カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 空振り多し!

空振り多し!

2012年10月26日(金)
タチウオ釣り@盛和丸(神戸市須磨)

日出 6:14 正中 11:43 日没 17:12
天候:はれ  風向:東  潮:中潮  水温:21度  波高:ベタ凪
タチウオテンヤ40号
潮@神戸〜中潮

121026shio.jpg

(結果)タチウオ70−105センチくらいのを23匹
(注)サイズはちゃんと測っていない。


さて、日曜日にメジロか金曜日にタチウオかで迷った末に、YUKAの希望および諸般の事情によりタチウオに・・・

木曜日に提出した書類がチェックを受けて返ってくるまでは暇だったので、金曜日の午前中に仕事の時間がぽっかり空いたので。

・・・とは言ってもまあ他にすることはいくらでもあるので半分以上が口実にすぎないが。

潮的には二週間前の同じ潮よりはちょっと悪いが、若潮の後の中潮なので期待できるかなと思い目標を40匹に設定(笑)。でも結果から言うとダメだった。欲張りすぎと言うか期待しすぎた(自分に)。

で、どこの船にするか迷ったが、前回にお世話になった盛和丸へ。前回はあまりに活性悪かったので、あれで判断しては申し訳無いと思い、再度チャレンジ。

ここはイワシが2パックまで無料だが、3パック目から有料になるので激安スーパーでイワシを買って行くことにした。

4時に家を出て、通勤途中にあるスーパー○出へ。ところがイワシが無い。その近所にあと2件の支店があるので、2件ともまわって、大阪のディープエリアのど真ん中あたりにある店にようやく置いてあったのですべて購入。

寄り道していたら須磨のゲート前に到着したのが5時半ちょうどだった。

平日だがお客さんが多い。たぶん満員は12名だと思うのだが、右舷に団体さん7名入り、左舷はその他バラバラの客が6名で13名だった。

団体さんは右舷に一列に並んで入り、その他の6名で抽選。なんと私は6番目(笑)。予想通り左舷まんなかの釣り座に・・・

121026turiza.jpg

まあ人数少ないから良いか。

6時過ぎに出船。ポイント到着が6時半すぎだったかな?

海に向かって左隣のおじさん(後ろ側)はケミホタルではなくピカピカドンドンを装着している。

右側のおじさん(前側)は太い蛍光ワイヤーに大きなケミホタル、そしてアシストフックに魚の切り身を付けて投入されている。

私はいつも通りケミホタルも無しのさっぱりした仕掛けでスタート。

121026iwashi.jpg

しかし、両サイドとあまりにも仕掛けが違いすぎるからちょっといやな予感がしたが、予想通りピカピカドンドンの方と連続してオマツリ・・・

その後はその方は私と反対側のお客さんともオマツリされたようで、ピカピカドンドンをはずして普通のケミホタルだけにしてくれて、ここからほとんどオマツリは無くなった。

さて、朝一はまだ潮がちょっと早いのか、水深は65mくらいのポイント。

121026hinode.jpg

底からはじめて、水深30mくらいまでさぐってみるが、反応無し。

もう一度底まで落としてゆっくり巻き上げてくると、コツコツとしたアタリがあり、ゆっくり巻き上げてくると追いかけてくる。

うーん、こんなアタリはひさしぶり。

2−3m巻いていると食い上げっぽくなったので竿先をちょっと上げてみると、グンとひっぱりこんだのでアワセると乗って、無事に1本目をゲット。80センチくらいの普通サイズだった。

次の流しも同じく水深50−45mの間くらいのあたりでアタリ、同じような型をもう1本ゲット。

その次の流しは40mちょいくらいでアタリがあり、なかなか乗らなかったが誘い上げたら乗って、しかしこれは70センチくらいの小型だったと思う。

と、朝一から3連チャンで釣れて、今日はぼちぼち行けそうかなと思ったのだが・・・

次に水深70mくらいのところへ。時間はまだ7時過ぎだった。

しかし、ここからアタリが単発に・・・

急にゴンゴンと来るが乗らない。上げてみるとエサがかじられて頭の部分しか残っていない。

たまに何とか乗せても途中ではずれたり。

3−4回食い逃げされて何とか1本ゲットするくらいのペースで空振りしまくり。イワシは減って行くが・・・

左舷ではたぶん私がアタリをダントツに出していると思うが、ダントツに空振りしている(笑)。

誘い方は、少し巻いて止め、少し巻いて止めが良い感じだったが、アタリのでたタナで2−3回大きく上げ下げしてやるのも有効な気がした。

で、アタリはよく出るが・・・

どうもタチウオの型があまり良くない。

9時頃だったか90mラインに行って期待が高まる。75m前後でアタリが良くでるが、しかしここも型が小さい。

かと思うと、フォールで56mで良型がヒット!長さはわからないが指5本弱あり、この日釣れたなかでは十分良型と言える。

と言うことで、良型は浮いているのかな!?と思って50−60mあたりを攻めてみるがアタリ無し。もっと根気よくさぐったほうが良かったのか?

私の右隣の方(前側)の方は、底のほうのタナをされているのか、大きなフグやグチをよく釣っていた。

これを見て底から10mくらいは完全に捨てることにした。

あいかわらず90mラインでは75m前後でアタリがよくでるが、空振りやスカばかり。

エサを小さくすると少しかかりが良くなるが、小さいのしか釣れないので微妙なところである。なので、めんどくさいし小さくするのはやめた。

とそんな感じで、アタリが多い割には匹数はなかなか増えないと言うストレスのかかる釣りがずっと続いていた。

11時すぎになりようやくツ抜け。

121026yazawa.jpg

100mラインを流して80mでメーターオーバーを追加。これなら私の指でも指5本ある。

これは、コンコンと当たった後に食い上げたので早巻きすると今度は竿先がグーンと勝手に突き刺さってくれたので楽だった。

両サイドの方も良型を釣っている。ここが良型の巣かと思われたがその一瞬だけでこれっきり。次に同じところを流しても同じようにはならなかった。

ここまで入れ食いタイムが無い。

アタリがでてもあまり追いかけてこない。むしろ巻き上げを止めて待っていたほうが次の当たりが出る。でも食いこまないが、たまに偶然かかる感じ。

このパターンで少し追加。

で、ふと時計を見ると正午をすぎていた。少し船が空いてきたからなのか、ここからは入れ食いに近い感じでアタリもはっきりとでるようになった。

水深90mからのかけあがり、やはり75m前後でアタリが頻発。そして、さっきまでと違うのは、ある程度追いかけてくるし、勝手に竿先が突き刺さることもしばしばあり。

急に食い込みが良くなった感じで不思議である。

ここから入れ食いに近くかなり連続して釣ることができた。

あいかわらず小型も釣れるが、まずまずの型のも半分くらい混じるようになった。

一流し(20分くらい)で5本釣れたこともあった。

121026akashiohashi.jpg

そして時計を見ると1時になった。

「次で最後の流しにしますー」

最後の流しは潮が早くなってきているのか、急速にかけあがりに接近して時間が短かったが、65mで竿先が突き刺さって、すぐにはずれて巻き上げ、1時10分に終了の合図となった。帰港は1時半くらい。

前半のままのペースだったらちょっと後味悪かったかもしれないが、後半良い感じで釣れたのでだいぶん楽しめた。

使ったイワシは船でもらった二パックの他に玉出で買ったやつ、あわせてたぶん60匹くらい?こんなにイワシを食われたのは私がダントツだったのではないだろうか(恥)。

(結果)タチウオ70−105センチくらいのを23匹

121026chouka.jpg

後半は良型も混じったので、指4〜5本クラスが何とか8本、これは食べ応えありそう。他は細いのが多かった。

121026ryougata-tachi.jpg

帰り際、船長に「かなり釣られたんとちゃいますか?」と聞かれたので「23匹です」と答えたら「え!?」とかなり驚いたリアクション。思ったより少なすぎてびっくりされた様子(汗)。

空振りだけでなく巻き上げ途中のバラシも多かったので、イワシを大量に使った上に、かなり竿が曲がっていた割には少なくて驚かれたのかもしれない。参った。

竿頭さん33匹のところ23匹と言うことで、まあノルマは竿頭の3分の2以上と言うことになっているので、何とか目標達成かな。

今回の私くらいアタリが出せたら、普通の人なら40本は釣っていたのではないだろうか!?まだまだ修行が必要です。

今回、潮は少し濁りありと言う程度だったろうか。澄んだ潮ではなかったが、強い濁りでもなかった。

この状況でケミホタル無しでやったが、少なくとも両サイドケミホタル有りの方々と比べると私のほうがずっとアタリが多かったので、この程度の濁りならばケミホタルは無くて良いと言う結論に達した(釣り人と釣り座など条件に違いがあるので厳密にはまだ証明したことにはならないが)。

むしろ誘い方のほうが重要と言う結論を出しても良いかな!?でも後半は余計な誘いはせずに昔ながらの電動ゆる巻き上げが一番良かったが。

昔はみなさん電動ゆる巻き上げの人ばかりだったような気がするが(私だけ?)、最近ではそういう人はほとんど見かけなくなり、みなさんいろんなパターンで誘いをかけて釣られている。

だんだんと難しくなるタチウオ釣りです。
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
お疲れ様でした。
船長にしてみれば物足りなかったかも?
ですが、まずまずの釣果で良かったですね。
今年は餌取りみたいな小型のタチウオが多いのでしょうか?
あるいはフグの仕業か?
私も先日、神戸沖に出撃しましたが
当たりはあるのに餌ばかり取られる経験をしました。
餌を巻く針金がボロボロになっていたりもしました。(フグかな?)
あと船長のブログを見てからは私もシングルフックでケミホタル無しをずっと実践していますが
まったく釣果は変わらないですね。
邪魔なだけだと実感しています。
夜釣りとかで目印として使うのは有りかな?って感じですね。
2012年10月27日(Sat) 11:00
編集
こんにちは。
23匹ならいいじゃないですか!
私今年のタチウオ最高で11匹だから羨ましい釣果ですよ。

実は私も先日、もらいに行くのが面倒くさいくらい餌とられました。タチウオは沢山いそうなので合わせを入れるタイミングの問題なんでしょうかねぇ??

もうタチウオはいらないと嫁に言われたので来週は初めて日本海にアオリイカ、マイカを釣りに行ってきます。
初めての一人遠征、初イカ釣り、初船で、緊張とワクワク
で寝れない1週間でしょう。(笑)
2012年10月27日(Sat) 11:52
編集
タチウオ釣りは引っ掛け釣りなので面白いですよねー。

細いタチウオが釣れるときは、私はダメ元で底3m-10mを狙うことにしています。

おそらくですが、太さによって群れが違うと思ってます。

細いのも料理の仕方で美味しいのですが、人にあげにくい(笑)。

盛和丸さん、来週はマルハゲ狙いなので行こうか思案中です。メジロのリベンジも考えてます。

リベンジといえば、木曜が不完全燃焼だったので、明日は潮イマイチ・雨・波アリですが須磨に行こうか考え中です。
2012年10月27日(Sat) 13:02
編集
>KAZZさん

どうもこんにちは!釣果はじゅうぶんでしたが、前半なかなかフッキングせずにストレスでした。小型が多かったようです。

針金ボロボロにするのはフグでしょうね。なので今回は底のほうは捨てましたが、底から15−20mあたりには小型が多かったです。

ケミホタルは濁りが強い日に効果あるかなと思ってますが、なかなか試せてませんね〜。アタリそのものがなかなか出ない時には試してみようかとは思っています。


>こいさん

そうですねー。数はじゅうぶんでしたが、なかなかフッキングしなかったことと、思っていたよりも細めのが多かったのがちょっと残念な点でした。次の潮までにはもっと太く成長しているかな!?

一週間前から眠れないとはすごい気合いですね〜。日本海のイカ釣り頑張ってきて下さい!


>しんすけさん

そうですかー、底のほうを捨てすぎましたかねー。フグがいると針金がボロボロにされるのですごくいやなもので・・・でも、もうちょっと底近くを試してみたら良かったかな。

この日は小型のほうが活性高かったと思います。食い上げたり上まで追いかけてきたのはたぶん小型でした。しかしなかなか食い込みません。大型は勝手に竿が刺さるのに・・・

小型も料理に重宝しますね。最近タチウオの3枚おろしが上達しまして、小さいのはすべて3枚におろして、くるくる巻いて料理してもらってます。

メジロ来週まで釣れていてくれたら良いですがねー。11月から毎週日曜日に仕事が入っているので、来週の土曜までに何とかもう一回釣りに行っておきたいと思っています。
2012年10月27日(Sat) 19:57
編集
須磨沖、雨でしたが、風波は大丈夫でした。

20匹でした。小が4、80-95cmが多かったです。ドラゴンなしです。

電動ゆる巻き上げにジギング風シャクリの人が良く釣ってました。
今時はこのスタイルが釣果だしてるようです。

私は追ってくるのを待って竿先はいってあわせてましたが、数釣る人は誘いとフックの同時進行ということですね。

私のスタイルはもう時代遅れ(笑)。
2012年10月28日(Sun) 14:55
編集
しんすけさん、お疲れ様でした。

今日の潮でも結構釣られてますねー、さすがです。

私はまだ迷いが多いですねー。これと言う竿も決まってません。今回は日本海のムギイカ用に買った竿を使ってみたのですが、いきなり巻き込んで穂先を折ってしまいましたし・・・

手持ちで誘い続けると左手が痛くなって参ります。今回ちょっと左手首を痛めました。左巻きの電動リールを1つ買おうかと思っています(たぶん買わないとは思いますが)。
2012年10月28日(Sun) 17:23
編集
お久しぶりです。こんにちは。

私も、27日に小島沖のタチウオ釣りに行ってきました。釣果は、32匹でした。

私は、ケミホタルが大好きで毎回使っています。今回はピンク色を使いました。それに加えてウエシマ店長のオススメメーカーの、LED水中ライト2灯式も使いました。
釣具店で聞いた話では、ピンク色のケミは大型が来るそうです。実際に、10/8にはピンク色で122センチの大型が釣れましたよ。
これからシーズン終盤に掛けてさらに大型が増えてくるはずなので楽しみですね。今年は良く釣れるし、脂が乗っていて美味いですね。

仲政丸のメジロ爆釣ですね。一度行ってみたいけど、自信がなくて・・・
2012年10月29日(Mon) 14:18
編集
のぶさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

32匹すごいですねー、それは、ケミホタルのおかげと言うよりも、のぶさんがかなりお上手なのでしょう!

ホタルも効果あるのかもしれませんが、それ以外の要素(うで?)のほうが大きいのかもしれないかなと言う気がしているんですがねー、どうなんでしょうね。


メジロ私も行きたいと思っています。それまでいてくれるかどうか・・・

メジロ釣りは群が来てくれさえすれれば釣れると思いますよ。もちろん、普通の人が5本のところを上手な人なら10本と言う差はあるかもしれませんが。

潮が早いと釣り座によっては釣りにくいですが、印南沖では日ノ岬の時よりはやりやすいのではないかと思います(たぶん)。
2012年10月29日(Mon) 14:32












非公開コメントにする