カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 梅雨イサギ爆釣!

梅雨イサギ爆釣!

2011年6月19日(日)大型イサギ釣り@仲政丸

天候:曇り時々小雨、 風向:東、 潮:下り潮(底潮は動かず)
水温:20.6度、 波高:ベタ凪、 日出 4:48、日没 19:14

110619shio.jpg

(結果)イサギ23-35センチを97匹

110619chouka.jpg



今年は本格的に釣れさかるのがちょっと遅れた日ノ岬の良型イサギだが、6月に入ってからは本格化しており、まだ続いているようで一安心。

この時期ならばハズレることがまずないし、爆釣の可能性が高い。

邪魔者の襲来(マルソウダやゴマサバ)や、激流のような潮さえ無ければまず間違いのない釣りであるし、少々の障害があったとしても、みやげは確実に確保できるだろう。

と言うことで、興味を示して下さった万年・・・さんには迷わずおすすめした。イサギ釣りはじめて(船釣り2回目)だが、みやげは確実だろう。

私はと言えば、今回は当初の目標では中型以下には目もくれずひたすら大型を狙おうと思っていた。そう、当初は・・・

さて、またまたM飛龍さんに迎えに来て頂き、車に乗せて頂き、往復の運転もして頂き・・・と言う大名釣行で楽をさせて頂き、ありがとうございました。

出船が4時頃と早いので、我が家は1時半に出発。3時過ぎに港に着いたらちょうど船の灯りがともるころだった。

万年・・・さんもすでに到着して一番良い場所に車を停めておられた。

ずいぶん以前(2週間前)に予約したので、予約順は一番だろうと勘違いしていたが、実際には6-8人目で、以下の場所に入った。

110619turiza.jpg

お客さんは満員の13人。調べてみると、去年にM飛龍さんとご一緒した時も同じく13人の満員だった。

船長に右舷か左舷か聞かれたとき、何となく右舷に入ったのだが、今回は右舷の人数が多かった。前は左舷が多かったのでうっかりしていた。

4時ちょっと前に出船、4時半ころにポイント到着して釣り開始となった。

イサギ釣りがはじめての万年・・・さんには釣り方の簡単なレクチャーと言うほどのものでもない、私の釣り方を簡単に説明しておく。

狙ったタナより5mくらい深めに一旦落として、すぐに2mほど(ハリスの長さぶんくらい)巻きあげ、そこからしゃくって(アミエビをしっかり出して)狙いのタナまで上げてしばらく待つ。

30秒待ってアタリが無ければ、同じ事をあと2回まで繰り返して(この時にタナを変える場合もあり)、それでもアタリが無かったら、上げてやりなおし、次はタナを上げるか下げるかする。

注意点は3点。
(1)竿がやわらかいなら、鉄仮面から餌を出すにはかなり強くしゃくる必要があること。
(2)アミエビの煙幕を縦3mほど作り、その中に仕掛が同調するようにすること(潮の速さにもよるが)。
(3)小型が釣れたらタナを少し上げて行くこと。上のタナのほうが大きい。

と言うことを説明したつもりだったが、だいたい伝わっていただろう。

さて、いざ釣り開始。「水深60mくらい、底から10mくらいで、準備できた人からやってみて」とのことで、仕掛を投入。

前回は朝一から手釣りでやったが、今回は最初は竿でやることにした。潮の強さや釣れ具合を見てから手釣りにしたほうが良さそうならそうすることにした。

と言うことで、電動リールのクラッチを切り、仕掛を投入。糸が少し斜めに入っていったので、潮がちょっと速いのかと思ったが、底に着くとまっすぐに近くなった。

表面だけ早く流れていて、底のほうはあまり流れていないようである。これなら人数多くても釣りに支障は無いので一安心。サバが来るまでオマツリは無かった。

流れの向きは紀伊水道から印南沖へと向かう下り潮である。

底から10mくらいからやってみてとのことなので、すぐに8mほど巻きあげ、コマセを出しながら3mほど巻き上げると、すぐにアタリ。

上がってきたのは20センチと25センチほどのイサギのダブルである。

とりあえず25センチだけキープして20センチをリリース。

第二投目は底まで落とさず、底から10mで止めてすぐに5m巻きあげ、底から15mくらいのタナを狙ってみる。

これまたすぐにアタリがあり、巻きあげ開始。

中型のダブルが上がってきた。

と言うことで、3投目はタナをもう2mほど上げると今度は良型も混じりトリプルであがってきた。

その後、底から20mくらい(リールのカウンターで40mほど)のタナで良型と中型が入れ食いでしばらく釣れ続けた。最初の1時間ほどは入れ食いの高活性だった。

その後、アタリがぽつりぽつりになってきたので、潮がゆるいこともあり、手釣りに変更。

しかし、水深40mくらいではアタリが出ないので、思い切って30mまで上げてみた。

すると何と、アタリが出てしかも重たい。良型が上がってきた。

ここから、水深30mより上で入れ食いになり、25mまで浮き、最終的には20mくらいまで浮いてきて、連で釣れることは少ないが(それでもたまにダブル・ごくたまにトリプルあり)、良型ばかりが入れ食いで釣れ続けた。

その後、船首寄りのおとなりさんにもタナをお教えしたところ、快調に釣れ始めたようである。それまでは水深50mほどでやっておられたようで、小型ばぽつぽつしか釣れなかった様子。

この浅いタナでの良型の入れ食いタイムがかなり続き、みるみるクーラーがいっぱいになっていった。

自前のイケスを持ち込み、ある程度釣れたイサギがたまったら10匹ずつシメてクーラーに入れていたので、今回は途中の数がだいたいわかりながら釣りしていた。

開始1時間半ほどで40匹を突破し、27Lクーラーがほぼ満タン。

110619cooler1.jpg

良型と中型のイサギが半々くらいと、後からつっこんだサバとマルアジ。

そして、その後も順調に釣れ続け、8時前には70匹を突破!

8時ころまで快調に釣れ続けたが、雨があがり、明るくなってきて、また底潮が完全にとまってしまうと、イサギの食いも少し落ちてきて、そうなるとゴマサバがやってきた。

まわりではゴマサバが入れ食い、不思議と私はあまりサバの被害にはあわずに、しばらくはぽつりぽつりとイサギを追加していたが、そのうちイサギは釣れなくなり、サバがかかりだした。

あまりにサバばかり釣れるので、手釣りでは疲れるから、また竿釣りにもどした。

ちょうどそれくらいに船の位置を修正。

しかし、またまたサバの襲撃。サバしか釣れず、サバは入れ食い。水深10mでもサバ、水深50mでもサバである(笑)。

110619mannen.jpg

するとしばらくしてまた船の位置を修正。しかし、またサバ・・・

30分くらいの間で3回ほど位置をやりなおしただろうか。すると、ついにサバが止まり、イサギが釣れだした。

水深50m弱で、中型以下であるが、ようやくサバ地獄から脱することができて、イサギが釣れた。しかも入れ食い。

当初の予定では、この日は型狙いのつもりだったのが、この時で、70匹以上釣れていたので、なんとか100匹を超えようと言う数狙いに変更(笑)。

と同時に、ちょっと小ぶりのもキープすることにした(笑)。もちろんリリースサイズはリリースしたが。

ここからは、水深45-50mで中型で良いから数を狙うことにした。これはダブルで釣れることも多い。なので快調に数も増えて行く。

そうなると欲が出てきて、タナを30mより上にして良型狙いにしてみた。ところが、もう浮いていないようで、サバしか釣れない。

やっぱり45m以下までおろして中型を狙う・・・とやっていたら、良型がこの深さで釣れだした。ラッキー。

この調子なら100匹も行けそうかなと思ったのだが、またサバがやってきた。

45mまで落とせばすぐにイサギがヒットするが、15mくらいまで巻き上げてくるとサバがかならずヒットして(それもダブルとかで)、イサギがバレる。

・・・これを5回連続してやったあとに、出した結論。

「サバのタナに来たら超高速巻きあげで一気に通過」である。半分やけくそだったが(笑)、サバにやられるよりはましだろうと。

ところがこれが大成功。

45mでイサギをかけて、水深20mまでは普通に巻きあげ、18mくらいからマックス近いスピードで残りを巻き上げて取り込む。

これだとサバがヒットせず、また幸いなことにイサギは1匹もバレずで、ここから連続してイサギをゲットできるようになった。この釣り方で4-5匹は追加できた。もっと早くやっていれば・・・

もう1つのクーラー(35L)もだんだんいっぱいになってきた。

110619cooler2.jpg

そうこうしているうちに、船長から案内で「あと10分ほどやって10時までで終わろう」となった。

この時で96匹。残り10分で4匹ならなんとか行けるかと思ったが、不思議とここからアタリが無くなってしまった。

焦る焦る(笑)。

タナがまた浮いたのかと思い、30mまで上げたりしてみたが、反応無し。では、底かと思い下げてもダメ。

空振りを3回やって、4回目、45-40mくらいをさぐるとようやくヒット!どうもタナが少しだけ上がっていたようだ。

と同時に船長から「あと1回やって終わろうか~」と終了の合図。

ラスト1投で35センチほどの良型がヒットしたが、100匹には到達せずに97匹で終了となった。

まあ、100匹と言う数字にはあまりこだわりはなかったので、これで良し。それより、浅めのタナで良型がたくさん釣れたので、それがうれしかった。

(結果)イサギ23~35センチを97匹、ゴマサバ多数(キープ4匹)、マルアジ2匹

110619chouka1.jpg


110619chouka2.jpg

たぶん半分以上が30センチ級だと思う。この写真ではあまり写っていないが、25センチほどの中型が3分の1くらいは混じったかと思う(大型の下の方にあり)、

今回、浅いタナで大型が釣れたのは、ゴリオさんから頂いた事前情報のおかげである。

不思議なことに、25mくらいの浅めのタナで好調に釣れていた時、50mくらいでも小型が釣れていたようであるが、その中間ではアタリは無かった。

と言うことは、群れが完全に2つの層に割れているのかと思ったが、魚探の反応は、底から20mくらいまでどこもかしこも均一に真っ赤だったとのことである。

どのタナにもイサギはいるが、食い気のあるのが分かれているのか、それとも、中層には別の魚がいるのか・・・不思議である。

いずれにせよ、事前の情報のおかげで良い釣りができました。ありがとうございました。

イサギは前回よりもお腹が少し細くなってきているものもあった(まだ抱卵はしているが)。なので、抱卵イサギがまだの方は早めに行かれたほうが良いかと思う。
釣り | Comments(7) | Trackbacks(-)

Comment

編集
やっぱり3桁いってたんですね。
私は3桁が目標なんで「くー」(笑)。

35Lクーラー写ってたので入ったのかと思ってましたが、ちゃんと2つ持って行かれてたんですね。
私もいつも2つ持っていってますが、1つしか使ってないです。

12人で満杯と思ってましたが、13人乗ったと言う事は14人なんでしょうか、確か定員は20人となってたと思いますが。
実は午後便出るとなってたのと高速2車線になり12時過ぎに家帰れそうなので行こうかと少し思ったりしましたが、乗れなかったですね。
乗れて14人になってもひんしゅくでしたね(笑)。

次の木曜日は少し波ありそうです。前日に決めようと思ってますが、先週行っといたらよかったと思う事になりそうです(泣)。
2011年06月20日(Mon) 18:28
有り難うございました
編集
こんばんは(^o^)/万年・・・・です

カーク船長・M飛龍さん昨日は有り難うございましたm(__)m
忙しくて楽しかったです(⌒-⌒)ニコニコ...

結局オイラはイサキ32匹でした(゚_゚;)
やはりポッチャンとバラシが多かったです
そこで質問
①竿はどんな物が良いですか?
②アミエビは鉄仮面にどれ位入れれば良いですか?
③次回のイサキ釣りの予定は?
あ!そうそう我ながら38cmのイサキは感動しました
次回機会が有れば流石に水槽までは用意できませんが、色々道具を揃えたいと思います

では修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2011年06月20日(Mon) 21:19
編集
お二人さん、こんばんは!

ただいま、家の私のパソコンが壊れて大ショック!

なれないYUKAのパソコンではややこしいので、明日に職場からまた返事書きますので、しばらくお待ちください。
2011年06月20日(Mon) 22:20
編集
おはようございます。
カーク船長さん,万年さんありがとうございました。

私は恐らく30数匹でした。
カウントする前に、貰われて行きました。(汗

カーク船長さんには良い釣座を譲っていただいたのに、釣果が伸ばせず、申し訳なかったです。

>万年さん
38cmはかなりの良型ですね。
かなり腹パンだったのではないでしょうか。

>ゴリオさん
今週は海況が悪そうですね。
私も週末はどうしようか迷っています。

>カーク船長さん
あらら、物入りですね。

皆様、また宜しくお願いいたします。
2011年06月21日(Tue) 07:19
編集
>ゴリオさん
リリースしなければ三桁行ってたとは思いますが、かなり小さいのしかリリースしませんでしたので(笑)。

クーラーは50Lひとつより、27Lと35Lの合計が62Lですから、こちらのほうがたくさん入りますよね。

最近はバッカンを持って行かず、片方のクーラーに道具を入れてケースがわりにして使い、釣れすぎたら2つにわけることにしています。でも、今回もクーラー1つぶんをお二人に引き取ってもらえたので、1つで足りたのですが。

定員ですが、基本的に12人だと思いますよ。どうしてもと言うときだけ13人ではないでしょうかね。今度聞いておきます。でもゴリオさん来られたなら来ていただきたかったですねー。どっちみち私らの入った右舷は7人でしたから、ゴリオさん来ても左舷が7人になるだけで私らには影響ありませんし(笑)。

ちなみに、午後便のお客さんは3人くらいでした。


>万年・・・さん

お疲れさまでした。楽しんでいただけたようで良かったです。
ご質問ですが
①竿は固さはあれくれいでも良いかと思いますが、もうちょっと短いほうが良いと思います。巻きあげには一定のテンションを心がけます。抜き上げの時も特に注意で糸をゆるめるとバレるのでこれは慣れですね。竿が短いほうがやりやすいです。2.1mか2.4mくらい。安物でも良いと思いますが、安物の竿はガイドが悪いので、PEラインが痛みやすく高切れの原因になりますので、それなりのを買ったほうが良いです。


②半分から8分目くらいですが、びっちり詰めることもあります。詰め込むほど最初の出が悪くなりますので、長時間入れておきたい時はびっちり詰めます。軽いしゃくりですぐに出したかったら半分くらいにします。入れ食いの時は少なめです。

③次回のの予定は未定ですが、ご要望あれば可能なのは再来週の週末になりますねー。
38cmのイサキは大きかったですねー。私は測らなかったですが、36センチくらいのがいたかな?と言うくらいでしたので、うらやましいです。今年は40オーバー釣れませんでした。次回は40オーバー狙って下さい。


>M飛龍さん

いえいえ、今回は底潮があまり流れていませんでしたしサバが来ましたから、結果的には真ん中あたりが一番良かったんだと思います。まあ、事前にどこが良いか分かりませんので、釣り座は運と思っていただくのが良いかと思います。また都合あいましたらご一緒よろしくお願いします。今回も往復の運転と車ありがとうございました。
2011年06月21日(Tue) 08:54
考え中・・・
編集
こんばんは(^o^)万年・・・・です

船釣りはまりそうです(o^^o)
なるほどやっぱりコマセの量が少なかった
半分位でした
さてただ今考え中が三重の乗合船
90匹というのは有りませんが30~50匹くらい今釣れているみたいです。
早速釣具屋で情報収集して参りました
あ!再来週なのですが仕事がピークで土曜日曜とも出勤のようでして(^_^;)
次回はキハダかヨコワでも釣りたいです
いきなり無理か(+_+)

では御教授有り難うございましたm(__)m
修業の旅は続く (((((((・・;)サササッ
2011年06月21日(Tue) 21:45
編集
そうですか。いや、実は私もしばらくはイカ釣りにしようと思っていたところでしたので良かったです(イサギでも良いのですが)。

と言うか、仕事が忙しくなってきて、釣りに行けるかどうか怪しくなってきました(汗)。

去年の夏はキハダとヨコワが多かったですが、例年なら本ガツオが中心みたいですよ。これは迫力ある釣りなので、ぜひともどうぞ。

ただ、大きなカツオ(ヨコワ・キハダ)にはPE3号ではちょっと細いので(糸に傷があるとすぐ切れます)、糸は5号くらいを巻いておく必要があると思います。
2011年06月22日(Wed) 08:22












非公開コメントにする