カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ケンサキイカの持ち帰り方・改訂

ケンサキイカの持ち帰り方・改訂

ケンサキイカ(地域名:アカイカ、マイカ、マルイカ等)の持ち帰り方について、いろんな方に聞いた結果、綺麗に持ち帰る方法がわかり、以前にここで書きましたが、また新しい知見が加わりましたので、最終的なことを整理しておこうと思います。

ちょうど、テンパパさんが持ち帰り方を実験されたそうで(こちら)、参考になりましたので、私も改訂版をアップしておくことにしました。

(1)釣り上げたイカをイケスかバケツに入れてスミを吐かせる。

(2)イケスから引き上げて、バットの上などに置いて窒息死させることでシメる。スミがついていれば、洗い流しておく。

(3)クーラー内のバッカンに海水をためて冷やしておき、その中にイカを入れて行く。
バッカンに海水ではなく、クーラーに直接海水を入れて、その海水を保冷剤かビニール袋に入れた氷で海水を冷やすのでも良いかも。

私の場合はこんな感じ。

110714bakkann.jpg

このとき、海水に真水が入らないように気をつけること、そして冷やしすぎないことが重要。

冷やしすぎると、墨袋が収縮して破れてスミだらけになってしまいます。

家に持って帰り海水から出すと以下のような感じで、まだイカの表面の細胞は生きているのがわかります。

110714akaika-up.jpg

(4)バッカンにつけたまま家まで持ち帰ってからビニール袋に詰める。この時、なるべく重ならないように入れて冷蔵庫などでしばらく置くと、赤い綺麗な色になる。

持ち帰ってすぐに袋につめたところです。

110714yokkuasa-ika.jpg

ビニール袋に詰める前にザルなどで海水はしっかり切ったほうが良いかと思います。この状態でしばらく置くと赤くなります。ただし、イカは片面しか赤くなりませんので、赤くなるほうを上にして置かないとだめです。

赤くなるほうに重みがかかると赤くなりませんので、イカの入った袋を重ねて置かないないことも必用です。

また、綺麗に均一に赤くしたかったら、ビニール袋もしないほうが良いかもしれません。何かに触っていると赤くなりにくいので。

売り物のように赤くしたかったら、ビニール袋に入れず、しばらく空気に触れさせておいたほうが均一に綺麗に赤くなるかもしれません。やったことありませんが。

110715akaika-aka.jpg

しかし、ビニールに入れようが入れまいが、イカを冷蔵庫内で重ならないように置くと場所を取るので、私はこの袋ごとファイルケース(A4サイズで厚さ3センチくらい)に入れて、ファイルケースを重ねてます。

120802ika-case2.jpg

120802ika-case1.jpg

また、袋に入れてすぐに冷凍すると赤くなりませんが、それはそれで綺麗なまま冷凍できますので、それでも良いかと思います。

袋に入れて冷凍する際には、なるべく空気を抜いたほうが良いでしょう。空気の抜き方については、テンパパさんのやり方が参考になると思います。

テンパパさんのブログより
細長い袋(鮎を冷凍する鮎袋など)にイカを入れ、水を張ったバケツかボールに袋の口を上にして漬けると真空状態になり、イカを入れて空気を抜いてから輪ゴムで止めるか口を折って真空状態にして冷凍する。

私は5、6パイずつジッパー袋にまとめて入れておしまいにしてますが。

今回はテンパパさんのブログに書かれていた「冷やしすぎないこと」と言う点もとても参考になりました。テンパパさんのブログによれば(串本の船頭の話)、冷やしすぎるとイカの墨袋などが縮んでスミが出てしまうそうです。

これは知りませんでした。実は最近、イカを釣って家に帰るとバッカンの海水がスミで真っ黒になっていることが多くて困っていたのです。

これは冷やしすぎのせいだったようです。温度管理は難しそうですが、次回からはクーラーに直接海水を入れて、保冷剤かビニール袋につつんだ氷を入れることにして、時々手をつっこんで冷えすぎていないかチェックするようにしたいと思います。

これで完璧かな!?

テンパパさん、ありがとうございました。
釣り | Comments(10) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ブログ読ませて頂いてここまですれば綺麗になるの解ってるのに出来ないです。

一日海水につけておくのはダメかなと思っての事なんですが・・・
帰ってきてすぐする気がしないんです。
寝て起きて昼すぎまでつけてたらだめですよね。

墨まみれになるのはなんとかしたいと思い、日本海に行った時はイケスがあるので、手でイケスをかき回し墨を吐かせますが、全部ははかないようで結局墨まみれです。

冷凍庫のイカが無くなったので、次行こうと思ってます。
頑張ってしてみようかな。
しかし200も釣れたら大変だ(笑)。

テンパパさんのブログ、仲政丸の釣りやイカ釣り私の行くような釣りなので楽しみにしてます。

テンパパさん仲政丸で会えばよろしくお願いします。
2013年08月26日(Mon) 18:03
編集
ゴリオさん、今晩は

前回は帰宅後に海水につけっぱなしにして寝て、起きてからやりましたが全然大丈夫ですしたよ。ただ、冷やしすぎで海水が墨だらけでしたが。
とくは丸の船長も朝までつけっぱなしといってました。その方が赤い色が早く出る気がします。

でも、冷やしすぎないで程よくと言うのも難しそうですね。ぬるくて細菌が増えても嫌ですから。

木曜はイカ釣りですかー。私は金曜です。今回は木曜は休めずでご一緒できず残念です。長時間なのでアジも狙うつもりです。潮にもよりますが。
2013年08月26日(Mon) 18:25
編集
これは実証してもらわないとなぁ~と書きこもうとしたら、また金曜日に釣りに
行くとは・・・

私は、明日辨屋です。
2013年08月26日(Mon) 21:50
編集
このじんゆうさん

今頃は釣りでしょうか。もしかして今日なんかは水温がほどよく下がって爆釣ではないでしょうか。水潮でダメかな。

金曜日に実証できれば良いのですが波がありそうな予報になっているので、どうしようか悩んでます。
2013年08月27日(Tue) 08:40
編集
とりあえず釣れました。

鯛16(うち1匹大鯛)。
鯛だけで、これまでの鯛の釣果記録更新でした。

イカダ(6人)全体で、7本青物が上がっていたのに、私には最後まできませんでした。

鯛以外のが釣りたかった・・・・。
2013年08月27日(Tue) 20:55
編集
ご無沙汰しています。

先週、初めてイカ釣りに福井の越前町へ出かけました。初チャレンジということで道具も借り、スッテも適当で、釣果はイマイチでした(汗)。
その時は、魚のように「ザクッと締めて、素早く冷やす。」という発想しかありませんでしたので、「イカ活チャ器(かっちゃき)」(http://fishing-fujiwara.com/weblog/?cat=229#post-583)を使って締めた後、袋に入れて氷入りのクーラーに即入れていました。

この記事を拝見して、次回機会があったら真似させていただきたいと思いました。
で一点、教えていただきたいのですが・・・
「バットの上などに置いて窒息死させる」というのはどうするのでしょうか?経験不足なのもあって「窒息死」というのがどうもよくわかりません。

すみません。
2013年08月27日(Tue) 22:44
編集
>このじんゆうさん

おー、爆釣のパターンでしたかー。青は釣れなくてもマダイ爆釣で良かったですね。良い日に行けて他のみなさんも楽しかったことでしょう。

私のほうは金曜日のイカ釣り、無理っぽいのでどうしようか悩み中です。



>160さん

どうも、こんにちは!

窒息死と言う書き方は生々しすぎましたかね〜。いわゆる「野締め」、活け締めの反対の意味でしょうか、海水から出してバットの上で放置して死ぬのを待つと言うことです。

ご存じの通りエラ呼吸の生き物は水から出すと呼吸ができなくなるので、窒息死と書きましたが、でも考えてみたら、もともと息を吸うわけではないので、この表現は良くないかもしれませんね。辞書的には窒息=呼吸ができずに死ぬことなので、間違いではないと思いますが・・・

魚のシメ方のページには、「野締め=野ざらしにして悶絶死させること」と書いてありましたので、窒息死より悶絶死のほうが正確な表現なのかもしれませんね。しかし、「悶絶死」とはかなり露骨な表現ですが(笑)。

イカもやっぱり元気なうちにシメたほうが良いと思いますが、私は以下の2つの理由で野締めですましてました。
(1)魚みたいに暴れないので放置してシメてもそれほどATPが減らないかと思っていた(ご紹介のリンクを拝見するとそうじゃないみたいですね)
(2)活性の良い時はたくさん釣れるのでシメてると手返し悪くなるから

でもやっぱり、シメたほうが美味しいと言だけでなく、生き物に無用の苦痛を長時間与えないと言う観点も重視するなら、今回の160さんのように釣ってすぐに活け締めするほうが良いでしょうね。

私も、味も良くなるなら、今後は釣った後にシメることをちょっと考えてみようかと思います。ありがとうございました。
2013年08月28日(Wed) 08:39
編集
そういえば、先日行った釣具店でもイカのコーナーにこの「イカ活チャ器(かっちゃき)」が置いてありました。

「かっちゃき」はたぶん北海道弁の「かっちゃく」とかけているんでしょうね。かっちゃくとは「ひっかく」と言う意味です。
2013年08月28日(Wed) 10:18
編集
船長さん、説明ありがとうございました。

手返しの面も考えて、次回は「野締め」でやってみようと思います。
ただ、今週は荒れ模様で出漁できないのと、来週からは仕事が忙しくなるので、次はいつになるのか不明ですが・・・

マイカの次はアオリイカのシーズンも始まりますので、これから冬までイカ三昧できればな~と思っています(笑)
2013年08月28日(Wed) 22:26
編集
160さん

レス遅くなり失礼しました。昨日の晩にマイカ釣りに行って来ましたんで。

アオリも良いですね。イカはさばかなくて良いですし、釣れすぎても配りやすいので好きです。まあ釣れすぎることはあまりありませんが(笑)。
2013年08月30日(Fri) 19:01












非公開コメントにする