カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 本ガツオの顔は拝めず・・・

本ガツオの顔は拝めず・・・

2010年8月13日(金)仲政丸@和歌山美浜

潮@三尾〜中潮 満潮〜1:27、13:42 干潮〜7:28、19:55
日出〜5:19 日没〜18:50
天気〜曇りのち晴れ  風〜南風ややあり、波〜0.5m
潮〜上り潮、9時頃から潮止まり、帰り際に弱い下り潮

(仕掛)ステンカゴにぎりこぶし大、オモリ100号、ハリス12号を2ヒロ、ヒラマサ針13号

100813shio.jpg

さて、タコ釣りが中止になったので本ガツオ狙いで予約を入れたが(リスクが高い釣りなので敢えて誰にも声はかけなかった)、前の日の晩に潮の状態が良くないのでかなり厳しいと船長から電話をもらった。こんなのははじめてだったので、余程状態が悪いのかもしれない。

しかし、サバでも釣れてのんびりできれば良いかなと思ってそのままキャンセルはぜずに乗船をお願いした。

ちなみに、12日に出船した船が1隻だけあったそうだが、日ノ岬のポイントに着いたとたんに、あまりの波でお客さんがひっくりかえって、釣りをせずに引き返したそうである。仲政丸は出船しなかったそうな。

なので、前日の様子はわからない。台風が通り過ぎてすでに海は凪いでいるそうだが、果たしてどうか。

それでも当日はお客さんが私を入れて8人いて、常連さんは1人もいなかったが、2人組と5人のグループ(初心者多数)がいた。

釣り座はこういう感じで。

100813turiza.jpg

ちょっと前までは早朝にイサギ釣りしておみやげを確保した後にカツオのポイントに移動してカツオ狙いをしていたそうだが、最近はカツオ狙いの船が多くてもたもたしているとポイントに入れなくなるそうだからカツオ狙い1本だそうである。イサギも欲しかったので個人的には少し残念・・・

さて、5時すぎに日ノ岬灯台下のポイントに着いたが、釣れ始めるのは早くても6時過ぎ、たいていは7時くらいからだということなので、5時半くらいからボチボチ開始。

良い感じで上り潮が流れていて、ちょうど私の釣り座が一番潮下になっている。期待もふくらむ。、

潮の色も良くなったそうで、これなら釣れるかもしれないと船長。期待がさらに大きくふくらんだ。

釣り開始、しばらくはゴマサバが遊んでくれるくらいである。しかし、針が大きいのでほとんどバレてしまう。たまに釣れ上がるのだけキープ。

潮が少し速く、となりの方とオマツリする。この方がしきりに「オモリ何号を使ってます?」「本当に?」と、まるで私のせいでオマツリばかりするかのような言い方で少しムッとなったが、原因は、この方の使っているカゴが大きなラークカゴなので潮の抵抗をうけて私のほうまで糸が出ているからである。

今度言われたらそう言ってやろうと思っていたら、潮がゆるんできてそれ以後は一度もオマツリしなくなった(笑)。

ちなみに、カゴの件で良師さんに聞かれてちょっと下のコメント欄で答えたが不正確だったので、ここで・・・

一番右のタイプのカゴが「ステンカゴ」だそうです、その隣の左2つのタイプは「アンドンカゴ」だそうです。

100813kago.jpg

どれでも良いみたいだが、一番左のはオキアミの出が悪いのでマダイ釣りとかのほうが良いみたい。青物狙いは目の粗いやつのほうが良さそうである。もちろん潮の流れとかによって変わるのかもしれないが。

上にも書いたようにラークカゴを使っている人もいたので、何でも良いと思うが、隣近所で違うとオマツリの原因になると思うので、可能ならば揃えたほうが良いと思う。

正直、ラークカゴよりもこの手のタイプのほうが潮の抵抗が少ないので良いと思う。ステンカゴのほうなら一応、ひねるとエサの出を調整できるタイプのもあるし。まあ微調整という程度ではあるが・・・。

さて、6時すぎてスマ(大型のヒラソーダ)が上がった。これが来ると期待できるそうである。

その後、無線でどこかの船が本ガツオを1本上げたとの知らせ。自然とテンションが高まるが、その後は音沙汰が無かった。

しばらくして、7時半くらいだったか?右舷に入った方が1.5キロくらいの(今年にしては)小ぶりの本ガツオを上げた。

しかし残念ながら船ではこの1本のみ。

100813hinomisaki.jpg

この日は日ノ岬周辺で、見えるだけでも20隻以上の船が出ていたが、たぶん上がった本ガツオは数本のみだったろう。

どうやら台風の時化でイワシが飛んでしまった(どこかへ消えた)ようで、それと一緒に本ガツオもどこかへ行ってしまったようである。

しかし、11日は変な色の潮だったのが、潮の色は良くなったとのことなので、今後はまた回復してくるかもしれない。

日ノ岬周辺で釣れるカツオはエサのイワシをたらふく食っているせいか、ものすごく脂が乗っていて美味しいらしい。食べたかったのだが、残念である。

話がそれたが、その後、本ガツオが襲来することは無く、だんだんと晴れて風もなくなりかなり暑くなってきた。

そのまま何のドラマもなくサバとマルソウダを少し追加して10時半になり終了、11時に帰港となった。

(結果)本ガツオはボーズ。ゴマサバとマルソーダを各5匹ずつ持ち帰り。極細のサバと小さめのマルソウダはリリース。

100813chouka.jpg

おみやげにアオリイカの冷凍真空パックをいただいた。恐縮です。

100813ikanoousama.jpg

釣れなかったので16日も予約しようと思ったが、直前の情報を見てからにしたほうが良いとのアドバイスをいただき、少し待つことにした。9月に入ってからのほうが良いかもしれないという話も出たが。

9月に入ると白浜沖のブイでも連れ出すかもしれないそうだ。しかし去年もそうだったが、日ノ岬周辺で釣れるカツオのほうが脂が乗っていた。エサのイワシをたらふく食っているためではないかという話である。

なので、日ノ岬周辺で釣れている間に何とか1本釣っておきたかった・・・残念。

帰りの阪和道は有田ー海南の間が暫定的に2車線になっていた。トンネル内などはポールが立ったままで車線変更できないが、2車線のおかげで渋滞はまったく無し。

いつもは車でびっしりな有田ICもこの通りガラガラ。下りはかなり渋滞していた。

100813zantei2sysen.jpg

もしかして午後からや夕方などは上りも渋滞していたのかもしれないが、少なくとも昼前は空いていて、あっという間に家についた。

あと、マルソウダをYUKA特製のタタキにしてもらったところ、かなり美味しかった。身にニンニクをなすりつけてフライパンでタタキにする。マルソウダなので念のため少し強めに火を通す。

タマネギと一緒にポン酢をかけて食べたところ、かなり美味しかった。マルソウダも一工夫で美味しく食べられるが、正直に言えば脂ノリノリの本ガツオを食いたかった(笑)。
釣り | Comments(12) | Trackbacks(-)

Comment

編集
行かれたんですね!
一か八かの釣行、お疲れさまでした。

早急にレポート載せてくださり有難うございます。
本当にこちらの知りたい情報を載せてくださり、感謝感激!
特にカゴの事など・・・・

「釣れる時もあれば・・釣れない時もある・・だから釣りは楽しい!」と申しますが、やはり、本命1本欲しかったですよね。
残念でした。

今日か明日にでも船宿に連絡をとり、16日の釣行をどうするか決めたいと思います。

重ね重ね有難う御座います。


2010年08月14日(Sat) 13:41
編集
良師さん、どうもです。

少しでもお役に立てば・・・まあ釣れなくて書くことが少なかったのですぐ書けました(笑)。

やっぱり0と1とでは大違いですね。

今日はずいぶん気配は出てたみたいですね。潮が飛ばなければもっと釣れたような雰囲気ですし、なぶらもあったようなので、16日は期待できるんではないでしょうか?

私は、翌日から仕事なので、ちょっと波がありそうなこともあり(ちょっとですが翌日に疲れが残りますので)、やめておこうかと思っていますが、爆釣しそうなら出撃するかもしれません(笑)。
2010年08月14日(Sat) 13:51
編集
12日夜太刀魚の時、ベタ凪でこれなら行けたのではと後悔してましたが、ひっくり変えるほどの波だったとは行かなくてよかったです。

カツオだめでもイサギはあるんだろうと思ってましたが、ポイント違うのですねー

私も情報ありがとうございます。

取り合えず今年1匹は釣りたいです。
2010年08月14日(Sat) 18:44
編集
それは残念ですね。
お会い出来るかと楽しみにしてましたが、状況が状況なので仕方ないですね。

今日、船宿に連絡とりましたが、船長も元気がなく、こちらのテンションも下がっちゃいました。
明日の状況を見て決めたいと思います。
2010年08月14日(Sat) 20:56
編集
>ゴリオさん

仲政丸は12日出船しなかったみたいです。

イサギ釣りがあればまだ良かったんですが、ポイントが別なので上に書いた事情からカツオ一本みたいです。カツオは日ノ岬の先端(灯台の下)でした。

あと、カツオ狙いで来るお客さんはイサギなんかいらんという人も多いみたいですね。


>良師さん

波のこともありますが、やはりボーズ連続はきついので、今回はやめておこうかと思っています。今日の釣果が爆釣なら悩みますが(笑)。

今晩に湯浅のタチウオにするか(もう遅いかな?)、明日どこかタコ釣りで出ているところがあったらタコにしようか、それか家で仕事か、また悩んでいます。
2010年08月15日(Sun) 09:10
編集
私も決して船に強い方ではないので(特にウネリに弱い)、いつも波は気にしていますが、明日はそれほど高くはならないのでは・・・

私もカツオが回って来る前は、湯浅のタチウオも候補の一つでした。
最近、数は上がり出しましたが、小型の物が増えてきているのがちょっと気になります。
夏のタチウオもあっさりしていて美味しいので、食べてみたいのですが・・・

2010年08月15日(Sun) 10:00
編集
波はそうでもなさそうですね。

実はタチウオは大阪湾のテンヤ釣りしかやったこと無いんですよねー。ただ、今晩の釣りは道路も一番混んでいそうなのと、何の準備もしていないので、無理でしたが。

私としてはタコが近くて良いのですが、出船している船があまり無いので困っています。
2010年08月15日(Sun) 11:58
編集
私はテンヤでの釣りはあまり経験がなく5~6回ぐらいで、暫くご無沙汰してます。
田辺、湯浅の天秤、もしくわ胴突きの狙い方が一番多いですが、最近は夏に1~2度行く程度。
最近は、冬の鳥羽での活きイワシを使った大タチ狙いにはまってます。

湯浅で狙うタチウオは、サバ、サンマの切り身で釣るので、勝負が早いのが特徴。
タチウオの切り身が、皮が硬いので一番餌持ちが良いですかね。

前当たりがあって、その後2~3度当たりが出て針掛かりがなければ、もう餌はありません。
誘い方は、夜釣りで水温が高いこともあり、ジギングのような上へ上への速めの誘いで乗って来る事が多いですね。

針数も多い(天秤の場合2本、胴突きの場合2~3本)ので、一番数があがります。
型は初期が大きいのが釣れる確率高いみたい。

タコ1本狙いの船って、意外と少ないのですかね。
私はやったことがないので分かりませんが・・・
2010年08月15日(Sun) 12:34
編集
結局、タコで出ている船がみつからなかったので(考えていた船はタチウオになりました)、明日は家でおとなしく仕事していることにしました。

カツオもし行かれるなら頑張って来て下さい!
2010年08月15日(Sun) 18:26
編集
そうですか、タコ釣りダメになりましたか。

私の方もカツオ芳しくないので、釣友と相談した結果、延期ということになりました。

う~ん、困った。
素直に今一番安定している日本海のイカ釣りがよいのですが、飽食ぎみで・・・
ちょっと様子みようかなー。
2010年08月15日(Sun) 19:44
お疲れ様です
編集
残念でしたね~。
釣りってギャンブル性があるからハマるのかも知れませんが…(笑)
私は昨日は久しぶりに家島の家島漁協釣堀センターに行って来ました。
カンパチ1 メジロ1 鯛8
おみやげにシマアジ1尾もらって満足でした。
やっぱり確実性を求めると、釣堀になってしまうかも知れません。
たまにボーズもあるんですけどね(笑)
2010年08月15日(Sun) 19:52
編集
>良師さん

やはり延期になりましたかー。残念ですが、今の状況ならしょうがないでしょうねー。


>KAZZさん、こんばんは!

私はギャンブルは嫌いなつもりなんですがねー(笑)。

しかし、家島の釣り堀、結構釣れていますねー。おまけに、おみやげつきとは・・・

たまには釣り堀も良いかもしれませんねー。準備と後かたづけが大変なので、腰が重くなってしまいましたが。
2010年08月15日(Sun) 21:36












非公開コメントにする