やはりジョグのほうが使いやすいですねー。和歌山用に、来月に300Jを買うか、今日に300MJを買ってしまうか(笑)、ちょっと迷ってます。300MJならメジロもガンガン巻けそうな感じなので。

アジ美味しいですね。イサギ1匹しか釣れませんでしたが、脂のって美味しかったですよ。

潮が良くなればイサギも混じるらしいですが、クラゲ混じりの汚い潮のほうがアジには良いと船長が言ってました。

去年は4月に浅場(40mくらい)のポイントで30センチ前後のアジがたくさん釣れ、これがまた美味しかったので、それも楽しみにしてます。
2014年03月30日(Sun) 09:01












非公開コメントにする