カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 次回はどうしようか・・・

次回はどうしようか・・・

今月の後半から来月にかけて少し忙しくなるので、たぶん釣行はできなくなるだろう。とは言いながらも隙をついて釣行しそうだが、この時期は海の状況のこともあるので、そう簡単ではないから、やはり難しくなるだろう。

次の週末も土曜には予定が入ったので、日曜に天気が悪ければ、たぶんしばらくは釣行できなくなりそう。

で、仮に日曜日に行けたとして、どうするか・・・

やっぱり今は日ノ岬沖のマダイ釣りが面白いので素直にそうしたいところだが、そろそろ違う魚を釣ってきてくれという話も出ているので、別の狙いにするか・・・。

日本海のメダイを考えていたが天気のこともあるし、新しい船宿を試すのは敷居が高いし、仕掛や道具もどうしたら良いか分からないので、少し億劫になってきた。

この時期他には寒サバ釣りもあるが、去年は往復5時間近い道中に参った。脂の乗ったマサバなら迷わず少々荒れても行くのだが釣れるのはゴマサバである。もちろん、ゴマサバも美味しいし、たまーにマサバも混じることがあるようだが・・・。

ということで、今年はやめと思ったが、美浜の千代丸だとポイントまでかなり近いようなので、少し考えているが・・・。

とくは丸でスルメイカのでかいのがこの時期釣れていたが、いつでも釣れるのだろうか!?釣れるようなら行きたいと思っていたが・・・。かなりでかかったので、よく引いて面白いと思うが、スルメイカなので、もうちょっと数が釣れたら良いが・・・行く時は私もかぶりものを用意して行こう。今ならタイガーマスクのかぶり物が良さそうだと思う。名前は伊達直人にしてもらおうか。

いずれにせよ、木曜日の予報で決めることにしよう。みかんの在庫も無くなったので、和歌山方面へ出て買って帰りたいというのもあるし、なるべく行く方向で・・・

でも、月曜が忙しいので、疲れが残ると困るから、やっぱり今週は無理かな。
釣り | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

寒サバ釣り
編集
おはようございます。昨日、千代丸でラングイに行ってきました。
荒れ後で爆釣が群れが散ってしまって悲惨な結果に終わるか心配しながらの釣行でした。
結果から言うと後者の方ですね。
風も強かったのでポイント付近までは1.5時間くらいで到着なのですが、
全く感度が無くて探し回り1投目が8時過ぎででしたが、すぐにやりかえることになって、
2投目は9時ごろだったでしょうか。
パラパラとあたりがくるとすぐに感度がなくなるようで、移動です。
粘って12時前にはじめての入れ食いが来ましたが、10分くらいの時間であっという間で終わってしまいました。
13時くらいまで探し回ってくれましたが、感度無く帰港となりました。
帰りは1時間少しで港に帰れましたので、やはり千代丸の良さが感じられました。
船長の話では、水温が下がって餌に反応しないらしいです。
潮が変わって水温が上がると釣果も上がるし、他の船が来るようになると、情報も入るので良くなるだろうとのことでした。
釣果は23匹と不満な結果でした。
小型のマサバが混ざっていました。
2011年01月19日(Wed) 05:05
編集
おっちゃんさん、おはようございます。
昨日は、爆釣までは行かなかったようですねー。
確かに、今後は船が増えて行けば広くさぐれて情報も入るからリスクはずいぶん小さくなってくるでしょうね。私も、状況次第では1回くらい行こうかと思っています。

それにしても、小さいながらマサバも混じるとは興味深いですね。

千代丸やはり近いですね。湯浅の船だと早くても1時間半以上はかかるのではないでしょうか。まあ、ラングイもかなり広いらしいので、端から端までは1時間近くかかるみたいなので、どこで釣れるかにもよるでしょうけども。

情報ありがとうございました。とても参考になりました。
2011年01月19日(Wed) 08:35












非公開コメントにする