カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 久々の海上釣り堀

久々の海上釣り堀

2013年8月9日(金)海上釣り堀辨屋

日出5:09 正中11:59 日没18:48
潮@五ヶ所〜中潮

130809shio.jpg

平均気温28.6℃ 最高気温33.6℃ 最低気温24.5℃
平均風速0.6m 最大風速2.3m 風向:東北東

海水温参考データ(五ヶ所湾・床なぎ)08月11日午前11:00
海面下1m水温30.8℃ 3m水温29.0 ℃ 5m水温28.0℃ 10m水温25.2℃

(結果)マダイ3匹、大ダイ2匹、イサキ2匹、スズキ、カンパチ、ヒラマサ

130809chouka.jpg


このじんゆうさんから夏休みの平日に釣り堀に行こうと言う話になっていたので、辨屋を予約。

当初は8日(木)を考えていたが仕事の都合で9日(金)となったが、結果としてこれで良かった。やはり釣り堀はハードなので翌日も休みでないと無理と再確認できた。

きんさんと針テラスで待ち合わせて合流。ひさしぶりなので時間の感覚がわからなくなっていて、当初の待ち合わせ時間は2時と言っていたが、2時半に修正。これでも辨屋の駐車場には予定よりずいぶん早く到着したので、3時で十分だった。

用意したエサは黄色着色エビ&ササミ、オキアミ、こぶりスルメイカ、冷凍キビナゴと冷凍イワシ、カツオのはらもとはらわたセット2つ入り。生きエサでは、ボケ、ザリガニ、銀平、生きアジ。

この他に、きんさんやこのじんゆうさんと共同で生ミック、魚かし「しまあじ」、シラサ、アオイソメとあと何か忘れたが、これくらいだったと思う。

駐車場で待っていると次々に到着。Jさんて誰かと思ったらジェッ○ーさんだったのでびっくり。

5時半になったので事務所前で受け付けしようと待っていると、大将とばったりあってご挨拶。

受付をすませて出船、1番イカダへと運んでいただいた。

場所は適当に入ってこんな感じ。

130809ikada.jpg

朝一は銀平で青物を狙ってみたが無反応。

黄色着色エビにしたら大きなマダイが釣れた。しかし、ひさしぶりなので段取りを忘れており、何とタモを持ってこなかった。

万年さんにタモ入れしていただき、無事に大ダイをゲット。一安心。

これから朝の時合いかと思ったが、その後は沈黙してイカダ中でもマダイが2枚くらいあがっただけだったかな?朝はかなり食い渋かった。

暇だったので私は外でサビキをすることにしたら、15センチくらいの小アジが入れ食い。

きんさんが1匹欲しいというのであげたら、それを使って青物狙いしてすぐにヒット!

ところが、トライアングルにかかったようで残念。あがらず。

その後はサビキで退屈な時間をつぶしていると、8時過ぎだったか最初の放流がやってきた。

放流直後は着色エビでアタリが頻発!

ところが、バラしまくり(汗)。

何とかマダイ1枚とスズキ(マダカ?)を1本あげただけで終了。マダカは黄色エビを回収するために巻き上げてきたら途中で食いついてきた。

結局、放流後の時合いには、マダイ3枚ほどバラしてしまった。

しょうがないので青物狙いをすることにした。

で、イワシか何かをつけて投入したら根掛かりしてしまった。

根掛かりをはずすためにドラグをきちきちにして竿を垂直にしてひっぱるとようやく切れた。

その後、今度は生きアジでやってみることにして、ちょっと暑くなってきたので置き竿にしてテント下で休憩。

と思ったら、しばらくして竿先がずんずんずんと沈んで行く・・・。

青物宣言してやりとり開始。

ものすごい引く〜。

と思ったら、ドラグが出ない。これはやばい・・・

あわててドラグをゆるめるが、なかなかでない。

さっき根掛かりした時に思いっきりしめたのを思い出した。

と、そうこうしているうちに、再度青物が突っ込んで、その突っ込みに耐えられなくてハリス切れでバラし・・・

うーむ、参った。

朝からバラしまくりです。

その後はまた小物釣りにもどして、黄色エビや「しまあじ」などで小物を追加。足下の中層でイサギ2匹とマダイ2匹を追加。

万年さんがシラサでシマアジを釣ったと言うことで、みなさんシラサにしてシマアジ狙い。

私もシマアジは是非とも釣りたかったので、シラサにして投入。しかし、なかなかアタリは出ない。

さっさとあきらめて、キビナゴで青物でもと思って投入すると、キビナゴの頭だけ残して食いちぎられ上がってきた。

これはマダイかなと思い、針のつけかたをかえて再度投入すると今度はアタリがつんつんと出て、竿先がグインと入ったのであわせると、これまた大きなマダイだった。

これは青物よりマダイのほうが釣れるのかと思ってその後はエサを色々ローテーションすると、ボケをつけて巻き上げて来る途中でマダイが連続ヒット。

この釣り方で1匹釣り上げたが、その後2匹連続してバラしたら食わなくなった!

その後に誰かが釣ったマダイがボケをはき出したと言っていたので、私がバラしたマダイだったようだ・・・

一度バラしても何度も食ってくるとは。と言うことは、よく「バラしていなければもっと釣れていたかも」と考えがちだが、最初にバラさず釣っていれば、後では釣れていないかもしれないので、バラさなければもっと釣れていた・・・と言うのは必ずしも成り立たないようだ。

でもバラすと自分の足下から魚が逃げて行くように思うし活性も下がるのが普通だから、やはりバラシは禁物です。

その後、10時過ぎだったか、青物の放流。

人数が少ないからだと思うが、あまり量は入らなかったが、ハマチやワラサなどが浮いてきて、エサをつついたりして、かなり活性は上がった様子で、何本かヒットして釣り上がった。

私は銀平で空振りした後に、生きアジに変えたらヒット!しかしまたバラし(ハリス切れ)。赤青兼用でハリス5号にしていたのを忘れていた(汗)。

まだ活性はあるようだったので、今度はハリス7号の仕掛けにして、かつおのはらわたを投入したら、仕掛けが落下してゆく途中で竿先がひっぱられたのであわせたらばっちりフッキングして青物宣言。

よい引きで上がってきたのは狙っていたカンパチだった。

はらわたでカンパチが釣れるとは意外だったが、ともかく良かった。

その後はいろいろなエサをローテーションするが、食ってくれなかった。そして徐々に活性は落ち着いていった。

その後は暑くてだるくてダレダレの時間がやってきた。

130809scene.jpg

ここで、持ってきたスイカを切ってみなさんに食っていただいた。私が一番たくさん食べたが(笑)。暑いイカダの上で食う冷えたスイカは最高にうまかった。

これで少し元気が出てまた頑張るが、その後はマダイを1枚追加しただけでまた沈黙。

暑いのでくみあげた海水をイカダの上にまいて「打ち水」で少しだけ温度を下げる。実はこれ、じん君がやっていたので真似してみた。なかなか良かった。

少しずつ残りのエサを整理して行くと、カツオのはらわたがまだ少し残っていたので、こいつを縫い刺しにして投入。

すぐにはアタリが出なかったので、置き竿にしてテント下で涼んでいると竿先が振動。その後に刺さった!

あわててダッシュしたら、打ち水でぬれていた海水で転倒、あやうくイカダの中へ水没するところだったが、なんとか体勢を立て直してやりとり開始。

これまたかなり強い引きで、浮いてきてはまた突っ込みを3−4回も繰り返された。

そうしてようやく万年さんの出してくれたタモに収まったのは、これまた是非とも釣りたいと思っていたヒラマサだったので思わず万歳!

これで、狙っていた3種のうち、一番難しいと思っていた2種が釣れたので一安心。

シマアジは放流されなかったし、居残りも少ないようであきらめて、あとは暑かったのでぼちぼちの釣り。

130809sukari.jpg

スルメイカをひっぱったら少し浮いてきたが、じん君が連続して青物をヒットさせたが、私のほうのエサには食いついてくれなかった。

エサは何かと聞くと、死にウタセとのこと。一つもらって真似してみるがアタリ無しだったのであきらめた。

あとはシマアジが間違って食いついてくれないかと思い、シラサをつけて置き竿にしておいたが、反応無し。

そのうち1時半の終了時間になり迎えの船がやってきたので納竿。

前半はバラしまくりでどうなるかと思ったが、終わってみたらたくさん釣れていたので良かった。

(結果)マダイ3匹、大ダイ2匹、イサキ2匹、スズキ、カンパチ、ヒラマサ

130808chouka-ore.jpg

皆さん、お暑い中おつきあいいただき、ありがとうございました。

いろんな種類の魚が釣れたので、翌日の晩にはYUKAの両親も呼んで4人で寿司パーティー。

130809temakizushi.jpg

久しぶりに食べるヒラマサやカンパチの美味いこと美味いこと。こんなに美味かったかな!?と言うほどだった。

イサキは脂がのりすぎていたが、マダイはそこそこののりだったのでこれまたとても美味しかった。

やはりたまには釣り堀も行かないと。しかし、今回は真夏で暑いから空いていたが、良い季節になると予約が取れないので・・・。

そして今回に行って再確認したが、釣り堀に行った翌日も休みでないと絶対に無理だとわかった。

それはともかく、暑かったが楽しい1日でした。みなさん、ありがとうございました。

(追記)今回、暑くて汗だくになり日焼け止めが完全に流れてしまったのでかなり日焼けしたが、一番ひどかったのは足だった。

それも何故かこんなふうに赤くなった。

130809hiyake.jpg

半ズボンだったので膝から下が焼けるならわかるのだが、もっと下のほうだけだったのが不思議。ここはいつも靴下をはいていて、何年も日光に当てたことが無い部分だからひどくなったのだろうか!?

ともかく、この部分だけものすごい痛くてたまらない(汗)。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
冷えたスイカ&とーきびチョコ、ごちそうさまでした。
2013年08月12日(Mon) 10:45
編集
いやー、来ていただいてありがたかったです。

いつも皆さん何かしらおみやげを持ってきてくれること多いので私も持って行きましたが、今回は誰からも何もありませんでした(爆)。
2013年08月12日(Mon) 14:08
編集
いろいろとありがとうございました。

お返ししたスチロール箱も中身はカラで申し訳なかったですなぁ(笑)

でも、船長はもっとたくさん釣っていると思ってました。

またよろしくです。
2013年08月13日(Tue) 21:31
編集
このじんゆうさん、こんにちは

かなり雑な釣り方だったのでバラしてばかりでした。バラし多い割にはつれたほうで、そう考えると良いイカダに入れたのかもしれませんね。

もう少し慎重にやっていてバラしを少なくできていたらイカダの活性も上がってみなさんもっと釣れたかもしれないので申し訳なかったです。

また空いている時期に訓練しましょう。
2013年08月14日(Wed) 15:28












非公開コメントにする