カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP喜び・楽しみ ≫ 年末年始9連休

年末年始9連休

今年の年末年始は9連休でした。書ききれなかった日記を書いておこうと思います。主に食べたものなど。

新しい順番にさかのぼって行きます。

YUKAの父上がずいぶん元気になり、ようやく退院できることになったので(完治したわけではないですが)、とりあえずお祝いに良さそうな魚が確実に釣れそうなところと言うことで、初釣りは椿でレンコダイなどを釣ってきました。


1月5日(日)夕食

型は小さめでしたが、塩焼きサイズが何枚か釣れたので、まずは試しに塩焼きにしてみました。

140105shioyaki-sashimi.jpg

焼いても綺麗で良かったです。これならじゅうぶん退院祝いに食べてもらえそうです。

なんだか薄っぺらく写っているのは、半身だけ塩焼きにしたためです。残りの半身は刺身にしました。

左上に写っているのが左側からメダイ、レンコダイ、チカメキントキの刺身です。どれも美味しかったです。

小さなレンコダイはすべて干物にしました。これは写真撮り忘れましたが、美味しくできました。

翌日もチカメの刺身でした。かなり美味しいです。

140106chikame-sashimi.jpg

そして、チカメの皮をうろこを付けたまま唐揚げにすると美味しいと聞いたので、素揚げにしてもらいました。

140106chikame-kawa.jpg

ものすごい美味しいです。イサギでも同じことをしたら美味しいらしいので、今度やってみようと思います。


1月5日(日)昼食

お昼はラーメンでした。「麺屋7.5Hz」と言うかわった名前のラーメン店です。

醤油ラーメンはものすごい醤油のニオイがして、店内に醤油のニオイが充満しています。私ごのみの汁ですが、麺はそれほど好みではありません。

140104syouyuramen.jpg

太麺が自慢で醤油ラーメンを頼むとが太麺で出てきますが、今回はあえて細麺で注文してみました。残念ながら細麺も好みの麺ではありませんでした。まだ太麺のほうが美味しいかも。

YUKAは塩ラーメンを注文。塩ラーメンは細麺が標準です。

140104shioramen.jpg

少しもらって食べましたが、こちらはあっている感じでした。



1月4日(土)夕食

メダイの鍋にしてみました。

140105medai-nabe.jpg

切り身のほうは脂がのっておらず、かなりあっさり味でしたが、あらの部分がすごく美味しかったです。

クセの無い白身なので、いろいろ調理の素材として使えそうです。

と言うことで、翌日にはメダイの切り身を唐揚げにしてもらいました。

140106medai-karaage.jpg

身もしっかりしていて、とても美味しかったです。



1月1日(元旦)の朝

おぞうにです。

140101zouni.jpg

カキが入っているのが特徴のようです。美味しいです。

夕食はおせち料理でしたが、あまり美味しくなかったです(買ったやつ)。



12月27日(金)夕食

タチウオ料理

刺身とあぶりです。

131227tachiuo-aburi-sashimi.jpg

塩焼きです。

131227tachiuo-shioyaki.jpg

今年のタチウオは、ものすごい脂がのっていて、最高に美味しいです。



12月25日(水)夕食

タチウオ丼
131225tachi-don.jpg



12月23日(月・祝)夕食

イラの鍋

131223ira-nabe.jpg

煮付けくらいしか食い方が無いかと思いましたが、調べてみると、良い出しが出るから鍋に良いと書いてあったのでやってみたら、かなり美味しかったです。



12月23日(月・祝)昼食

来来亭のラーメン

131223ramen-rairaitei.jpg



12月22日(日)夕食

イラの兜焼き

131222ira-head.jpg

これもネットで調べたら出ていたので、頭だけ焼いてみました。

すると何と、予想外にもかなり美味しかったです。ゼラチン質の部分が多くて、食べるところが結構ありました。

イラ、私は意外に美味しいかなと思いました。



12月21日(土)夕食

カニをいただいたので、鍋にしました。

131221kani-nabe.jpg

何やらタグ付きでした。

131221kani-tag.jpg

美味しかったのですが、もらったのが1パイだけでしたから2人分で鍋には量が少なかったので(笑)、一緒にいただいたカレイの干物も焼いて食いました。

131221karei.jpg

これも美味しかったです。

今度からカニは2ハイ以上ください(笑)。
喜び・楽しみ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする