カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 日ノ岬沖のマダイ釣り

日ノ岬沖のマダイ釣り

2013年12月5日(木)

マダイ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

オキアミコマセ、オモリ120号前後、ハリス4ヒロ2本針

天候:晴れ  風向:北  潮:上り~下り潮  水温:17.8度  波高:ベタ凪
日出6:50 正中11:50 日没16:51

潮(中潮)@三尾

131205shio.jpg

(結果)マダイ2匹

131205chouka-ore.jpg


さて、日ノ岬沖のマダイ釣り第二回目です。

土日は釣りに行けないし、ゴリオさんが行かれるとのことで木曜日に出撃。5時前に港に到着、船長は5時過ぎにやってきて乗船開始、お客さんは全部で6人でした。

潮の関係で左舷4人、右舷2人の配置となりました。朝一は上り潮がかなり早いとのことです。

マダイ釣りは潮下の釣り座が必ずしも良いとは限らないので、場所は悩みますが、左舷の真ん中に2人並んで入りました。

131205turiza.jpg

前日の釣果は9匹の人と1匹の人でしたが、他にも2−3人乗っていて、ボウズだったようで不安がよぎりますが、今日ははたしてどうなるか!?

正確な時間は忘れましたが、5時半過ぎくらいに出船、6時くらいにポイント到着だったと思います。

前回と同じポイント、水深は42mほどです。

131205_610tankenmaru.jpg

まだ日の出前ですが、明るくなり始め、ちょうど夜明けくらいで釣り開始。船長が言う通り、上り潮がものすごく早く、ブッ飛び状態です。

131205_610saoshio_buttobi.jpg

電動リールは、フォースマスター1000がまだ修理中なので今回もレオブリッツ270を使用。主にタチウオに使っているリールなのでPE3号を巻いてますが、メジロ釣りじゃないから大丈夫でしょう。

オモリは120号を使ってスタートしましたが、あまり糸が横を向くので150号に変えました。

しかし、これだけぶっ飛んでいると、どちらでもたいしてかわりません(笑)。なので120号にもどしました。

131205_620hinomisaki.jpg

朝からエサ取りの活性が活発で、よくエサを取られます。これは良いことだそうです。

しかし、潮がぶっ飛んでいるあいだはちょっと難しそう。

でも、右舷のトモの方だったと思いますが、まだ潮が早いうちに1枚上げたと思います。

私も、エサが取られるより少し手前のタナを狙いますが、仕掛けがあまり安定しないようで難しいです。

コマセカゴが空になるとたくさん糸が出ます。空になるほうが抵抗が軽くなって手前に寄ってくるかと思ったのですが、逆なので不思議です。オキアミって重たいのでしょうか。

そんなこんなで、ちびちびとやっていると、少しずつ潮もましになってきました。

少し底取りがしやすくなった8時前くらい、でもまだ早いですが、この頃になり、待望のアタリ。

時折ゴンゴンと突っ込む感じは間違い無くマダイの引きです。慎重にやりとしして上がってきたのは57センチ(家で測定時)の綺麗な良型マダイでした。

131205_750madai.jpg

これでボウズは無くなり一安心。

そのしばらく後にはゴリオさんも私とよく似たマダイを釣りました。

ここで、いつもはしっぽを切って神経締めをするところを、今回は顔のほうから神経締めをすることに。鼻のあたりに穴をあけてワイヤーを通そうとしますが、うまく行きません。

すると、おとなりのKDさんが、鼻の穴からできるよとのこと。実際にやっていただくと、見事に魚体がブルブルなり、神経締め成功です。

さあ、もう一匹釣って今度は自分で神経締めの練習をしたいところ。頑張って手返ししますがその後はアタリ無し。

131205_930shioyurumi.jpg

9時過ぎになり、潮もずいぶんましになり、釣りやすくなってきたものの、なかなか本アタリは出ず。

ヒラソウダが1匹かかりましたが、抜き上げる前にポチャリと逃げて行きました。

10時過ぎになると、ほぼ潮が止まってきました。

131205_1010shiodomari.jpg

そしてしばらくするとゴリオさんにマダイがヒット。

131205_1030gorisan.jpg

写真を撮っていると私の竿にもアタリがあり、ヒット!

朝一のよりは少し小さいが、食べ頃45センチのこれまた綺麗なマダイがあがりました。

これで目標の2枚はクリア。

今が時合いとばかりに、魚は放置して急いで仕掛けを投入します。しかし、その後はアタリ無し。

この間に、鼻の穴から神経締めをやろうとしますが、うまく行かずギブアップ(笑)。普通に締めただけでクーラーに入れました。

潮はほぼ止まってきて、これから完全に潮が止まった後に、下り潮の動きはじめにもチャンスがあるとのことで、期待が高まります。

そしてぼちぼち動き出したかなと言うあたりから、ゴリオさんが連続ヒット。

131205gsan2.jpg

どんどんマダイを追加して行きます。私の竿にもアタリがありましたが、フッキングせず。

1匹はヒットしたものの、途中で針はずれ・・・

途中の針はずれは朝一にもあり、2回目です。

その後、下り潮がだんだん動き出して、お昼までゴリオさんは次々にマダイを追加しますが、私は追加できず、潮が早くなってくるとあまり期待できないので、終了です。

全員マダイを何枚か釣っているし、もう12時過ぎだし、これで終了かなと思っていると、ちょっとポイント移動してくれるとのこと。

イサギやグレも狙えるすぐ近くのポイントへ移動してくれました。ここでもマダイは釣れるそうです。

131205_1215_2ndpoint.jpg

水深は、さきほどのところより少し浅く、38mくらいだったと思います。

釣り方は同じで、エサ取りの上を狙います。

底のほうは10センチほどのマルアジがエサ取りとしているようで、たまに釣れますが、それを釣ってもしょうがないので、思い切って30mくらいのタナまで上げると、まずまずのイサギが釣れました。

しばらくするとトモの方がグレを釣られたので、もうちょっとタナを上げて28mくらいで待っていると、なかなか良い引きで、でもグレではないなと思っていたら、30センチオーバーの良型イサギでした。

その後も30m前後のタナでイサギが入れ食いになり、たまにダブルもありで順調におみやげを追加。

このポイントで1時間ほどやっていただき、十分にイサギが釣れたところで終了となりました。

イサギも美味しいし、買うと高いですから、とても良いみやげです。

マダイを釣らしてもらった上に、イサギのみやげまでと、堪能させてもらいました。船長に感謝です。

(結果)マダイ45−57センチを2枚、イサギ23−33センチを14匹

131205chouka.jpg

マダイ釣りの後半はゴリオさんばかり釣るのに私はアタリが無く、ちょっと不完全燃焼でしたが、最後のイサギ入れ食いでアタリを楽しめて気持良く終わることができました。

しかし、考えてみれば、マダイ2枚も釣れた時点で満足だったのですから、それを不完全燃焼とは贅沢な話ですが、でも誰かが釣っているとやっぱり焦ります(笑)。

ゴリオさん、マダイ良型1枚ありがとうございました。おかげでマダイお持ち帰りは3枚になりました。

131205madai3s.jpg

さて、帰宅してから、神経締め(頭のほうから)の練習のために、頭を落とさずにマダイの身を取り、こいつを使ってやってみることに。

131205shinkei-rensyu.jpg

ちょうど両方の目玉の真ん中か、やや上あたりに穴をあけて、まっすぐ刺すと背骨の上の神経のところのようで、ほとんど抵抗も無くスーっと入りました。

正しい場所に当たれば簡単に入るようです。

131205shinkei-wire2.jpg

上は通す前、下は通した後で、下の写真の青で囲った部分に、黒いワイヤーが通っているのが見えます。

さあ、次回は何匹か釣って、頭のほうからの神経締めを頑張ります。鼻の穴からは私にはちょっと難しいので、穴を開けてやることにします。

イサギも脂がのっており、早速大きめのを塩焼きに、ものすごい美味しいです。

131205shioyaki.jpg

131205shioyaki-abura.jpg

もちろんマダイも美味しいです。刺身で食べましたところ、ものすごい美味しかったです(写真撮り忘れ)。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
すごく おいしそーですね!!
相変わらずの釣果さすがです


いつもブログ楽しませて頂き有難う御座います。

自分自身はこの次期はあまり釣りに行けないもので、
うまい文章で、私も釣りに行った様な気分になりとても楽しく拝読いたしました。

またの釣行記楽しみ伊にしております!
2013年12月07日(Sat) 15:51
編集
ご一緒ありがとうございます。
また車に乗せて頂き楽させてもらいました(笑)。

カーク船長が最初に釣れた後、しばらくアタリなくジアイ逃したと思い焦りましたが、なんとか同サイズ釣れ一安心でした。

そこから余裕が出来たのか調子があがり釣れました。

いつもうらやましく見てますが、たまにはカーク船長より沢山釣れる事もあってうれしかったです(笑)。

こんな事は滅多にないのでまたよろしくお願いします。

神経〆、鯛のコブの天辺を突いたら良さそうですね。

船の上ですると落ち着いてできないので、なかなかうまくいかないのではないでしょうか。

近くに出来たスーパーに行ったら30センチぐらいのイサギが730円で売ってました。
なんかおかしいなと思ってよく見るとなんと半身でした。頭も綺麗に半分になりぱっと見た目は1匹でしたが、気付かずに買ってる人怒ってるだろうな~

船長が35センチぐらいの2000円と冗談言って、ぼったくりと言いましたが、ぼったくりではないぐらい今のイサギ高いですねービックリしました。

大延長して釣らして頂きほんと感謝です。
2013年12月07日(Sat) 16:51
編集
>HBさん

どうもお久しぶりです。お褒め頂きありがとうございます。私も釣りにゆけない時はみなさんの釣行記を読んで行った気分にさせてもらってますので、お気持ちよくわかります。

なかなかそう言ってもらえること無いのでありがたいです。



>ゴリオさん

私のほうが釣ってるなんてあまりないように思いますがどうでしょう!?いつも同じくらいだったように思いますが、まあ前回のカンパチのことがありますから、今年はチョクリで運を使い果たしたのかもしれません(笑)。でも十分な釣果でした。

イサギ高いですよね。長崎産より和歌山の釣りものの方が値打ち高いと思います。

釣らしてもらってありがたかったですね。ポイントカードとかより、釣らしてもらえるのが一番です(笑)。
2013年12月07日(Sat) 21:53
編集
ゴリオさん、爆釣おめでとうございます。

釣りに行けなかったら釣り返す、?倍返しですね(笑)

カーク船長、
神経絞めですが、片身だけをおろして頭から刺してみるとよくわかるのですが、
身の上1/4にあるラインの起点を狙う感じでうまくいきます。
それに、いきなり絞めのワイヤーではなくて100均で売ってるたこ焼き返しで突いて身がビクッとするポイントを確認してからワイヤーを刺すとやりやすいです。

最近は良型の魚は必ず神経絞めをしています。やっぱり練習は必要ですね。そのためには釣らねば!
2013年12月07日(Sat) 23:14
編集
しんすけさんありがとうございます。

しんすけさんも爆釣続きでおめでとうございます。

釣行記書く暇もないぐらい行かれてる様で羨ましいです。
時間があれば釣行記よろしくです。
楽しみにしてます。

私は今年1回休みで終わりです。天候よく出撃でき爆釣で終わりたいです(笑)。
2013年12月08日(Sun) 18:03
編集
>しんすけさん

なるほど、そのラインの付け根のあたりを狙うと良いんですね。そのほうが穴あける位置がずれても大丈夫ですから、わかりやすいですね。

次回はその点も考えて練習させてもらいます。って、釣れるかなーーー・


>ゴリオさん

年内のお休みはあと1回ですかー。お忙しいですね。私はもう年内は木曜やすめませんので、また来年よろしくお願いします。

と言っても一月二月は平日に休みにくいので、たぶん三月になるかと思いますが。
2013年12月08日(Sun) 20:04












非公開コメントにする