カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 寒イサギぼちぼち

寒イサギぼちぼち

2014年3月1日(土)イサギ釣り@仲政丸

日出6:27 正中12:11 日没17:55
天候:晴れ  風向:東  潮:上り〜下り潮  水温:15.7度  波高:ベタ凪
気温:防寒着を着ると暑いが脱ぐと少し寒い
ポイント:楠井沖
潮(大潮)@田辺

140301shio.jpg

さて、楠井沖のイサギ釣りにまた行ってきました。

私は火曜か水曜か忘れましたが早めに予約入れて、その時点では誰もお客さんが入っていなかったので空いているかと思いきや、さすが凪の土曜日で、お客さんそれなりにいて7人でした。

この日は一匹狼さんが車が無いそうで、どこか釣りへ行くなら声かけて(乗せてって)ほしいと言われていたので連絡すると、どうするか決めて又連絡しますとのお返事で、金曜の午後に「私も仲政丸に予約いれたので」とのことで連絡あり、ご一緒することになりました。

なので、予約は別々ですが、私の車で一緒に行くことに。4時くらいに一匹狼さん宅を出発、1時間少々で御坊のフィッシングオーシャンへ到着。

イサギ狙いの刺しエサのオキアミの他、釣れない潮止まりの時間帯にカワハギ釣りもしようと仕掛けを持ってきていたので、冷凍のアサリも買いました。

で、いつもはここに到着すると必ずトイレに行きたくなり、汚い話ですが、大きなのが出るのですが、今回はトイレに行ってもガスしか出ませんでした(笑)。

そのせいか、ベタ凪なのにわずかな揺れが不快に感じて、釣れない時間帯には少し気持ち悪くなり船酔いしかけました(汗)。

さて釣り座は予約順でこんな感じになり6時前に出船、6時半前に釣り開始です。

140301turiza.jpg

水深は42mくらいだったと思います。船長の指示だなは、底から5mではじめて、活性上がって浮いてきたら上から30mくらいまでで釣れる可能性があるとのことでした。

上り潮が適度に流れており、水温も上がったようで暖かかったですし、ちょっと濁っているような気もしたので爆釣ではと思いましたが・・・

朝一は底から5〜7mくらいでまずまず快調に釣れ、すぐに7−8匹は釣れました。

しかし、だんだんとアタリの間隔が長くなり、釣りにくくなります。潮もだんだん止まってきました。

風も弱く船が定まりにくいので船長もポイントの修正ができないようで、しばらくは忘れた頃に釣れると言う程度です。

ちなみに今回は最初から最後まで竿釣りでした。

140301sao.jpg

途中で電動リール(フォースマスター1000)がまたしても不調でフリーズするトラブル発生。最後まで巻きあげ速度の部分が滅茶苦茶ランダムな数字を示す状態が続いて困りましたが、フリーズは1回でおさまりました。

で、イサギも撒きエサに突っ込んでくるほど活性は良くなく、仕掛をきらう感じがしたので、あまり誘いはせずに、やや浅めのタナで置き竿にしていると、刺しエサのオキアミにたまにヒットすると言うくらいでした。

タナをさげるとカワハギが沸いているようで、刺しエサをすぐ取られますし、取られたらイサギも釣れません。

なので、底から7mくらいで置き竿です。しかし、何しても釣れない時間帯もあり、そうなるとわずかな船の揺れが気になり、船酔いしかけました。

140301kuruioki.jpg

ほぼベタ凪ですが、少し船が横に揺れていて、それが不快でした。

お腹が痛くなり、大がしたくなったのですが、波も風もなく静かな状況で船のトイレで大をする勇気が無かったので(音やニオイなどが船中に充満するかと思うととてもできず)我慢しました(笑)。

結構辛かったです。

このままではヤバイと思ったので、潮も止まってきたこともあり、ここで船長に断ってカワハギ釣りをさしてもらうことにしました。

仕掛を持ってきていたので。小型ベイトリール(SLS小舟)に竿はメタリア・タチウオ195が軽くて良いかと思い持ってきましたが、もうちょっと先調子のメタリア・タチウオ225のほうが良かったかも。

140301kawahagishikake.jpg

カワハギ釣り用の派手なオモリ40号?をセットして、冷凍ムキアサリを針に刺しますが、針が小さすぎるのと、エサがゆるすぎるので、うまく刺せません。

苦労して針にエサを刺して投入すると1投目でいきなりカワハギが釣れてラッキーです。

釣れはじめるとお腹痛くて気持ち悪いのはどこかへ消えていました。

2投目は知らん間にエサだけ取られて失敗。1分くらいでもうエサがありません。アタリも出ません。

3投目にまた1匹カワハギをゲット。

こんな感じで2−3投に1匹くらいのペースで釣れるので結構面白いですが、針にエサを刺すので時間を取ってしまい、ようやく仕掛を投入して着底すると一瞬で勝負が決まるので、またすぐ仕掛を上げなければなりません。

それにしても、エサが1分と持ちませんので、すごい数のカワハギがいるのでしょう。もうちょっとちゃんとした竿で、ちゃんとしたアサリを使ったらかなり数釣れるのではないかと思います。

私も、たぶん1時間くらいしかやってませんが、6匹釣れました。

そのうち、底から8mで置き竿にしていた仕掛でアタリが出てイサギが1匹釣れたので、同じような感じでまた置き竿にしていると、今度はすぐにアタリでまたイサギゲット。

どうやら潮がまた少し動き出したようで、ここからイサギがまた釣れだしました。

底から7mでちょっとした入れ食いです。

これでここから入れ食いが続くかと思いきや、潮がまた止まってしまって、すると食わなくなりました。

探検丸には先ほどからずっとものすごい魚群が映っており、イサギはびっしりいるようです。しかし、何かが気にくわないようで食い気が無い。

急に潮がかわったからでしょうか?おそらく、爆釣で入れ食いになる日は近いと思いますが、それはこの日ではありませんでした。

潮が止まったのでまたカワハギ釣りをはじめましたが、先ほどよりカワハギも活性が下がったのか、1匹追加するのがやっとでした。

その間におとなりさん(右舷トモの方)は40センチほどのグレを釣っていましたし、同じ左舷でお隣の若い常連の岡○さんもグレを釣られていて、そのまたお隣のこれまた奥○さんもグレを釣って、私だけグレが釣れませんでした・・・

それでもイサギはまあまあ釣れたしカワハギも2人で食べるには十分釣れたので良かったです。

ただ、一匹狼さんが絶不調で、どれほど不調だったかは釣行記を見ていただくことにして、声かけたのでちょっと申し訳ない気がしましたのでイサギの一部を持って帰っていただきました。

そんな感じで、最後の1投は船長が船のエンジンをかけたので仕掛を上げようと巻き上げたら何とそれと同時にヒットしてイサギを1匹ゲットして終了。

(結果)イサギ23〜35センチを36匹、カワハギ7枚

140301chouka.jpg

イケスを使っていたので、帰港までにシメて、今回も練習がてら、大きめのイサギ15匹くらいは頭のほうから神経じめをしました。あまり小さな魚はやっても無駄なようなので、大きめのものだけやります。

鼻の穴の少し上、目と目の間より少し下くらいにアイスピックで穴をあけて、そこから側線に向かって突っ込むようにすると確実に神経じめができるようになりました。

こうすれば、2−3日くらいはわりと身がしっかりしてますので、刺身で食える期間が長くなります。

さて、楽しみなのはカワハギの刺身のキモ合えです。

不思議と楠井沖で釣れたカワハギはあまりキモが大きくないですが(ちょっと時期が遅いのか?)、6匹から集めるとじゅうぶんな量になりました。

140301otukuri.jpg

イサギも、個体差ありますが、脂のよくのっているのもいて美味しかったです。

一匹狼さんお疲れ様でした。懲りずにまたよろしくです。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様です。

この時期のイサギ、日によってムラがありますが良い日にあたれば沢山釣れる日もあるのですが難しいですねー。

イサギに専念してなくて36匹は凄いですねー。
お見事です(笑)。

6日、天気図見るとダメかな~(涙)、楠井沖だから大丈夫かな~(笑)、3時半から用事あるので無理してまで行かない方が良いのだが行きたいな~(爆)。
2014年03月02日(Sun) 18:25
編集
カーク船長 おつかれさまでした。

船酔い気味だったとは気付きませんでしが、その中で竿頭はお見事です。

イサギの神経締めは、私は見てただけですが習得したような気が(ホンマか!?)しましたので、余裕があればやってみます。

イサギの神経締めの効果はバッチリでしたよ。

もうすぐ釣れ出すアジやサバなんかも同じ要領でいけるんじゃないですか?

そろそろHNの一匹狼を変えようと思います(笑)
2014年03月02日(Sun) 19:03
編集
>ゴリオさん

私的にはこの時期にこれだけ釣れたら十分ですので、良かったです。アタリ無い時間帯はカワハギ釣りもちょっと楽しめましたし。空いてたらノマセもやろうと思ったのですが、さすがにそれはやめました(笑)。

私は今週の木曜はちょっと遠慮させてください。ベタ凪ならまた行きましたが。次のお休みの時に休めそうで天気も良さそうならご一緒よろしくです。


>一匹狼さん

どうもお疲れさまでした。

船酔い手前と言うところまで行きませんでしたが、あの状態で揺れが少しでも強くなると気持ち悪くなっていたかもしれません。トイレにさっさと行けばすぐ楽になったと思うのですが・・・(笑)。

アジやサバも頭から神経締めできたら良いですから釣れたらやってみようと思ってます。特にサバは身がやわくなるのが早いので、手早く神経じめできたら良いなあと思ってますが・・・。
2014年03月02日(Sun) 19:43
編集
イサギもよく釣られてますねー。

神経ジメも習得されて、これからも美味しい刺身をおめしあがりください。

3/6ですが、波あるみたいだし予報天気図も縦縞だし、、、
断念しようかと思ってます(悲)
2014年03月03日(Mon) 08:23
編集
しんすけさん、おはようございます。

ようやく神経じめ、頭からのやつ習得できた!?気がします。後半は一発で決まるやつも出てきたので、もうちょっと慣れたら数釣れている時でもできる気がします。

楠井沖は北西風に割と強いほうですかと思いますが、まだアタリ小さいので行くなら凪ぎの日が良いかもですね。
2014年03月03日(Mon) 08:33












非公開コメントにする