カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ チョクリ爆釣!

チョクリ爆釣!

2013年9月20日(金)落とし込み(チョクリ)釣り
仲政丸@和歌山・美浜

落とし込み用・船頭仕掛け(ハリス10号4本針仕掛け)他
オモリ60号
天候:晴れ  風向:北  潮:上り潮  水温:26度  波高:ベタ凪

日出5:46 正中11:53 日没18:00

130920shio.jpg

(結果)シオ6匹、ハマチ7匹、合計13匹

何故かピンぼけです・・・(汗)

130920chouka.jpg


前回はボーズで悔しい思いをしたが、対策としてはどうするかと考えてみた結果、結論は、空いていそうな平日に出撃、かつ、良く釣れている時期に出撃・・・くらいしか思いつかず。

すると何と、台風明けからいきなり爆釣している。まさに今こそが「よく釣れている時期」である。

いつ行くか!?今でしょ

って、古ぅ〜(笑)

釣れているのは40センチほどのシオやハマチが中心のようだが、一発勝負的な要素が強いこの釣りで、数釣りできるとは、いつ行くか!?今でしょ(しつこい)。

と言うのも、いままで4回この釣りをして、1匹しか釣っていないので、まだ釣れるイメージがまったく浮かばない。

イメージと言うのは大切で、釣れる気がしないと頑張れないし、何をどうするか手も浮かばない。

苦手意識の克服にはいっぺん爆釣することしかないので、今こそ絶好のタイミング。

あとは、空いていそうな平日だが、よく釣れているからこちらはあまり期待できないかもしれないが、無理すれば休めそうな感じだったのでゴリオさんにメール。

当初は木曜日に無理矢理休んでご一緒させていただこうと思っていたが、その時点でお客さん6人(最終的には8人だったそう)とのこと。

どうしようか迷っているうちに、木曜に休むのがかなり難しいことが判明。金曜日は今のところ一人だけとのことだったので、それならばと金曜にさせていただいた。ゴリオさん、声かけておきながら失礼しました。

5時出船とのことだったので、3時過ぎに家を出発。

さて、空いているだろうからと思って余裕をかましてのんびり走って4時40分頃に到着すると、何か車が多いような・・・

予約順の早い私が来ないので釣り座が決められなくてみなさん待っておられた様子・・・・(汗)。

ひさびさにFさんがおられて、お隣の釣り座になり、上手な方ですので私の魚を全部先に釣られてしまう心配がありますが(笑)、気さくにお話してくださるので1日楽しくなるのは間違いないなと安心です。

結局、お客さん8人だった。

130920turiza.jpg

空いている日にとの目論みははずれたが、前日に爆釣なんだから、1日でまったく釣れなくなることもなかろうと安心して、5時過ぎに出船、ポイントには明るくなった5時半頃だったかに到着。

今回は関電のほうではなく、日ノ岬の東側のかなり陸に近いポイントからスタート。数隻の船が集まっていた。

水深は20数mで、底は岩場らしく、着底させると根掛かりするそうなので底まで落とさないように要注意。

前回、カウンターがかなり狂っていたので、今回はちゃんと修正してきた。

ちなみに、前回に探見丸とフォースマスターを通信させることのできる電源コードを使用したところ、フォースマスターがフリーズするトラブルに見舞われたので、今回またトラブるようなら修理に出そうと思っていたのでそれもテストするつもりでいた。

しかし、朝一の入れ食いの時にそんなトラブルで邪魔されるのはいやだったから、はじめは普通のコードでやって、途中で暇になってから通信用のコードに変えるつもりだった。

が、結局忘れてしまいそのまま普通のコードを使い続けてしまった。別に探見丸に仕掛けの位置が表示されなくてもかまわんなと言う感じ・・・

130920start.jpg

さて、釣りの話にもどって、ベイトの反応は水深15m以下にたくさんあるし、すぐにかかる。

しかし、一流し目は何も無しで、次の流し、またベイトはすぐにかかる。底から5−6mくらい切った状態でしばらく待つと、竿先が尋常で無い暴れ方をしはじめた。前アタリです。ドキドキ。

すぐに刺さってようやくヒット。水深が浅いのですぐに上がってきたのは40センチほどのハマチだったので、抜き上げ。

さあ、これから入れ食いかと思いきや、朝一のラッシュは無し。小アジはよくかかったので、バケツに生かしておくことに。5−6匹確保できた。

130920sao.jpg

しばらくして日ノ岬側のポイントへ少しだけ移動。

その次のポイントだったか忘れたが、またまた穂先が尋常でない暴れ方をした後に刺さりました。

これは先ほどのハマチより良く引いて、何だろうかと思ったらシオでした。シオはタモですくいます。

その後、釣れても単発でいまいち盛り上がらない状況が続く。

そして7時過ぎだったか8時前だったか、大きく移動して今度は御坊の火力発電所のほうへ。

130920hatudensyo.jpg

こちらは水深50m弱だったかな、ちょっと深めです。

こちらもベイトの反応あり、わりとすぐにかかるが、少しでもタナが上がってしまったり、アジがついたまま巻き上げたりするとシイラが邪魔しに来るようで、そのせいで所々オマツリが発生している模様。

私は端の釣り座のおかげか、巻き込まれずにすんだが。

ここでは何とかシオを1匹ゲットすることができた。しかし、時間はもう9時半すぎで、今日は入れ食いを期待していたのに意外に渋かったなあと、ちょっと不完全燃焼ぎみだったが、まあ前回のボーズと比べれば遙かに良いかな、くらいに思うことにした。

するとまたまた移動で、ふたたび日ノ岬方面へ。日ノ岬を超えて、冬のメジロ釣りをしたあたり?に到着すると、千代丸がいてハマチが入れ食いらしい。

水深は40mちょい。ベイトの反応もよく出ているし、ベイトもかかるが、Fさんは生かしておいたアジを付けて投入すると、すぐに入れ食いのようで連続ヒット。ベイトも途中でかかったのか、ダブルで釣り上げたりされていた。

私にもヒットで、ここでプチラッシュ状態。ようやく待望の時間がやってきた〜。

30m前後でアジがヒットしたら底から3mくらいのところまで落とすと、確実に前アタリは出て竿先が暴れる。

竿先が刺さらずアジだけ食われることもあるが、そうしたらまた仕掛けを20mくらいまで上げて落とし込んでアジをかけて、タナにおろすと割とすぐに前アタリが出る。

そしてヒットするが・・・私の場合、なぜか巻き上げ途中ですっぽ抜けることが多い。Fさんは途中ですっぽ抜けなどされてなかったと思うが(オマツリやシイラのせいでの途中バラシはあったが)。

どうして私だけ途中ですっぽ抜けるのか。この理由は後でわかります。

それはともかく、ようやく期待通りの忙しい時間がやってきて、まあまあ釣れたので良かった良かった。

しばらくすると潮が早くなってきて、アタリが遠のいてきた。時間はもうすぐ11時近くだったし、船長も「すべり混みセーフやったなあ」と言ってたので、もう終わりなのかなとちょっと思ったが、まだやってくれるそうで一安心。

ここまでシオ2匹、ハマチ5匹の合計7匹と、ラッシュの割りにはあまり数は伸びなかったが、それは巻き上げ途中のすっぽ抜けが多かったからで、Fさんはもっと釣っていた。

でも7匹も釣れたら満足です。前日のゴリオさんの釣果にはおよばないが、前回のボーズと比べたら天と地の差なので。

さて次のポイント。日ノ岬の東側にもどってすぐのあたり、水深20数mのあたり。

130920hinomisaki.jpg

もう入れ食いはないが、ハマチの気配は十分あり。しかし、ベイトのかかりが少し悪くなってきた感じ。

探見丸があると、ベイトのかかりが悪いのがすぐわかる。以前は、あまりにもベイトがかからないと「もしかしてベイトがいないからかからないのでは?」などと疑心暗鬼になったりしていたが(笑)。

探見丸があると、ベイトがいかに多いかよくわかる。反応が無いところを流したことは一度も無かった。

130920tankenmaru.jpg

この日のアジはサミングせずに、ダーッと落として行くだけのほうが乗った気がした。乗りが悪くなってから時々サミングしたり変化をつけてみたが、乗りが良くなることは無かった。

ダーっと落とすスピードについてはあまり考えなかったので、ちょっとわからない。

さて釣りのほうだが、何とかベイトをかけて、すぐに本命のアタリは無いが、しばらく待っていると、ひさびさに竿先が暴れてから刺さった。

ひさびさにハマチを追加。

ここでも全体にぽつぽつとアタリはあるようで、あと残り30分少々で12時だが、それまでここでやるから頑張ってとのアナウンスあり。ちょっと延長してくれるようだ。

ところが、しばらくすると移動することに。別ポイントでシオがよく釣れているとのことらしい。

何と、ふたたび御坊の発電所のほうまで走ってくれました。あっち行ったりこっち行ったり大変なのにありがたいことです。

流し釣りだと船長は操船しっぱなしであちこち走り回って大変そうだ。かかり釣りならのんびりできる時間もあるかと思うが、この釣りだと船長は休む暇が無さそう。

さて私はと言えば、この移動中にかなり悩んだことが・・・

ちょっとベイトがかかりにくいので、ベイトがかかりやすい細めのハリス8号で針も少し小さめのサビキ仕掛けにかえようかどうしようか悩んでいた。

釣れるサイズから言ってハリス8号で十分と思うが(シイラの大きいのが気になるが)、針が少し小さいのが気になっていたので。

針が小さいと途中でバレやすいのではないかと思い、バラすと活性が落ちてしまうからどうだろうと。ただでさえ人より途中ですっぽ抜けるのに。

なので、一度はその仕掛けをセットしたが、ベイトがかかっても本命をバラしたら意味ないしな〜と思って再び元の仕掛けにもどしたものの、せっかく出した仕掛けだし、使わないともったいないからと思い、またセットして迷っているうちにポイントに到着したので、結局そのままハリス8号仕掛けを使うことにした。

これがなんと、大吉と出ました。

ポイントに到着、水深は49mくらい。ベイトの反応も良く、20mから下にびっしり反応が出ている。

仕掛けを投入して一気に40mまで落とすとすでにベイトがかかっている。と思った瞬間に竿が刺さった!

ゴンゴンとよく引いて、シオが釣れた。

次の投入もまたすぐにベイトが着いて、そのまま落とすと落としている途中でもう食っている。これもシオです。

次もまたすぐに竿が刺さり、これは大物の予感。ものすごい竿が刺さった。ところが巻き上げ途中で思いっきり食い上げ・・・こりゃあ、シイラだなと思ったらやっぱりそうでした。

80センチくらいある大きなシイラだったので抜き上げ。抜き上げてもはずれなかったので取り込み、これだけ大きいと食うところもあるだろうと思い持ち帰ることに。

他にも2−3匹釣れたが、たいていは抜き上げようとすると針からはずれたので自動リリース。

それはともかく、私は一発でベイトがかかるが、他の方はなかなかベイトがかからずに苦戦されている状況なので、何と私だけが入れ食いに。

ただ、あいかわらずタモ入れ直前のサヨウナラや、巻き上げ途中でのすっぽ抜けも多発。

針が小さいせいだろうと思ったが、船長の指摘でようやくわかりました。私はどうも竿が刺さったらすぐに電動マックスで巻き上げていたのだが、それが悪いとのこと。

さすがに前アタリでの早合わせはしてはいなかったのだが、竿が刺さった瞬間に電動マックス巻きにしていた。

どうも青物はマックスで巻き上げするクセがついていたのか、あまり何も考えずに電動のレバーをMAXの位置にしてました。タチウオもそうしてるのでクセなのかなあ。

ゴリオさんは竿をあおってあわせるのが良くないと船長に指摘されたそうだが、私の場合はいきなり電動マックス巻き上げで、これも同じようにすっぽ抜けしやすいのだろう。

しかし、あんまりにもバラしたので活性が心配で、案の定ちょっと活性が落ちた気がしたが・・・

時間も時間だったので、最後の一流し、ちょっとベイトのかかりが悪かったが何とかかかって、しばらく待っているとひさびさにヒット。

電動の中速くらいで巻き上げ。Fさんもヒットでダブルヒット〜。

と、最後はシオではなく二人ともハマチだったが・・・

まあ最後の最後も釣れて良かった良かった。

アタリも多かったし、最後の船長のご指導のおかげで、ちょっとは上達したのではないかと思う。あとは、大物釣りではやりとりの練習と、課題もまだまだあるが・・・

(結果)シオ40センチ前後を6匹、ハマチ40センチ前後を7匹

130920chouka1.jpg

シオ40センチほどです。ハマチは写真撮り忘れた。

130920shio6.jpg

シイラ80センチとマアジの小アジ。

130920shiira.jpg

小アジのうちマアジのみ持ち帰り。マルアジの小アジはすべて使い切った。

爆釣したことに加えて、Fさんとお隣でこれまた楽しい時間でした。ありがとうございます。またお会いしましたらよろしくです。

前回は悔しくてなかなか眠つけなかったが(笑)、今回は爆睡でした。前からそうだが眠りにつく前に釣りの風景が頭に浮かんできてスーっと眠れる。

私は人一倍寝付きが悪いが、爆釣するとその後の数日間は布団に入るとその時の釣りの情景が浮かんできてすぐに眠りにつけるのでありがたい。

これで何とか苦手意識は払拭できた気がするので、これからは数釣りではなくて大物狙いになってきて本格化するだろうから、さらにウデを磨いて頑張る予定。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
爆釣タイムやはりありましたかー

楽しいですよね。私もフッキングしなければ残念っと思ってもすぐに上げて下ろし、アジが掛かったらもうアタリがあり楽しかったです。

今日はちょっと少なく明日はどうなるか解らないですが、
私たち良いタイミングでいけましたね(笑)。

細ハリスの仕掛け持ってるのはさすがです。
勉強になります。
2013年09月21日(Sat) 23:01
編集
ゴリオさん

そうですねー。やはり爆釣しだしたらすぐ行ったほうが良いですね。

さすがにハマチは釣りすぎで数が減ってきたんじゃないでしょうかね。

ハリス細いといっても8号までしか落としませんでした。ハマチが相手なら6号でも行けるでしょうが、シイラ来たら切られるでしょうから使う勇気は無いですね。
2013年09月22日(Sun) 09:48
編集
爆釣おめでとうございます。
カンパチ6匹は良いですね、引きも味も最高ですからね。


カンパチの数はここ数日減ってますね、私も土曜行きましたが満員12人でカンパチ釣ったのは5人だけですし、今日もたぶん満員で釣れたの5.6人だけみたいだし。

私もなんとか1匹ゲットできて助かりましたが、ハマチだけだと凹みますね。
あのハマチの味は・・シイラの方が断然良いです。

土曜日はベイトの反応は凄いけど、なぜかかかりが悪く皆さん苦戦気味でした。

ブログですがマメじゃない性格なのでいつまで続くか分りませんが色々と、よろしくお願いします。


2013年09月22日(Sun) 21:38
編集
一匹狼さん、こんにちは

私も今回シイラを持ち帰って見ました。フライとかの食材としては使えますね。

ツバスはたまに美味しいのが混じってました。

ベイトのかかりが悪かったですかー。もう潮が澄んできたんでしょうかね。黒潮が来たならカツオが来てくれると良いですが・・・

ブログ更新楽しみにしてます。
2013年09月23日(Mon) 13:00
編集
大漁ですなぁ。

最近、カンパチ高くないですか?

先日、近くのスーパーで手の平くらいの大きさの柵が、1500円もしました。

思わず、いっしょにいた娘が「父ちゃんカンパチ釣ってきて売ればいいやん!」と言ったくらいです。
2013年09月23日(Mon) 14:29
編集
このじんゆうさん、どうもです。

カンパチは昔から高いと思いますがどうでしょうか?買ったことはありませんね。あまり売ってるのは見たこと無いです。

今回の釣りでポイントに向かう途中で他の船の船長が無線でしゃべっていましたが、釣ったシオがキロあたり千何百円とかくらいだそうです。

1匹2キロくらい?2キロも無いくらいだから、二千円ほどでしょうか。だったらまあまあですが、カンパチサイズだともっと高いかもしれませんね。

味も去年釣ったカンパチよりはずっとあっさりしていましたので、やはりもっと大きなのを次回は釣りたいです。
2013年09月23日(Mon) 17:07
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

昨日の伊勢湾の状況は
イワシの群れが消えてしまいました(>_<)
アジはおもしろいように掛かりました。33cm・36cmのアジは美味かったです。

これからは和歌山期待できそうですね
来週土曜日考え中です
そろそろ大きなメジロかカンパチが釣れるかな
カツオも来てほしいし
次の週は釣り堀に誘われている
考え中・・・修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2013年09月23日(Mon) 20:58
編集
ちぇっ 悔しくないもん。

今晩、眠れそうにない(笑)
2013年09月24日(Tue) 13:26
編集
>万年さん

イワシの群って移動が早くて不安定なんでしょうかね。難しいですねー。別に万年さんのせいではないと思いますが(笑)。来週の土曜とは10月5日でしょうか。次の日曜(9/29)を考えてますが少し考え中です。波浪ブイでもカツオやキハダが釣れだしたようです。


>きんさん

今後も他人が眠れないような釣行記が書けるように頑張ります。自分が眠れなくなるのはコリゴリ・・・
2013年09月24日(Tue) 13:51












非公開コメントにする