カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP怒り ≫ マスコミの矛盾

マスコミの矛盾

今回のビデオ映像の中身が果たしてそんな大層な「機密」にあたるのだろうか?

ほとんどの日本国民は、日本の領海内で違法に操業していたとみられる中国の漁船が海上保安庁の船に意図的にぶつけてきたと聞かされていて、その内容はすでに皆が知っていること。

もちろん実際の映像は公開されていなかったが、映像の内容はその事実を単に確認できたものにすぎない。だからその「実質的」な内容を「国家機密」と言ってしまうのは、あきらかに大げさだし過剰だろう。新たな新発見など含まれていなかった。果たしてどこまで罪に問えるのだろうか?

この程度のことを犯罪者と言っているが、釈放された中国人船長は見逃して、どうして今回のは有罪なのか?今の政府は法律を自分たちの好き勝手に「運用」しすぎではないだろうか?

確かに、組織の情報を勝手に一般公開したのは問題あるのかもしれないが、ここで1つ疑問が生じる。どうして簡単にできてしまったのか?

日本という国は世界的にもめずらしく、国家機密のたぐいまでダダ漏れらしいのでスパイ天国だとか。今回の映像の管理も結構いい加減だったから簡単にもれたのだろう。

では、どうしてそんなに情報がゆるゆるで漏れるようになったのか。それは、マスコミの責任なのである。

マスコミは、ことあるごとに、政府や国の機関は機密を隠れ蓑にして悪いことをしているだの、国民に知らせるべき重要な情報を隠しているだの、はっきり言ってどうでも良いことや本当は公開したほうが国益を損なうようなことなどいちいちほとんど議論させずに、ともかく「情報公開」こそ正義と言ってきた。それが日本のマスコミである。特にA新聞とN放送協会など。

さらに、それらのメディアは、組織の秘密を暴く「内部告発」を奨励していた。

今回のビデオの公開も、政府がうやむやにしようとしている中国人船長の犯罪(とその免除)の問題に対する内部からの異議申し立て、一種の内部告発とも受け取れる。

ところが、内部告発的なことをさんざん奨励してまた煽ってきたA新聞やN放送協会ほど、今回映像を公開した海上保安庁の職員を犯罪者にしたくてしょうがないような論調で報道し、そういうふうに世論を誘導しようとしているというのが興味深い。

問題の優先順位から言うと、私はたぶんこうだろうと思う。

A。日本は簡単に国家機密が漏れやすい、ルーズな国であるということ。
B。中国人船長の違法行為を政府(検察?)の勝手な判断で不問にしたこと。
C。海上保安庁の職員が不適切な手段で映像をもらしたこと。

どう考えても

A>B>>>C

だろうと思う。ただし、今回の映像が国家機密のたぐいに当たるとは思えない。隠すことのほうがむしろ中国の言いがかりを放置して日本の行為(船長の逮捕=海上保安庁の行為)の正当性をあやうくすると思われる(国民一般が見たいかどうかは無関係)。

まあ、船長を釈放している時点でこっちから主張を引っ込めているから、あの時点でもうアウトなのだろうが・・・。映像の非公開はその失策を隠すための意図もあったと思われるから、やはり政府の失策を暴くという点では公開は良かったと思う。

だから、A新聞やN放送局その他多数からなる民主党政府を応援しているメディアは映像の公開に批判的だろうし、そうでない産経新聞などのマイナーなメディアは映像を公開したことを少し肯定的に報道している。

が、根本的な原因は、日本のマスコミ内の多数派がこういう国にしてしまっている、領土も国家機密も守れないような国になるように世の中を誘導しているということが最大の問題なのだ。

・・・と、ここにこんな事書いても無意味だな。
怒り | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする