カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP哀愁 ≫ 長時間睡眠

長時間睡眠

この連休は、ひたすら眠り続けた。

連休前には咳がひどくて、特に夜になって横になるとひどくなって眠れなかった。

どうやら、横になると鼻水がノドのほうに流れて、それが刺激になって咳が出るようだった。

咳でしんどいのもあるが、毎晩ろくに眠れないのは地獄である。声もでなくなってきたので病院へ行ったらどっさり薬をくれた。

その日の晩から、薬が効いて夜にもほとんど咳は出なくなり、よく眠れるようになった。

でも、また、時々咳き込むことがまだあり、ノドの違和感もなくならず、声もおかしいままである。声がなおってもらわないと、これが一番困る・・・。

それはともかく、薬のお陰でやたらと眠たくなる。たぶん炎症を抑える薬が眠くさせている正体だとは思うが、昨日も昼寝を4時間くらいしたのに夜も普通に8時間以上も眠った。そして今日も昼から夕方までぐっすり昼寝した。

子供の頃は1日最低10時間は寝ないとダメだった。8時間だと足りないくらい。

それが、30代になって、ようやく人並みに8時間眠れば何とか1日持つようになった。最近では6?7時間でも大丈夫ようになった。

休みの日もずっと寝ていたいのに、どんなに頑張っても8時とかに目覚めてしい、釣りの翌日でも10時間以上眠り続けるということは不可能になっていた。

そういう睡眠パターンに慣れていたこの頃だったので、一晩普通に寝た後に昼寝もたっぷりできるくらい眠れるというのはオドロキであると同時に、懐かしい感じがした。

それより、早く声がもとにもどらないものか・・・。まだ咳は時々はげしく出るし、鼻水とタンが結構出る。体のだるさはずいぶんマシにはなったが。
哀愁 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする