カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 良型揃いで左手首が炎症

良型揃いで左手首が炎症

船からテンヤでのタチウオ釣り:ヤザワ渡船乗合船@大阪北港

潮@神戸~若潮 満潮~14:36 干潮~22:21

日出~6:59 日没~16:50
天気~曇り、北風強く寒い。波~0.5m
ポイント~須磨沖(神戸沖?)水深90~60m

タチウオテンヤ40号シングルフック、ワイヤーリーダー。道糸PE3号。
竿~沖船LC30-210(廃盤)。リール~ハイパータナコン400FBe。
エサ~冷凍イワシ。

101216shio.jpg

(結果)タチウオ75~117cmを25本

良型が多く、クーラーが結構いっぱいで重かった。
101216cooler.jpg




さて、今回は平日釣行、ゴリオさんと仲政丸で真鯛の予定だったが、思ったより風が残る予報に変わったために、和歌山方面はあきらめて、大阪湾でタチウオ釣りに変更した。

この日はしんすけさんも友人の方とヤザワでタチウオ釣りに行かれると聞いていたので、それならば、私らもヤザワでご一緒させていただくことに。

4時半頃、ゴリオさんに家まで迎えに来て頂く。近いとは言え、恐縮です。5時過ぎにヤザワの店の前に到着。受付の時に予約のメモをのぞき見して人数を合計すると13名だった。

潮が良いのに空いている・・・やはり寒いし風があるからだろうか。

この時に、しんすけさん方と並んだ釣り座でとお願いするのを忘れていたのだが、現地に着いて指定された釣り座に入ると、偶然か、お隣だった。

私らは左舷の16番と18番。どっちが後ろよりに入るかで多少の譲り合いになったが、譲り合いの気持ちの薄い私が最終的には後ろ寄りに入った(爆)。

101216turiza2.jpg

ということで、6時に出船かと思いきや、なかなか船が出ずに、6時過ぎにやってきた渡船の客も一緒に乗せて出船(笑)。

どこか途中の波止でその人らを下ろした後にようやく釣り場に向かいはじめた(汗)。しんすけさんによると、たまにこういうこともあるそうである。

さて、風が強いがかなりぶっ飛ばして走り、それでも1時間ほどかかってようやく釣場に到着。釣り開始は7時20分頃だったが・・・

曇り空なのであまり明るくはない。風は思ったよりはマシで、波も和歌山のことを考えると凪と言って良いほど。

さて水深が確か80mほどのポイントだったと思うが、釣り開始。はじめは水深がだんだんと深くなり、90mくらいになった後は、逆にだんだんと浅くなっていって、水深65mくらいのところまで流してまた流し直しという感じだったと思う。

よく覚えていないが、底から5~20mほどの範囲でよくアタリがあり、水深で言えば85mから65mの間でよく当たってきた。

そして朝から快調にタチウオが釣れた。アタリも多いしヒット率も高い。食い気が良いようだ。ただし、アタリそのものは最初は小さかった。小さいけれども、コツコツと少しだが追いかけてくる感じだったので、まだ釣りやすいほうだった。

打率も高く、ほとんどエサを取られることなく、快調に釣り上げることができて、数はどんどん伸びて行く。型も比較的揃っていて、小さいなと思っても80センチ級、レギュラーが指4本サイズのたぶん90センチから1mくらいのものばかり釣れてうれしい悲鳴。

実は今回はひさびさにアルファタックルの安物竿(5千円くらい)、沖船LC30ー210号を引っ張り出してきてこれを使っているのだが、この竿だと大型タチウオには負けてしまうというか、竿が根本から曲がりすぎてバットの部分でPEラインがこすれてしまうほど・・・

それだけタチウオの引きも強烈ということだろう。ともかく、最初の1流しは絶好調。ほとんど入れ食いに近かった。

今回は、竿を小刻みにシェイクしてみたり、1mくらい上下にゆっくり上げ下げしてみたりと、ちょっと色々と変化をつけて誘ってみたが、食い気が良かったので、あまり関係なかったかもしれない。

101216fuukei.jpg

次の流しも好調を持続。良いペースで釣れ続く。

しんすけさんは、リールのトラブルなどあり、序盤はちょっと苦労されたが、その後は一気に追い上げて、たしか2回の流しが終わった8時半頃で、2人とも17~8本は釣れていた。

↓この時のしんすけさんのイケス。タチウオがあふれんばかりである。しかも良型揃い。

101216ikesu.jpg

数的には私と同じくらいだったが、釣れるのがことごとく良型ばかりで、いずれも私より一回りくらいは大きいものばかりと釣っておられた。うーむ、何か秘策があるのだろうか!?

とは言え、私が釣ったものも決して小型ではない。メーター級前後が多く、不満は無いサイズばかり。

この時点で数えてみると、まだ9時前で18本だから、これは下手したら30本は行くな・・・などと皮算用をしていたが、次の流しから不調に・・・

タチウオはその日のうちでアタリのパターンが変わるのだろうか、いつも途中でペースダウンする。

アタリも朝よりはすこし減ったということもあるのだが、同じような調子でアワせても乗らなくなるのである。テンヤの針がなまってきているのかもしれない。

この日の場合は、ここらあたりから、食い上げのアタリが増えてきた。大物の予感。

で、この食い上げのアタリをどうあわせて良いのか、自分の中で迷いがあっていまだによくわからない。

(1)食い上がった瞬間にすぐあわせる。
(2)食い上がったぶんの糸のたるみを巻き取って、そのままあわせる。
(3)食い上がったぶんの糸のたるみを巻き取って、さらにそのまま巻き続け、その後に竿が刺さったらあわせる。

せっかちな性格上(1)か(2)が多かったが、どれもいまいち、しっくりこない。面白いことに、(1)のパターンであわせて、手応えがなく空振りしたかと思って回収のために巻き上げると、ずいぶん上まで巻き上がってから突然竿先が引き込むというのが3回もあった。

いったいいつかかったのやら。食い上げてそのままタチウオもものすごい勢いで上に向かって泳いでいるのかもしれない。

また、逆に、(2)や(3)のパターンで食い上げの場合に、仮にうまくあわせてかけることができても、途中で抜けることが多かった。たぶん、かかりどころが浅いのか、かかる場所が悪いのか・・・

巻きあげ途中ですっぽ抜けるというのが3~4回はあったと思うが、いずれも食い上げのアタリでヒットさせて時だったように記憶している。

とは言え、食い上げでも何本か釣り上げることができたが、そのうちの1本、たいして引かないから小さいなと思って、竿を竿受けにセットして巻きあげながら他のことをしようと思ってラークにかけた瞬間に、竿のバット部分まで曲がるような強烈なしなりを突如として見せてびっくり仰天。

あわてて手で竿を持って適当にかわしながら巻き上げてくると、かなり太いタチウオが見えた。

抜き上げる時に重たくて船縁にぶつけてしまったが、なんとか無事に船内に取り込んだのは、指5本くらいありそうな立派なサイズ。

中乗りのT氏がメジャーを持ってやってきて、測ってもらうと何と117センチ!うーむ、惜しい。

一応ドラゴン級は120センチ以上ということらしいので、あと3センチ足りなかった・・・今年もドラゴンはお預けか・・・

ともかく、ちょっとアタリが遠のいたところで久々に釣れたので、うれしさ倍増。

101218tuttado-.jpg

↑写真撮影させてくれとのことで上の写真を撮ってもらったが、私は図体がでかいためか、タチウオがあまり大きく写らないのだろう、何回もポーズをとらされ都合3回は撮り直しさせてくれとかで少々参ったが(笑)。結構重たかったし。

さて、大型が釣れて気分も良くなり、ここから調子に乗るかと思われたが、あいかわらず打率が低下したままで、イマイチだめだった。

私とは逆に、中盤に猛烈な追い上げを見せたのはゴリオさんだった。

私がアタリも無くさっぱりだなーと思っている間に、入れ食いで6連発くらい釣られた。

タナを聞くと底のほうだそうで、私はもうちょっと上のほうをやりすぎていた。なので底を狙うが、やっぱりアワセが決まらず、伸び悩み・・・

10時半くらいからだったろうか、すこしずつ風も強くなってきて寒かった。

101216tenki.jpg

そんな訳で、たぶん強風のせいで船が流されるからだろうと思うが、二枚潮でも無いのに、潮がゆるいにもかかわらず、結構な頻度でオマツリが増えてきた。

これはたぶん釣り人のせいではなく、船が風で流されて、その修正が追いついていないためだと思う。

糸が前向きにダーっと出たと思うと、その後は船の位置の修正をやりすぎて、後ろに糸がダーっと出る。

前の大船長の時は風が強くてもここまではならなかったと思うが、新しい船長はまだこのへんの操船に慣れていないのではないだろうか?まあ、私は船の操縦などしなことないので、操船のせいではなくて、突風のせいかのかもしれないが・・・

いずれにせよ、今回のオマツリは釣り人の責任ではないと思われるが、それを釣り人のせいであるかのように言うのは間違いだろう。別に私が言われた訳ではないが・・・。

こんな時のオマツリは、お互い様で誰のせいと言う訳ではない。

という感じでオマツリが増えてきたが、不思議と私は比較的マシなほうで、それほどオマツリせず、また、タチウオのアタリももどってきて、しんすけさんやゴリオさんなどが修復している間に最後の追い込みをかけることができて、11時半の時点でなんとか21本と、20本の大台を超えることができた。

そして、最後の一流し、かなり風が出てきたものの、アタリもコンスタントにあり、また打率も回復してくれて、4本追加して12時に終了となった。

(結果)タチウオ75~117センチを25本。

101216cooler.jpg

うち、80センチ以下は2本だけ。

↓夏のレギュラーサイズ85センチ前後が12本。
101216chouka-regularclass.jpg
↑夏はこのサイズが釣れたらまあ満足していた。

↓この時期のレギュラーサイズ?メーター前後(指4本以上)10本。
101216chouka-meterclass.jpg

117センチ、ドラゴンまであと3センチ。
101216chouka-117cm.jpg

101216yubi5hon2.jpg

一応タチウオの目標は、釣り座が良ければ竿頭を狙い、そうでも無い真ん中辺なら竿頭の8割ということにしている。この日の竿頭は29本だったので、目標値は約23本ということなので、無事達成、満足である。

しんすけさんは、序盤や終盤に多くのトラブルに見舞われて時間を潰されたのにもかかわわず私とほぼ同数、ゴリオさんもこれまたトラブルに多く見舞われたが中盤以降に追い上げをかけて、だいたい同じくらいと、皆が20本前後釣れて、まあ良かったのではないだろうか。

というか、数よりも今回は型が良くてそれも大満足。これだけ良型ばかりがたくさん釣れたのは、もしかしてはじめてかもしれない。

お陰で、左手首が痛くてすこし熱を持って腫れている・・・。タチウオの祟りじゃ~。

メーター級のやつは脂がのっていてすごい美味しかった。炙りにしたらまな板が脂でズルズルになるほどだった・・・。塩焼きも最高に美味かった。YUKAも大絶賛。

これだけ型が揃って楽しめるとなると、次の潮回りでも行きたくなってしまうが、今回と同じ潮は31日なので、はたして年末は出船するのだろうか!?もう一回行けるかどうかはわからない。

タチウオ釣りにしようと言って下さったゴリオさんに大感謝である。また、往復の送迎もありがとうございました。

久々に釣りをご一緒していただいてたしんすけさん、また、しんすけさんのご友人の方、どうもありがとうございました。お陰でワイワイと楽しかったです。

また、良型が多く、釣りそのものも今年一番楽しいタチウオ釣りになりました。
釣り | Comments(10) | Trackbacks(-)

Comment

編集
仲政丸に行く予定でしたが、波が怖くタチウオに変更して頂き釣れない日だったらどうしようかと思いましたが、悪くない日でほっとしました(笑)。

またしんすけさんともご一緒でき楽しかったです。

カーク船長ありがとうございました。
しんすけさん、ご友人の方ありがとうございます。

忙しかったのですねーブログの更新がなかったので、仲政丸に行かれてるのだろうと思ってました(笑)。
追記是非ともお願いします。

水曜日雨の予報になっており木曜日は風が吹くのではないのかと心配してます。
仲政丸で鯛を釣り、釣り納めとしたかったのですが。
2010年12月18日(Sat) 17:48
編集
ヤザワの写真見ました。いい型の太刀魚ですね。

私は17日に名田屋に行きましたが、タコはさっぱりで太刀魚も3匹だけでした。前日からの波が残っておりタコはダメでした。太刀魚もあたりはあるのですがのりが悪かったです。

30日に釣りおさめで仲政丸に行こうと思っています。
2010年12月18日(Sat) 18:06
編集
今思い出しました(笑)潮の流れ見れるHPです。
http://61.199.216.98/hf-radar/realtime/main.asp
2010年12月18日(Sat) 19:44
編集
カーク船長さん

ごぶさたしています。この次の日に私もヤザワにタチウオ釣りに行きました。16本釣れました。レベルがひくくて恥ずかしいですが自己記録更新です。大きいので帰りのクーラーが重かったです。いつも釣れないので小さいのを持って行きましたらまんたんになりました。

ここのブログを読んでいろいろ勉強させていただいたお陰です。ありがとうございます。まだ修行が足りないので釣行記読ませていただきたいのでよろしくおねがいします。
2010年12月18日(Sat) 22:06
編集
度々すいません。
すでに見つけられてたのですね。
リンクの所に上がってるの気づいてませんでした。
2010年12月18日(Sat) 22:07
編集
今回はパスしようかと思ったのですが・・・・釣行記何とかアップしました。皆さんコメントありがとうございます。お陰様で書く気になれました。

>ゴリオさん

お陰でタチウオが釣れて良かったです。潮が良い日だったので私はどちらでも良かったからご心配なく。ただ、仲政丸の船長に木曜日に行くかもと言っていたから少し気になっていただけでして、それもちゃんと電話しておきましたから大丈夫です。

ちなみに、今日は忙しくてとても仲政丸に行けなかったのですが(空いていたそうです)、明日は行こうと思っていたら、何と団体さんの予約で満員で乗れませんでした。

来週は変な天気ですよね。月から水まで雨みたいで・・・木曜まで大丈夫でしょう。金曜から冬型になるみたいですから。都合合えばまたよろしくです。

潮流のページありがとうございます。コメントを拝見してすぐにリンクに入れたので、教えていただいて知りました。お礼というかレスがおそくなり失礼しました。


>モリさん

どうもこんにちは!先日はウエシマでもお会いしてびっくりでしたが、そう言えばその時に名田屋に行かれるとおっしゃってましたねー。もしかして、あちらのタチウオは鹿ノ瀬沖でしょうか!?

30日に仲政丸ですか、もしかしたら私もその前後に行くかもしれませんので(例によって天気を見てから予約ですが)、もしお会いしましたらよろしくです。


>T夫さん

どうもコメントありがとうございます。次の日でしたかー、一日違えばお会いできましたね。記録更新おめでとうございます。

平均して型が良いから15匹もあれば結構なみやげになりますよね。

たいして参考にならないとは思いますが、釣行記もアップしましたので、少しでも何かの足しになればと思います。今後ともよろしくです。
2010年12月18日(Sat) 22:29
編集
まずは爆釣おめでとうございます^^

しんすけさんもゴリオさんもかなり釣れたみたいでおめでとございます☆

先日にヤザワさんのHPをみたら太刀魚爆釣との情報が、、、
これは行かねば!?と思い月曜日(20日)の天気をみると午前中だけ雨、、、
う~~~ん、、、雨は大っきらいと言いますか。。万が一にでも風邪を引くと仕事にえらく影響するんで止めにしました。。。
とりあえず今年の釣りは先月の傳八屋さんの釣りで終わりかと思います^^;

年始は天候によりますが4日に時間があるんでどこかに行きませんか??
出来れば坊主の無い釣りで^^;
2010年12月19日(Sun) 09:04
編集
だいさん、こんにちは!年末は忙しいんですね。風邪などひきませんように。

来週明けはしばらく変な天気ですねー。後半からはまた寒波がやってくるみたいで、私も予定が狂いそうです。

年明けの4日は、私もたぶん休み取れると思いますので、都合あいましたらよろしくお願いします。天気や釣れ具合もありますので、また近くなったら決めましょう。
2010年12月19日(Sun) 13:02
編集
カーク船長へ
太刀魚はヤザワと同じ淡路、須磨沖です。大阪湾の太刀魚はそこがメインです。泉佐野の船も須磨の船も明石の船もみなそこに集まっています。
連れは23日の朝から仲政丸に行くそうです。午後便を聞いていたのですが、やはりメジロが回ってきており午前便を勧められたようです。
2010年12月19日(Sun) 23:13
編集
モリさん、こんにちは。

そうですか、この時期のタチウオはみな深場のポイントなんですね。私が行ったことは無いですが、たまにチェックしている船宿(釣り船かどの)というところが以前に鹿ノ瀬沖にタチウオで出て、浅いので手返しよくたくさん釣れるというのを見たことがあったので、もしかして・・・と思いましたが違いました。

私も23日を候補と思っているのですが、明日も無理すれば休めるので、どっちにするか未だに迷っています。このままメジロが上向くのかどうかも見極めたいですしねー。
2010年12月20日(Mon) 08:53












非公開コメントにする