カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ ひさびさ海上釣り堀

ひさびさ海上釣り堀

2011年12月25日(日)海上釣り堀

海上釣り堀・辨屋@礫浦(三重県南伊勢町)

日出6:57 正中11:53 日没16:49
天気~晴れ、風~あさのうち無し、10時くらいから強風(西風)
潮@礫浦~大潮

20111225shio.png

さて、ずいぶんご無沙汰してしまった海上釣り堀。最近は小筏8人(8万円)で貸し切りできるようになったようで、ありがたい。

はじめは、YUKAのおじ夫婦から「釣り堀に行きたいから連れていって」と言われたのがきっかけだったのだが、8人なのでなんとか人数そろって貸し切りにできた。もっと声かけたい人もいたのだが、何となく、ブログや掲示板に来て下さらないと声かけにくいもので・・・

あとは、片道200キロ以上と遠いので、運転がしんどくてなかなか行かなくなってしまったと言うこともあるが、今回はれがーさんに車を出していただき、3人で行けたので楽だった。

話は飛んで、受付終了後、6時すぎから順次イカダへ渡していただく。私らは8番イカダ、昔で言うところの3号+4号(4号+5号だっけ?)のように、2つつながって、共通のテントが西側に1つだけのイカダで、今は8号と9号がつながっている、そのうちの8号イカダである。

釣り座はくじ引きで若い番号を引いた人から入ってもらった。私は引かずに最後に残ったところに・・・。

111225turiza2.jpg

と言う感じで、おもいっきり向かい風の釣り座しか残っておらず、また、北東角が爆釣した記憶が、1回くらいしか無いので、正直一番入りたくない場所だったから、内心「最悪」と思っていた。

幹事だから、残った釣り座で・・・なんて格好つけて後悔したが、結果はわからないものである(笑)。

やはり気になるのはこの時期、風である。向かい風になるのは間違いないので、釣りがしにくいのと顔が寒い。

でも、朝のうちはほとんど無風だった。これなら今日は行ける。そんな感じ?でも後半はかなり強風だった。

さて、初心者も2名いるので、用意ドンスタートにさせていただいた(万年・・・・さん、待たせてすみませんでした)。

たしか釣り開始は6時35分くらいだったと思う。あたりはまだ暗くて、準備にかなり手間取った。

6時半すぎても部長夫妻がまだ完全に準備できていなかったが、もう私の準備ができたのでスタート(笑)。ここは幹事の特権をふりかざす(笑)。

まずはマダイ狙いからで、シーパラさぐり釣りSP3.3mにハリス3.5号、マダイ針8号に黄色アマエビでスタート。

仕掛を9m弱まで投入。

誰が最初に釣ったとかちゃんと覚えていないが、確か対面で万年さんと部長夫人が同時ヒットでおまつりしていたような記憶がある。朝一から部長夫人に釣れたので、この時は安心していた。

そして、しばらくして私の竿にもアタリが・・・

竿先がツンツン、ツーンと10センチくらい入ったところでアワせるとがっちり乗って手応えあり。

ひさびさなので、やりとりに手間取ったが開始直後にどうにか1枚上がったので、一安心。

同じようにしてすぐに2枚目も上がった。

そして、第3投、今度はすぐにアタリが出なかったので、竿を横に動かして少し誘いをかけてやると、竿先がまたツンツンと反応したので、ききあわせみたいな感じで竿先をゆっくり上げると、ズンと刺さったので格闘開始。

かなり重たくマダイの引きではない、青物宣言して格闘開始。

何度かもぐられるが、ポンピングで浮かせてきて見えてきたのはカンパチであった。

部長が来てくれてタモ入れしてもらい、無事にゲット!

何と、朝一で目標のマダイ2枚とカンパチ1本が釣れてしまった。

111225kinman.jpg

対面を見ると、今回のバトルの相手のきんさんは、アタリも無い様子。おまけに、道具のトラブルで釣りにならないようで、しめしめ・・・

その後、食いは急速にしぼんで、アタリが無くなったので、イカダ竿(西海9号)と青物用の竿(リバティーISO・4m2号)を用意しつつ釣りを続けるが、放流までにあと1枚マダイを追加したかどうか記憶が定かではないが、それほどラッシュと言う感じはないが、風もなく穏やかな天気だったので、今日は良かったとこの時までは思っていた。

一方、部長夫妻は今回、自分達で仕掛や道具を用意してくると言うことだったので、私はそのアドバイスだけして、道具など貸したりしなかったのだが(余分は持ってこなかった)、ちょっと竿が固すぎてだめだった(浮き釣りしないなら竿先が柔らかいのとあれだけ言ったのに)。

おまけに、1投ごとに根掛かりさせている。どうしてだろうか?

見かねた万年・・・・さんが、手取り足取り、棚取りオモリまで貸してタナを取ってあげて、マジックで道糸にしるしまでつけたのに、それでも最後までずっと根掛かりをし続けていた。

まあ、そんな感じで万年さんは、放流直後なのに初心者の面倒を見てくれたりと、本当にありがとうございました。教え甲斐が無かったかもしれませんが・・・

と言う感じで8時か9地か忘れたが、最初の放流。

よく見ていなかったが、かなりの数のマダイが放流された。マダイの他にも白っぽい小さめの魚が入ったように見えたが、自分の竿先ばかり見ていて、横目で彫り込まれるのをちらちら見た程度だから、よくわからなかった。

さて、放流後には気合いが入るが、結局、誰の竿も曲がらなかった、不思議である。

30分くらいは沈黙していたのではなかったか。

111225ikadas.jpg

すると、ようやく生きアジを持ってくる船がやってきた。ちょっと遅すぎじゃないだろうか!?まあ良いけど。

でも、その船が近付いてくると、アタリが出て、マダイが釣れた。エサはアマエビだったと思う。

さて、アジを受け取って、このマダイが釣れていなかったら青物でもやってみようかと思ったが、マダイが釣れたので、そのままマダイ狙いを続行。

そこで、すかさず生きアジを投入したきんさんは、即ヒットで格闘開始!

お見事ブリを釣り上げた。

111225buriget.jpg

マダイ4匹とカンパチ1本釣っていたので、もう目標達成だとか思っていたのが、これでお尻に火がついて、ここからは頑張ることにした。

と言うことで、私はここで生きアジを使わずに(生きアジとは知らなかった)、かわりにサンマを半分に切ったものを投入。

しかし、アタリ無し。

次に、もう少しエサを小さくするため、サンマをぶつ切りにしてつけてみた。

するとアタリがあるが、食い込まない。

上げてみると、食いちぎられてボロボロ、皮だけになっていた。

これはマダイの仕業かと思われたので、今度は3枚におろしてそれを少し小さく切って、縫い刺しにして(たぶん和歌山のタチウオ釣りの餌のように)つけてみると、竿先が刺さり、マダイが釣れた。

ハリス7号だったので抜き上げたら、ヒラマサ針11号を奥深く飲み込んでおり、そのまま絶命した。

ここで、針をむすびなおして同じことをしたが、今度は食い込まなくなったので、竿と仕掛をさぐり釣りのほうにして、エサももっと小さく切ってつけたら、ここから入れ食い。

3匹ほど連続して釣れたが、その後は食わなくなった。

111225konorega.jpg

ここらあたりから、あまり記憶が無いのだが、全体でもぽつぽつと釣れたのではなかったかと思う。

10時か11時か忘れたが、しばらくすると、青物の放流。マダイのアタリがまだあったのだが、青物狙いにチェンジ。

エサは、サンマを半分に切ったやつを使うことにした。

結構な量の青物が放流されたように思ったが、またまたよく見ていないので正確にはわからないが。最後にはツバスも少々入ったように思う。

さて、ドキドキしながら待っていると、竿先がズンと入ってあわせたところ、一瞬だけガツンと言ってすぐにはずれた。

巻き上げてみると、なんと、ブタのしっぽと言うやつ。

さっき、針をくくった時に失敗したようだ。何と!さすがに最近はやらなくなったのに、一体どうしちゃったのだろうか!?

気を取り直して第二投と思ったら、部長夫人の竿がしなって、イカダにひきずりこまれそうになっていた、

なので、部長とバトンタッチ。

111225buchouburi.jpg

まったく巻き上げられないようで、初心者だからしょうがないが、それにしてもずいぶん手間取るなあと思っていたらじきに浮いてきたのは何とブリだった。

ブリにしては早い時間でタモに入り、お見事、失礼しました。

エサを聞くと生きアジだったようなので、私も生きアジで放り込むと、すぐに竿先が刺さるが、あわせるとすっぽ抜ける。かと言ってアジはちゃんとついている。

よく見ると、アジを入れるとツバスがむらがって、のみこむのだが、針がかりしにくいようで、そのすっぽ抜けを3回くらいやった。

そのうちに誰かが青物をヒットさせて、竿を上げてアジを見ると目玉が飛び出してぐちゃぐちゃになっていた。

アジで食い込まないのならと冷凍イワシにしてみると、今度は見向きもされない・・・

そのうちに、また部長夫人にヒット!

青物宣言しないものだから(教えのに)私が気づかずにお祭りしてしまった。

で、私の針が彼女の道糸に巻き付いてしまったのではずしに行ったのだがそこでごちゃごちゃしているうちに、あいにくのバラし・・・

この後から活性が急速に下がってきた。

ツバスや青物も浮いてはきているし、エサに反応もするが、食い込まなくなってしまった。

そして、だんだんと風も強くなってきた。

はじめは、吹いたり止んだりしていたのだが、だんだんと強い風が吹き続けて時折強烈な突風宇も吹くになった。

私の釣り座だと正面から風を受けるので、とても釣りにくい。

ただ、幸いなことに、潮がだんだんと流れて、それが風と反対向き、私のほうから対面に向かって流れてくれたので、釣りがしやすかった。

111225ore.jpg

青物の活性がおちついたようなので、マダイ狙いにもどして、またぼつぼつと追加。

サンマの切り身で2匹ほど追加した後は食わなくなったので、黄色アマエビ(ササミ?)で釣れたので、ここまでボウズの部長にそれを教えると、ようやくヒット。やれやれと思ったら、何とイサキだった(笑)。まあ美味しい魚だから良いでしょう。ブリの引きは堪能しただろうから、楽しんでくれただろう(?)

その後はまた食わなくなったので、サンマの切り身に戻して1匹、それも食わなくなったので、アオイソメをつけてみたら、これでまた連続ヒットして、3匹ほど追加。

もうスカリは結構にぎやかになってきた。欲を言えば、もうちょっと彩り(魚種)が欲しいところだが、数は十分だ。

111225sukari.jpg

あまり釣りすぎると視線が怖いので、他の場所に移動して、イカダの4カ所でやってみたが、結局、どこでもアタリは出なかった(笑)。

しばらくは生きアジを放り込んで休憩していたが、やはり退屈なので、イカダ竿でマダイをぼつぼつと追加。

111225oreandlega.jpg

前半不調だったしんすけさんも、後半釣られて、1時半で早上がりされていった。

その後も、このじんゆうさんがエビ団子で釣れると言うことなので、私もまねしてみたら、また追加。

でも、もう十分だったので、1時45分にやめて後かたづけしてのんびりと待つことにした、こんな早くに納竿したのははじめてである(笑)。

きんさんは1時すぎにもうギブアップしていたが・・・

2時過ぎにスカリ回収船がやってきて釣り終了。

(結果)マダイ14匹、カンパチ1本

111225chouka.jpg

こんなに釣れるなら50Lクーラーを持って行けば良かったが、カンパチは神経絞めした時にしっぽを切り落としたら入ったし、マダイも持ち帰りは5匹までと決めていたので、みなさんに引き取っていただき、牡蠣も何とか入ったので、このクーラーで十分だった。

港にもどると、辨屋姉妹(妹)さんが、ひさしぶりなので写真撮りましょうと言うことで、撮影してのせて下さった。

111225aisowarai.jpg

私も、こういう時に作り笑顔ができるようになった。成長したものである。子供の頃から、写真に写るときはどんなにうれしくてもいつも無表情で、照れくさくてわざとそうしていたのだが、最近は作り笑顔ができるし、日常でも愛想笑いとかできるようになった。

さて、港へもどってなんやかんやとして、あちらを出たのが3時半くらいだったろうか?

ぼちぼち帰ろうかと車を出そうと思ったら、わざわざ大将がやってきて挨拶してくれた。お気遣いありがとうございます。

最終的には、この寒い時期で、ボウズも無く(部長夫妻もブリ1本、マダイ2匹、イサギ1匹と、数は少なめでも重量はかなりあった)、ブリ2本あがり、マダイも放流されたぶんくらいは釣ったので、良かったほうではないだろうか?

そう言えば、ワラサが上がっていないので、これがちょっと心残りだったが、ハマチはかなり大きいものだった。

マダイは食い混みがしぶく、バラしも多かったが(バラしたぶんは記述が抜けているが、5-6回はバラした)それでも、ぼつぼつと釣れたので、思ったよりは活性は悪くなかった。

と言う感じで、きんさんとのバトルは、ブリを釣られた時点ではかなり焦ったが、最終的にはポイントの計算をするまでもなく決着した。

心残りは、彼の土下座写真を撮影し忘れたことだろうか。まあ、これは次の機会にゆずろう。毎回土下座させてはさすがに気の毒である(笑)。

と言う感じで、参加のみなさんどうもありがとうございました。

特に、万年・・・・さんには初心者の面倒を見ていただき、とても助かりました。聞くところによると、このじんゆう親子と行く時はいつもじん君の面倒を見てあげているそうで、今回もその面倒見の良さを発揮していただき、ありがとうございました。

お陰で私は釣りに集中できてきんさんに勝利できました(笑)。またよろしくお願いします。
釣り | Comments(10) | Trackbacks(-)

Comment

編集
最初に鰤が釣れたのが、悪かった。
達成感が出てしまい、あまりの寒さにやられ、頭がホワイトアウトしてました。
2011年12月26日(Mon) 12:42
編集
お疲れさまでした。

この釣行記を読んで、シーパラ、あ、そういう竿持ってたなーと思い出しました(笑)。
2011年12月26日(Mon) 14:04
編集
このじんゆうさんから写真をいただき、2-3枚追加しました。このじんゆうさん、どうもありがとうございます。


>きんさん

ブリゲットお見事でした。読みがするどかったですね。後半はチャンス無く残念でした。


>しんすけさん

しんすけさんもブランク空きすぎでしたね。私はシーパラは主力竿なのでさすがに忘れませんが、段取りは悪かったです。
2011年12月26日(Mon) 14:45
編集
昨日はありがとうございました。

寒かったですが、結構釣れたのでよかったです(鯛9、石垣鯛1、ツバス1)。
うまく棚があって、結構あたりがあったのですが、ばらしまくりでした。
その中で、足元をふらふらしている石垣鯛を狙って釣れたのがうれしかったです。

あたりといっても、竿先が少し下がったくらいだったので、浮きだと厳しかったでしょうね。

船長は、完全に万ちゃんに部長夫妻をまかせきりでしたね。
私もじんを連れて行くときは、万ちゃん誘っていきます。
じんのお世話すべてまかせられますので・・・。
じんも最近はそれが当たり前になって、タメ口で万ちゃんとしゃべってます。

最後になりましたが、ご一緒いただきました皆さまありがとうございました。
またよろしくお願いします。



2011年12月26日(Mon) 19:45
ありがとうですm(_ _)m
編集
こんばんは(^o^)/万年・・・・です

昨日はありがとうございましたm(_ _)m
食い渋りの状態で全体的にも厳しい中皆さん釣れた方だと思います
相変わらずパターンに入れば爆釣してしまいますね
また機会がありましたらお誘いください
まだまだ未熟です
修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2011年12月26日(Mon) 21:16
編集
>このじんゆうさん

私もかなりバラしました。竿先少し下がってそれであわしてましたので。

でもサンマの切り身で釣れたのは飲み込まれていたので、餌の好みがあるのかもしれませんね。


> 万年・・・・さん

前半かなり釣っておられたように見えたのですが、後半はそちら側はアタリ少なかったようで残念でしたね。

部長夫妻のお世話本当にありがとうございました。彼らはあまり連れませんでしたが、親切な人と一緒で楽しかったと言ってました。たぶん私のことではないと思います(笑)。

たまに釣り堀も行きますので、都合あいましたららまたよろしくです。今回はありがとうございました。
2011年12月26日(Mon) 21:52
編集
まぁ。。。久々の海上釣堀でこの釣果ですか。。。
毎月の様に行ってるのにこんなに釣った事すら無いのに、、行ってない者まで凹ますとは。。さすがカーク船長(笑)

けど、皆さん、釣れて良かったですね^^
ほんと、久々にツレッキーズ初期メンバーとかで竿を出したいですね。。
暖かくなれば企画してください(笑)
2011年12月27日(Tue) 09:45
編集
だいさん、こんにちは

いえいえ、今回は釣り座が良かっただけですよ。隣の1辺に部長夫妻と言う、よう釣らん初心者がいたことと、あとは後半に潮上になってくれたあたりでしょうか。

暖かくなったら企画しましょうか?

3月の下旬にもしかしたら、このじんゆうさんらと平日釣行するかもしれません(土日かもわかりませんが)。

3月もまだ寒いなら、ゴールデンウイークあたりはどうでしょうかね?

でも、それならもう予約入れないといけないですが・・・
2011年12月27日(Tue) 10:04
編集
寒い中、幹事役お疲れ様でした。
順番が最後の釣り座での好釣果、さすがですね。

私の復帰第1戦は、年明け8日のD8の予定です。
忘れてしまった勘を、取り戻さなければ、と思ってはいますが・・・
どうなることやら・・・(^_^;)

それから、甘エビのことですが、名古屋でも普通のスーパーでは売っていません。
品薄なんでしょうか。
仕方なく、業務用品スーパーで1kg入りの冷凍品を買いました。
私の場合は、釣り堀比率が高いので、3~4ヶ月で使い切れると思います。

2011年12月28日(Wed) 00:25
編集
160さん、こんにちは

甘エビは正月用の需要が多くて普通のスーパーとかでは品薄になっているみたいですね。

これからちょくちょく行かれるなら業務用のやつは良いですよね。たぶん1キロので100匹以上入っていたと思いますので、釣行7-8回ぶんは使えるでしょうね。

8日は頑張ってきて下さい!
2011年12月28日(Wed) 08:21












非公開コメントにする