カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 小浜でマイカ釣り快調

小浜でマイカ釣り快調

2010年8月25日(水)マイカ(ケンサキイカ)釣り

かどや丸@福井県小浜市

天気〜曇り一時雨(出船前と釣りの途中の一時)、後晴れ
波・風〜ベタ凪

日没〜18:35 月齢〜15.0
月輝面〜99.7%
月出〜18:33 正中〜0:10 月没〜5:40

100825shio.jpg

さて、田舎に帰る前に処理しなければならない仕事が山積みで忙しいと思っていたが、びっしりやると案外早く終わって時間ができてしまった。

そんなこともあり、マイカ釣りへ・・・

今回はいろいろあって最終的には1人で小浜方面へ向かうことになった。

出船は午後4時半とすごく早い。釣り場が遠いことと、場所取りということもあるのかもしれない。

ということで、仕事を午前中で終えて午後に出発。

今回は豊後スッテを試してみたかったので釣り具のブンブンに寄るが3号の大きめのしか無かったので買わず。

かわり?という訳ではないが、「アカイカ・マイカDX180]という竿を買った。今回はこれを使うことにした。

その後宝塚ICから高速に乗り、途中で昼飯を食い、小浜西ICを降りたのが3時頃だったろうか?

港の近くに着くと、藤田釣具店という店があり、ここに豊後スッテの2.5号が置いてあったので購入。そこから船まではすぐで、3時半には到着。着いた順に荷物を置いて場所取りして良いそうなので、どこに入ろうかと船に近付くと、船尾の両舷と、船首の左舷が埋まっていたので、船首の右舷に入ることにして荷物を置いた。

100825turiza.jpg

で、まだ1時間ほどあるので退屈していると、急に夕立が降ってきたが、おかげで涼しくなった。不思議なことに出船時間になると雨もぴたりと止み、お客さんも揃ったので4時半に出船となった。

100825katoyamaru.jpg

この船は料金が9,000円と敦賀よりだいぶ安いが、氷が付いていないことだけは要注意である。私は職場の製氷器からどっさり持っていったが、普通は自分で買うなり用意しなければならない。それでも安いほうだとは思うが。

船長は、早口でよくしゃべる気さくな人で楽しめそうな感じ。どんなスッテが良いかと聞いても何でも良いということだったが、豊後スッテが一番無難だろうという話だったので、やはり試してみることにした。

5連の豊後スッテを買ってきたが、なんとなくスッテ5個だと物足りない気がしたので、上にエギ1つとスッテ2つ、下にエギ1つを追加して連結して、スッテ9個でやった。

100825suttes.jpg

しかし、後から考えると手返しが悪くなるので、スッテは少なめにしたほうが良いかもしれない。この点については下の方でまた書くことにする。

さて、出船してポイントまでは1時間半もかかるらしい。水深130mくらいのポイントまで行くそうだ。ということなので、睡眠タイム(笑)。エンジン音が静かになったので起きあがると時間は6時過ぎ、いきなりアンカーを入れて停船したのでかかり釣りなのかと思ったが、そうではなくて、まだ早いから食事&休憩タイムらしい。

船長他、みなさんで食事したり休憩したり。30分ほどゆっくりして薄暗くなってきた7時前になり、アンカーを引き上げて、パラシュートアンカーを投入、点灯して釣り開始となった。

水深は50mまでをさぐってそれより深くは落とさないようにとのこと。オモリは60号。

釣り開始から10分くらいして、カウンターのメモリで45mくらいでアタリが出た。ここから忙しく、ほぼ入れ乗りで釣れるし、時にダブルやトリプルもある。サイズも胴長で20センチ以上あり25センチ以上もたまに混じるのでかなり引くし面白い。

また、今回新調した「赤イカ・マイカ」という竿だが、短い竿なのに、かなり弾力があってイカの引きをかわしてくれるし、食い込みも良いように思った。

開始後2時間くらいは順調に釣れて、このぶんだと100を超える!?という感じだったが、徐々にペースダウン。それでも退屈することなくアタリは続いた。釣れた水深は35〜45mくらいが多く、あまり浮いてくれなかったようだ。

ところで、釣れ始めると船長も船首のところで釣りをはじめた。船長の仕掛はエギ1つにオモリスッテ1つだけのシンプルなもので、この仕掛でずっとやっていたが、これでも私とほぼ同じペースくらいで釣り上げていた。

というのも、スッテが少ないので手返しが早い。私のほうはスッテ9個、豊後スッテは間隔も広いので手返しが悪い。9個のスッテで下のほうに1杯ついているだけだとかなり時間をロスしてしまう。

また、スッテもだんだん使っているうちに汚れてきて、いくら歯ブラシでこすってもダメになってくるし、かじられてボロボロになってくる。こうなると新しいスッテに変えたほうが良いのかもしれない。いつも後半になると乗りが渋る原因の1つではないだろうか?面倒なので今回も変えなかったが・・・

ということで、今回の反省としては、後半はスッテの数を少し減らして、スッテもボロボロになったりドロドロになったのは新しい綺麗なものと交換したほうが良いように思った。

時々アタリが遠のくと深いタナ、50m少々まで落としてみたりしたが、そうするとスルメイカが釣れたりした。

また10時を過ぎて釣り時間も終盤に入り、よく釣れているタナ(40mくらい)では小型が多くなってきたし、アタリも小さくなってきた。

船長や船首に入った常連さん(この人も少ないスッテで誘い続ける釣り方をしていて、私が50杯くらいの時にすでに80杯を釣っていた)も比較的浅いタナで釣れているようだったので、私も浅めのタナを狙うことにした。

ただ、浅めのタナだと、置き竿のゆっくり巻き上げでは乗らないようである。

私には30mより上ではあまり釣れていなかったのだが、船長や常連さんの釣り方を少しでも真似して、頻繁に誘いをかけたり空あわせしてみたりというやりかたでやってみると、20mくらいでもかかるようになった。サイズもまずまず。

11時過ぎ、置き竿でジワジワ巻き上げしながらYUKAに状況報告の電話をしていると、カウンター表示20mで突然竿先がいままでにないような突きささり方をしたので、あわてて電話を切り、慎重に巻き上げてくる。何度も締め込み、リールの回転も止まったりしながら上がってきたのはこの日一番のサイズのマイカだった。

100825ORE.jpg

写真撮影してもらい、その後船長がメジャーを持ってきて胴長を計ると、何と35センチ!

すごい引いて面白かった。また、この竿はよくしなる。

さて、釣り時間は11時45分までという船長からのコールがあったので、あと30分ほどとなった。残りの時間でラストスパートをかけたいところだが、後かたづけなどをしながらの釣りとなったので、小型がぽつぽつというペースでしか釣れず、念願の3桁には届かなかった。

しかし、十分に釣れて楽しめた。船長もきさくで陽気なので気楽に釣りができる。

(結果)マイカ胴長11〜35センチを76杯。スルメイカ胴長20ー25センチを6杯。

100825chouka.jpg

小型、胴長11〜15センチはビニール袋の中、約30杯ほど。
100825kogata30hiki.jpg

スルメイカまずまずのサイズ6杯。
100825surumeika6hiki.jpg

マイカ最大サイズ1杯。胴長30センチオーバーはこれ1杯。
100825oogata.jpg

船の上で船長に計ってもらった時は確かに35センチあったのだが、2センチも縮んでしまった!
大きなサイズの味と固さを確かめたかったが、田舎に置いてきて食べなかったのでわからない。

今回はじめて小浜の船に乗ったが、敦賀の大きな船も安定感という点でかなり良いのだが、今回の船は船長のキャラクターが良かった。というか、あまり大きな船でないためか、船長と客との距離が近いというか、今回は色々とお話をさせてもらって楽しい時間がすごせた。

まあ、私の釣り座が船長の釣り座の横だったということもあるかもしれないが、大きな船だとこうは行かないだろう。

距離については大阪市内からだと小浜のほうが敦賀より少しだけ近いが、道が悪い(高速で1車線の部分が多い)点が少し残念。しかし高速代がかなり安いので財布には優しいし単独釣行もしやすい感じである。

今回、釣れているポイントが遠く、帰港が1時半くらいになってしまったため、帰宅したのが3時半すぎであった。これだと後かたづけして寝るのが5時過ぎになってしまう。

もっと近いポイントで釣れていたらもっと早く帰れるかもしれない。

今回は睡眠時間4時間ほどで、かなり寝不足のまま北海道へと着いたが、さすがにとても涼しくて、何ヶ月かぶりに寝汗もかかずに快適に10時間近くも熟睡することができた。
釣り | Comments(14) | Trackbacks(-)

Comment

編集
76すごい数ですねー

かなり釣果に幅があるみたいですが、釣れる人と釣れない人は何が違うのでしょうかね

船長も人がよさそうで行ってみたくなりました。
船代、高速代安いので一人でも行けそうですし(笑)。
2010年08月30日(Mon) 18:19
編集
帰省されてたんですね、お帰りなさい。
北海道が故郷とは羨ましいですな~。

それはそうと、これまたタイムリーな小浜への釣行。
ホント釣り場の選択が秀逸ですね。
なかなか、こうはいきませんよ。
大漁、おめでとうございます。

この船、私自信は乗った事はないのですが、釣友が昨年から利用しているのでHPは時々見ていました。

そうですか、あの竿と豊後スッテ使われましたか!
あの竿、なかなかイイでしょー!
大イカの釣り味も味わえて最高ですね。

スッテの数の件ですが、私も今年に入りスッテの数を7本から一気に12本に増やし、一度に多くのイカを乗せてやろうと欲張ったのですが、今のところ何一つ良いことがないです。

※手返しが遅くなる(効率が悪い)。
※以前よりトラブル(手前マツリ)が増えた。
※全長も10mから20mと長くなった分、動きが鈍くなる(竿の動きがしっかりとスッテに届かない?)
※当然、他人とのオマツリが増えた。

今年、3回やってまだ爆乗りタイムがないので何とも言えませんが、スッテを10本以上と多くつけるのは、大きな群れが入った時の為の奥の手として取って置くべきかもしれませんね。

実は今、釣友と「豊後スッテ」について、色々と意見を交わしてる最中なんですよ。
タイムリーにも、今回豊後の上下にエギなどを付けられて試されたとの事。
もしよろしければ、その辺のところ聞かせてもらえればと思います。
2010年08月30日(Mon) 20:32
編集
>ゴリオさん

一応三桁を狙っていたのですが(笑)、十分たくさん釣れたので満足できました。写真で並べている中型以上が40杯以上なので、量的にもかなりのもんでした。

釣れる人と釣れない人の差ですか?何でしょうね?最初は釣り座かと思ってましたが、それよりスッテの違いのほうが大きいのでしょうかね?いまだにわかりません。



>良師さん

竿、とても良かったです。短いのにしなやかで、アタリもはっきり出ますし。

今回のスッテですが、写真でわかりますでしょうかね?一番上にエギ、その下に赤緑の布巻きスッテ、その下に赤白のスッテ、その下から豊後スッテ5つ、一番下にエギでした。

上の3つのスッテは幹糸部分も自作したもので、間隔は一ヒロ弱、ハリス長は約15センチ。

一番下に付けたエギは、豊後スッテの一番下とオモリの間の幹糸部分(かなり長い)の真ん中あたりにくくりつけました。ハリス長は15センチくらいです。

しかし、いつもそうなのですが、一番上と一番下のスッテはあまり乗りません。さらに、上の3つのスッテには乗りが悪かったですが、一番大きなアカイカは上から二番目の赤緑スッテでした。

一番下のエギは、上の3つのスッテよりは乗りましたが、多くは無かったです。

あと、不思議と下のスッテのほうが足切れが多い気がしました。上のほうに付いたイカを手でひっぱり上げているうちに切れるのかもしれません。

あと、9個のスッテのうち、よく乗ったのは真ん中より下のほうでした。

多くてもダブルまでがほとんどなので、スッテをたくさん付けるより、6個くらいにして手返し重視のほうが良いかなと思いつつあります。

あと、いつも一番上のスッテではほとんど釣れないのですが、原因は自作仕掛けのリーダー部分が短いせいかとも思っていますのでその点を改良して、あとは、どうせ釣れないならエギとか付けずに捨てスッテのつもりで今後は布巻きスッテを何か1つ付けようかなと思っています。
2010年08月30日(Mon) 22:16
編集
早速、詳しい情報ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。

写真、よ~く分かりますよ。

>いつもそうなのですが、一番上と一番下のスッテはあまり乗りません。

そうですか、私は一番上は乗らない事は多いですが、一番下は、その時によりますね。

結局、説明読んでると、豊後スッテに良く乗ったと理解してよろしいでしょうか?
後、豊後のスッテ間の間隔ですが、2m物または3m物を使われたのでしょうか?

質問ばかりで恐縮です。
2010年08月30日(Mon) 22:50
イカ釣り
編集
おはようございます。私は先月の末にかどやさんに乗りましたが、カーク船長の言われる通り気さくで面白い船長ですね。
先週敦賀の船に乗った時の船長のアドバイスは
スッテは6本まででよいと言ってましたね。枝間は1.5Mで良いとも。
最初は大きめの(3号)スッテやトトスッテなどを使ってやっていたのですが、船長からダメ出しをもらって、2.5号の浮スッテのみ6本でやったとたんイカが2ハイ、3ハイと乗り出しました。
船長のアドバイスはさすがですね。
最近の釣果は日ムラがあって9月の行先は小浜か敦賀か悩んでいます。
2010年08月31日(Tue) 05:41
編集
>良師さん

そうですね、豊後スッテの一番下のシルバーのやつに一番よく乗りましたが、乗りすぎて後半ボロボロになってからは、あまり乗らなくなりました。その次に乗ったのは、記憶あいまいですが、豊後スッテの中で真ん中の赤白のやつだったと思います。

間隔が2mと3mの二種類あるとは知りませんでした。たぶん3mまでは無かったと思うので2mのやつだと思います。


>おっちゃんさん

どうもこんにちは。かどや丸に乗られましたか。やっぱり、気さくで面白い船長ですよね。

スッテは私の少ない経験では2.5号の小さめが無難と思っていました。やはり船長言うように6つまでにしたほうが良いかもしれませんね。でも、数が少ないと、どのスッテを付けてどれを付けないかで迷うんですよね(笑)。

マイカ釣り、今年はかなりの当たり年みたいなので、もう一回行っておきたいですが、9月に入るとサゴシが来るらしくてスッテをみんな持って行かれたりとかで、少し心配です。
2010年08月31日(Tue) 08:33
編集
>おっちゃんさん

初めまして・・・
よろしく、お願いします。
私もおっちゃんです(笑)

情報、有難うございます。
なるほどね、来週あたり日本海でイカ釣りをと考えていますが、おっちゃんさんの情報を元に仕掛けを組もうと思います。

>カーク船長さん

再々の質問にお答えくださり、有難うございます。

数年前から豊後スッテは良く釣れるという評判は聞いておりましたが、ここまで自作の仕掛けに拘り、きっと自作でも豊後に負けない仕掛けが出来るはずとの思いでやってきたんですけど、最近気持が揺れています。

次回、釣友が豊後仕掛けを使うようなので、もう一度自作仕掛けで挑んで見たいと思います。
2010年08月31日(Tue) 14:17
編集
これを見ているとイカ釣りに電動リールは必要が無いのでは??
今年の冬(誕生日)に電動リールをおねだり予定で足りない分は自分で出すようにコツコツと貯めていますが実際の所イカ釣りだと浅い分、電動はいらない感じですか?
太刀魚やカツオなどだといったりする様な気がするんですが。。。

電動を買うと次は竿が欲しくなる、、
うむぅ~~お金が足りない(笑)

ちなみに欲しいランキングは

1、イッツソーラーの両軸リール(釣堀or船兼用)
2、電動リール(レオブリッツ500MM)
3、イカ釣りもしくは太刀魚用の船竿(あまり高価なのはパス)

ぐらいかなぁ~
釣堀竿は揃いつつあるんで今度は船にシフトチェンジ!?

なんだか船長の背中を追いかけてる気がする今日この頃です(笑)
2010年08月31日(Tue) 14:53
編集
だいさん、こんにちは。

カツオは水深浅いし手釣りのほうが良いと思いますよ。中途半端なパワーの電動リールだと大型に対応できませんしね。タチウオはあったほうが良いでしょうね。マイカはおっしゃるように無くても行けると思います。

マイカ用には今回使った「赤イカ・まいか」という竿がなかなか良かったです。これのDXとDXじゃないのとありますが、ガイドの違いです。DXじゃないやつなら3000円くらいと安いですが、なかなか良いと思いますね。
ただ、イカ釣りはスッテが消耗品ですから結構そこにお金がかかるかもしれません。ご一緒できれば道具はお貸しできるのですが、なかなか平日が難しいので・・・

マイカは毎年こんなに釣れるとは限らないみたいなので、今後のことまで考えると、面白さと手軽さと大阪湾内ということでタチウオを優先されてはどうかと思いますが、どんなもんでしょうかね。
2010年08月31日(Tue) 17:36
編集
こんばんは。豊後スッテは良く釣れると言われていますね。でも非常に高価で3000円以上しましたよね。
私も一度は買いましたが、その時は使いこなすことができずに
スッテだけを残したような気がします。
僕は最近では買うのがもったいないので、ハリス5号で枝間1,5Mの枝を7-10cmにしています。
鳥取の船では・枝間60-80の枝20cm以上で3-4本が良いと言ってました。
小浜方面の釣り方、誘い方とまた違いますね。
イカマットも手返しが悪いので使いませんでした。
なかなか難しいです。
その船長のお勧めは1,8mのべロンベロンの竿に小型手巻きリールで
0.8-1号のラインを使用し浅目の棚で勝負するように教わりました。
そんなうまくは行きませんでしたが・・・。
2010年08月31日(Tue) 21:50
編集
>おっちゃんさん

情報色々と有難うございます。
豊後スッテ、ちと高いですよね。
おまけにリーダー込みの完成品でしか売らないでしょー。
せめてスッテだけの販売があれば、ぼろぼろになったスッテと交換できるのに・・・

私も似たような仕掛け(ハリス6号、ピッチ1,2~1,5m)でやっています。

鳥取ですか・・・ところ変われば仕掛け、釣り方も変わってきますね。
2010年08月31日(Tue) 23:27
編集
おっちゃんさん、良師さん、どうもです。

たしかに豊後スッテ高いですねー。付け替え用を売って欲しいですね(笑)。それだけでなく、あまり入荷しないのか、売り切れるとなかなか入らないみたいですね。

それにしても、結局、ハリスの太さや長さはあまり重要ではないということなのでしょうかね?

豊後スッテのハリスはかなり太くて短いですよね。ハリス7号くらい?長さも2-3センチくらいで・・・黒いサルカンみたいので止めてありますし。

もう一回行けるかわかりませんが、次回はまた豊後スッテ2.5号の5連を買って、一番上に捨てスッテ、一番下にエギをつけてやろうと思っています。
2010年09月01日(Wed) 08:46
編集
>それにしても、結局、ハリスの太さや長さはあまり重要ではないということなのでしょうかね?

どうなんでしょうね・・・?
私は、イカの乗りはハリスの太さには関係ないと思ってやってますが・・・
変に細くして、ハリスにヨレが入る方を気にしています。

長さに関しては、以前にも話したように、潮の速さに応じて変えて行こうとは思っていますが、現場で変更するのもね・・・面倒くさがってはいけないのは分かってるんですが・・・

でも、エサ巻きスッテで大イカを狙う時は、40~60㎝は取るつもりです。
この釣り方は、また来年になると思います。

又、豊後使われるんですか。
豊後スッテを買われる時は、ハリス長めの和歌山バージョンとかもあるので、注意が必要です。
2010年09月01日(Wed) 15:13
編集
良師さん、どうもです。

たしかにハリスがよれるほうが悪そうですねー。

しかし、「豊後」スッテなのに和歌山バージョンとかあるというのは面白いですね。気をつけてみます。ありがとうございます。
2010年09月01日(Wed) 18:50












非公開コメントにする