カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ イサギ料理・改

イサギ料理・改

5月に日ノ岬沖で釣れた大型イサギはほとんどすべてメスで、はじけんばかりの卵がびっしり詰まっていた。

今回はオスの比率がずいぶん増えていて、白子のほうがパンパンに詰まっていた。メスのほうは卵が少し小さかった。

100606shirako.jpg

で、白子料理であるが、マダイの白子は結構好きなのだが、イサギの白子はどうも苦手だったのだが、旬蛸さんからバターホイル焼きというのをおすすめいただき、試してみたところ、すごい美味しかった。

レシピはYUKAがネットで探してきたもので、下にタマネギを敷いて上からネギを散らしたものだった。レモンは自家栽培の頂きものを使用。やはりこういう用途には農薬も防カビ剤も使っていないレモンが良かろう。

100606baterfoilyaki.jpg

これは美味い!

前回の白子はバターソテーにしたが、ソテーよりもこちらのほうが美味い。白子がふんわしていて食感も良く、バターやレモンのおかげかクセも抜けていて食べやすかった。

醤油またはポン酢をかけてみたが、私は醤油が良いと思ったが、YUKAはポン酢が好みだそうな。

これからはイサギの白子も宝物である。

次いで、定番の「なめろう」だが、今回は「ミソひかえめなめろう」を作ってもらった。

100606namerou.jpg

ミソが多いと飯を食い過ぎてしまうので、これだとイサギの味もよくわかるし、ミソはなるべく減らしたほうが良さそうな気がする。みりんは少し入れる。

定番の刺身。昨夜でもまだ美味しくいただけた。今年の大型は脂が乗っている。

100606sashimi.jpg

それから、アラのみそ汁・・・

100606aramisoshiru.jpg

こちらも結構な脂が・・・。なるべくたくさんのアラをぶちこむのが我が家流である。

頭や腹の部分のアラは当然として、3枚におろした骨も、血がたくさんついているところは取るが、なるべく入れる。刺身のために引いた皮も入れる。皮と身の間の旨味が・・・たぶん効いていることだろう。

ごちそうさま!

(おまけ)デザートにはYUKAの母上よりいただいた「わらびもち」を食べた。

100606warabimochi.jpg

しかし私は「わらびもち」にきなこをつけて食べるというのがどうにもなじめず、いつもきなこと出されると一悶着あるのだが・・・

きなこをつけるとバサバサになってせっかくのわらびもちの食感が台無しになると思うのだが・・・私はわらびもちは黒蜜で食べたいのに、今回は黒蜜が無かった。しょうがないから砂糖水を作ってそれにつけて食べた。

も一つだったが、きなこをふりかけて食べるよりは良かったと思っている。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
イサキはもういいと思ってましたがこれだけの料理を見せられると又行きたくなってきました(笑)

わらびもちはきなこ派です。
2010年06月09日(Wed) 19:34
編集
昨夜はイサギのムニエル・アンチョビクリームソースでした。これも美味しいですよ。

わらびもちは普通はきなこなんでしょうね。私はなかなか普通からはずれること多いので・・・

土曜日、いまのところ空いているそうです(笑)。
2010年06月10日(Thu) 08:33












非公開コメントにする