カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 落とし込みで良型カンパチ連発!

落とし込みで良型カンパチ連発!

2013年10月31日(木)
落とし込み@仲政丸(和歌山・美浜港)

天候:晴れ  風向:北  潮:下り~動かず  水温:23度  波高:0.5〜1.5m(場所による)
日出6:18 正中11:43 日没17:07

潮(中潮)@三尾

131031shio.jpg

(結果)良型カンパチ3匹、メジロ2匹、ハマチ3匹

131031ore-chouka2.jpg


さて、先日の海上釣り堀の疲れが取れたか取れないか微妙な感じではあったものの、ゴリオさんとご一緒させていただくことにした。

連休中は釣りに行けないこともあり、ちょっと無理して休んだので、吉と出るか凶と出るか。

結果は大吉でした。

落とし込みで、爆釣はしたことありますが、まだ大物を釣ったことが無かったので、そろそろ釣りたいなーと思っていたのが、一気にかないました。

さて、今回はゴリオさんにうちまで迎えに来ていただき、そのまま乗せていってもらったので楽ちん釣行です。

5時集合とのことで4時50分頃に到着すると、どうやら私らが最後の様子。お客さん8人で、こんな感じに入りました。

131031turiza.jpg

5時半頃に出船、関電沖のほうへゆっくり進むうちに夜が明けてきて、6時前にポイント到着。

131031start.jpg

しかし、ベイトの反応がうすいのか、なかなか開始の合図が無く、しばらくは探している感じでした。

6時過ぎに釣り開始、水深48mです。

131031tankenmaru620.jpg

今回は最初から船頭仕掛けを使用です。

最初の一流しだったと思いますが、わりとすぐにベイトの小アジがかかりました。

探見丸の画面を見ながらぼんやりしていると、船長が「来てる来てる!」と、何と私の竿が刺さってました。

巻き上げるとハマチらしき引きで、順調に上がってきたのは予想通りハマチでした。

これでボウズは無くなったと一安心。

その後にもう一匹ハマチが釣れたように記憶していますが、ちょっと記憶があいまいです。

しかし、最初のポイントではあまり盛り上がらず、7時過ぎに次のポイントへ移動。

ここも水深48mくらいで、ベイトは30mより下くらいに反応が出ています。

131031tankenmaru710.jpg

船長の合図で仕掛け落として行くと35mくらいで落下が遅くなったのでベイトがかかった様子、そのまま船長の指示ダナである底から2−3m(私のリールのカウンター表示で42m)まで落とすと穂先がゆれているので、小アジがついています。

竿をキーパーに置いて竿先を見ていると、激しく上下に動いたと思ったら一気に突き刺さりました。

キーパーからはずして手持ちにしてやりとり開始。

131031fight.jpg
(仲政丸HPより写真を拝借)

何度もドラグがすべって糸がずるずる出て行きます。そんなにゆるくしてはいなかったのですが。これは大物の引き。

カウンター表示は49mになり、私のカウンターで底までつけると45mですから、4mも余計に出されてしまいましたが、何とかポンピングしながら少しずつ浮かせます。

後で知りましたが、魚礁のあるポイントなので、糸を出し過ぎると根に入られてバレてしまうそうです。

さて、肝心の魚のほうですが、45m前後からなかなか浮かせられず、3m巻いては3m出されるをしばらく繰り返してました。

船長によると、良型カンパチらしいです。

40m・・・30m・・・20mと徐々に浮かせてきますが、なかなか抵抗をやめません。

あと10mまで浮かせてきて何とか少し楽になった感じ。

最後は船長の差し出すタモに収まりました、

思わず「やったーーー」と叫んでしまいました。

かなり大きなカンパチで、80センチ近い大物でした(帰宅後に計ると78センチ)。

どうもここは大型のカンパチのポイントだったようです。

あと、アルシエラ落とし込み・・・この竿の良さを感じました。良型カンパチの引きにじゅうぶん対応できました。

逆にリールはフォースマスター1000mkなので、はっきり言ってポンピングしないと上がりませんでしたが。

さて、次の流し、2−3回目でなんとかベイトをかけて、またキーパーに竿を置いて竿先を見ていると、またもや来そうな気配。

「また来そうだなー」と言っていると、即、竿が突っ込みました。

今度は私以外にもゴリオさんと、あと右舷でも一人ヒットさせて3人同時ヒットとのことです。

しかし、右舷の方もゴリオさんもバラしたようで、私だけなんとか持ちこたえてました。

ここで船長から、「魚礁があるから底から10m切るまではあまり糸を出し過ぎないように」との説明がありました。

カウンターを見ると46mまで出ていたので、またまた水深よりちょっと糸が出ている。これはやばい。

何とかサミングで糸の出を調節。いちおうサミングは海上釣り堀のイカダ竿釣法で慣れていた(?)つもりなので、これで何とかあまり糸を出さないようにしましたが・・・

あまり走りは止められませんでしたが、また何とか少しずつ浮かせてきて、また船長にタモ入れしていただき、2本目の良型カンパチが無事に上がりました。

最初にかなり糸を出されたのに魚礁にも引っかからずにラッキーでした。

こりゃあ、今が時合いだとばかりに興奮してきます。しかし、その後は急速にベイトがかかりにくくなり、次の流しは何も無し。反応はかなり出ているにもかかわらずです。

たぶん青物が活性化して小アジがおびえているからかかりにくいのでしょうか。

と言うことで、キープしておいた小アジを付けて投入。

すると竿先が暴れ出し、すぐに突き刺さりました!

しかし糸を出されることなく上がってきたのはハマチでした。

その次は、ちょっと記憶があいまいですが、確か、なんとか頑張ってベイトをかけて待っていると、またしても竿先が突き刺さりました。

ここまでは、前アタリから一気に刺さるパターンが多かったです。

そして、またゴンゴンと時々下に突っ込むような引きなので、カンパチかと期待。ただ、最初の2匹に比べるとまだ楽でした。

上がってきたのは一回り小さい、と言っても家で計ったら72センチのこれまた良型カンパチでした。

何と、30分ほどの間にカンパチ3本とハマチ1本も釣れてウハウハ。釣り堀でも青物3本と格闘して疲れていたので、左腕はヘロヘロです。

それにしてもハリス10号の船頭仕掛けはやっぱり良いですね。カンパチ3本上がったんですから。

この後だったか前だったかに、確かゴリオさんも大物をかけて、メジロをゲットされていたと思います。

さて、8時過ぎにまた移動。

今度は少し深めの60m弱のポイントへ。

131031tankenmaru820.jpg

この移動中に仕掛けをよく見ると、下から2番目のハリスがボロボロにほつれていたので船長仕掛けから自作仕掛けにチェンジ。

自作仕掛けは以下の3種類作成してきました。

(1)船頭仕掛けの完全コピー
(2)枝間隔70センチの5本針仕掛け
(3)枝間隔と枝長は船頭仕掛けと同じでハリス8号

ベイトがちょっとかかりにくかったので、(2)の5本針仕掛けを使用。針が1本でも多いほうがベイトがかかりやすいかなと言う安易な発想です(笑)。

この日はベイトがかかってもはずれやすかったです。ベイトの食いが悪く、かかっても1匹だけとかなので、すぐはずれたのかもしれません。

はっきり覚えていませんが、この仕掛けでメジロを1本釣ったのだったかな!?

メジロもよく引きますが、カンパチにはおよびません。

水深40m前後ではよく引きますが、30mから20mくらいまではあっさり浮いてきます。ただ、10mくらいになるとまた急に暴れましたが。

と言うことで、メジロもゲット。大物揃いです。

しかし、ベイトのかかりは良くなりません。

貯金の小アジもまだ4−5匹しかたまっていないので、もうちょっとベイトをかけたいところです。

もしかして、船頭仕掛けの針(ホロフラッシュとか言うやつ)のほうが良いのかと思い、ここで仕掛けを調整することにしました。

船頭仕掛けの上半分の無事な枝2本を含む部分と、現在使用中の自作5本針仕掛けの下半分(枝3本ぶん)を電車結びで結んで仕掛けを作り直しました。

これでベイトのかかりも良くなるかな!?

船長の合図で仕掛けを投入。

しかし、投入したにもかかわらず、竿先はまっすぐなままです。

そうです。やってしまいました。

道糸とサルカンをつなぎわすれていました(爆)。

せっかく改造した仕掛けとオモリは海の藻屑と化しました。

カンパチ3本釣って調子に乗ってましたが、やっぱりこれが私のリアルな姿です(笑)。

しょうがないから新しい仕掛けをまた出します。

(3)枝間隔と枝長は船頭仕掛けと同じでハリス8号

にしました、実は針はちょっと変えてあり、シルバーの針とゴールドの針を交互に結んでいます。このほうがベイトがかかりやすいかなと思ってのことですが・・・

結果は、よくわかりません。

その後、水深のちょっと深いポイントへ移動。70m前後のところにも行きましたが、ここらへんから、探見丸の画面の写真も撮ってないので、どういう深さのポイントへ行った覚えておらず、わかりません。

ここでまた大物ヒット。

大型カンパチは朝のポイントにしかいないそうなので、たぶんメジロのようです。

ハリス8号なので少し慎重にやりとりしますが、カンパチとのやりとりをした後なので、まだ余裕が出ていました。

そして無事にゲット。

たぶんまだ10時くらいだったと思います。

しかし、ここからはあまり調子良くなかったです。

131031sao1000.jpg

何とかベイトをかけて、または小アジを刺して投入すると、アタリはあり、竿先が刺さったところまで行くのですが、空振り。

アタリの感じからハタ系の魚じゃないかなと想像してますが、そんなのが何度かありました。

また、水深70mくらいのポイントで、船長の合図で仕掛けを巻き上げると、55mくらいで急に竿先が突き刺さり、大物がヒット。

しばらくやりとりしましたが、「プチン」と言う感じでバレたこともありました。

てっきりハリスが切れたのかと思いましたが、針がはずれただけでした。何かの魚がスレでかかっていたのかもしれません。

その後、よく覚えていませんが、だいたいわりと深めの水深70mちょいのところを何カ所かまわりましたが、ベイトの反応も底のほうに少し出ているだけで、なかなかかけられず、貯金の小アジを使ってやることが多かったです。

131031tankenmaru1230.jpg

その後も前アタリまではでるものの、本アタリまでは行かず、または竿先が刺さってもすっぽぬけたりなど。

で、私がすっぽ抜けたと思ったら、ゴリオさんが格闘を開始。

131031goriosan1140.jpg
(この写真は私の携帯で撮影)

まるまると肥えたメジロでした。私が釣ったメジロより明らかに太かったです。

そしてゴリオさんはお昼過ぎにもメジロを追加。

釣果が思わしくない方もおられたので、船長も1時近くまであちこちポイントをまわってくれましたが、活性が上がることは無く終了。

後半ちょっと尻すぼみでしたが、十分すぎる釣果で大満足。良型カンパチの強烈な引きを堪能しました。

(結果)良型カンパチ(72〜78cm)3匹、メジロ2匹、ハマチ3匹

131031chouka2.jpg

落とし込み釣りではボウズを何度かくらったりと、大変な目にもあいましたが、こういう日もあると言うことで、やめずに良かったです。

それから、探見丸があると言うのも大きいですね。ベイトがかからない時に、ベイトの反応が無いからなのか、そうじゃないのかがわかるだけでも、かなりメリットが大きいです。

最初はまったく釣れなかった落とし込み釣り。数釣りできた日もあったし、今回は念願の大物も釣れて(しかもいっぺんに)、これでようやく完全に「落とし込み恐怖症」を克服できました。

ゴリオさん、往復の運転ありがとうございました。またよろしくお願いします。
釣り | Comments(15) | Trackbacks(-)

Comment

編集
当日の仲政丸さんの釣果写真を見て、ぶっ飛びました。
私が、一生に一度は釣ってみたいと思っているカンパチを3本も(@_@;)
もう師匠とか、名人とか、巨匠とかを通り越して、「神」ですね。

いや~すごい、本当にすごい、マジですごい。\(^o^)/
あんなお魚さんに出会ってみたいっす。
2013年11月01日(Fri) 18:01
編集
こちらこそありがとうございました。

カンパチまで頂きすいません。
しかも一番小さいのではなかったのかな?
もうさばいて食べた(カマと頭ですが)ので返せませんよ~(笑)。

脂のってて凄く美味しかったです。

しかし大爆釣でしたねー。
カーク船長の独り舞台でしたよ。
みなさんの又やーと冷たい視線感じませんでしたか?(爆)。

ベイトが付きにくい日なのに誰より先にベイトかけてたのが、船長のコメント通り明暗をわけたのだと思いました。

バラシもなく確実に上げたのもさすがです。
今回は私は釣った数以上ばらしました(笑)。

それでも今までは数釣りでしたが、カンパチの引きも味わい(逃がしたが)、メジロですがやり取りしながら上げたので今までになく面白かったです。

横で釣られてばかりでウップンたまってたので、帰り際にメジロ連続ヒットもかなりすっきりしました(爆)。

ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
2013年11月01日(Fri) 18:01
編集
>イケチャン

いやー、神はないでしょう(笑)。カンパチよく引きました。強烈でしたねー。

冷静に考えると一度に3匹釣れるより3回に分けて釣れてくれるほうが良いのですが、往々にして釣りは両極端ですねー。

完全にやみつきになり中毒状態ですが、釣り堀と違って時期がありますからねー。次は来年か、はたまた福井まで行くか・・・


>ゴリオさん

やりとりに必死でみなさんの冷たい視線には気づきませんでしたが、三本目を釣った時はゴリオさんの冷たい視線には気づいたので、「一人だけ三本も釣って申し訳ないです」とお詫びしました。

もちろん、心の底では申し訳ないなどと微塵も思ってませんでしたが(爆)。

お分けしたカンパチはたぶん一番小さいやつだったと思います。小さいのでも70センチ以上ありましたから。

では、こちらこそまたよろしくです。
2013年11月01日(Fri) 18:53
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

羨ましい(-.-)
知らない間にカンパチ爆釣
だいたい今から慌てていっても釣れるかな

神様・・・
2013年11月01日(Fri) 21:57
編集
万年(サササッのおじさん)さん、まいどです

こっそり行ったわけではないですが、連休中は釣行できないので、ちょっと無理して行ってきました。

今から行ってどうでしょうね。昨日は釣れてませんから数は少ないのかも。去年より大型カンパチは少ないみたいですから、かなりラッキーでした。
2013年11月02日(Sat) 08:31
編集
>ゴリオさん

そうそう、ゴリオさんにあげたカンパチは2番目の大きさのやつでした。

一番小さい(とは言え72センチ)はメジロとセットで田舎へ送りました。
2013年11月02日(Sat) 09:11
編集
爆釣おめでとうございます。
カンパチなんてしばらく釣掘でも釣ったことありません。(泣)
食味も最高ですね。
まあ私は養殖しか食べた事ありませんが…。
天然のカンパチ一度でいいから食べてみたい(笑)
2013年11月02日(Sat) 11:01
編集
KAZZさん、どうもありがとうございます。

大きめのカンパチ、去年も1匹釣りましたが、やはり美味いですねー。

シオはあっさりでしたが、カンパチになると脂もかなりのっていて絶品でした。

でも何度も書いてますが、一度に3匹釣れても1匹しか食えませんので、食べることを考えたら3回に分けて1匹ずつ釣れて欲しかったです(笑)。
2013年11月02日(Sat) 12:39
編集
メジロより大きかったのでもしやと思ってました。

ご馳走さまでした(笑)。

格闘中の写真ありがとうございます。

綺麗に撮れてたので保存しておきます。

カーク船長が格闘中は私も釣りたいと思い必死になってましたので撮れませんでした。

3本目冷たい視線で見たつもりはないですが、必死になってたのは間違いないです(笑)。
2013年11月02日(Sat) 14:32
編集
ゴリオさん

格闘中の写真、もっと解像度の高いのありますよ。メールで送りますのでパソコンのアドレス教えてください。

私へのメールは
http://form1.fc2.com/form/?id=102575
からできますんで。
2013年11月02日(Sat) 15:56
おめでとうございます!
編集
カーク船長さん、改めて爆釣おめでとうございます!
しかし、あのフォースマスター1000で非力とは
桁違いの引きですね。
また、ぜひご一緒させてくださいませ。(^^)
2013年11月02日(Sat) 17:37
編集
>ゴリオさん

写真送りました。



>くまさん

いやー、どうもありがとうございます。フォースマスター、強いモーターのはずですが、ウイーンとうなるだけでまったく巻き上げることができませんでした。

何とか福井でもチョクリしてみたいですが、もし都合あえばよろしくです(日程を考えてみたところ、今年はちょっと難しそうですが)。
2013年11月02日(Sat) 20:32
編集
写真ありがとうございます。
3枚目も格闘してる感じでよかったです(笑)。
2013年11月02日(Sat) 21:38
大型カンパチおめでとうございます。
編集
ご無沙汰しております。

私も釣りたくて土曜日におじゃましましたが、カンパチは
ゼロでした。
あわやボーズ!?と思ったときにヨコワ釣れました。
唯一の釣果でした。。。。
2013年11月04日(Mon) 22:59
編集
T13さん

マグロゲットおめでとうございます〜

って、何とあれが唯一の釣果だったんですかー。でもボウズとマグロ1匹とでは大違いですよね。

ハマチ1匹とかとも大違いで、あのさいずのヨコワはうらやましいです。
2013年11月05日(Tue) 13:40












非公開コメントにする