カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP映画・TV ≫ トランスポーター3

トランスポーター3

昨日の晩に放送していた「トランスポーター3」を珍しくリアルタイムで見た。

トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]
(2010/10/20)
ジェイスン・ステイサム、ロバート・ネッパー 他

商品詳細を見る


車が前作と同じアウディのA8だった。アウディは上品?な車というイメージがあるので、これを暴走させるのはイマイチどうなんだろうと思ってしまうが、そのギャップが良いのだろうか?

個人的には1作目のBMWのほうが良かった気がするが、アウディはメディア対策に金をかけているのか、映画などでよく使われているように思う。昔に比べてずいぶんブランドイメージが上がったのではないだろうか。

このシリーズでは2作目で出てきた平べったい車が一番良かった(笑)。

110202transporter2-3.jpg

ランボルギーニ・ムルシエラゴロードスターとか言う車らしいが、本作でも、こういう車も出して欲しかったが・・・。さすがにこういう車をボコボコにするほど予算は無いのだろう。日本で買うとメーカー希望小売価格が4,136万円 ? 4,241万円だそうで、買いたい方は「こちら」でどうぞ(笑)。

そんなことよりも、この作品で一番びっくりしたのは、最初からずっと出ていた薄汚い容姿の女がヒロインだったという事である。

今まで見た映画のヒロインとしては、一番見た目が悪い。これはひどすぎる。相手役の男優もさぞ嫌だったことだろう(笑)。監督はどういう趣味をしているのだろうか。

その他には、2作目で見られたとんでもない展開(墜落した飛行機から助かるなど)は本作では抑えられてマシになっているし(水没した車を浮上させたりするのはギリギリ許容範囲。再度エンジンがかかったのは浸水しない特殊加工していたからと解釈した)、イマドキによくある映画という感じで、まあ時間つぶしくらいにはなるが、とりたてて何か得るものがある訳ではないが、メッセージ性などもたいして無いぶん、何か文句をつけてやろうという気にもならない。

個人的には、主人公のキャラクターがだんだんつまらない人間のように思えてきたことが残念なのと、もうちょっとカーチェイスの時間を長く取り、見ている者が運転しているような気分にさせてくれるようなカメラワークを取り入れて欲しい気がしたが、映画館で見ていたら迫力があったのかもしれない。
映画・TV | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする