カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ 真鯛のキモ他

真鯛のキモ他

さて、今回アイノセで船から綺麗な真鯛が釣れたので早速刺身にして食った。

一番大きな真鯛は天然にしてはかなり脂が乗っていて、肝も大きかったので、思い切って食べてみることにした。

101106kimo-sashimi.jpg

写真の上側はイサギ、下側は真鯛の刺身。中央は真鯛のキモ。

キモはさっと湯通しして、あとは肝醤油にして刺身とからめて食べたが・・・美味い!

キモだけで食べてみても、カワハギの肝よりはあっさりしているが、似た感じで美味しかった。

ただ、天然の真鯛は肝の大きさにばらつきがあり、もう1匹の真鯛は肝がごく小さくて真っ黒だったので食べなかった。

養殖の魚は同一ロット(?)ならだいたい品質は一定のよう(?)だが、天然ものは釣れた時期や場所のちょっとした違いでも違うような!?感じでともかく個体差が大きくバラつきがあるので、1匹ずつ試してみないとわからないかもしれない。

ちなみに今回のはイサギの刺身も脂がのっており美味。イサギは塩焼きもかなり美味しかった。

写真ではわかりにくいがこの時期にしてはずいぶん脂がのっていた。

101106shioyaki.jpg


それから、我が家では定番のアクアパッツァ。

101108aquapazza.jpg

この後にパスタを入れて食べるのが最高に美味い。

今回のイサギは配りすぎてもうあまり無いので、また近いうちに釣りに行こう・・・




話はさかのぼるが、波浪ブイで釣った本ガツオの切り身を真空パック保存して時々食べているが、1週間ほど前に食べてもまだ美味しかった。

カツオのステーキ。

101101katsuo-steak1.jpg

表面にニンニクやハーブなどで味付けした後、フライパンで表面をよく焼き、全体にはレアに熱を通す。

101101katuo-steak2.jpg

少し厚めに切って特製ソースをかけて頂く・・・はっきり言って、肉より美味いと思ってしまう今日この頃。

真空パックだから時々出して、その都度ソースの味付けを色々変えると飽きずに何度もカツオステーキを楽しめる。
料理 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする