カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ボウズ・ショック!

ボウズ・ショック!

2013年9月14日(土)落とし込み釣り

仲政丸@和歌山・美浜

天候:晴れ  風向:東  潮:上り潮  水温:26度  波高:ベタ凪
日出5:42 正中11:55 日没18:08

オモリ60号、落とし込み仕掛け・仲政丸仕様(W胴打ち4本針・ハリス10号10センチ・枝間隔85センチ全長425cm)

アルシエラ落とし込みM250,フォースマスター1000mmk、探見丸CV−FISH

20130914_shio.jpg

ようやく心の傷も回復してきたので、釣行記を書くことに・・・(笑)。

さて、今年初めての落とし込み(チョクリ)釣り。去年は一度も良い思いができずに、悔しい思いばかりしているので今年こそは良い思いをしたいところだが・・・

去年は3回行ってカンパチ1本のみだった。

しかし、釣る人は毎回釣っているようなので、まあウデのせいもあるかとは思うが、何度も通えばそのうち良い日にあたって、平均すればそこそこ釣れるようになるはずと信じて出撃・・・

万年さんも和歌山遠征とのことで、ご一緒に。

当初は日曜に予約していたが、台風が近づいてくる予報だったので、1日繰り上げて土曜日に出撃となった。

4時半に港に到着、お客さん結構多く、私らを入れて10名。

こんな感じで左舷の前よりに入った。

130914turiza.jpg

万年さんは揺れない中央付近が良いとのことで、私は前から二番目に。

予報に反してほとんど波は無く、べた凪と言って良い状態だった。

べた凪だし道具は十分(高いチョクリ用の竿に探見丸)と言うことで、これで釣れなかったら何も言い訳できない・・・

5時頃に出船、ゆっくり走ってまわりが明るくなったくらいに関電の御坊発電所の沖あたり?に到着。釣り開始!

130914sao.jpg

水深は30−40mくらいだったか、はっきり覚えていないが、日ノ岬より東側〜関電沖の間のポイント(カンパチのポイント?)はだいたいどこも浅めで水深20−40mくらいのあいだだった。

底近くでベイトは簡単にかかる。たぶん10センチくらいの青アジだろうか?探見丸があるので、たまに中層に出る反応のあたりに仕掛けを持って行くとイワシもかかった。

アジは後半で使うかもしれないので、かかったものは上げて生かしておくことに。

130914aji.jpg

最初のポイントではしばらくやったが誰もヒットせずに静かだったが、アジはよくかかり、5匹くらいストックすることはできた。

その後、すぐ近くに移動。船が3−4隻ほど固まっていた。水深はだいたい同じくらい。

ここも、まあまあベイトはかかったが、ヒットまではせず。おとなりの方(Fさん)がシオを釣り上げておられた。ブログ見て下さっているそうで、ありがとうございました。あまり愛想無くてすみません。

たしか、Fさんはここで2本くらい釣ったのではなかったかな?それとも次のポイントだったか。

私は何も無し。前アタリすらなかった。

万年さんも本命のアタリは無く、一度、ガツンと言うのがあっただけだった様子。

130914mannensan.jpg

私もその後にガツンと竿先を叩くだけのは一度あったが本命はフッキングせず。

このあたりから、電動リールがフリーズする現象がときどき起こるようになった。ブラックアウト(通電しなくなる)のではなく、画面には水深などが表示されているが、何をしても凍り付いて電動巻き上げの操作もタカウンターのリセットも何もできなくなる。

しょうがないので、手で巻き上げて、プラグをはずすともとにもどるが、またしばらく釣りしていると、途中で画面がフリーズする。水深25m前後で固まってしまう。何だろう!?

今回から、探見丸と無線通信できる電源ケーブルを使用しているのだが、これが悪いのかと思って通信できないケーブルに変えたら以後はトラブルが無くなった。

1万4千円近い高い金を払ってわざわざ買った通信ケーブルが使えないとは困った。次回もう一度使ってだめなら文句を言おう。しかし、ケーブルが悪いのかリールが悪いのか、組み合わせが悪いのか・・・

すぐに次のポイントへ移動。ここには船はいなかった。ここで後ろのほうで誰かカンパチを釣ったと思う。

すぐに福丸もやってきたが、こちらはその後に追加はできずに、また移動。結構移動が多いです。

130914tankenmaru.jpg

まだ関電の沖あたりだったか、日ノ岬の近くまで行ったか忘れたが、日ノ岬の東側の岸近くでは水深が浅く、20数メートル。

ここは何もなかった。

その後、日ノ岬を回り込んでちょっと北上したか?寝っ転がっていたのでよくわからないが、またしても数隻の船がいるあたりへ。

こちらは水深が60mくらいだったかな?ベイトはイワシの模様。中層によく反応が出ている。ウルメイワシでしょうね。

130914iwashi.jpg

しかし、アジよりも群が移動するようで、ちょっとやりにくいのか、たまに船がイワシの上に乗らないことがあるようで、探見丸があるとよくわかる。ついでにソナー?か何かも表示されたらありがたいが(笑)。

それでもベイトの群の上に船が乗らなかったのは1回だけで、さすが船長の操船はお見事です。ベイトのイワシはよくかかる。

右舷の方が連続してサワラを上げた。私のとなりのFさんも、ガツンとアタリはあったようだが、フッキングはされなかった。

私は前アタリすら無し(涙)。

中層でイワシがかかったら。底のほうまで落としたほうが良いのか、それとも中層のままにしておいたほうが良いのか、さっぱりわからず。

サワラなら中層かなとも思ったが・・・あれこれ動かしすぎるとイワシがすぐ弱る気もしたし、結局わからず。

ここで、底近くまで落とすと竿先が突っ込んだ!

おとなりのFさん、とても良い方で、私がヒットすると喜んでくれました。でもヒットではなく根掛かりでしたが(爆)。

その前に船長が「底まで落としたらひっかかるから底から5mくらい上より下ろさないで」とマイクでアナウンスしてくれていたのに・・・。リールのカウンターが狂ってました。これじゃ、だめだねー。

そのうちまた移動するが、移動先でも釣れず。時刻はお昼をすぎていた。

残り時間少ないのがわかっていて、12時半くらいにまた日ノ岬の東側の岸近くのポイントに到着。

アジがかからなかったら生かしておいたアジをつけて入れてみてと船長がアナウンス。

結構たくさんの小アジがいたので、もう最後だろうと思って2匹つけて投入すると、10mくらいで仕掛けが落ちて行かない。

このタナではシイラだろうなと思って巻き上げたらやっぱりシイラ、それも30センチくらいのペンペン以下の小さいやつ(笑)。

おまけに小アジは2匹とも消失・・・

ここで船長のアナウンス「アジ2匹付けたらシイラ来るから1匹だけにして」とのこと。

うーむ、見られていたのかな!?それともよくあることなのか。

次に1匹だけ付けて底に落とし、1m上げたらすぐに竿先が異様な震え方をして、今日初の前アタリ。

すぐに刺さったと思ったら竿先が跳ね上がり、そしてまた刺さったのであわてて巻き上げ。食い上げだろうか?

まあまあの引きでシイラではない。シオだ!

やったーと思って船長がタモ入れに来てくれたが、あと1mのところですっぽ抜け(涙)。

おとなりのFさんはきっちり1本を釣っておられた。うーむ、俺って下手すぎる(涙)。

その後は2−3流しやってくれたが私にはヒットせず・・・

もう午後1時になっていたが最後のポイントへもう一ヶ所行ってみたが、魚影が無かったのでここで終了・・・

(結果)ボウズです(涙)。

私は完全にボウズ。小さいシイラはもちろん放流したので。

万年さんはガシラみたいなのを釣っていたので私よりは良かったかな。イサギも釣っていたし。

今回は探見丸もあったから、とてもやりやすかった。

たぶんこの日は全体にベイトがかかりやすかったのではないかとは思うが、探見丸に反応がよく出ている時はそのタナを攻めれば良いし、反応が出ていない時はのんびりやれば良いので、釣りにメリハリがつけやすい。

私が船長だったら、探見丸はつけたくないなあ(笑)。

と言うことで、面白い釣りだし退屈することは無いので、最後のカンパチ1匹さえ釣れて入れくれたら全然気持ちは違っていたと思うのだが・・・

コマセ釣りでまったくアタリが無いよりは、退屈することが無く、ベイトがかかればそれなりにドキドキして楽しめる釣りです。

が、ボウズだとさすがに精神的ダメージが大きい。最後にバラしているし。

カンパチ以外に期待していたハマチやメジロが無くて厳しい日だったとは言え、帰宅して各船の釣果を見ると、他の船はもっと釣れていない。

よく釣れる船に乗せてもらい、良い竿に良い道具を使ってもボウズと言うことは、もう自分が下手くそだと言う以外に釣れなかった理由は見当たらないので、さすがにショックで・・・

悔しくてその日の晩はなかなか寝つけず、翌日は夢にまで見てしまった。

台風明けからは爆釣しているし、何ともタイミング悪いやらついてないやらです。

でも運も悪くて釣れていないと言うこともあるだろうから、だとすると、ここでやめたらむしろ損で、統計的に考えればこれからはむしろ運が良くて釣れる日に当たる可能性が高くなると考えるほうが自然だろうから、めげずに回数をこなすことに決めた。

と言うことで、近いうちにリベンジです。もう予約は入れたので、あとは昨日今日の活性がその日まで続いてくれることを祈るのみ!

万年さん、お疲れ様でした。お風呂ありがとうございました。懲りずにまたよろしくです。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れさまです。

私もちょくり、坊主ばかりです(笑)。

釣行記参考になります。

とりあえず頑張ってきます。

釣れると思って行くとショック大きいので、明日は坊主だと思うようにしてます(爆)。

でも絶対に釣ってやるとも思ってます。
2013年09月18日(Wed) 18:08
編集
カーク船長、先週チョクリで同船させて頂いたFです。
その節は大変お世話になりました。出船前の準備で慌ただしい最中、失礼とは思いつつ唐突にお声掛けしてしまったので、さぞかし驚かれた事と存じます。これまでも幾度と無くカーク船長の娯楽日記を楽しく拝読させて頂いておりましたが、先般 カーク船長の釣行先と私の釣行先が微妙にリンクしている事に気づき、改めてアーカイブを再拝読させて頂いた所、今年2月に同船イサギにて同乗させていた事が判明し、勝手ながら更なる親近感を抱いた次第です。(敦賀 色浜のマイカも船こそ違え、ほぼ同じタイミングで乗船させて頂いておりました。)また近いうちに同船する機会があります事を心より願っております。その際は何卒宜しくお願い申し上げます。
2013年09月18日(Wed) 20:12
ボウズLOVE
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

カーク船長いろいろありがとうございましたm(_ _)m
フォースマスター3000動かなくなって結局メーカー送りです
縦釣り3回連続ボウズ
かろうじて今回はガシラが釣れたがボウズ
ボウズが大好きになってきました
でも一人じゃなくて良かった
修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2013年09月18日(Wed) 20:55
編集
>ゴリオさん

今頃は爆釣でしょうか。私も今日に行きたかったですが、ちょっと休みにくかったので(無理すれば行けましたが)残念です。

また爆釣レポート期待してます。


>Fさん

先日はどうもありがとうございました。おとなりがFさんのような感じの良いかただと安心して1日釣りが楽しめました(釣果はさておき・・・)。

私は釣りの間はあまりしゃべらないもので、愛想なくてすみません。

これからも、お会いすることありましたら、こちらこそよろしくお願いします。人の顔と名前を覚えるのが遅いほうなので、次に会った時にもしすぐに気づかなかったらすみません(汗)。

ご丁寧なご挨拶、ありがとうございました。


>万年さん

ボウズLOVEはやばいでしょ(笑)。しかし、釣れなかったら後片付けは楽かと思いきや、クーラーも潮をかぶったりして、手間はいつもと一緒でした。

これならたくさん釣れたほうが良いと思いましたね〜。

と言うことで、さっさとボウズを脱出すべく、近いうちにまた出撃が決定しました。

いつ行くか、今でしょ!(もう古い!?)
2013年09月19日(Thu) 08:36
編集
お疲れ様でした^^
どなたかの笑顔が浮かびそうですが^^;

しかし、、ギャンブル性の高い釣りですねぇ。。
本当の釣り師はそういった釣りを求めるのかな?
僕はヒマしない程度に釣れるのが一番です(笑)
2013年09月19日(Thu) 09:04
編集
ニコニコ

土曜日に、名古屋観光して、
日曜日に敦賀で、サゴシが釣れているようなので、今週末行ってきます。
サゴシが不発でも、キス、ハゼ釣ってきます。
2013年09月19日(Thu) 09:04
編集
>だいさん

どうもこんにちは!

私も退屈しない程度に釣れるのが好きでギャンブルは大嫌いです。

この釣りでも、釣る人は毎回釣って、まだボウズだったこと無いと言う人もいるので・・・まあ出撃のタイミングが悪かった(運が悪かった)と思うことにしてます。

たぶん、運ならば、確率の問題なので、これからは爆釣ばかりになるはずです(?)


>きんさん

名古屋観光ですかー。名古屋は出張で昔に2回ほど行ったきりですが、あまり街をうろつかないほうなので、どこも観光しませんでした(汗)。

サゴシ美味しいでしょうね。

私はチョクリがまたボウズだったとしても日曜あたりにハゼでリベンジの予定です(爆)
2013年09月19日(Thu) 09:08












非公開コメントにする