カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP自動車日記 ≫ レガシィ・六か月

レガシィ・六か月

4月はじめに納車されたレガシィ・ツーリングワゴンを先日、六ヶ月点検に出したのだで、この半年間の燃費の記録をチェック。

130931nenpi.jpg

満タン方により自分で計算した値です。

だいたい毎月千キロ強を走ってリッターあたり11km程度、5月はリッター12kmを超えているが、半年で平均すると、11.3km/Lとなるが、それでも前の車より1キロ良い。

100キロ重く、排気量も少し大きく(2.3→2.5L)、しかも4WDであることを考えると結構良い。

ただ、カタログ値はもっと良いので(JC08モードで14.4km/L)そう考えるとイマイチかも。

アテンザは10.15モードと言う古い基準で12.6km/Lなので、それより新しい基準(実燃費に近いはず)であるJC08モードでレガシィのほうがカタログ値とのずれが大きいと言うのは、どうなんだろうか。

ちょっと無理矢理カタログ値を出しているとしか思えない気がするが。それか、私の運転が悪いのか!?これでも結構燃費に気を遣った運転をしていたのだが。半年経ったので、これからはもうあまり燃費を気にせず運転する予定。

アテンザより燃費が良かったのは、新しい車だからと言ってしまえばそれまでだが、アイドリングストップとかまあ色々ついているし。

ただ、燃費の向上に関しては多分アイドリングストップはほとんど関係なく、1番大きのはCVTと言うことかと思う。

CVTだと、高速を一定速度で走っている時にかなりエンジンの回転数が低く抑えられるために燃料の消費が少なくその時に燃費がかせげるためと思われる。

時速100キロで2,000回転行かないくらいだったと思う。

まあCVTじゃない普通のオートマでもトップギアのギア比を小さくすれば同じことかもしれないが。

ただ気になるのは、やっぱりエコモード(インテリジェントモード)の走行では加速などエンジンの反応がにぶい。しかし、先日まで借りていた同じ車の代車はかなり素早く反応していた。

また、昨日から借りている代車のインプレッサもかなりエンジンのレスポンスが良い。

131006impressa2.jpg

どうしてだろうか!?もっとガンガン踏み込んだ方が良いのかなー。

ちなみになぜまた代車かと言うと、レガシィがまっすぐ走らずに少し左に曲がってしまうのでディーラーで見てもらっている。高速道路を走らして見てからアラインメントをチェックしてくれるそうだ。

この間までまっすぐ走っていたのに、塗装の件で預けていたのが戻ってきてからおかしい気がする。気のせいかな。

代車のインプレッサ(セダン)よく走るのでかなり良い。

131006impressafront.jpg

走行距離がまだ7キロと一桁で、どうも試乗車みたいです。すごいキビキビ走ってとても良いのでびっくり。
自動車日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする