カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 落とし込み・微妙な釣果

落とし込み・微妙な釣果

2013年10月14日(月・祝)

落とし込み釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

潮@三尾〜長潮
天候:晴れ  風向:北  潮:下り~上り潮  水温:25度  波高:ベタ凪
日出6:03 正中11:46 日没17:28
落とし込み仕掛け(胴付き4−6本針、ハリス10−12号)、オモリ60号
フォースマスター1000mk、アルシエラ落とし込みM250

131014shio.jpg


10月のはじめ頃に、ひさびさに「くまさん」から連絡があり、14日にこちら方面に来る用時があるので、ついでに和歌山で「落とし込み(チョクリ釣り)」をしたいと連絡を頂いたので、今回の釣行となった。

そのことをブログに書くと、cdw26930さんもご一緒したいと電話を頂き、3人での釣行となった。

お二人にお会いするのは何年ぶりでしょうか。cdw26930さんは、れがーさん送別釣り堀でご一緒したので、1年ちょっとだが、くまさんは福井に行かれてからお会いしていないので、3年以上になる。

連休で兵庫県の実家に来られたついでの和歌山釣行とのことで、ハードスケジュールのようです。

途中でcdw26930さんを乗せてきてもらい、我が家で合流。そこからは私の車で3人で行きました。

くまさんのクーラーがかなりでかかったので(100リッター?)3人乗れるか心配でしたが、私は50Lクーラーやめて37Lクーラーにしておいたのと、cdw26930さんがほとんど荷物無しに近かった(小さいクーラー一つ)ので何とかなりました。

レガシーはワゴンのくせに、4WDのためか、思ったほどトランクに荷物が載りませんが、後席シートを倒せばまあ何とかなります。

さて、港には4時半頃に到着すると、ちょうど船長もやってきて釣り座の選択です。

この日は全部で7人なので、左舷に4人、右舷に3人とのこと。

1番のSさんは左舷ミヨシに入られ、さてどうしようか・・・悩みます。

選択肢は3つあり、(1)右舷に3人並ぶ、(2)トモに二人並んでもう一人が胴、(3)左舷に後ろから3人並ぶ

左舷は4人入り、右舷は3人なので、右舷に3人並んで入るのが一番良いかと思いましたが、cdwさんがレンタルタックルだし船長から見える位置に入った方が良いので、左舷に3人並んで入りましたが・・・

この後、お客さん一人ドタキャンあり(来ず)、何と6人になりましたので、以下のようないびつな配置になってしまいました。

131014turiza.jpg

普段なら私が右舷のみよしに移動するところですが、今回はcdw26930さんは船釣りほとんどされていないし、くまさんは船釣り慣れていてもはじめての船ではじめての釣りなので、やはり私が見えるところにいたほうが良いと思ったので、移動せずでこのままの配置で出船となりました・・・

しかし、思ったよりオマツリが多くて、そのせいで3匹もバラしてしまって、それがすべて右舷の人とのオマツリだったので・・・

これなら(2)にしておけば良かったと後悔・・・。なんで(2)にしなかったのだろう!?

そうしてたら、オマツリ減って三人とももっと釣れたのじゃなかったかと、申し訳ない気持ちです・・・

とは言え、わりと空いていたし(前日は13人だったとか・・・)、朝のウチはそんなこと気にせず、凪ぎだし空いているしで、爆釣まちがいなしと気分爽快です(笑)。

131014asanokeshiki.jpg

綺麗な朝焼けに感激していました。

ちなみに今回は自作仕掛けを作成してきました。釣行記が長くなるのでその件はこちらに移動。

5本針仕掛けで「ハリス10号・幹糸12号」と「ハリス12号・幹糸14号」をそれぞれ1つずつ作成。

最初は「ハリス10号・幹糸12号」の仕掛けを使用して釣り開始です。

さて、5時過ぎだったかに出船。5時半頃の夜明け時にポイント到着。関電沖でしょうか。水深が確か48mくらいだったと思います。

131014sao.jpg




時間が無いので、とりあえずここまでにして、続きは今晩にでもまた書き足して明日にアップします。すみません。(10/15 PM6:00)




さて、続きです。(10/16 PM1:00)

まだ夜が明け切っていないものの、ベイトの反応も良く、投入するとすぐにかかります。自作仕掛けは、少なくともベイトをかけるのは問題無さそう。

あとはベイトに青物が食いついてくれるかどうか・・・

何回目かの流しでベイトがついたすぐ後に下から2mまで落とすと竿先が刺さった〜

良さそうなのがヒット。最初なので慎重に巻き上げます。

あと10mくらいのところで、道糸が急激に船底へ引っ張り込まれました。右舷の方とオマツリです・・・

残念、バラシ・・・

おまけに、いきなり仕掛けも切られてしまいました。

高い金出して買った仕掛けがダメになるのも痛いですが、労力を費やして作った仕掛けが一匹も釣れないうちからダメになるのも厳しいものがあります・・・

とりあえず、もう一つ作ってあるので、それを使用。こちらは一回り太く、ハリス12号、幹糸14号です。

幹糸が太いのは青物の食いに影響が無いかちょっと心配。まあ活性が高ければ関係ないでしょう。

ベイトはあいかわらず問題無く簡単にかかります。そして底から少し上まで仕掛けを落とす。

前アタリは出てヒット〜。と思って巻き上げたらすっぽ抜け。ガックシ・・・

なかなか調子が出ません。

このポイントでは何度か「あと一歩」と言う前アタリまでは行きましたが、結局、朝一のバラシ以降はヒットせず。

船中でも何本かヒットしたと思いますが、バラしが多かったように思います。

まあ凪ぎだしどこかのポイントではよく釣れるだろうと船長が言っていたので、まだまだこれからです。

7時過ぎにポイント移動。たぶん西のほうへ移動したんだと思いますが、水深57mのポイント。

131014p2hinomisaki720.jpg

131014p2tankenmaru720.jpg

ここでもベイトがよくかかりますが、本命のアタリがなかなかでません。

たまにベイトが暴れて、あと一歩と言うところまで行くのですが・・・

自作仕掛けが良くないのか、なかなかヒットしてくれないと自信が無くなります。

回転ビーズで枝を止めているので、アジが動きやすいのか、はたまたビーズが良くないのか、それとも幹糸がハリス14号で太すぎるのかとか、余計なことを色々考えてしまいます。

cdw26930さんも、まだ慣れておられないので、船長の合図ですぐに仕掛けを投入したり、すばやく仕掛けを上げたりなどちょっとできていなかったようなので、そちらも気になります。

どうもかなり意識がもうろうとされていたようで、寝不足とアネロンの効果でしょうか?

アネロンも人によってはかなり意識がぼんやりするようで、YUKAもひどいです。ひどいと記憶が無くなったりするみたいですから。少なくとも、集中力が落ちるのは間違い無いでしょう。

それはともかく、まずは一匹釣らないことには落ち着かないので、頑張って集中して釣りをします。

が、なかなか釣れません。ベイトはよくかかり、小アジの貯金もじゅうぶんに貯まってきたのですが。

131014aji.jpg

8時頃にまた次のポイントへ。こちらは水深55mほどです。

131014p3tankenmaru800.jpg

このあたりから内容をさっぱり覚えていないのですが・・・(汗)。

たしかここでは、落として行く途中に仕掛けが落ちなくなり、アジがいっぱい付いたのかなと思いましたが、アジならば5本針すべてについたとしても、待っていれば仕掛けが沈んで行くはずですが、むしろ浮いているので何かがヒットした模様。

急いで巻き上げると、まあまあ引くので何かかかったようです。

上がってきたのはヤイトガツオでした。うれしいおみやげです。

しかし、落とし込みで釣れたわけではなく、たぶん針に直接食ってきたのだと思います。なので、釣りの満足度としてはかなり微妙です(笑)。

その後も、おとなりのSさんはよく釣られていますが、私は釣れず、ようやくヒットしたと思ったらオマツリでバラしたりとかなかなかリズムに乗れないどころか、むしろ下降気味です。

このポイントだったか忘れましたが、何本かヒットした後、3回目か4回目の流しになると、変なアタリが出だしました。

ベイトがかかった後に、竿先が一定の間隔で、ゴンゴンゴンと3回入りますが、乗りません。

船長によると、イカのアタリだそうです。

イカのアタリがみんなに出だしたのでポイント移動。

もうどこで1匹目が釣れたのか忘れたので、どういうふうにポイントをまわったかだけ先に書いておきますと・・・

この日はたぶん6−7ヶ所くらいまわってくれました。わりと深めのところが多かったです。

だんだんと沖と言うか、紀伊水道の中央部へ出て、最終的には紀伊水道どまんなかより四国寄りのところまで行ったと思います。

9時頃には水深60mくらいのポイント。

131014p4tankenmaru900.jpg

そして、10時半くらいに行った水深60mちょいのポイント。

131014p5tankenmaru1030.jpg

ここがベイトの反応もすごく、しかも、ところどころベイトの反応が割れたりしているので、そういうところは青物が突っ込んでいる部分だと本で読みましたが、そうなのでしょうか?

ベイトの反応に穴があいているタナに仕掛けをあわせてみても、なかなかヒットしません。

下から2−3mでじっと待っているほうが良いのか、それとも、ゆっくり上げてみて、ベイトが暴れるところで止めるのが良いのか・・・

色々やってみましたが、それがかえって悪かったのか!?釣れないと迷ってばかりです。

が、確かここのポイントに来てようやくハマチが1匹釣れたと思いますが、記憶があいまいで・・・

ここは、この日で一番活性の高い場所だったのか、船が一番多かったです。

131014p5fume1030.jpg

しばらくしてまた移動。11時過ぎだったと思いますが、アイノセのほうでしょうか?かなり四国寄りのところまで来た感じです。

131014p6ishima1110.jpg

そこで少しやって、そのあとさらにもっと四国寄りに移動。

131014p7ishima1140.jpg

水深は75mで、ここは確かベイトの反応があまり無かったので、釣っておいた小アジを付けて投入したと思います。

131014p7tankenmaru1140.jpg

Sさんは入れ食いに近い感じで次々にゲットされています。

私は・・・2匹目のハマチをここで釣ったのだったかな!?ほとんど覚えてません。

水深が深いせいか、結構オマツリも多かったです。

あと、船長はcdw26930さんの釣り座のところに入った人のPEラインの角度を見て操船するらしいので、その位置には多少でも慣れた私が入ったほうが良かったかもしれません。

まあ、今更言ってもしょうがないですが、今回は勉強になりましたので、そういう点では収穫ありです。

順番忘れましたが、その後はまた少し元のポイントにもどって、イカが来たポイントにまた行くと、こちらはアタリが出て、メジロも何本か船中で上がり、にぎわったように思います。

船長もかなり時間を延長して下さり、結局1時までやってくれました。

しかし、私は最後まで波にのれず、おとなりのSさんの爆釣を指をくわえて見ているだけでした・・・

結局、自作仕掛けではヤイトが1本、途中で使った船頭仕掛けでハマチ2本、その後にオマツリでロスしたので、市販の仕掛けにしてハマチ1本。最後のほうでは切れて短くなった自作仕掛けを2つつないで5本針にして使ってましたが、これでは1本も釣れずでした。

(結果)ハマチ3本、ヤイトガツオ1本

131014chouka.jpg

はじめてのヤイトガツオで、これはうれしいおみやげです。

131014yaito.jpg

ただ、ベイトに食いついたのではなく、空針に食いついたのが釣れたので、ちょっと微妙な釣れ方ですが・・・

まあ以前のようにボウズじゃないだけ良いのかもしれません。

でも船中で全然釣れていないときにこの釣果ならまあ納得もできるのですが、爆釣の方もおられて、決して活性が悪かったわけではないので、やはり残念です。

冷蔵庫にタチウオもあるし、今回はあまり釣れなくても良いかななどと余裕かましていたのですが、釣れないとやっぱり悔しいですねー。

27日の釣り堀も、部長夫妻の面倒見て自分はあまり真剣に釣りしないつもりでしたが、たぶんそうは行かない予感・・・

まあ、自分のことはさて置き、くまさんは結構釣られていたので良かったのですが、cdw26930さんがちょっと残念な感じだったので、申しわけありません。

くまさんの釣果です。

131014kumasan.jpg

ちなみに、私のお隣で釣っていたSさんの釣果。

131014ssan.jpg

途中でSさんにもご指導いただきましたが、慣れてない方には一番後ろとか端に入ってもらったほうが良かったのでは?とのことで、完全に私の釣り座選択ミスでした。

(2)のパターンにしておけば良かった・・・って、しつこい!?

やっぱり私もまだわかってないんですねー。まだまだ勉強です。

まあでも、Sさんには、なかなかリズムに乗れない私に気を遣って色々声をかけてくださり、ありがたかったです。

Sさんからは、cdw26930さんへのおみやげまでいただいてしまいました。

cdw26930さんも、これに懲りずに次回もまた頑張りましょう!よろしくお願いします。

くまさん、お疲れ様でした。今度は福井に私が行きますので、都合あえばよろしくお願いします。

そろそろオキアミで真鯛釣りなんかしたいなと言ってましたが、その前にもう一度チョクリをやっておきたいなと、ムラムラとそんな気分がわいてしまいました(笑)。

これから水温が下がってきたら小アジがかからなくなるからそうなったらオキアミの釣りに移行して行く感じになるみたいです。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

編集
うわぁ、連日釣りにいって、釣行記のアップも早いなぁ~と思ったら、



「ここで続きかい!」


今日、ここまで読んだ皆を代弁して書いときます(笑)
2013年10月15日(Tue) 20:28
お世話になりました!
編集
行き帰りの運転から、船中でのお気遣い

大変感謝しております。

また、ご一緒下さい!

最終結果が出ないうちに、お礼を言っておきま~す!



2013年10月16日(Wed) 02:15
編集
>このじんゆうさん

いやー、こういうのいつもやりませんからすみません。しかも、釣り開始の直前で寸止めとは・・・


>cdw26930さん

どうもお疲れ様でした。

途中、かなり意識がもうろうとされていたように見えましたので、ちょっと心配しておりました。

流し釣りは船長の合図で機敏に仕掛けの上げ下げなど集中力が結構いりますし、慣れてないと難しかったかもです。

今回に懲りずにまたよろしくお願いします。
2013年10月16日(Wed) 08:40
編集
お疲れさまです。

イカの仕掛けもですがビーズ使うと手間ですよねー
ビーズだともつれなくて良いのですが。

私は船長の仕掛け結んであるのほどいてどんな風になってるか解ったので、直結で結んで作りました。

ヤイトいいですねー
ヨコワはベイト掛かってた時にきたのですが、スマはベイト解らず落としてる時だったので素針にきたのかと思い船長に聞いたらベイトに喰ったと言ってました。
2013年10月16日(Wed) 21:37
編集
ゴリオさん、こんばんは

確かにビーズ使うと手間も多いですね。時間がかかります。

ヤイトはベイトに食ってきたんですかねー。ベイトの反応のちょい植えるくらいのタナでしたが、ベイトのついた直後だったのかもしれませんね。
2013年10月16日(Wed) 22:25
チョクリ釣り、お世話になりました。
編集
カーク船長さん、cdw26930さん こんにちは!
先日は大変お世話になりました。
私が無理行ってご一緒していただいたのに、お二人には色々と気を使って頂き大変恐縮です。
初めてのチョクリ釣りでしたが、楽しい&難しさを実感の1日でした。
早速、福井でも今月23日チョクリ釣り(こちらでは「たて釣り」と呼んでいます。)の予定を入れてしまいました。
また、11月に神戸に行きますのでその時はタチウオに挑戦します。
もし、よかったらチョクリ&タチウオ。ご一緒にいかがですか?・・・悪魔のささやき(^^)
ではまた、お会いできるのを楽しみにしております。
2013年10月17日(Thu) 11:25
編集
くまさん、遠いところどうもお疲れ様でした。

遠くから来てもらったので、釣れて良かったです。

福井でもチョクリあるんですねー。たて釣りの呼び名は三重と同じですね。そっちでもやってみたいですねー。23日はちょっと無理ですが。

タチウオ、潮と私の休みがあえば是非ともご一緒しましょう。神戸で良い船ありますし。

では、またお会いしましょう。
2013年10月17日(Thu) 12:05












非公開コメントにする