カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP音楽 ≫ 五木ひろし・・・

五木ひろし・・・

このところ、「五木ひろし」にはまっている。

五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション
(1996/10/21)
五木ひろし木の実ナナ

商品詳細を見る


ひろしは良い。

子供の頃には何とも思わなかった、むしろ毛嫌いしていた演歌だが、最近は一番落ち着く音楽である。

まあ、私はもともとクラッシックが好きだったのだが、古典?要するに、一時の流行で消えてしまうような音楽ではなく、長い期間残るようなもののほうが価値あると思っている。まあ、演歌がどこまで残るかわからないし、そのうち消えてしまうのかもしれないが・・・

ともかく、演歌は良い。理解するには年をとらないとだめなのだろうか?私の場合、年を取って、とにかく流行のもの、マスコミをにぎわしているものが大嫌いになってしまったこととも関係しているのかもしれない。

そうなると、過去にさかのぼるしか無い訳だから。

ひろしのナンバーで(笑)特に気に入っているのはこれ。

「倖せさがして」


五木ひろし、顔をよく見ると、ウド鈴木に似ている。

この曲の冒頭、「あたなのために生まれてきた」あたりは、ちょっとウザすぎる感じがする(笑)が、全体にはやはり、いまどきの男女共同参画な人々からは思いっきり反感を買いそうな内容が(100%共感するわけではないものの)素晴らしく良いのだと敢えて言っておこう。

特に、2番の歌詞が良いなと思った。

からだのために?悪いと叱って?

お前はタバコを笑ってとりあげる?


私はやっぱりこういう女性が素晴らしいと思う。自分と一緒になってタバコをスパスパ吸うのではなく、タバコをやめさせようとする、それもガンガン口うるさく母親みたいに言うのではなく、やんわり女性らしく振る舞いつつ指摘するいじらしい女性である。妹よ、見ているかな(爆)。

まあ、タバコは一例にすぎない。男のやる事と言うのは何事も暴走しやすい側面があるので、それに一緒に乗っかるのではなく、やめてくれと言う女性、それも頭ごなしにではなく、彼女のためにやめなければ、と思わせるように言ってくれる女性が最高である。そういう女性が男に生き甲斐とやる気を与えてくれるのである。

ちなみに、今、世の中で禁煙の大合唱がわき上がっているが、逆に私はタバコを吸おうかと思っている。というのは冗談だが(呼吸器系が弱いので吸えない)、やめろとマスコミが言うなら、逆に吸うべきなんじゃないかと思う。

タバコが体に悪いのははじめからわかりきっていた事なのだから、それでも好きで吸っていたと言うからには、簡単にやめずに吸い続けて、意地を見せて欲しい(笑)。というのは冗談である。

音楽 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする