カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 午後便タチウオ食い気活発も・・・

午後便タチウオ食い気活発も・・・

2010年11月13日(土)ヤザワ渡船乗合船
潮@神戸〜小潮
干潮:5:36、7:02  満潮:6:38、14:54
日出〜6:30 日没〜16:56
天気〜曇り?黄砂のためか視界悪し
波風〜風はあまり無し、海上凪
釣り場〜須磨沖

竿〜ベイリア・タチウオテンヤ2.4m穂先「壊」
リール〜ハイパータナコン400FBe(道糸PE3号)
仕掛〜ワイヤーリーダー50cm、タチウオテンヤシングルフック40号、ケミホタルや発光体等は付けず(ヤザワでは禁止)
エサ〜冷凍イワシ

101113shio.jpg

(結果)タチウオ70〜115センチを16本。

さて、今週は釣りに行かないつもりだったが、ヤザワのHPを見ていると今週末も午後便のタチウオが出るようである。潮を見ると午後から割と良さそう?

日曜は仕事があるし、来週は月曜も忙しい。土曜は休みであるが、家でやる仕事もある。土曜に朝から釣りに行くと体力を消耗してその後の予定が大幅に狂うが、午後便ならなんとかなりそうである。

釣り時間が短いので他の船にするとか言いながら、釣り時間が短いことが幸いしてかえって出撃できるという不思議なことになっているが、ともかくヤザワなら家から20分余りと近いしなんとかなってしまった。

ということで、またまた1人寂しく孤独な出撃。仲政丸に行くときは孤独とか思わないが、客の多い大阪湾の船のほうがひしひしと孤独を感じる。

孤独というのは1人でいるから感じる訳ではない。たくさん人がいる中のほうが強く感じるものなのである。私はテレビをつけるたび、新聞を見るたびに孤独を感じる。世論と自分があまりにもかけはなれているために・・・

と関係ないグチはやめにして・・・

昼の12時半までに受け付けとのことなので、12時頃に店に行って受け付け。3〜4名のグループが4つほどあり、いずれも左右の前後の端から入っていて、中央付近しかあいていなかった。

ヤザワ大船長(引退?)の指定は7番。数字だけ見るとラッキーセブンだが・・・

101113turiza.jpg

12時すぎに桟橋に到着。午前便の帰港を待つ。しかし、ここの船着き場はあまりに殺風景すぎて、いつも殺伐とした気持ちになる。やっぱり和歌山の漁港とは雰囲気が全然違う。

などと1人わびしい気持ちに浸っていると、午前便が12時40分頃にもどってきた。

101113gozenbin.jpg

客を入れ替え、すぐに出船。

船長は午前便も午後便も前回に来た時の若い船長だった。中乗りは午前便は0氏だったが午後便はT氏。

船は1時間ほど走って須磨沖のたぶんかなり淡路寄りのあたりだと思われるが、黄砂で視界が悪く陸地がかすかにしか見えない。

101113shikaifuryou.jpg

午前便の居残りなのか、よその午後便かわからないが、まだ少々船がいた。

水深は85mほど。第一投、着底後すぐに5mほど上げて、ジワジワと巻き上げてくる。と、75mほどでアタリ。すぐに食い込んであわせるとしっかり乗った。無事巻きあげ1本目をゲット。80センチ以上はあるまずまずのサイズである。

その後、同じくらいのタナで同じサイズを1本ゲット、2回食い逃げ。と、最初の1流しの約40分ほどは4打数2安打と微妙な感じであった。

ところで最初の一流しを見た感じ、後ろに入られたご老人組4人衆の動向が気になる。トモに入った人は比較的経験がありそうだったが、私のすぐ隣の人は手巻きリールで、会話によるとどうもあまり釣りをしたことが無さそう。耳も遠くてこの後私がオマツリしないようなコツをお話申し上げたのも、あまり聞こえなかったようである。

ただ、最初のうちは、それほどオマツリは無かった。というか、4人の間ではげしく祭りあっているだけで、私のほうには被害なし。次の流しも大丈夫だった。

次の1流しは入れ食いタイム。

水深は90mだったが、60mあたりで仕掛が落ちて行かなくなり、食い上げのアタリが多く、大型が多かった。

かなり活性が高く、ジワジワ巻き上げるより、早巻きしていると一気にグイーンと竿を引っ張り込む。

65mまで落として、比較的早めにリールを巻き上げていると、60〜55mの間でいきなりギュンと竿をひっぱりこみ、しっかりかかってくれる。かなり高活性なようだ。

このことに気づいてしばらくは入れ食いタイム。しかし、徐々に後ろの方々とオマツリするようになってきた。Tさんにお世話になる時間が多くなる。

そんな中でもオマツリしながらもオマツリをといている間もバレずに一番大きな115センチが無事上がってきたので一安心。

2流し目の約40分ほどで何と11本も釣れ、合計13本。時計を見るとまだ3時半・・・これは、下手したら30本くらい行くか!?と思われたが・・・

その次の流しからはオマツリ地獄。一応気をつけてくれているみたいだが、4人の中でオマツリさせないようにしていると私のほうに糸が来てオマツリすることが増えたような気もする。

知らぬ間に底をひきずっているのか?あと私の隣の人は手巻きリールなのだが、タチウオがかかったのに気づかずに走らせてオマツリとか、タチウオがかかって上にむかって泳ぐ時にしばらく引かなくなるのをバラしたと勘違いして放置して走り回らせてオマツリとか、他にもいろいろあったが、ともかくしょっちゅうオマツリ。

で、オマツリしてすぐに気づいて仕掛を上げれば比較的軽症で済むところを、ぜんぜん気づかずにやっていて深刻でほどけないような滅茶苦茶なオマツリに発展してしまったりなど・・・

という感じで3流し目と4流し目はろくに釣りにもならず・・・

そのうち薄暗くなってきて、タチウオのタナが浮いてきたのか、50〜80mの間ではアタリが出なくなり、完全に暗くなると浮いてくるそうなのでみんな比較的上のタナを狙うようになった。

するとようやくオマツリ地獄から解放された。タチウオも30〜40mくらいまで浮いてきているのか、35m前後でアタリが出だした。ところがアタリが小さい。

しかしまわりを見ると、その小さいアタリで乗るとでかいのが来るようである。前のほうでは130センチも上がった。

私も小さいアタリをとらえてようやくヒット!と思ったら、この日最小の70センチ級であった(笑)。

浮いてきている大型タチウオ、この日はどうも固い竿ではだめなようで、食い込み重視のやわらかいほうが良さそうだった。浅いと出ている糸も短いしたるみ等も無いので、竿の固さがダイレクトに伝わるのだろう。

深場では固めの竿が良さそうだが、浮いてきている時間帯はやわらかい竿に変えたほうが良いかもしれない。とは言いつつ、暗くなってからの釣り時間は1時間も無いので、そこまでするのは面倒かもしれない。

釣り時間が4時間程度と短い上に、オマツリで釣りにならない時間が結構長く、後半はアタリも拾えず、ということで数も思ったほど伸びずにかなりストレスがたまってしまったが、平均して型が良く、クーラーはそれなりに重たくなっていたので、まあ満足して釣りを終えた。

101113chouka.jpg

(結果)タチウオ70〜115センチを16本。70センチ代は3本だけで、あとはまあまあのサイズ。メーターオーバー4本。よく引いて面白かった。

この便の竿頭は何と38本!タチウオ釣りでは竿頭の8割を目標にしているが、今回は達成できずに半分以下の釣果と言うことで残念無念。まあ38本の次が22本だったようなのでこの人が特別良かったのだろう。でも次の22本の8割以上としても18本・・・それも行かず。

このの活性なら正直20本は釣りたかったが・・・

今回は仕事の都合で時間が取れない中の無理矢理の釣行で、釣り時間が短いのがありがたかったが、余裕があれば、7時間くらいタチウオ釣りのできる船で1日しっかりタチウオ釣りを楽しみたいものだ。オマツリの無い状況で(笑)。
釣り | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
なんか釣れた割にストレスが溜まる釣りになった感じですね^^;

んで、、長時間の太刀魚釣りその釣りはいつになるのでしょうか??(笑)

けれど今月は船釣り(船長さんと)、釣堀とお金を使いすぎな気が。、、
飲み会もあるし12月は忘年会も。。。

どちらも2次会をやめれば釣りにも行ける気がするんですが飲みだすと歯止めが利きません^^;
2010年11月14日(Sun) 11:36
編集
こんばんは。
実釣4時間でお祭りが多いといらいらしますね。
僕なら文句を言うか場所の変更をアシスタントに
言ってたかもしれません。
カーク船長はやさしいですね。
ここ何日か数が上がるようになって来ましたね。
ようやくでしょうか。
今日17日に以前行った泉佐野の船に予約しましたが
5人以上の出船なので出るかどうかは前日まで
判りません。
太刀魚は50日くらい開いているのでわくわくします。
私は最近海が荒れて出船できない日が多いので
水無瀬の管理釣り場でアマゴを釣っています。
細いラインと軽いロッドで海とはまったく違った感触で楽しんでいます。
ぼちぼち日本海のハマチジギングに行きたいとも思っていますが出船率が下がってなかなか行けません。
敦賀の豊漁丸では爆釣のようですね。
2010年11月14日(Sun) 20:02
編集
遅くなりました。今日は午後から仕事でして・・・

>だいさん

そうですねー時期的に次で最後かと思ってますが、また2週間後にはゆっくり楽しみたいと思っています。12月1日に休めないか画策中です。

私は来月に臨時収入が複数あるので、年末は景気よいです(笑)。


>おっちゃんさん

まあ、オマツリのことは実質は30分もロスしていないとは思うのですが、気分的に参りました。

私は敬老精神とかほとんど無いほうですが、でも、中乗りさんに注意されていて(そんなきつい言い方ではなかったですが)しょげているじいさんにさらに追い打ちかけるようなことは言えませんでした(笑)。

前半私だけ入れ食いタイムがあってその時は気分良かったので、それで満足することにしました。17日は頑張ってきて下さい。

アマゴ釣りも楽しそうですね。また美味しい魚ですもんね。毎年冬になると行こうかなと思うのですが、まだ行けてません。

日本海もハマチは好調ですね。これからは出船できるかどうかが難しくなってくるでしょうが。

もしかしてM飛龍さんが行ってないかどうか豊漁丸のHPをチェックしたのですが、写真には写ってなかったです。
2010年11月14日(Sun) 21:24
編集
さっきY船の釣果ブログ見ましたが、竿頭のT市のMさんは、お会いすると挨拶する程度の知り合いの方ですが、いつもは22番が指定席です。この日は11番だったようですね。いつもマシンのように釣られます。電動をゆっくりめに巻きながらアワセがうまく、ほとんどハズレなく掛けられます。超常連さんで、竿とリールは船に預けられています(笑)。
2010年11月15日(Mon) 14:00
編集
しんすけさん、どうもこんにちは。

今日の竿頭の人ですかねー。40本超えはすごいですねー。
この潮回りが今年のピークなんでしょうかね。だったら平日休んで行きたかったですが、仕事も忙しいので残念無念・・・次の潮回りに期待します。
2010年11月15日(Mon) 14:41
編集
期待を裏切りました~!
先週末は、休漁しました。(笑
メジロサイズにもう少しのようで、そろそろメジロ・マハチも良いかなと思いますが、まだマイカが沢山釣れているようで、そちらも考えてしまいます。

今シーズン、タチウオはまだ1回なので、次回は
カーク船長のように沢山釣れる日に行きたいものです。
2010年11月15日(Mon) 22:47
編集
今年の一月に電動リールの書き込みした者です。

14日に谷川から出船している船でタチウオ釣ってきました。神戸沖まで行きましたが、すごい数の船でした。ヤザワの船も見かけましたよ。沢山の方が乗られてて、お祭するのも納得できるかもな感じでした。私が乗った船の船長は、ヒカリモノが好きで、沢山の釣り人がいてると餌負けすると、ケミホタル75とLEDの点滅ライトを付けて釣ります。釣果は10人中2番目の41匹でした。

ことしも和歌山でメジロが釣れると良いですね。
2010年11月16日(Tue) 09:04
編集
>M飛龍さん

いやー、てっきり行かれたものかと(笑)。タチウオは次の潮だと12月の頭頃でしょうね。やっぱり船が少し少ない平日に行ければ理想的だと思います。


>のぶさん

どうもお久しぶりです。コメントありがとうございます。10人の船とはうらやましいですね。やっぱり乗せている客が多いほど分配率も下がる気がするので、そういう船を私も探しているのですが、なかなか見つかりません。
それにしても41本2番目はすごいですねー。かなりの腕前ですね。うやらましいです。

メジロは去年みたいなことは無さそうな気配ですが、あの引きは未だに忘れられませんねー。なので、また来て欲しいですね。
2010年11月16日(Tue) 13:07
編集
>しんすけさん

今頃気づいたのですが、T市のMさん、連チャンですね。

そして日曜日の写真を見てこれもさっき気づいたのですが、この方、私の行っていた日にも来てまして、オマツリ地獄の一番トモ席(11番)に入っていた方でした。8-10番の方とは連れではなかったのかもしれません。

この方もほとんど釣りにならなかったようで、土曜の午後便ではこの方の釣果もでていませんね。

それにしても3日連続で釣りするとはすごい方ですね。
2010年11月16日(Tue) 16:05












非公開コメントにする