カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 脱・豊後スッテ、脱・手袋

脱・豊後スッテ、脱・手袋

昨日の昼間、少し時間ができたので、釣具店へ行ってきた。

すると、豊後スッテが大量に(とは言っても20個くらい)売っていた。しかし、やはり高い。

110722bungosutte.jpg

ウエシマではほとんど売り切れ、もう入荷しないそうだし、この店でも「今期の生産終了」とあったので、もう入荷はしないだろう。欲しい方はお早めに・・・

それで、この店で豊後スッテをふと見てちょっと驚いた。

今まで、豊後スッテには、スッテ数が5本と7本のものと、スッテの間隔が2mのものと3mのものの、合計4種類しか無いと思っていたが、違ったのである。

ハリスの長さが違うものもあったのである!

ゴリオさんに「あの店の店員はバイトばかりでわかっていないから~」などと偉そうに言ってしまったが、昨日見たところだと、枝の長さが2cmのものと5cmのものの二種類がちゃんとあった。

前回に行った時は、枝が5センチのが売り切れていただけのようである。

と言うことは、スッテの号数が2.5号と3号の二種類、スッテの本数が5本と7本の2種類、スッテの間隔が2mと3mの2種類、ハリスの長さが2センチと5センチの2種類ある訳であるからして・・・

2x2x2x2=16

合計16種類もあることになる。

なかなか複雑である。

そして、この店では、ハリス5センチのほうを「日本海仕様」として売っていた。あれ?日本海のほうがハリス長いのか!?となると、わけわからない。

先日に来た時には、ハリス2センチのに「日本海仕様」と貼ってあったので、ちょっとまだ訳わからない部分もあるのだが・・・

いずれにせよ、5本スッテで3千円、7本で3千500円くらいの値段がするし、1回使うとよく乗ったスッテはボロボロになるので、消耗がはげしい。

こんなスッテを毎回使う訳には行かないので、何とか「脱・豊後スッテ」をと思っているが・・・

ちなみに、美浜のC丸は、スッテ1セットがついているそうで(2個目から1000円)、使うかどうかは見てから決めるが、果たしてどんな仕掛か、何かの参考になれば良いなと期待している。



ずっと前から、手の指の皮がめくれてボロボロになって困っていた。職場の中で、指紋認証で入る部屋とかもあるので、指先がボロボロになると面倒である。

なので、理由を色々考えたところ、釣りのせいではないかと思い立った。

そこで、釣りの時には必ずこんな感じで手袋をはめるようにしていた。

110722glove.jpg

ちなみに、北海道では手袋を「はく」と言う。

靴下をはく、ズボンをはく、手袋もはく・・・である。

しかし、本州に来て「おかしい」と指摘された。手袋は「はめる」とか「する」などと言うらしいが、私からすると「はめる」なんて変な感じである。

正確に言えば、手袋を着用する、あたりかと思う。

英語では、手袋も服もズボンも帽子もすべてwearであるから一見して簡単そうに思えるが、これは着用している「状態」をあらわす場合であり、着用すると言う「動作」をあらわす場合は「put on」になる。違う部分でややこしい。

話がそれたが、そんな感じで、いつも通りアカイカ釣りの時にも手袋をはいて釣りをしようとしたら、一緒に行っていたYUKAが「それは良くない」と指摘してくれた。

手袋をすると、手がかえってふやけて良くないのでは?との指摘だったが、そうかなと思ってとりあえず手袋をせずに釣りをすることにした。

すると何と!

釣りの後の数日後にいつも指の皮がむけてボロボロになっていたのが無くなった!

その次の釣行でも、ゴム手袋をするのはやめた。

また指先は綺麗!

110722yubisaki.jpg

指先がこんなにツルツルなのは、何年ぶりだろうか。

うーむ、指先を保護しようと思ってしていた手袋こそが指をボロボロにしていたとは・・・

YUKAのお陰で助かりました。感謝。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

豊後スッテと手荒れ
編集
時々ブログを拝見させて戴いてます。(^_^)
豊後スッテは、確かに高いですね。
以前は、私もせっせと高い買物をしてました。
今は、買わずに自分で作ってます。
スッテは、オークションや通販で@70円ぐらいを目安に買ってます。
枝間2m・スッテ10個・枝は5cmで全長22mの仕掛です。
豊後スッテと比べて遜色は無いとおもいます。

私も手荒れは随分困ってました。
メーカーのフリーダイヤルに問い合わせたり、釣具屋で聞いたり、船頭さんに聞いたりしましたが、これと言った対策は有りませんでした。
ただ色々調べた結果オキアミは、死ぬと自身を消化させる消化酵素を出しそれを直接触る指の皮膚組織が、分解されて、いわゆる「手荒れ」を起こすものと推測致します。
大半の人は、沖アミ負けませんが、一部負ける人がいるようです。
手荒れクリームを塗ったり、頻繁に手洗いを行ったりしましたが効果無く、最終的に「手術用ゴム手袋」を使えば釣行後の手荒れは解消される様になりました。
ただ、ゴムが薄いので2時間もするとアチコチ破れてしまうのですが・・・・・(T_T)

何時も参考にさせて頂いておりますので、コメントいたしました。
宜しくお願いいたします。
2011年07月22日(Fri) 17:05
編集
rakuさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

なるほどー、やはり間隔は2mとったほうが良いんでしょうかねー。私は1ヒロ(私の場合1.6m)なんですが、次から頑張って2mにしてみようかな・・・

手荒れ参考になりました。私の場合は荒れると言うより、数日後に指先の指紋のことろの皮がぼろぼろめくれるだけで、特に痛みもかゆみも無いのでたいしたこと無いのですが、指紋認証での入室ができなくなるので困ってました(笑)。

rakuさんの場合は、かぶれみたいですから、かなりしんどそうですね。他にもエビ類にアレルギーある人とかもなりそうですね。そういう方はゴムの手袋をしたほうが良いでしょうね。ホームセンターにも売っています。おっしゃる通り、途中でやぶけてしまいますし、途中からだと手がしめってはめられませんが(笑)。どうしてもと言うなら、あらかじめベビーパウダーをたっぷりつけたやつを持っていって途中で交換すると良いかもしれません。

とても参考になるコメントありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
2011年07月22日(Fri) 17:41












非公開コメントにする