カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 寒い釣り納め(笑)

寒い釣り納め(笑)

2013年12月29日(日)タチウオ釣り

盛和丸@神戸市須磨

天気:晴れ 気温:1〜6℃
波高0.5〜1m
水温(探見丸表示)11.6℃
風(神戸空港):北西4m〜西8m
日出7:05 正中12:01 日没16:5

潮(中潮)@神戸港

131229shio.jpg

前回はたくさんタチウオが釣れたのにイマイチ満足感が得られなかったことと、竿をついに買ったので試したくなったのと、また一匹狼さんとご一緒できると言うことで、3つが重なり、釣行することに。

一匹狼さんも今回は泉南より神戸沖でやる船が良いとのことで、盛和丸に電話したらあと2人行けると言うことで決定。しかし前日の夕方に船長から電話がかかってきて、風が強くなる予報なので、早上がりになる可能性が高いのでそれでも良いですかとの確認でした。

一匹狼さんに確認したところ、大丈夫とのことでそのまま出撃。

前日には好調だったし、まさか1日でそう大きく変わることはなかろうと思って、またしても目標を20匹にして出撃。

船は前回同様に13人で満員です。結局誰もキャンセルしなかった様子。

6時半前くらいに出船だったかな?ポイントには20分ほどで到着して6時50分くらいに釣り開始。

今回は風が出るとポイント移動の時に潮をかぶるかと思い、後ろの釣り座に入りたいと思っていたら、ちょうど入れた。

131229turiza.jpg

満員の時は後ろの中央にも釣り人が入りちょっと狭くなるから、前のほうがスペースも広いのでやりやすいから本当は前が良かったのだが、移動のたびに潮をかぶるのはいやだったので。

しかし、朝のうちは風もたいしたことなく、船も全然揺れず、これなら余裕で最後までできるだろうと思っていたのだが・・・

ただ、探見丸表示の水温が11.6℃になっており、前回の12.7℃よりも約1℃下がっていたのが少し気になりました。

でも、どうせタチウオがいるのは水深50mより深いところだから関係ないだろうと楽観視。

釣り開始、最初は水深が65mくらい船を流し始め、いつものように徐々に浅くなって行くパターン。

131229-720point.jpg

今回は、前回に少し可能性を感じたサンマの切り身をテンヤにくくるやりかたでスタート。切り身2枚を抱き合わせにして厚みを出してあります。

朝のうちは調子良く、あたりもしょっちゅうあり、底から10m〜15mくらいですぐにヒット。巻いては止め、巻いては止めでこづき上げるような前アタリがあり、そこで止めて少し待つと本アタリまで出る感じ。

最初の1流しで3本釣れました。ただ、型はイマイチと言うか前回ほど良くはなく、まあ普通サイズでしょうか。メーターオーバーは出ませんでした。

131229_730tankenmaru.jpg

今回からはじめて使いはじめた竿、メタリア・タチウオM195も軽くてとても良いです。

131229sao_reel.jpg

ただ、思っていたよりは柔らかかったです。これならMH225のほうが良かったかな!?

でも穂先が折れることがまず無いと言うのがいちばんありがたいです。今まで何本穂先を折ったことか。タチウオ用だけでも3本折ってます。合計したらメタリアが2本買えるくらいの損失・・・

次の流しもアタリがよくあり、同じような感じで2本ゲット。しかもサンマだとエサ持ちが良いので、手返しも早いです。

釣り開始から45分ほど、2回の流しであっさり5本釣れました。

131229_750sakana.jpg

これは、このペースで行けば30本も夢じゃない・・・

ところが、そうは行きません。

8時過ぎから深場のポイントへ。水深90mくらいから浅くなって行くパターン。

131229_830tankenmaru.jpg

ここへ来てから、アタリが少し小さくなり、あまり追いかけて来なくなりました。

水深が深いうちはあまり釣れず、浅くなってくるとアタリがよく出て、たまにゲット。

9時半までにもう2本を追加。

9時半過ぎてから、急に風が強くなりだして、船が揺れ始めたと同時に、アタリもより小さく、そして遠くなりました。

ここから修行の時間です。

途中、一匹狼さんが釣り上げたタチウオが、こんなのをはき出しました。

131229ikanago.jpg

イカナゴの大きなやつでしょうか。15センチくらいありました。

私の釣ったタチウオは、サンマみたいな魚の頭をはき出しました。サンマではないと思いますが、コサバか何かでしょうか!?

結構エサをふんだんに食べているようです。なので脂がのっていて美味しいのでしょう。

なので、良型タチウオを釣りたいところですが、いまのところ、あきらかにメーターオーバーな良型は1本だけです。

その後も、船長によると、魚探には反応がよく出ているとのことで、そのアナウンスがある時は田近にアタリが出ますが、コツンで終わり、なかなか本アタリにまで行きません。

ちなみに、探見丸に出ている反応と船長の魚探とは違うようで、こちらには出ていない時に、船長のアナウンスではタチウオらしき反応が出ていると言っていました。

ただ、探見丸にびっしり反応が出ていても、何の音沙汰もない時もあったので、映っているのが何なのか、いまいちよくわかりません。

さて、深場に移動してからはちょっと難しくなり、たまにかけたと思ったら、巻き上げ途中のバラシが2回。

フッキングしかけてすぐはずれが2回。

まだ竿になれていないせいか、単に下手なせいか、うまく行かない感じが。船もちょっと揺れてアタリが少しわかりにくい感じです。

最後に私が釣ったのは70センチの極細でした(笑)。それもリリースせずにキープ。

そして風が強くなってから1時間少々して11時過ぎになり、船長から早上がりコールが・・・

11時過ぎに沖上がりで、普通なら港まで30分もかからないところが、1時間ほどもかかりました。

西風が強いのでまっすぐ北上して最短距離で帰るとモロに横風を受けるために、一端西に向かって進んでから東に向かう感じで帰ると言う感じだったでしょうか。

なんせ遠回りして帰ったので、港に着いたのは昼過ぎでした。

おまけに風が強くて船をロープで固定しようとしても風に流されて、3人がかりでようやくロープをかけたと思ったら、船長が船から飛び降りる時に船が動いて、あやうく転落しかけ、あばら骨を岸壁に強打していました。

海中に転落こそしませんでしたが、顔が真っ赤でしばらく動けなくなっていたので、大丈夫かな!?と心配しましただ、どうにか大丈夫ようで一安心。でもたぶん肋骨が何本かは折れていると思います。

早上がりで次回の1500円割引サービスをいただきました。

(結果)タチウオ70〜105センチを7匹

131229chouka.jpg

1本だけ異様に細い70センチがいましたが、あとは80センチ以上のレギュラーサイズで、メーター近いのが何とか2本でした。

サイズもイマイチで数も釣れずに残念でした。

この状況で、早上がりだったのに12本も釣っていた人がいて、おどろきですが、自分も、後半もうちょっと釣っていたらそれくらいは行けそうなペースだったので、やはりまだまだです。

ジョグの電動リールを今回はじめて使い、操作ミスによるあわせそこないもありましたので。

131229sao.jpg

このジョグダイヤル付きの電動リールはかなり良かったです。巻き合わせとかやりやすいですから、もうちょっと慣れたらかなり行けると思います。

今回は慣れが足りずに合わせ損ないがありました。親指でジョグを回せば良いのに、ついつい右手でハンドルを巻いてしまうこと数回あり。

これでタックルはかなり良くなったので、あとはウデの問題だけです(爆)。

ただ、メタリア・タチウオ195Mは思ったより柔らかかったので、MH225も買おうかな・・・。来年のシーズンまでには。

さて、今回が釣り納めになってしまったのですが、期待が大きかったこともあり、かなり残念な釣り納めになってしまいましたが、これが現在の実力とあきらめて、来年はさらに修行を一生懸命頑張りたいと思います。

ご一緒してくださった一匹狼さん、ありがとうございました。懲りずに来年もよろしくです。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
竿・リールとも新調されたのですか?!いいですね~

私も12/29のほうの釣行記を掲示板にあげておきました。

では、1月にリベンジしましょう!
2013年12月31日(Tue) 10:01
編集
しんすけさん、まいどです。

この日は厳しかったですねー。釣行記ありがとうとざいます。

道具も新調したので、1月はリベンジ頑張りましょう!
2013年12月31日(Tue) 12:04












非公開コメントにする