カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ イサギまだ行けます

イサギまだ行けます

2012年7月8日(日)

イサギ釣り@仲政丸(和歌山美浜)

天候:晴れ  風向:北  潮:下り~上り潮  水温:24度  波高:0.5m → 1m
ポイント:日ノ岬沖(ジャリ)
日出4:55 正中12:05 日没19:14

120708shio.jpg

120708chouka.jpg

さて、シーズン終盤戦に入ってきたイサギ釣りだが、まだ釣れるとのことで出撃!

3時40分くらいに着くとお客さんは3人とのことで、他のお二人も顔見知りの常連さんだったのでご挨拶。

私が予約最後だったので左舷の真ん中へ。

120708turiza.jpg

4時過ぎに出船。4時40分くらいだったかに到着で、最初は45mくらいからやってみてとのこと。

潮は下りが適度に流れている感じ。

今日も最初は手釣りでスタート。50mくらいまで落として45mまで上げてくると、1投目から釣れたが、小さめだったので次は40mくらいにしようかと思って仕掛けを投入。

するとなんと30mで落下が止まった。

いきなりカツオでも来たのかと思ったら、そうではなくて普通にイサギがついていた。

フォール中にかかるとは珍しい。

と言うことで、タナを30mくらいにして第三投目。

入れ食いではないが、ぼつぼつ釣れる。

型は中型が中心。

35−30mの間でやっていたが、ぼつぼつとしか釣れない。タナも安定しない感じである。

船長はもっと入れ食いにさせている様子。

手釣りの私は船尾のほうを向いているので船長が釣りをしている姿は見えないのだが、物音でわかる。

気になったのでキャビンをのぞいたら、魚探がついており、見ると水深20m前後にうっすらと魚影が写っている。

と言うことで、23mくらいまで仕掛けを落として20mまで上げてくると、いままでとは違うズンと言う重みを感じた。

なんと35センチ級が釣れた。

ここからはタナがわかったので迷わず20m前後を狙うことに。

上に上げすぎるとマルアジの小さいやつが釣れた。マルアジのほうがイサギより上を泳いでいるようだ。

なので、マルアジの下をやるようにしたら適度にイサギが食ってくれた。

あと、なぜかよくスレで釣れた。食いがしぶいのかもしれない。

そのうち潮が止まってさらに食いが悪くなった。

ここでハリスを2.5号に落としてみたら快調に釣れたが、ひときわ大きそうなのに切られてしまった。

また、そのうちカツオもやってきて、これまた切られてしまった。今回はマルソウダも大きめのやつは持ち帰ることにした。

たまにマルソウダに邪魔されるが、それほど多くもないようで、ぼつぼつと大型混じりに良く釣れた。

人数も少ないので、マルソウダが釣れたら2−3分仕掛けを上げておくようにしたら、すぐにどこかへいなくなるので、しつこく何度もつきまとわれることは無かった。

しばらくして上り潮が流れ出してくると、不思議と釣れなくなった。マルソウダもどこかへ行った。

船の位置をやりかえても、深めのタナでしか釣れない。

前もそうだったが、潮がかわった後はあまり釣れないし深いタナにもぐってしまうのか?

今回は深いところを狙うと超小型イサギが釣れてしまうので、あまり深くもできない。

浅くしすぎるとマルアジが釣れていたが、マルアジもいなくなった。

30mくらいでムロアジゲット。ただ、25センチくらいでゴリオさんが釣られたのよりちょっと小さいし、この1匹だけだった(持ち帰ったが)。

120708muroaji.jpg
(上:ムロアジと下:マルアジ)

タナをいろいろ探らないとなかなか釣れないし、深くなったので手が疲れてきたから竿釣りでやることに。

また、上り潮にかわってから船の向きがかわり、正面(船の側面)から風が吹き付けるようになったため、やたらと仕掛けをもつらせてしまう。

最近ようやく仕掛けを無駄にすることが無くなって「俺も上達したな」などと思っていたのだが、今回は、カツオに切られたりしたのも入れると、仕掛けを4つほど無駄に消耗してしまった。ひさびさの浪費である。残念。

さて、9時くらいからまた釣れだしたのか、船長は釣りまくっているが、私はぼつりぼつりとしか釣れないし型も小さい。

どうも竿釣りでの要領がいまだにわからないしタナも迷いが・・・

しかし10時前くらいに船の位置をやりかえてからまたイサギが浮いてきて、25mくらいで良型がぽつりぽつりと釣れだした。

が、食いが続かず。

船長が船のエンジンをかけっぱなしにすると食いだして、船長ほど入れ食いではないが、私もぽつぽつと良型を釣って、10時半くらいまで延長してくれて、良型イサギ釣りを堪能することができた。

イサギも学習するようで、釣り堀でも放流のための船がやってくると急に食いが上向くことあるが、養殖魚はエンジン音と一緒にエサを食べて条件付けされているからそうなるのだが、イサギも飼い付けだと同じことがおこるようで、食いの悪いときにエンジンつけると反射で食うようだ。

と言うことで、ちょっと食い渋る時間帯も出てきて、一時のようにはじめから帰りまで入れ食いとはいかないが、釣れたイサギは良型混じりで、中にはまあまあ太ったのも混じっていたし、まだ行けるようだ。

(結果)イサギ22〜36センチを63匹、小型リリース多数
 マルアジ20〜25センチを21匹
 マルソウダ持ち帰り8匹、リリース3匹くらい

120708isagi.jpg

イサギだけで35Lクーラー7ぶんめくらい。30センチ以上の良型は一時より減ったが、そこそこ混じった。

120708atuo.jpg

マルアジとムロアジ(1匹だけ)。

イサギはまだ抱卵しており、一時の5分の1以下の大きさではあるが、真子や白子がちゃんと入っていた。身の脂は少し減った感じだが、まだまだ美味しい。

それから、今回持ち帰ったマルソウダだが、「角煮」で美味しく食べられると聞いたので、作ってみることに。

しかし釣り場で頭と腹を出したとは言え、8匹は多すぎた。

4匹ほど角煮にしてみた。

珍しく私が料理しました(YUKAがでかけていなかったので)。

まず、マルソウダを3枚におろして皮を引き、血合いと小骨を取ったら2センチくらいの角切りにします(もっと小さいほうが良かったかも)。

沸騰したお湯にいちどつけて、白くなったらすぐにザルに取り出して冷水で洗う。

その後、酒、醤油、みりん、砂糖としょうがを入れた汁でコトコト煮付ける。

120708kakuni1.jpg

落としぶたをして弱火で20分くらい?適当に煮付けて、一端冷やしたらできあがり。

120708kakuni2.jpg

なかなか美味しかったです。

120708kakuni.jpg


あとは普通になまり節。

それをサラダにまぜて食べてみた。マルソウダ、ドレッシングともよくあう。

120708salad.jpg


それから、ホイル焼き、これも美味しかった。マヨネーズがよく会う。

120708foilyaki.jpg

刺身状に切ったマルソウダの上に細切りタマネギとにんじんを載せてマヨネーズ多めにかけてホイルで包んで焼くだけ。

マルソウダも馬鹿にしたものではありません。まあ、釣りの最中は仕掛けをぐちゃぐちゃにされたりとか、あまり釣れると邪魔ですが。
釣り | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
日曜日なのに、ゆったり出来ましたね(笑)。

少し釣れなくなりましたが、船長には悪いけど空いてていいです。

私の時も魚スレで何回か釣れました。
魚影は濃いけど前ほど喰わない誘わないと釣れないと言われましたが、どうすれば船長ほど喰わせる誘い方がわからない。

釣れるのは鉄火面に近い針でアタリがあるのに掛からなかったりしたりするので、船長に聞くと水温が25度ぐらいになってくると鉄火面やスナップをつついてるのだと思うと言ってました。
クッションのすぐ下に針つけたらいいと教えてもらいました。
喰いけあるようなのに針にかからず難しいです。

少し自分の釣りやめて見ようと思ったりしたのですが、船長と目が合うとやめてしまいます(爆)。

今度機会があれば声を掛けて見せてもらう事にします。
2012年07月09日(Mon) 18:21
編集
ゴリオさん、どうもです。

なるほど、鉄仮面をつついていたんですね!

手釣りだとよくわかるのですが、海中で仕掛から変な振動が伝わってきて、悩んでました。

アタリかと思ってあわせてもかからないし、丸アジが針をつついてすぐはずれているのかと思っていましたが、イサギが鉄仮面をつついていると言われるとまさにそんな感じでした。

ただ私の場合、なぜか鉄火面のすぐ近くの針にはあまりかからなかったんですよね。仕掛を動かしすぎなのかな!?

まさか、そこまで活性が高いせいでかかりにくい(活性が低く感じる)とは思いませんでした。
2012年07月09日(Mon) 19:21
編集
もっと早く書けばよかったですね。
バタバタしてたのとイカ釣りかな~と思ってたので(笑)。

25度ぐらいになると活性は高い様なのに釣れなく変な感じになると言ってました。
2012年07月09日(Mon) 21:34
編集
いえいえ、良い勉強になりました。

魚探をたまに見ると反応はぱらぱらと言う写り方だったので、そんなに活性高いとは思いませんでした。

まあ、魚探をのぞく時はアタリが無い時だったので、たまたまかもしれませんが。

でも、やっぱりあれ(手から伝わってくる振動)はイサギが鉄仮面をつついていたんですね。まさかとは思ったのですが。

前半のしばらくはそんな変な感じが結構ありました。
2012年07月10日(Tue) 08:13
8月の予定
編集
こんばんは(^o^)/万年・・・・です

またまた大漁おめでとうです
先日イサキ塩焼きで食べましたが、時間がたっても美味しいです

さて早くデカイ魚が回ってこないか8月の予定を立てたいのですが
8月の25日か26日大物釣りできるかな
船酔いする可能性大ですが・゜゜・(×_×)・゜゜・。 ビエーン
修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2012年07月11日(Wed) 21:19
編集
万年さん、こんにちは!

イサキ今回のも美味しかったです。

今年はカツオが来ているようなので、8月は期待できると思いますよ。

もちろん、M飛龍さんのように20キロのキハダとかは無理ですが、2キロくらいのでもカツオは強烈に引きますので釣れたらかなり楽しめると思います。
2012年07月12日(Thu) 08:25












非公開コメントにする