カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP驚き・恐怖 ≫ 意外に食ってる?アニサキス

意外に食ってる?アニサキス

アニサキスと言えば、数年前にSすけさんが貴重な体験記を寄せて下さったことが今でも忘れられない(こちら)。

なので、いつも気にはかけているが、考えてみるとスルメイカなど新鮮なものをイカ刺しなどで子供の頃からよく食べていたが、当たったことが無い。

どういう魚にアニサキスが多いかをネットで調べてみると(個人が書いたサイトの内容を信じるのではなく、論文のようなものもヒットするので、そういうものを参照するか、研究機関や公的機関のHPなどに書いてあることを参考にする)、しらぬ間に結構食っているのではないかと思える。

と思っていろいろさがしてみたら、ありました。

京都府・くらしの情報ひろば ・イカの刺身に寄生虫がいた

Q) 買ってきたイカを刺身で食べようとしたところ、身の部分に寄生虫がいました。食べても害はないのでしょうか。

A) 魚介類の寄生虫は大半が無害

相談者によれば、白い米粒のような虫だったということなので、おそらく、ニベリニアの幼虫ではないかと思われます。魚介類につく寄生虫の種類はたいへん多いのですが、いずれも人体内で増えることはなく、ほとんどは無害です。少数ですが、有害な場合があり、その代表的なものがアニサキスとニベリニアです。

まれに腹痛などを起こすものが

アニサキスの幼虫は、体長が2センチメートル~3センチメートル、体幅0.5ミリメートルくらいで、ちょうど、白い木綿糸がゼンマイ状に巻いたように見えることが多いようです。サバ、スルメイカ、スケソウダラ、ニシンなどに寄生し、これらを食べたクジラやイルカなどの体内で成虫になります。

アニサキスの幼虫を生きたまま食べてしまうと…ほとんどの場合は素通りして体外に出てしまいますが、まれに胃や腸の粘膜に食い込むと、激しい腹痛に見舞われることになります。サバやイカの刺身を食べたあと、1時間~2日後に腹痛がおこり、急性胃炎や虫垂炎と間違えられることもあるようです。治療法は胃カメラ等で幼虫を取り出すか、幼虫の生存期間は平均4日~5日であるため自然治癒を待つことになります。



アニサキスの他にも寄生虫がいると言うのは知らなかったが、それよりも驚いたのは、赤字の部分、「アニサキスの幼虫を生きたまま食べてしまうと…ほとんどの場合は素通りして体外に出てしまいますが」とあり、やはり、食っても素通りすることが多い?そのまま食べてもどうも無い場合が多いようだ。

念のため、別のサイトも参照すると・・・

東京都福祉保健所「食品衛生の窓

人への影響

 アニサキスの幼虫は、人の体内では成虫になれないので通常排泄されますが、魚を生で食べたとき、まれに人の胃や腸壁に侵入し、多くが8時間以内に、主に激しい腹痛を生じます。吐き気、おう吐、ジンマシンなどの症状を伴う場合もあります。

 これらの症状は、胃けいれん、胃潰瘍、虫垂炎などの症状と類似しているので、医師の診断を受けてください。



やはり、食べてしまっても当たるのは「まれ」なことのようだ。と言うことは、逆に考えると、案外知らない間に食っているのかもしれない。

体内に入って必ず発症するなら、アニサキスによる腹痛を発症する人はもっともっと多くないと話があわないし。(こちらによると日本でアニサキスを発症する例、1年で2000〜3000件)。

もちろん、腹痛になっても軽くすんだり、数日してアニサキスが死ねば収まるらしいから、病院に行かずにほっておく人も多いのかもしれないので何とも言えないが。

しかし、体質によってはアレルギーが出ることもあるらしく、サバでじんま疹が出る場合、一般には新鮮ではないサバに多いヒスタミンのせいでそうなると思われているが、それ以外にも、アニサキスに対するアレルギー反応としてじんま疹などが出る場合もあるようだ。

Sすけさん(伏せ字にする意味あるか?)の体験記を読み返してみると、「全身の痒み」と書いてあるので、やっぱりアレルギー症状も出ているようだし。

と言うことは、アニサキスでアレルギーのある人は、他の人より特に食べないように気をつけないといけないだろう。

私はアレルギー体質ではないのでたぶん大丈夫?わからないが、子供の頃から無知な母のさばいた新鮮なスルメイカのイカ刺しなどを大量に食ってきたことを考えると、アニサキスも食べて体を素通りしてきたのではないかと思われる。

しかし、寄生虫は面白い。最近では魚をさばくときに本当に一生懸命探してしまう。

カツオのはらもの部分にかなり高い率でテンタクラリアがいる。この寄生虫も無害だが、死んでしまうと透明になって目立たなくなるので、白くて生きているテンタクラリアが見つかるカツオは新鮮な証拠だとか。もちろん私もほぼ毎回見ている(付いてないカツオもいる)。

メジロにもブリ糸状虫というのがいる。

111025kiseichu.jpg

3年前に釣れたメジロで一度だけ見つけたことがあるが(かなり細長〜いので気持ち悪い)、去年釣れたメジロには1匹もいなかった(あげたやつは知らないが)。

先日のカンパチには見当たらなかった。ケンサキイカでも見たこと無い。

あと、ゴマサバはいかにも多そうなイメージなので、いつも注意して探して見るのだが、いまのところ気づいたことは無い。釣れたら内臓を捨てて持ち帰ることにしているからだろうか?

聞くところによると、サバの中ではゴマサバよりマサバのほうがアニサキスが多いらしい(ゴマサバもいるようだが)。

波止釣りをしていた頃には、サヨリや小アジ(青アジのみ)のエラ部分に「サヨリヤドリムシ」と言う寄生虫がほぼ100%近く寄生していて、気持ち悪くて参った記憶があるが、取ってしまえば問題無いとのことなので気にしないことにしたが(ここに写真あり)。

最近では寄生虫など怖くなくなったどころか、見つけると少し楽しいくらいの感じになっているが、自分で魚を調理しない人は、そういう裏事情を知ってしまうと気持ち悪いと思うのではないだろうか・・・

驚き・恐怖 | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
学術的なレポートありがとうございます。

アニサキス付きのサバを買った鮮魚店ですが、その後は生サバの販売はなく、冷凍サバに「新鮮!きずしOK」の札が貼られて売られているのを見かけました。

私の他にも同じ目にあった人がいたのでしょうね(笑)
2012年09月06日(Thu) 20:17
編集
これはこれは、昔の話を思い出させてしまいまして、申し訳ありません。

冷凍サバなら大丈夫でしょうけど、冷凍で「新鮮」でどうなんでしょうね(笑)。

いちおう食品衛生法ではアニサキスも食中毒と同じ扱いで保健所に届け出ることになっているみたいです。
2012年09月06日(Thu) 22:14
編集
寄生虫、勉強させてもらってます。

個人が書いたサイトを読んで間違った知識がついてる一人です(笑)。

魚、人にあげる時、寄生虫の事を知るとあげにくくなってきました。

メジロやカツオも虫がいてたら新鮮な証拠だと言ってあげるのも???と思われるでしょうし。

サバあげた時も生で食べるのだったら虫に注意してとか言うのも???だし。

マイカは人に上げても大丈夫そうですが、冷凍庫空き空きなんで・・・・(爆)
2012年09月07日(Fri) 17:23
編集
個人が書いていても、引用先が示されていて、その引用先がまともだったら信じても良いと思います。もちろん、専門家でも間違うことありますし、新聞などにはウソがたくさん書いてあるので、何事も絶対ではありませんが・・・。

サバは下手したら当たるのは常識でしょうから、気にしなくても大丈夫でしょう。でもあまり魚のことを詳しく無い人に魚などをまるごとあげるのはリスクあるから、ちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

マイカはもったいないから冷凍庫に入れておくのが一番賢いと思います(笑)。
2012年09月07日(Fri) 20:35












非公開コメントにする