カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ まずまずだが・・・

まずまずだが・・・

2013年1月6日(日)釣り船長野・盛和丸・神戸市須磨

大阪湾のタチウオ・テンヤ釣り

タチウオテンヤ40号・ワイヤーリーダー30cm
ケミホタル付けたりはずしたり

天候:晴れ  風向:北西  潮:長潮  水温:11度  波高:0.5
日出7:07 正中12:05 日没17:04

130106shio.jpg

さて、この日を逃すとしばらく釣りに行けないので無理矢理にでも釣行したいところでしたが、本当に行けるか直前までわからず、前日の夕方にようやく決定(強行!?)。

タチウオ釣りなら比較的近場だし準備や後片付け(魚の処理含む)などが楽なので何とかなりました。

年末年始は引っ越しの準備や自分の車で荷物を運んだり等、忙しい毎日でしたが、この日は何とか都合をつけることができて一安心。

前日は30匹オーバーの釣果も出たようで期待がふくらみます。

前日よりさらに潮が良さそうに思ったので、下手したら40匹とか妄想だけがふくらんで行きますが、やはり、そううまいことは行きませんでした(予想通り?)。

が、まあみやげに十分な数は釣れたので自分的には満足ですが、一つ後悔と言うか反省点がありました。

テンヤの針先を研ぐのを忘れていました。釣りの途中に確認して見ると結構なまっていましたし。しかしこんな時に限って研ぐ道具を忘れてきました。バタバタしていたので・・・

今回も比較的お客さんが少ないほうだったので、じゃんけんで釣り座を決定。こんな感じ。

130106turiza.jpg

さて、須磨の港から6時半頃に出船、ポイントまで30分弱ほど走って7時前に釣り開始。

わりと走ったほうで、洲本沖までは行ってないかもわかりませんが、観音様が遠くに見えるくらいまで南下したようでした。

前回から暗いうちはケミホタルを付けてやることにしていますが、使い慣れていないもんで、リーダーのどの部分に付けて良いのかわからず、なるべくテンヤから離したほうが良いのかと思い、リーダーの一番上の端(サルカンのすぐ下あたり)に付けておきました。

最初の一流し、水深は60mくらいだったと思いますが、45m前後でアタリがあり、快調に連発。

次の流しでもぽんぽんと釣れて、最初の1時間で6本と快調なすべりだし。

今回も巻いては止め、巻いては止めと言う感じの誘い中心の釣り方で、タチウオがテンヤに飛びついて勝手にフッキングするパターンです。

しかし、食い上げのアタリの後に完全にテンションが無くなりました。高切れです。

どうもケミホタルに食いついたタチウオがワイヤーリーダーの上の部分のPEラインを切ってしまったようで、前回も同じことがありました。

ケミホタルをリーダーの上のほう(道糸の近く)に付けてしまうのが良くないのかと思い、その後はリーダーの真ん中へんに付けることにしました。

130106tennya.jpg

ところが、8時半頃から急にアタリがぴたりと止まってしまい、一気に時刻は10時すぎ(笑)。

130106akashi-ohashi.jpg

その間に1−2本釣れたでしょうか。

流したのは70mラインですが、船内でもたまーに当たるくらい。

ちょっと南のほうには船団が集結しています。それとは逆に神戸よりに5分くらい走ってポイント移動。水深は65m。

130106sendan-kita.jpg

第一投目、底から20mでフッキング、しかしタチウオの引きとは違う・・・と思ったら大きなフグでした(ショウサイフグ?)。

今回はてっさを食べるためにキープしようとイケスへぽちゃり。しかし、シメなかったので暴れて飛び出て排水溝から海へお帰りに・・・残念。かなり食うところ多そうなサイズだったのに〜

船長は、フグが釣れたのを見てすぐこのポイントをやめて、また船団のほうへ移動。

船団の中へは入らず、通り過ぎて南側の近くを流します。ここは水深がちょっと浅めで60mも無い感じ。

130106sendan-minami.jpg

割と浅めのタナまでさぐってみてと指示あり、その通りにしました。

底のほうからしゃくり上げて行くと底から20mくらいでたまーにアタリがあり、誘い上げでチョンとアタリが出るのですが、以前のように勝手にテンヤに刺さってくれません。

船長によると、前日よりタチウオの活性がかなり低いとのことで、食いが悪いようです。理由はわかりません。

が、誘いにはよく反応して誘えばアタリがでる感じにはなったので、誘い重視でケミホタルをはずしてやることに。

快調にアタリは出るのですが、あいかわらずテンヤには飛びついてこない感じ。それでも何とかたまにフッキングして2−3本追加。

11時にようやくツ抜けです。

130106tsunuke.jpg

見ていると、朝のうちは密集していた船団がだんだんとばらけて行きました。タチウオの群も散らばったのでしょうか。

今度は朝の内に船団が集結していた領域よりだいぶん北側へ移動、水深は70m前後。

盛和丸の船長は、魚探の反応を見て流すポイントを探すような感じのパターンが多いように思います。で、わりと良い反応のあるポイントが見つかったのか、ここへ来てからまたよくアタリがでだして、ところがやはり活性が低いのか、あまり激しく誘っても飛びついてきません。

また、誘いのパターンも同じではなく、一度ヒットしたパターンで連続してヒットすることはあまり無かったです。前回と前々回はヒットパターンが割と似ていたのに・・・。

前回や前々回の釣行だと、アタリがあった後にテンヤをはげしく動かしたほうがタチウオが飛び空いて来たのですが、今回は逃げてしまう?アタリが無くなります。

そういう時はどうしたら良いのか困りますね。やはりまだ引き出しは少ないようです。

おまけに、テンヤの針先がだいぶんなまっているようで、竿がひっぱりこまれてもすぐ外れるパターンの連続。

やはり船長が言うように、食いが浅いのかもわかりませんが、前回はこれが全部ちゃんとフッキングしてくれたのですが、今回はすぐはずれてばかりでした。

と言う感じで、後半はかなりアタリが戻ってきたにもかかわらず、私の場合は針ハズレ連発で釣果伸びず・・・

でも他のお客さんはむしろ後半のほうが釣っていたので、やはり私の釣り方の何かがおかしかったのかと思います。

朝の内は底から20mくらい上が調子良かったのでずっとそのタナでやっていたものの、昼近くになるとアタリが激減。しかし、今度はとなりのおじさんがよくヒットさせているのでうらやましげに見ていると「タナは深めで底から10m以内やで」と親切にも教えてくれました。

まるで私の心を見透かしていたかのように(笑)。

で、ここからは深めのタナ(底から10m以内)を中心に攻めていると尻上がりに上向いて来た感じがあり少し追加。しかし、アワセはあまり決まらず、2連続で巻き上げの途中バラシ。

あまり誘っても食いは良くなくて、となりのおじさんはむしろあまり動かさず、たまにしゃくる程度だったが、そのほうが良さそう。

しかし、性格なのか、じっと待つことができずにがちゃがちゃ動かしてしまう(笑)。朝からずっと竿をしゃくったりし通しで腕と腰が痛くなっていたにもかかわらず・・・性格とは恐ろしいものです。

そんな感じでだんだん周りよりペースダウンしてきて、昼すぎになり、そのうち潮が完全に止まってしまい船が流れなくなり、またアタリが止まりました。

いつもだと1時半くらいまでやってくれていたのですが、アタリも止まったので1時で終了。

実は船長が「あと10分ほどで終わりにしましょう」と言った後からまたアタリが連発しだして、まわりでは2本ずつくらい皆さん釣っていたのですが、私は3回フッキングさせたものの、いずれも途中で針はずれのバラシばかりでここでも釣果は伸びず・・・

またしてもバラシまくりで、これはタチウオの活性が低いせいなのか、はたまた私が未熟なのか、それともテンヤの針がなまっていたせいなのか・・・

最後の最後までストレスでした。あとちょっと何かが足りないのかな!?

思い返してみると、新品のテンヤを使った時のほうがアワセが良く決まったような気がするのですが、気のせいかもしれません。

自分でテンヤの針先を研いでもいまいち鋭くなっていない感じが。

おまけに今回は準備の時間が無く、前回使ったテンヤをそのまま使ってしまったので、針先は研いでませんでした・・・

釣れたサイズもメーター級が1本釣れただけで、あとは普通サイズのみでした。

(結果)タチウオ75−100cmを14匹

130106chouka.jpg

ただ、今回が空振りが多かったとは言え、ずっと以前に比べるとずいぶんマシになったように思います。

この船はタチウオ2パックまで無料で3パック目から200円になりますが、今回は3パックを使用。

1パックに11匹入っているので、店で買うより安いと思い、今回から持ち込み無しです。

130106iwashi.jpg

で、今回は3パックと言うか、正確には2パック半の使用だったので全部で28匹使用で釣果が14匹と言うことは、打率5割・・・

と言うか、朝の内はタチウオの活性も良く、1匹のイワシで2匹のタチウオが釣れたこともありましたので(同時に2匹かかったのではなく、イワシがほぼ無傷のうちにフッキングして釣れたと言う意味)、単純に打率5割とも言えませんが。

後半はフッキングしてすぐ針はずれがやたら多かった。

後半ほど針先がなまったせいなのか、リズムと言うか腕のせいなのか、どうなんでしょうか!?

でも、またまた次への課題ができた感じなので、今シーズンにもう一回行きたいが、盛和丸はもう終わりだそうで・・・。どこか他の船は次の潮でもタチウオ行ってくれないかなと思ったが、次の潮の頃には引っ越しなので、やっぱり今シーズンの大阪湾テンヤ・タチウオはもう無理か・・・
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
こんばんわ。

私も前日に最終太刀魚に小島方面から洲本沖へ出動しましたが、芳しくない結果でした。

朝一は当たり頻発もまったくかからず1匹で終了、中盤は当たりポツポツもとにかく巻き上げ中バレや合わせが決まったと思いきや、実はかかってなかったりで3時間で4匹、11時以降の100~110mのポイントに移動後は105~85m付近で毎回あたりがあるも針がかりせず、とにかくかからず1時間で3匹で終了、かってな計算で推定50回以上あたりがあって8匹でしたorz

当たりに気付かず、エサだけ取られるなんて1回もなくて、こんな悲惨な結果でした。

手返し最速、道具も最高、釣果は最低となると、やはり腕が悪いという結論に・・

カーク船長と同じく、今までのタチウオ戦法がまったく通じない、まだまだ修行不足の最終戦でした。

あ、カーク船長は次の小潮でY渡船でしたね(笑)

言い訳として、嫁と行ってたので色々世話してたので、と付け加えときます^^;

2日にメジロ釣り行って4匹でしたが、ここ最近の釣果を見ると、もう終わりみたいですね。

また大阪、瀬戸内ではメバル釣りのシーズンが始まりますが、3年やってまったく上達しないので嫌なんですが、追い食いの感触と、最高の食味を求めて週末になると時々出かけてしまいます。
2013年01月08日(Tue) 23:15
編集
遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
本年も釣行日記を楽しみにしています。

タチウオもう終わりかと思いましたが
明石の船も新年はタチウオスタートだったみたいです。
次の潮もやるなら釣初めに行こうかと思いますが
この時期は釣れないと寒さに負けてしまいます(笑)
そんな中、14尾なら上出来じゃないですか。
しかしタチウオも奥が深いですよね。
活性悪くて釣れなかったと思っても
竿頭の人はきっちり釣果を出していたりします。
逆にそういうところが面白いのかも。

私の初釣りは釣堀かタチウオになりそうです。
また報告に来ますね。
2013年01月09日(Wed) 13:17
編集
>一匹狼さん

アタリの多さで言うと私より多いですねー。私は8時半から10時過ぎまではまったくアタリありませんでした。攻めたポイントも深いところでも70mまでで、100m近いところはやってもらえなかったですねー。

でも私と同じようにフッキングが悪かったようで、やっぱり食いが悪かったのでしょうかね。私は針先がなまったせいにしてしまいましたが・・・

2日にメジロ4匹、良い釣果ですね。うらやましい。もう終わったのでしょうか、今日あたりはマダイのほうが多かったようですが。私としては実はマダイ釣りのほうが好きなので行きたいのですが・・・タチウオも。

しかし19−21日は引っ越しで、そして22−26日はどうしても休めない仕事が入っていて、釣行は絶望的です(涙)。



>KAZZさん

まだ初釣り行かれていませんでしたか。おっしゃる通りこの日で14匹釣れたのですから、私の腕を考えれば、もう上出来です。

本当に奥が深いと言うか、わかったつもりでいた自分がちょっと恥ずかしいです(汗)。

初釣り頑張って下さい。爆釣のお話楽しみにしています。
2013年01月09日(Wed) 16:14
編集
ご無沙汰しています。今年もよろしくお願いします。7日にヤザワの太刀魚釣りに行きました。いつものように淡路沖だと思っていたら、その日は泉南?友ケ島付近でした。港を出て2時間かかりました。1時間以上当たりが無いのでどうなるかと思いましたが9時頃から当たりが出だして、メーター越えも7本混ざって22匹釣れました。今の友ケ島付近はオススメ?ですよ。水深は80から100m超ですが。年末の和歌山のメジロに仲政丸に2回行きましたが、カーク船長のようにはいかず、2回ともメジロと鯛が1匹づつ。太刀魚はその分の穴埋めでしょうか。
2013年01月09日(Wed) 19:27
伊勢湾太刀魚
編集
こんばんは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

12日午後便に初めての伊勢湾太刀魚に行きます
大阪湾はテンヤが主のようですが、こちらは生き鰯の泳がせ釣り
我が家はあまり食べる人が居ないので大きいのを狙いたいと思います
ドラゴン級が釣れるらしいですよ
引っ越しはあとにおいといてどうですか(^^)
釣れたら報告します
修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2013年01月09日(Wed) 21:04
編集
>おっちゃんさん

お久しぶりです。こちらこそ今年もよろしくです。

ヤザワのタチウオ、そんな遠くまで行っているのですかー。型も良いようですね。しかし二時間の船旅はちょっとあれですから、行くなら泉南とか南のほうの船のほうが近そうですね。引っ越しのために行けないのが残念です(行きたい〜)。

メジロ釣り、厳しくなってきましたね。私も年末のメジロ釣りはちょっと寂しい釣果でした。また今年の年末を楽しみに待つことにします。


>サササッのおじさん

三重のドラゴン、釣ってみたいですねー。引っ越し、置いておけたら良いですが(笑)、そうも行きませんので残念ですが・・・

爆釣して、どんな感じか是非とも教えて下さい。しばらく釣りには行けないと思うので、ご報告をなおさらのこと楽しみにしております。

2月に入っても釣れているようなら、行くかも!?
2013年01月09日(Wed) 22:23
編集
テンヤタチウオの考察を書くと言っておきながら、ほったらかして例のニュー竿を使いに加太へ行ってました(TG丸)。

朝イチに46cmが釣れて、その後に期待しましたがそれのみでした(悲)。

波は大丈夫でしたが、風が強くて身体が凍りそうでした(辛)。

釣り客は若い常連さん2名と私だけでしたが、午前10時まわって釣っていたのは私だけ(笑)。
アタリもなく、1時間以上早くあがることになりました。
船頭さんがきっちり〆てくれたタイ、今夜が楽しみです。

タチウオ、次の潮もアリでしょうか?考えてしまいます。
2013年01月10日(Thu) 15:39
編集
しんすけさん、こんにちは

加太のマダイゲットおめでとうございます。しかし今日は寒かったでしょうねー。

タチウオ、おっしゃるように次の潮も行けるんじゃないでしょうか。南のほうの船ならば。

何年前か忘れましたが、私がタチウオ釣りをはじめる前の年くらいだったかに、2月くらいまで泉南のほうの船でタチウオが爆釣していたことがあったようです。

おまけに結構太いのが釣れているようなので、それなら三重まで行かなくても良い?

私も行きたいですが引っ越しが・・・・(涙)。
2013年01月10日(Thu) 18:07












非公開コメントにする