カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 打率5割のメジロ釣り(汗)

打率5割のメジロ釣り(汗)

2012年10月13日(土)弁慶丸@和歌山・田辺

天候:晴れ  風向:北→東  潮:上り潮  水温:25.5度  波高:0.5m→凪
日出6:01 正中11:45 日没17:28
釣り場:白浜沖(ほとんど椿沖)

121013shio3.jpg

ハリス12号2ヒロ、ヒラマサ針13号、3mmクッションゴム1m、ヤマシタ・船テンビンK型70cm、サニーカゴ・ジャンボ、オモリ120号
シーボーグ500MT、PE6号、アルシエラ・落とし込みM250

(結果)メジロ8本

121013cller11-15.jpg

爆釣の大阪湾タチウオか、中紀のチョクリか、南紀のマダイか・・・などなど、何を釣りに行こうかかなり激しく悩んだ末、いつまで釣れるかわからない田辺沖のメジロに決定。

去年はとくは丸で13本も釣って良い思いをさせてもらったので、とくは丸船長に電話してみたところ、今年はメジロでは出ておらず真鯛釣りとのことで、実はマダイもちょっと良さそうだから迷ったのだが・・・

で、船長によれば、田辺の船なら弁慶丸がオススメとのことで、いっぺんお邪魔してみることにした。

弁慶丸に予約電話し、船長に仕掛のことなど問い合わせると親切に答えてくれた。オモリ120号、ハリス12号2ヒロが基本、カゴは大きめのやつとのこと。

船着き場はわかりやすく、釣り堀のまるちょうのそば、料理屋のまるちょうの裏あたりだった。

着いてみるとたくさんのお客さんが・・・しかも、年配の常連さんだろうか、かなりアグレッシブな雰囲気で船に乗り込み場所取りしている(フライングぎみに)。

客はさらに続々とやってくるので一体何人乗るのかと心配していると、4時半すぎに船長がやってきて、2隻にわかれて出船するとのことだった。これで一安心。

私は弁慶丸の別船(2号船?)のほうに乗るように指示されたのでそちらへ。こちらのほうが空いていてゆったり釣りできる。

「4人くらいなので、どこでも好きなところへ入って〜」とのことで、アンカーを巻き上げる装置があって入りにくかったが、右舷の前寄りに入った。結局、こちらの船は5人だった。弁慶丸本船(1号船?)のほうは8人くらいだったと思う。

121013turiza.jpg

こちら側の船長も人当たり良く、とても親切だった。ただ、何度か鋭い一言があったが(笑)。

さて、5時過ぎに出船、ここの港からだと少し南下することになる。6時前にポイント到着、6時頃に釣り開始。

水深は120mと深いので、中紀とは違う釣り方になる。

深い水深を流し釣りで釣るので、1回の流しで仕掛を何度も上げ下げするのはかえって手返しが悪くなるので、なるべく大きなカゴを使い、一流しに1投ですむような釣り方をするほうが良いかと思う。

なので、サニーカゴのジャンボを使い、ただし、エサはやたらとドバドバ出過ぎないようにして、強くしゃくった時だけパラリと出るくらいの感じに調節する(のが良いかなと思ったが、どうだろう!?)。

121013sany-janbo.jpg

このカゴ、3000円近くする。

出船前にシーボーグ500MTがまた調子悪く、ちょっと試しに巻いてみたらすぐに電源が落ちてしまった。そしてなかなか復帰しないし、復帰しても動かすとまたすぐブラックアウトする。

何遍やってもなおらないので故障だと思い、あきらめてフォースマスター1000に変えたが、巻いてあるPEが4号である。

船長に聞いたら「4号やったら切れるで〜」とのこと。やはりそうか・・・

そこでこのカゴの値段を思い出し、仕掛をロストしたら魚だけでなく、高額のカゴまでなくなってしまうかと思ったら怖くなって、シーボーグのコード接続部分をあれこれいじっていたら、ようやく安定してきたので、やっぱりこのリールに戻した(笑)。どうもリールとコードの接触が悪かったようだ。

この日は左舷でPE4号の人がいたが、オマツリで2回PEが切れたそうだ。

新しいPEとか、ちゃんとチェックしたものならPE4号でもメジロくらいで切れないだろうが、オマツリと言うことがある。

ちなみに、その2回とも、私とのオマツリで切れたのだが(爆)。

そして、その方、最後にもう1回はサメにいかれたらしい。一気に150m以上出されて、スプール抑えたらぷっつり切れたようだ。この方、仕掛3個も取られてさんざんだったろうに。お気の毒です。

と言うことで、話をもとにもどして、釣り開始。

船長の指示ダナは「底から5m」とのことなので、水深120mまで落として5m上げて待つ。

最初の流しは空振りだったが、次の流し、底から5m上げてエサを出して竿受けに置いたらすぐに竿先が突きささった!

船上で私がファーストヒット。グイグイ引いて楽しい〜。スピードモードの最高速で巻いても時々止まったりするのしタナも深いので時間がかかる。

あと50m、40m、30m・・・と思ったら、ここへ来て急に軽くなた。

バレた〜

上げてみると針の結び目がずれていた。なんじゃこりゃ!?

121013harizure.jpg

急いで第二投。

これまたすぐに竿が突きささる。先ほどのよりは少しだけ軽い感じだが、これまたよく引く〜

と言うことで、早くも1匹メジロをゲット。一安心。

次の流し、これまた、投入後にわりとすぐに竿先が突っ込んだ〜、またグイグイ引く〜楽し〜。

反対の左舷側でも同時ヒットらしく、船長はそちらへタモ入れ。

私は自分でタモ入れしようとしたが、クッションゴムをつかんだら急に船底方向へ走られ、船底とこすれて切れた〜。

さて、次の流し、これまたすぐにヒット〜。またまた強烈な引き!

と思ったら、40mくらいで軽くなった。

上げてみると、また針がへんなふうになっていた。

どうも蛍光ビーズが大きすぎて悪さしている感じだったので、こいつをはずすことにした。

それにしても、ここまで船中で一番アタリを多く出しているのにまだ1本しか釣れていない・・・

かなり焦る。

そして次の流し。

またすぐにヒット〜

船長がやってきて、「よう食わせるけどな〜・・・」と気になる一言(笑)。

またバラすなよと言う意味だろうか。

今度は船長が横でつきっきりでいてくれて、取り込みを全部やってくれた。

ようやく2本目・・・これは1本目よりちょっと大きく太めのメジロだった。

と、ここまで何と5打数2安打。

5回もやりとりして、メジロの引きはかなり堪能しているのだが、クーラーにはまだ2本しか入っていない。

そして次の流し、これまたすぐにヒットして、無事に取り込みまで成功してようやく3本。時計を見るとまだ7時半だった。

121013cooler7-30.jpg

で、ここからしばらくは安定してバラすことなく釣れ、順調に数を伸ばして行く。

ちなみに、ここまでは釣った後に神経絞めをしていたのだが、5匹目をやろうとしたら、ワイヤーを刺し損ねてそお反動でビヨーンと飛び跳ねて海へ落としてしまった。ガビーン。

3本連続してばらさず取り込みに成功し、ようやく調子にのってきた。と思ったら、次の流しでヒットしたやつはお祭りでバラし。残念。

8時過ぎにようやく6本目を取り込んだ。

121013cooler8-10.jpg

このあたりから入れ食いではなくなり、アタリが遠のいてきた。

何と、8時半から9時半までアタリ無し。左舷中央の方がたまに釣られるくらいで活性が低くなったのか!?

朝一は私が一番ヒット率高かったのだが、この時間帯はアタリすら無かった。

活性低いなら空いていることだしとハリスを8号に落としてみたが、さっぱり音沙汰無し。

船長が「それ、ええカゴなんやけどな〜」と一言。何でアタリ無いのかなーと言う意味だろうか(汗)。またしても鋭い一言。

ただ、口調がやさしいので変な気持ちにはならない。そういう人ってトクだなあと思う。

そこでカゴで思い出したが、よく見ると一番上の部分が全開になっている。

これでは落下する途中でオキアミが全部出てしまうではないか・・・

もしかしてこのせい!?

あわててしめるように調整したが、その後もアタリは出なかったので関係なかったのかもしれない(いや、関係あっただろう、たぶん)。

121013sao7-30.jpg

10時近くなってくると船が少し減ってきた。

どうも、食うポイントもせまくなっていたようで、船が減ってくると良い場所を流しやすいのか、はたまた撒き餌が効きやすいのか、まわりの船でも釣れだした様子。

隣の船でヒットしたなーと見ていると、私の竿先も海中に突っ込んだ。ひさびさのヒット。

他の方も同時ヒット。

別に活性が低いわけではなかったようだ。しかしハリス8号のままなのでちょっと慎重に巻き上げてきて、なんとか無事取り込みに成功。

ここでハリス12号にもどした。

するとやはりメジロの活性は良い様子で、次の流しでもすぐにヒット!

グイグイ巻き上げてくるが・・・何とオマツリ。

オマツリをほどいてもらっている間に針がはずれてバレてしまった・・・

10時半になり、「これで最後の流しにしようか〜」とのこと。

水深120m、着底して、しばらくはアタリ無かったが、竿先が何か変な動きをする・・・と思ったらオマツリだった。

なんと最後の流しをオマツリで無駄にしてしまった〜、残念とつぶやいたら、船長に聞こえていたようで、

「よし、泣きの1回でもういっかい流そう」とのうれしいお言葉が・・・

ラスト1投気合いを入れてやると、これまたすぐにヒット!グイグイ引いて楽しい〜

あと10mまでキター、と思ったらまたオマツリしてしまった。

が、今度は私の魚の取り込みを優先してくれて無事にゲット。なんとか8本目を最後に釣ることができた。

その後30分ほどかかり11時過ぎに帰港。

(結果)メジロ65センチ前後3キロ程度を8本

121013chouka.jpg

クーラー満タンにはならなかったが、氷を入れて50Lクーラーが丁度良い感じになった。これ以上釣れても大変だったので結果的に良かった。

ヒットさせたのは16回!

16本全部取れたら・・・と思ったが、それはそれで大変なのでこれで良かった。バラシたとは言え、引きは堪能できたし、自動リリースをしたとでも思えば(爆)。

いちおう10本を目標にしていたが、最低ラインにしていた5本は楽々クリアしたので、これだけ釣れたら十分です。

私の乗った別船(弁慶2号船?)の船長も本船の船長もどちらも親切で人当たりも良い感じだった。

爆釣して「どや顔」の釣果写真を撮ってもらおうと思ったが、同じ船に乗っていて11本釣った方が撮影されただけで、私には声はかからなかった。

弁慶丸1号のほうではマダイも釣れていたが私の乗った2号船では誰も釣れていない。ポイントが違うのだろうか!?よくわからない。

ともかく楽しい1日だった。
釣り | Comments(5) | Trackbacks(-)

Comment

いつもドヤ顔ですが。。。。
編集
写真撮ってもらう時はいつもドヤ顔ですみません。
今日は波浪ブイに行ってました。
朝イチは活性が良かったのですが、ハリス切れ連発で
(オキサワラの仕業?)タイミングを逃し、腕も伴わず、
カツオ2本(しかも小型)でした。
それでもドヤ顔です。釣果写真を自慢すると、よく言われます。
自分では「笑顔」を心がけてるつもりなのですが。。。
外道にツムブリが釣れたのですが、刺身美味しかったです。
後半のチョクリで釣れたハマチより家族に好評でした。
2012年10月13日(Sat) 23:09
編集
こんにちは(^o^)/万年(サササッのおじさん)です

おお!メジロ8本おめでとうございます
ドヤ顔お待ちしております

さてオイラはヒラメ竿を物色中に
9月発売の「ライトゲーム CI4 モデラート」発見
この竿ヒラメ釣りとチョクリ釣りにも使用可能らしいです
次は何を釣りに行きましょうか

修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2012年10月14日(Sun) 15:39
編集
爆釣おめでとうございます。
せっかく爆釣だったのにドヤ顔見れなくて残念です(笑)。

すいてるのにお祭り多いのですねー棚が深いからなのでしょうか。もったいないですね。

椿にメジロ行った時サンマのミンチでサニーカゴジャンボを使いました。
かなり大きいですがオキアミなんですよね
2012年10月14日(Sun) 18:02
編集
>T13さん、こんばんは

カツオ小さいのですかー。写真では大きく見えますね。どや顔ではなく、さわやかな笑顔に見えますから、大丈夫ですよ!

ツムブリ私も以前に波浪ブイで釣ったことあります。どうやって食べたか覚えてませんが、刺身が良かったんですね。次に釣れたら刺身にしてみます。


>万年さん

どうもこんにちは!ヒラメ&ちょくりにも使える竿ですかー。ヒラメばんばん釣って下さい。

また和歌山遠征考えているんでしたらお知らせ下さい。来週は日曜なら出撃可能ですが、たぶん台風でダメかな。


>ゴリオさん

オマツリ不思議ですね。ハリス8号のときは他の人も同時ヒットで私はゆっくり巻き上げたのですがオマツリせず、12号で早巻きガンガンの時に連続してオマツリでした。

後半のほうがオマツリ多かったので潮が変になったのかもしれません。それか、PE切れた人が仕掛を変えたのがあわなかったか?たとえば120号のオモリが無く100号つけたとか、カゴが小さすぎたとかで他の人との仕掛の差が大きくなったとか。

それか、船長は操船よりもタモ入れを優先してくれていたので、もしかしてそれも少しあるのかどうか、わかりませんが。

今回はオキアミでした。オキアミ2袋の使用で行けましたので、でっかいカゴだからと言ってそんなに大量には消費しませんでしたね。毎回ジャンボサニーに満タン近くつめて投入していたのですが、一流しに1回でしたから。エサ取りも無かったですし。

ジャンボサニーと同じ大きさで網目状になった金属のカゴを使っている人(左舷中央)もいました。その人が11本釣った人でした。右舷トモの小さいサニーカゴの人は4本でした。
2012年10月14日(Sun) 20:48
編集
どうも船宿によっては大きなカゴを使うのはNGのところもあるみたいですね。

慣れた釣りでも、はじめての乗船の時は必ず船宿に仕掛やカゴなどについて問い合わせしたほうが良いですね。
2012年10月15日(Mon) 21:29












非公開コメントにする