カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 花火を見ながらイカ釣りを

花火を見ながらイカ釣りを

2011年8月10日(水)とくは丸@椿

スルメイカ→アカイカ二本立て便乗

天気 晴れ、風向 東  潮 上り潮  水温 27.8度
日出 5:16、日没 18:51 
月齢 10.3、月輝面 86.2%、
月出 16:13、正中 21:20、月没 1:31

110810shio.jpg

この日はYUKAの帰りが遅いと言うことで、珍しく彼女のほうから「良かったら釣りでも行ってきたら」の言葉が出たので、なら遠慮無くと言うことで「とくは丸」に予約。

予約電話入れた日の晩も翌日の晩もどちらも爆釣だったようで、期待が半分、不安が半分(日ムラがあるので3日連続の爆釣はあまり無いように思ったので)と言うところだった。

前日の夕方に船長から電話がかかってきて、他にお客さんが2人いて、スルメイカ釣りと二本立てやるから、早めに来られるなら(帰港するのも面倒だし)つきあわないかとのことだったので、飛びついた。

と言うことで3時までに港に集合であるからして、当日のお昼頃に出発。

しかし、後で聞いて知ったのだが、この日は白浜で花火があるらしく、その事もあって道がかなり混んでいた。ガビーンである。

「下津ー広川南 渋滞11キロ」の表示を見てあせる。

たぶん帰りも影響ありそう。知っていたら別の日にしていたのだが・・・

しかし、有田ー広川間を下道に降りたら案外早く流れて、田辺のバイパスも串本行きの右側車線はどうにか流れていたので、2時半には港に着いた。まあ、途中はノンストップだったが、結局、予定より早い時間に到着できたので一安心。

港に車を停めたらすぐに船長がどこからともなくやってきて、船に荷物を運んでくれて、またどこかへと去って行った。

ちなみに、今回座った釣り座のラークには、「つれない」と書いてあった(笑)。

110810turenai.jpg

「つれる」と書いてあるのも他の場所にある。

1人置き去りにされ、しばらくは準備をしながら船の上の日陰でたたずんでいたが(暑かった~)、3時前に他のお客さんお二人がやってきてご挨拶。何と、私のブログを見て下さっているそうで、恥ずかしいやら何とやらである。

スルメとの二本立ても私が書いたのを見て参考にしてくださったと言うことで、ならば、釣れなかったら何となく責任を感じてしまうので、最初に「あの日は特別に活性がよく、出来過ぎだったようです」と言い訳をしておいた(汗)。

船長も言っていたが、夕方より朝のほうがスルメは活性が良いらしい。しかも釣り時間が1時間半くらいである。33杯は釣れすぎだったろう。と言うことで、今日のスルメイカの目標は10杯にしておいた。

110810turiza1.jpg

かなり前置きが長くなってしまったが、3時半頃だったか、ポイントに到着したので釣り開始。水深は200m近い。

110811sao.jpg

もう忘れてしまったが、一流し目は、前回ほどではないが、まずまず快調に、トリプル、ダブル、ダブルくらいの感じで釣れた。

今日もまずまずかと思ったので、ここで沖漬けのタレを用意した。

水深が浅くなってきたので、流し治すために船は風上(潮上?)へと移動。

110810scene.jpg

ところが、次の流しがさっぱりで釣れず・・・反応も出てこないらしい。単発でかけるのがやっとだった。この1杯も、型が良すぎて沖漬けにはできず。

次の流しはもっとイマイチで、私は釣れず。このままだと沖漬けのタレが無駄になってしまう・・・

今日はこのまま終わるのかなーと思ったら、その次の流しで反応が出たらしく、すると正直なもので、ドドーンとアタリが。

手持ちできないくらい強烈な引き!

いくらパワーのあるリールと言っても、たまにスプールの回転が止まったりするので、ちょっと心配になってしまう。

上がってきたのは30センチちょっとのまずまずがトリプルだった。

ものすごく引いた割には3杯だけだったのでちょっとがっかりしたが、スルメも30センチを超えたものはよく引く。

その後は中型以下の4連などもあり、ぽつりぽつりと釣れたので、小さめのを5杯ほど沖漬けにできた。

110810surume.jpg

↑スルメイカ11杯、この他に沖漬けを5杯で合計16杯。

5時過ぎに終了、今回のスルメイカの釣果は16杯と、前回の半分だったが、まあ前回ができすぎで、この短時間で10杯以上釣れたら上出来なので、満足してアカイカ釣りへ。

結局、その後にお客さんが1人増えたので、港まで戻ることになった。

で、先ほどの釣り座のラークに「つれない」と書いてあったので、おもかじのほうへと平行移動(笑)。

110810triza2.jpg

で、アカイカ狙いで出直し。椿の港を出て少し南下したところでアンカーを投入。

最初は「ちょっと潮が早めかなー」と言うくらいで、オモリも80号なら全然大丈夫だったのだが、日が暮れてそろそろゴールデンタイムに突入か・・・と言う頃からどんどん潮が早くなってきた。

110810sao2.jpg

写真がいまいち綺麗でないのでわかりにくいが、オモリ80号で糸が45度に傾いている。

アタリもさっぱりなし・・・

なんだか、前回とまったく同じパターンになってきた。

空もなんだか怪しい色をしており、不安がよぎる・・・

110810sora.jpg

なんだか体調もイマイチすっきりしない。

8時になると白浜の花火が打ち上げられたが、このポイントからは、上半分が見えるくらいで、あまり良くはわからない。

イカのほうは、日暮れ前に当たりがあり、それがバレた後はずっと沈黙、その後暗くなってから8時過ぎまでに、スッテを触るアタリはあるが、なかなか乗らず、小と中が1杯ずつ釣れただけで、潮もさらに速くなってきてアタリも無くなったので、移動することに。

しばらく走って白浜沖へ・・・。前の日は全然ダメだったポイントらしいが・・・

このポイントでは、花火は良く見える(笑)。9時まで船の上から花火を見ることができた。

デジカメを持って行かなかったので、携帯で写してみたが、操作方法もよくわからず普通に撮ったらこんな感じ(笑)。

110810hanabi.jpg

110810hanabi2.jpg

これではまるで、あやしいUFOの写真のようである。

ここへ来ると潮は少しマシで、オモリも60号でやれそうである。

しばらくは何も無し。で、こちらも潮が速くなってきたのでオモリは80号に。

このポイントは潮の速さが不安定で、少し早くなったりゆるくなったりを繰り返していた。

で、潮が緩んだタイミングにたまにヒットすると言う感じだが、アタリの間隔が遠く、ぽつりぽつりとしか乗らない。

実は酔い止めを飲まなかったので、スルメ釣りの時から少し頭が痛く(波はたいして無かった)、ちょっと気分が悪くなっていた。

船酔いと言うほどではないが、頑張って竿を振る気力がわかない程度で、スルメ釣りの疲れもあり、10時くらいに半分ギブアップ。完全置き竿スタイルになってしまった。

アタリが多ければ消し飛ぶ程度の気分悪さだったが、置き竿にしてからなおアタリが遠のいたので、復活できず。

10時半頃からは潮が速いままゆるまないようになったので、今度は本当にギブアップして、お隣さんもしまい出したので、私も10時40分くらいにかたづけはじめた。そして、10時50分に終了。帰港したのは11時だった。

(結果)アカイカ10~27センチを14杯、スルメイカ20-35センチを16杯。

110811akaika-chouka.jpg

110810surumeika-chouka.jpg

アカイカは14杯と、数は16杯のスルメより少なかったが、まずまずの型のが混じったのが少しの救いだった。しかし今年の最低記録を更新してしまった・・・

またしても船長におみやげを頂くはめになってしまい(前日に釣ったやつ?)、まあお陰でスルメイカとあわせればみやげは十分だったから、YUKAに「みやげが少ない!」と怒られずにすんだが(いや、怒られることは無いのだが)、ともかく船長、ありがとうございました。

今回の反省点としては、到着する前の車の運転で疲れた(日射が強くて運転中に体が暑くて参ったのと、車をぶっとばしたのと渋滞とで神経をすりへらした)のと、酔い止めを飲み忘れて頭痛がしてだるかったので、頭も体もボケボケだったことが大きいかもしれない。

潮が速い時に試そうと思っていた仕掛を結局は出さず、そのままでやり続けたのが悔やまれる。なんか面倒に感じてしまった。いつもならこんなことは無いのだが・・・

まあ、仕掛を変えても同じだったかもしれないが、やってダメなら納得できるが、やらずにダメだったので、後悔している。

今年は南紀のアカイカが好調だったので、何とか爆発的な釣果をいっぺんは出したいと思っていたが、去年の日本海と同じく、そこまでは無理だった。

ずいぶん水温が上がってきているようなので、ぼちぼちアカイカも終盤かもしれない。

さすがに今年はもうリベンジできないだろうな~

日本海もイマイチみたいなので、このじんゆうさんと計画している8月20日頃のマイカ釣りはやめたほうが良いかもしれません。

今回ご一緒したお二人さんは、いつもは日本海でマイカ釣りをされているらしいが、今年はかなり厳しいとのことで、椿まで足を伸ばされたようなので・・・

ちなみに、帰り道は予想通り、花火の影響で車が多かったが、一部流れが悪い程度で渋滞と言うほどのものは無く、1時半には帰宅できたので、片づけして寝たのが2時半頃、7時半に起床で5時間くらいは眠ることができた。

帰宅がこのくらいの時間なら翌日の仕事への影響も少ないので、お盆明けまで釣れていたら、何とかもう一回リベンジしたいが・・・難しいかなー。日ムラもあるみたいだし。

しかし、三度目の正直!である(二度あることは三度ある!?)。次に行ければ爆釣!?

まあ、次は朝からスルメイカで豪快な釣りを楽しむことにしようか。良型スルメイカ釣りはよく引くので楽しい。

スルメイカの仕掛は釣っているうちにねじれが入ってこよりみたいになってしまったので、途中でサルカンをかますように作り直したほうが良いと船長に教えてもらった。次回までに改良版を用意して望むことにしたい。
釣り | Comments(10) | Trackbacks(-)

Comment

編集
結局暗くなり出すと潮が早くなり敵打ちできずでした(泣)。

最初艫の右舷でしたが船の下に仕掛けが入るのでつれないラークに移動してつりました(爆)。

また釣行記かきます(笑)。
2011年08月12日(Fri) 02:42
編集
ゴリオさん、おはようございます。

カーク船長あらため、
レオナルド・イカツリオです。

いや、イカツレンオかな!?

結局は昨夜も潮が速くなりましたかー。残念でしたねー。まあ、自分の行った前日と翌日が爆釣だったら、かなりへこんでましたが、昨夜も釣れなかったと聞いて少し安心したりして(汗)。

でも型が良くなってきているので20杯あれば何とかみやげにはなりますよね。竿頭6杯の船もあったみたいなところ、さすがの釣果ですねー(さすがの船頭さん!?)。

掲示板に釣行記を書いて下さるのを楽しみにしています。
2011年08月12日(Fri) 08:50
編集
アカイカ昨日はサイズあまりよくなかったです。
まあまのが1杯だけでした。

北海道のプラヅノ面白いわ~言ってました。
貴重なプラヅノありがとうございます。

私のクーラーに貼ってある釣REKKIESのスッテカー見てドアに貼ってと言ってました(笑)。
2011年08月12日(Fri) 18:48
編集
変わったプラヅノですが、特に良いと言うことはありませんでした(笑)。

魚の形みたいなプラヅノやたまご針のほうが良かったように思います(はっきり覚えてませんが)。

たぶん来週の金か土にこのじんゆうさんと行くかもしれないので(何釣りかはまだ未定ですが、たぶんスルメ)、その時にステッカー持って行って貼りつけてきます。
2011年08月12日(Fri) 21:00
気さくに話してくださり、ありがとうございました。
編集
先日はスルメ初心者2人でご迷惑おかけしました。
1投目にかなり複雑にオマツリしてしまい、船長も困らせてしまいました。その間、釣りができずにかなり時間のロスがあったので、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

いつも船長の娯楽日記を楽しく読ませていただいております。また、とても参考になります。
スルメは結局1桁しか釣れませんでしたが、カーク船長の日誌に偽りなく、かなり面白かったです。

ひとつ不思議に思ったのですが、今回船長はなぜトモに座られたのですか?いつもの配置図を見るとミヨシに座られてもおかしくないと思いましたので・・・。
ただ、当日は少々うねりがあったので、取り込みはかなりきつかったです(一度ハデに転びました・・・)。
釣果については、ツレが32、私が24でした。ただし、二人とも2本出しでしたが・・。
スルメは判りませんが、赤イカならミヨシの方がイイと思っていました。

今回ゴリオさんという方とはご一緒じゃなかったのですね。
実は昨年夏に、某泉佐野の船でタチウオ狙いの時に隣で釣らせていただきました。(カーク船長のHPから判明したのですが)
初めての船タチウオでかなり緊張していたような気がしますが、ゴリオさんの釣り方を盗み見したおかげでなぜか数だけは釣れました。(ゴリオさんの書かれている通り小さいのばかりでしたが・・自分は初めてなのでかなり満足でした。)

勝手な書き込み失礼しました。

またどこかでお会いできたら連れ共々よろしくお願いします。
2011年08月12日(Fri) 23:23
編集
これはこれは、いらっしゃいませ。
スルメ楽しんでいただけたようで良かったです。

日本海のムギイカ(これもモチロン楽しい釣りですが)ではなかなかあそこまで引かないので、ずいぶん違うと思います。

それから、おまつり時の時間のロスの事などお気になさらずに。せいぜい5分もかからないくらいだったと思います。

船長もほどくの手伝ってくれて、親切ですよね。椿まで行くと親切な船も多いようですが、中には船長が突然にキレる怖い船もあるみたいなので(笑)、気をつけて下さい。次もとくは丸にしておけば間違いないと思います。

今回、後ろに入った理由はいくつかあります。

(1)アカイカ釣りで一番後ろでやったことがないため。

(2)実は酔い止めを忘れたので、前に入ると酔うかなと思ったため。

(3)後ろのほうが釣れるのではないかと思ったため。

です。

しかし、あれだけ潮が速いと、仕掛けが後ろに流されて、船の光からはずれたところにスッテが行ってしまったようにも思います。もう少し潮がゆるかったら、かかり釣りでは後ろのほうが良いのでは?と思いますが、わかりませんね。

私が思っていた一番悪い場所に入られて私の倍以上も釣られているのですから、釣り座はよくわかりません。

ゴリオさんも見かけたら声かけてみてください。「釣REKKIES」と書いたステッカーがクーラーに貼ってあれば間違いありません。ゴリオさんはお休みが木曜日だけなので、今回は都合があいませんでした。

私もまたお会いすることがありましたら、よろしくお願いします。また、掲示板やこのブログのコメントなんかにも好き勝手なこと(?)も書いていただいてかまいませんので、よろしかったら自由にじゃんじゃんお使い下さい。
2011年08月13日(Sat) 14:19
編集
>声かけましたさん

去年はどうもです。
私の釣り方など参考にはならないです(笑)。
初めてで竿頭とはすごいです。
今度お会いした時はよろしくお願いします。
またタチウオなら教えてくださいね。


>カーク船長

去年のタコ釣り中止になった日に諦めつかずタチウオに行った日にお会いした方です。
2011年08月13日(Sat) 18:20
編集
たしか半夜(午後便?)のタチウオのときですね。暗くなると浮いてきてタナが定まらずに難しいですよね。
2011年08月14日(Sun) 10:31
編集
みなさんすみませんでした。
サイヤクな釣果になってしまって。
責任は船長です。
お盆中は反省しときます。
また、時間ができたら遊びに来てください。
2011年08月14日(Sun) 17:19
編集
とくは丸船長、いつもコメントありがとうございます。

すべて責任は(カーク)船長です~。なんちゃって。

でも、今回は正直、私の気力・体力・能力の3つとも悪かったのも大きかったと思います。もうちょっと頑張れば、倍くらいは釣れたとは思うのですが・・・

また来年も今年くらい釣れたらちょくちょく通わせていただきますので、あとは来年のためにイカを残しておいて下さい(笑)。

次はたぶん白昼スルメ釣りでお願いするかと思いますが、2日前くらいに天気など状況を見てから決めさせていただきます。
2011年08月14日(Sun) 17:43












非公開コメントにする