カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ イカの良さ

イカの良さ

イカ釣り・・・ここ数年は、あまり新しいことをしないつもりで、いろんなことをむしろ縮小しつつあるところだが、イカ釣りだけは今年からはじめて、はまってしまった。

何が良いかと言って、まず帰ってからが楽である。魚と違って処理がはるかにラクチンである。また、冷凍保存もきくので、少々釣りすぎても大丈夫というのもありがたい。

次に、この時期など特にありがたいのは、半夜もしくは夜釣りであるということ。日中のギラギラした太陽の下での釣りではないので、体力的にかなり楽である。

あとは、エサがいらない、アミエビとかコマセを使わないので、臭くなることが無い。ただ、スミをかけられることはあり得るので、この点だけ要注意だが、イカを目を合わせないようにすれば(笑)、大丈夫である。

それから、やっぱり美味しいということもあるだろう。スルメイカも美味しかったが、ケンサキイカは数段旨味が多いのでびっくりした。

しかし、まだ試行錯誤していることがあり、それは持ち帰り方である。

スルメイカならば、10匹くらいずつジッパー袋に入れて真水に直接触れないように持ち帰りさえすれば良かったが、ケンサキイカは、ただ袋に入れただけだとスミだらけで真っ黒けになってしまう。

シメてから少し洗って袋に入れて、冷やしすぎないようにすれば多少はましだが、それでもスミは出すし、また、店で売っているような綺麗な赤色にはならない。

だいたい、こんな感じである。

100806akaika-bad.jpg

ところが、店で売っているのはこんなに綺麗。

100808akaika.jpg

どうすれば、こんな綺麗な状態で持ち帰れるか、

ちょっと調べてみたところ、釣った後にシメてもシメなくてもどっちでも良いらしいが、死んだ後によく冷やした海水に漬けた状態にして、イカどうしが重ならないようにして持ち帰ると良いらしい。

一端は真っ白になるらしいが、帰ってからはあの赤い綺麗な色が出るそうな。ただ、味にはまったく影響が無いらしいので、見た目だけのことのようだが・・・

あと1回はアカイカ(マイカ)釣りに行って、綺麗に持ち帰ってみたい。保冷剤をたくさん持っていって海水を冷やしてそこにイカを入れて行けば良いだろう。

さて、料理のほうは、色々美味しくいただいている。シンプルにお造りやバター醤油炒め、トマトソースのパスタに入れたりなどなど。

里芋と一緒に煮物もしてもらった。

100808ika-nimono.jpg

もちろん美味しいのだが、これだとスルメイカとの違いがあまりわからないし、むしろスルメイカでキモを入れて作ったほうが良いかもしれない。

あと、美味しかったのが、「イカオクラ」である。

100808ikaokura.jpg

これは美味しかった。イカをたっぷり入れるのが良いだろう。醤油をかけてズルズルとかきこむのが美味い。写真では山芋も少し入っているが、これはあってもなくてもどちらでも良さそう。

カツオブシをかけてしまうと、カツオの風味が強すぎてイカの風味がわからなくなるので、カツオはやめたほうがよいと思う。

さて、次はタコである。タコ→イカ→タコと切り替えが忙しいが、久々にお会いする人も多いので、みんなでのんびり釣りができたら良いなと思う。釣れるかどうかは私の責任ではないので、そういうことは気にしないことにした。

ただ、台風が・・・。

久々の幹事だが、なかなか、何事も心配なく気楽に幹事はさせてもらえないようである(笑)。
釣り | Comments(4) | Trackbacks(-)

Comment

編集
持ち帰りについては、勝丸の常連さんに教えてもらいました
釣れたら海水に浸けずに、死ぬまで待つ
死んだら潮氷に30分程度浸ける
クーラーボックスに重ねずに、氷や真水に触れないよう入れる

やはり常連さん達のような、クーラーボックスに敷く、スノコが欲しくなりました
時間があれば自作してみたいものです
2010年08月09日(Mon) 12:51
編集
M飛龍さん、どうもですー。

しばらく潮氷に漬けておけば、あとは重ねなければ十分なんですね。

実は私は100円ショップでイカを乗せるカゴを買って今回持っていったのですが、使いませんでした。

次回からやってみたいと思っていますが、何か本ガツオが釣れだしたみたいなので、アカイカはこれで終わりの可能性も高いです(笑)。
2010年08月09日(Mon) 15:28
編集
やはり、見た目も良く良い状態で持ち帰りたいもの。

私も貴志丸に乗った時、常連さんにM飛龍さんのおっしゃったことと同じ事を教えてもらいました。

その後は、綺麗になったイカをジップロックに入れて持ち帰ってましたが、
クーラーの中で押されたりして、家で取り出してみると、やはり墨で汚れてました。

最近は、100均で買ったヨシズの上に乗せるようにしています。
ヨシズだと、イカとヨシズをサンド状態にして何段かに重ねられ良いのですが、
少しかさ張るのと、帰ってからしっかり洗わないと匂いが付いて難儀します。
多分、漂白剤を使えば、匂いは落ちると思いますが・・・

また、新聞紙を敷いている人を見たこともあります。
やった事はありませんが、この方法も良いのでは・・・・
後始末も楽そうですしね。

本ガツオ上がり出しましたね。
まだ、一度も釣ったことないんで、今年は狙ってみようと考えてます。

リールは500MTでいけますか?
ただ、あの強い引きに耐えられるような竿を持っていないので、
どうしようかと思っています。
思い切って、新調しようかな?
どんな竿が良いのかな???
2010年08月09日(Mon) 21:59
編集
良師さん、まいどこんにちは。

イカはスミが後でかなり臭いますもんねー。新聞紙ならあとは楽でしょうね。

カツオですが、今年はかなり大きいのがあがってますね。しかも、写真で見るとかなり太っていて美味しそう!

去年は、最初の時期2キロまでの小型で、これはタックル何でも行けましたが、後半は4キロ級を釣りましたが、このときは良いリールを持っていなかったので、手釣りでやりました。ただ、危険です(笑)。

今年は500MTでやる予定ですが、私も竿を持っていません。

ちなみに、ゴリオさんは、タナコンブルでもなかなか上がらないような大物をかけて、30分近く格闘、最後はサメに食われて頭だけ上がってきたそうです。

6キロ超級などがかかると、500MTでも微妙かもしれませんね。でもそれだけでかいと手釣りでも危ないですから、どうにもならないとは思いますが・・・まあ、今釣れているやつなら500MTで十分いけると思います。

タコが台風で中止になったらカツオになだれ込もうかな・・・天気悪いから無理!?
2010年08月10日(Tue) 08:32












非公開コメントにする