カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP迷い・不可解 ≫ 電車の不思議

電車の不思議

最近は電車での移動が増えてきた。関西にはそれなりに在住しているが、まだまだ知らないことだらけだと気づいた。

不思議な電車が結構ある。

「普通・高速神戸」とか言うのもはじめは理解できなかった。

121215kousokukoube.jpg

高速神戸と言うのだから、高速で神戸まで行くのだろうと思うのだが、なのに「普通」とはどういうことか!?

と不思議に思っていたら、「高速神戸」と言う名前の駅があるとのこと。

考えてみれば、「神戸」と言う駅名は無いのだから、高速で神戸へ行くと言う意味ではないのは明らかである。

もう一つ不思議なのが、「直通特急・姫路」行きと言うもの。

121215sanyouhimeji.jpg

直通の特急と言うからには、途中の駅には一切停まらずに山陽姫路まで行くとばかり思っていて、乗らないようにしていたのだが、何と驚いたことに、ものすごいたくさんの駅に停まる。

各鉄道会社が特急とか準急とか快速とか勝手な基準で名付けるからわかりにくいですな。

でもこんなもの、慣れと言うか、一度聞いてしまえばすぐわかることで何の問題無いのだが。

慣れと言えば、こんなニュースを見た。

「三宮駅」は神戸なの? 阪急、駅名変更を検討

 神戸市の中心部にある阪急三宮駅。その名前を変更する検討を、阪急電鉄が始めた。観光客ら関西圏外から来る人に、神戸の玄関口と分かりにくいのではという理由。「神戸」を駅名に付け加えることを考えており、早ければ来秋にも変更する。


神戸の中心地は三宮と言う場所なんだよと説明すれば良いだけの話じゃないのか?

神戸の中心地も神戸と言う同じ地名であるほうがかえってややこしいだろう。

それに、福岡だって中心部の駅は博多だろう。大阪だって、JRは大阪駅だが、阪急や阪神や地下鉄は梅田なのだから、それで良いじゃないか。キタやミナミと言う呼び方もあるし。

観光客だって神戸に来る時はガイドブックか路線図くらい見るだろうし、一度聞けば理解できるだろう。

だから、阪急「三宮駅」をわざわざ「神戸三宮」とか変える必用など無いと思うが。

今の世の中、後先考えずに「変える変える」とか言いたがる奴が多くて困る。変えて良くなる保証など何も無いのに、むしろ悪くなったり混乱するほうが多いだろう。

どっちみち世の中は放っておいても勝手に変わって行く。変わってしまうことで失われるものについては誰も何も思わないのだろうか!?

そろそろ、変えないとか守るとか言う人たちがもっと出てきて欲しい。それが「変わる」と言うことです。

変えたがりの支配する日本社会の風潮こそ、本当に変えて欲しい。
迷い・不可解 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする