カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ イカの沖漬け焼き

イカの沖漬け焼き

敦賀にムギイカ釣りに行った時に作った沖漬け・・・

半凍りの状態で輪切りにして食ってみて、美味しかったが、好き嫌いがあるかもしれない。

まだたくさん残っているので焼いて食べてみた。

100528okidukeyaki.jpg

失禁するほどうまかった(笑)。

身にもよくタレの味がしみていたし、何より、胴体の中からしみ出してきた汁が最高!

沖漬けおそるべし!である。

やはり小型のムギイカだからということもあるだろう。固くないしほどよい大きさ。

これを食べてしまうと、多少のリスクを冒してでもまたチャレンジしなければと思ってしまう。ただし、前回のようなスルメイカの大きさになってしまってはちょっと・・・

やはりムギイカサイズが良かろうと思う。もうすぐ武庫一でも釣れるが、もし好調ならひさびさの波止釣りで沖漬け作成も考えてみようか!?

ともかく、やはりムギイカは美味いので、来年のゴールデンウイーク頃にはムギイカ情報を要チェックである。

イルカも船が多ければリスクが減るみたいだし。ムギイカがたくさん来て船もたくさん出れば、大爆釣は無いかもしれないが、イルカさえ来なければ玉砕も無いだろう。

そこで、沖漬けを大量に作って冷凍保存しておけば、しばらく楽しめる。イカは真空パックにしなくても結構長持ちするし。

あまり釣りを手広く広げるのはやめて狭めて行こうとは思っているが、ムギイカ釣りは、年に1回その時期だけという釣りの一つには入れても良さそうである。

ということで、来年の楽しみがまた一つ増えた。

  1ー2月 寒サバ、海上釣り堀?
  2?3月 中紀の寒イサギ(チャンスあればマダイ・石鯛・ヒラメなども)
  4ー5月 中紀ののっこみアジ・抱卵イサギ、敦賀のムギイカ
    6月 中紀の抱卵イサギ、半夜のメバル?
    7月 中紀のイサギ→カツオ、大阪湾(湯浅?)のタチウオ?、明石のタコ
  8ー9月 明石のタコ、貞丸のアジ、大阪湾のタチウオ、海上釣り堀?
 9ー11月 大阪湾のタチウオ、中紀のカツオ?青物?
11ー12月 アイノセのマダイ&イサギ、中紀の青物?

あとは、カワハギが良さそうな年があれば、それくらいはやりたいと思っている。
料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
あっちこっちに書きまくってすいません(笑)。

タコがきになってので

忘れてるのか、除いたのか
2010年05月31日(Mon) 17:47
編集
ゴリオさん

返事おそくなりました。あちこちにじゃんじゃん書き込みしてください!

タコ忘れてましたねー。8月くらいでしたっけ?あれも手釣りが好きな釣りです。

去年みたいに爆釣は無いでしょうが、今年もそこそこ釣れるようならはずせない釣りですね。

マダコだめな年はイイダコが良い傾向にあるみたいなので、イイダコもいっぺんやってみたいです。
2010年06月01日(Tue) 08:32












非公開コメントにする