カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP読書・勉強 ≫ ジンクスの形成

ジンクスの形成

人間の「思いこみ」がどういったメカニズムで形成されるのか、実に興味があるところである。

日本では血液型性格診断という根拠無いものを信じている人が多い。が、しかしこれは実害が少ない。世界的にはホメオパシーという代替医療がものすごい勢いで未だに衰えていないが、こちらは血液型占いどころの話ではない。ほとんど荒唐無稽としか思えないようなものが、国によっては普通の医療行為として行われている。

一体どうしてこういうことになるのか、不思議でしょうがないので、最近は暇な時に色々調べたりかじったりしている。

ちょっと前には「効果を実感した人がいる」ということは「効果の証明にはならない」ことについて書いた。

そして昨日はそれと直接関係があるかどうかわからないが、「単なる相関関係」を「因果関係」と勘違いしてしまう間違いについて書いた。

では、この間違いからどういうものが発生しうるかというと、自分にあてはめてみると、「ジンクスの形成」がそれにあたるのではないかと思われた。



私のジンクスの1つに「釣りに行く前に釣れすぎた時のことを考えると、釣れない」というものがある。

他に、H丸の船長が言っていた「大きなクーラーを持って来た時は、あまり釣れない」というジンクスを例にしても良い。

実は、「釣れすぎると考えた」ことや「でかいクーラーを持っていった」ことと「釣れなかった」ことの間に相関関係があるかどうかもちゃんと検証されていないが、仮に相関関係があったとしても、「釣れすぎた時のことを考えなければたくさん釣れる」とか、「小さいクーラーを持って行くと入りきらないくらい釣れる」いう結論にはならないのである。

「釣れすぎたことを考えた」ことと「釣れなかった」ことには、仮に相関関係があったとしても、因果関係は無い。

それどころか、そもそも相関関係すら無い可能性も高い。

ではなぜそう感じるのか?釣れすぎた時のことを考えると釣れない、とか、でかいクーラーを持って行くと釣れないとか感じるのは何故か・・・

これも説明は比較的簡単で、人は何にでも原因をさがそうとする。釣り人は釣れなかった時のことはよく覚えている。釣れなかった時には、ああいうことをしていた、こういうことをしていたと覚えている。ネガティブに考えがちな人は、「だから釣れなかった」と考えるのだろう。

実は、釣れた時にも同じことをしているのだが、そんなことは忘れている。

逆に、ポジティブな人は、「こうすれば釣れる」と考えがちなのかもしれない。釣れた時のことはよく覚えていて。ああすれば釣れた、こうすれば釣れた、あの時は赤いパンツをはいていたから、赤いパンツをはくと大漁であるとか思ってしまうのかもしれない。その時にゲルマニウムを身にをつけていたら、ゲルマニウムは釣りにも有効とか思うのかもしれない。

こちらも、釣れなかった時も同じような程度で同じようなことをしているにもかかわらず、釣れた時のことだけよく覚えているからそう感じる。

相関関係らしきことを見て、因果関係と勘違いしてジンクスが形成されるのかもしれない。



鳩におけるジンクスの実験というのがあるらしい。

鳩に適当なタイミングでエサをやると、たまたま同じ動き方をした時、たとえば、首を前に突き出すという動きをした時に何度かエサがもらえたとすると、そこからはひたすらその動きばかり繰り返すようになるらしい。

鳩が首を突き出した時にエサがもらえたのは単なる偶然で、因果関係は無いにもかかわらず、鳩ですら、そうすることでエサがもらいやすくなると思ってしまう。

人間のジンクスというものも、この鳩なみのレベルなのかもしれない。

まあでも、人間のジンクスには、不安をまぎらわす効果はあるのかもしれない。

どうすれば良いかわからないと人は不安になる。勝つか負けるかわからない、釣れるかどうかわからない、

そんな時に、例えば、赤いパンツをはけば勝てるとか、こっそり釣行すれば釣れるとかとりあえず信じることによって、「どうなるかわからない」という不安を軽減することはできる。

自分をうまく騙して心理的な不安を減らしていると考えれば、なかなかすぐれた無意識の知恵のような気もする・・・


荒唐無稽な代替医療にも、プラセボ効果というものはある。信じることによって心理的効果として少しなおったりするという現象は科学的に証明されている。

明らかなインチキでも信じることによって少しは効果が出るなら、やって良いのでは!?と言う声もある。

しかし、どうだろうか?

どう見てもインチキな、例えばただの水としか思えないようなものをたらしただけの砂糖の塊を、まあ他人が信じて勝手に金をむしり取られるだけなら私は放っておくが、自分の身内にはそんなデタラメを信じて欲しくないし、まともな医療を受けさせたい思うが、個人の価値観の問題ということにしてしまって良いのだろうか・・・
読書・勉強 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

なるほど・・・
編集
こんにちは^^ よしです。
ジンクスについては、次回にという〆に楽しみにしておりました。
というのも、ここのところ ジンクスをつくりすぎて(笑)
それも こうすれば釣れるではなく、これしたら釣れんと
いうジンクスをつくり過ぎたため、行動制限著しく、かっちこちの状態で釣り場へ・・・そしてまた増えると(泣)
最近は、天候にまで 理由を探す始末!
でも 船長のお言葉で 今日は久々に 気楽に釣行できそうです。ありがとうございました(感謝)
また、こそこそ着替えていってまいります^^;

追伸 プラシーボ功罪についてまたコメントさせて頂きたいです。
2011年03月05日(Sat) 12:01
編集
どうも毎度です。

まじめに読んでいただきましたようで、ありがとうございます。この手の話はどうせ誰もちゃんと読まないだろうと思って雑に書くことが多いので、今後はもうちょっとちゃんと考えてからにします(汗)。

ジンクスも、自分に都合良かったら信じて問題無いでしょうが、おっしゃるように行動をがんじがらめにしてしまうようでしたら、むしろ脱却したほうが良いのかもしれませんね。でも天気はまったく無関係かどうかは難しい気もしますが・・・

もちろん、最終的に本当に因果関係が無いかどうかは、実験するとか統計を取るとかして確かめるしか方法が無い訳ですが・・・適当に自分をだますことも時に必要かもしれませんね。
2011年03月05日(Sat) 14:11












非公開コメントにする