カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 西京焼きは最強!

西京焼きは最強!

西京焼きは最強・・・ありがちなダジャレで恥ずかしいところだが(汗)、先週に釣ってきたサゴシで西京焼きを作ってみた。

110301saikyou1.jpg

そろそろ食べ頃かと思い、昨晩に食べてみた。

110301saikyou2.jpg

ちょっと焦げたが・・・とにかくうまーい!美味しい。

残りは真空パックして冷凍保存した。

西京漬けは味噌漬けの一種で、白味噌(西京味噌)で作るからそう言うのだろうが、これをやって美味しい魚とそうでないのとある。

サワラというかサゴシだったが、十分に、いや、十分以上に美味しかった。サワラはどう見ても青物のなりをしているが、身はかなり白身魚に似たところがある。不思議な魚である。

それにしても、先週のサゴシ釣り、思ったほどは釣れなかったので、ちょっと騙された!?ように思ってしまったが、みやげは十分に釣れたので、まだ良かったのかもしれない。

その後は釣果がまったく出ていないので、おそらくかなり悲惨なものだったと思われる。

かなり狭い湾内だったから、おおかた釣られて数が減ってしまったのではないだろうか?また新しい群が入ってきたら釣れるようになるのかもしれないが・・・

ともかく、まあまあ釣れて良かった。サワラではなくサゴシサイズで、脂の乗りも、1匹太かったやつを除くと、まあそこそこという程度だが、この西京焼きも、そして先日に作った幽庵焼きも、かなり美味しかった。

110224ryori-yuuan2.jpg

この時期にまたたくさん釣れることがあるようなら、その時はまた考えてみたいと思う。

ちなみに、サゴシなんて言っていることから当然だが、サワラも出世魚である。しかし、呼び方はいろいろあるようだ。

wikipediaによれば、60センチ以上をサワラ、それ以下の若魚を関東ではサゴチ、西日本ではサゴシと呼ぶらしい。

ところが、高知県ではまたちょっと違って、小型魚をゴシ、シマウマ。1キロ以下をサゴシ。50センチ?70センチほどをヤナギ、成魚をサワラと言うようである。

ややこしいが、一応60センチ以上をサワラと言って良いなら先日釣ったものはギリギリ「サワラ」と呼べるサイズが結構混じっていたかもしれない。70センチ以上となるとかなり少ない、1キロ以上でもかなり少なかったと思われる。

しかし、頭としっぽを落として持ち帰ったので、ちゃんと長さは測れていない。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
西京焼き冷凍保存できたんですね

1回分しか作ってもらわなかったです。
美味しかったのに残念でした。
2011年03月02日(Wed) 15:24
編集
まだ解凍したのは食べてませんが、たぶん行けると思います・・・以前に他の魚で作った時はいけました。

もちろん、冷凍しないものよりは多少味が落ちるかもしれませんが。いや、むしろ熟成されて美味しくなるような気もしましたが、今回はどうなりますやら・・・
2011年03月02日(Wed) 17:34












非公開コメントにする