カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP釣り ≫ 大型イサギ上向き↑

大型イサギ上向き↑

2010年5月16日(日)大型イサギ釣り@仲政丸(和歌山美浜)

潮@三尾〜中潮
干潮〜0:54、13:22  満潮〜6:26、20:15

日出〜4:58 日没〜18:55
天気・波〜晴れ時々曇り、暖かい、無風〜そよ風程度、ベタ凪
潮〜ゆるい上り〜動かず〜緩い下り 水温21℃
ポイント〜日ノ岬沖(ジャリ〜ナベ)

100517shio.jpg

さて、南紀ではイサギがぼちぼち釣れているが、数が出ているところは型が小さいそうで、去年の仲政丸で釣れたような大型ばかりがゾロゾロ釣れるということは無いようである。

なので、仲政丸のポイント(日ノ岬沖)で釣れ出すのを待っていたところ、ようやく上向いてきたそうなので、行ってきた。

ただ、敦賀のムギイカと迷いが少しあったので、予約が金曜日になってしまったが、土曜か日曜どちらかでと聞いたところ、日曜が空いているからということで日曜にした。予約は3人目とのこと。

さて、日曜日、出船は4時半とずいぶん早くなっているし、途中でガソリンを入れて行くのと、阪神高速は使わずに行くなどのことを考慮して2時に出発。

買い物やトイレその他に多少手間取り、港には4時すぎに到着したら、もう車がいっぱいだった。千代丸は12人、仲政丸も9人のお客さんであった。

急いで出船準備をするが、ここで携帯が見あたらないことに気づく。持ってきたのは間違いないので、どこかに落とした!?車の足下とか探してみたが見あたらない。ちょっと顔が青くなった。

朝の5時にYUKAにモーニングコールを頼まれていたのも無理そうであるし、写真も撮れない。

少しブルーになりつつも乗船。

釣り座の決定は予約順で私は3番目とのこと。すでに左右のトモが埋まっている。どこにするかと聞かれ、いつもはどこでも良いと言うところだが、今日は後ろのほうが良いのではと思い、少々釣り座が狭かったが左舷の後ろから2番目に入った。

見るとまわりは知った顔の方々ばかりであった。私もいつのまにかこの船の常連の仲間入りをしているのだろうか?常連風を吹かせるつもりはまったく無いのだが。

100517turiza2.jpg

さて、港を出て日ノ岬の少し南を目ざす。30分ほどでポイント到着。ここは去年に大型が爆釣したところだそうだ。

ちなみにこのポイントのことを「赤ジャリ」とか「ジャリ」と言うらしい。

まずここで釣り開始。今回は竿も持ってきたが手釣りで疲れるまでやることにした。水深が60mほどあるので手が疲れてくることがある。

というか、ひさびさの手釣りなのでこの日1日は持つとは思ったが、去年は毎週のように手釣りしていると、手がボロボロになって大変だった。

さて、アミエビ詰めて第一投。仕掛はハリス4号スキンサビキ3本針+先には空針にオキアミを付けて投入。

潮はほとんど流れていないが、かすかに上り潮である。

反応は底のほうということなので、一端鉄仮面を底まで落としてすぐに上げる(ここでもたついていると金魚みたい魚がかかってしまう)。急いで底から4m上げてそこでアミエビを出してさらに1〜2mあげたタナで少し待つ。

すると、すぐにゴンゴンという強くはっきりしたアタリ!そこから2mほどはジワジワ巻き上げて追い食いを狙うが、とりあえず第一投では1匹だけ上がってきた。30センチは間違いなくあり、また腹もパンパンの期待通りの良型であった。

そこからしばらく快調に釣れていたが。まだこのポイントの群が小さいのか、船の位置が少しずれて場所からはずれるとアタリが無くなる。

そうなると位置のやりなおし。するとまた釣れるということを3回ほど繰り返した。

しかし、だんだんとアタリは小さくなり、また良型にもかかわらず、引きも弱々しくなってきたので、何か元気が無い?

潮の色は良くなってきているのでこれから期待できると船長は言っていたが、残念ながら1時間ほどでアタリは無くなり、何しても釣れなくなった。

ここで、少し早いが、千代丸のポイントへ移動。ゴリオさんが掲示板に書いてくれていたように、仲政丸はジャリで、千代丸はナベでやってみて、良いほうに集まるみたいなパターンでやっているようである。

アンカーをひっぱったまま5分ほど移動して「ナベ」へ到着。

ナベが沈んでいるんですか?と聞いたら船長に笑われたが、もちろんそんなはずはなく、昔GPSが無かった時代に日ノ岬にあるナベ山で「山だて」していたポイントなので「ナベ」と言うらしい。

トフには豆腐みたいな形した魚礁が沈んでいるから、ナベにもてっきりナベみたいな何かが沈んでいるのかと思ったのだが・・・山の名前だったとは。アホな質問に丁寧に答えて下さり感謝である。

しばらくして、「ビッグ秀丸」という船もやってきた。釣れていないので呼んであげたそうである。

と、ここに着いて目の前にある千代丸の右舷のお客さんら見るとサバばかり釣れていてイサギはさっぱり釣れていないが、なんとこちらでは第一投目から大型が入れ食いである。

底から5〜7mの間で大きなイサギ、ほとんど30センチ以上のばかりが、ダブルもたまにありで快調に釣れ始めた。

すると千代丸の船長から「こらー、あんまり釣ったらあかーんぞー(笑)」の声が。もちろん冗談だが、ともかくここから1時間ほどは入れ食いの快調な時間が続き、サイズが大きいのでみるみるクーラーがいっぱいになっていった。

途中、中層でかなり大型の魚をかけたが、潮があまり流れていないにもかかわらず結構オマツリが多発していたので、とても走らせるわけには行かず、あっけなくハリス切れしてしまった。

カンパチだろうという話だったが、本ガツオもまわってきているみたいだったので、ともかく残念であった。空いている日なら獲れたかもしれない。

その後もイサギは好調で、私はサバが釣れず良型のイサギのみ快調に増えていった。

時計を見るとまだ9時前で、今日は大爆釣かなー、などとうかれていた。

しかし、携帯をなくしたせいでYUKAにモーニングコールできず、彼女は結構心配性なところがあるので、予定通りに電話しないと私が事故を起こしたとか海に落ちたとか勝手に妄想して不安がらせてしまうので気が気じゃなかったが、無いものはしょうがないので、釣りに専念した(笑)。

まあまあお客さんが乗っていたので、オマツリがたまにあった。幸い私は深刻なのは1回くらいしか無かったのだが、オマツリしまくりの方もおられたようである。

右舷に乗っていた1名の方が、「オマツリ製造マシーン」のようになっていて、その方を中心に前後左右のいろんな人とオマツリしていた。特に、Oさんとはしょっちゅう、KさんやNさんともしばしばオマツリしていた。不思議と私とは1回だけだったが。

たしかに釣り座の間隔は余裕があるというほどではなかったが、風も無く潮もかなり緩いのにどうしてそんなにまつるのか不思議でしょうがなかったのだが・・・どうも、やたら長い仕掛を使っている?糸を出し過ぎる?わからないが、Kさんはかなりご立腹だった。

イサギ釣りで釣れない時に仕掛を長くするのは、私も最初の頃にやったが、私の経験から言うと、これは逆効果のほうが多かった。

まず、オマツリしやすくなるし、また、撒きエサと仕掛が同調しにくくなる。

本当に食いが悪い時は、たしかに仕掛を長くして、オキアミを付けたりしないと食わないのかもしれない。一応それ用の全長4m二本針という仕掛も持ってきてはいる。

しかし空いていれば使えるが、それなりにお客さんが乗っていると、どっちみちオマツリしてバラしたり迷惑かけたりするから無駄である。なので、私はむしろ枝の数を減らして仕掛を短く2mくらいにするようにしている。

このほうが撒きエサと仕掛が同調しやすい。ただ、鉄仮面が空になるとまず釣れないので、手返しは早くしないといけないが・・・。

同調させるのが無理と思ったら、先を空針にしてオキアミを付けてやれば、多少は楽できる。

と、そんなことを再確認しながら、9時過ぎくらいからはアタリが遠のき、ぽつり、ぽつりという程度。サバがたまにかかるくらいである。

緩かった潮も完全にストップし、徐々に下り潮になっていった。

その後11時くらいまで私はゴマサバがごくたまに釣れるくらい、それもやたら痩せているのでリリースばかりであった。

イサギは船上でも単発で釣れるくらい、厳しい時間が続いた。釣れるポイントが狭くなったのか、船がひしめきだしたので、朝のポイント(ジャリ)にもどって少しやってから帰ることに。

私としては、ほぼ満足していたので、このまま帰ってもらっても良かったのだが、ジャリで何匹か釣れれば言うこと無しなので期待して移動。

ジャリに到着、2〜3回船の位置を修正したが残念ながら食いは立たず、私は1匹も釣れずに11時半で納竿となった。

(結果)持ち帰りぶん・・・イサギ41匹、ゴマサバ3匹

100517chouka.jpg

40匹と思ったが、家でゆっくり数えなおしたら41匹いた。他に小さめのイサギを3匹リリースしたが、いつもなら持ち帰っているサイズである。

釣れるイサギが全体にあまりに大きいので、20センチを超えても小さく感じられてリリースしてしまった。もったいなかったかな!?流しがてんこもり。

100517nagashitenkomori.jpg

何とオドロキ、30センチ以上が18匹、28〜30センチが14匹であった。

ちなみに敢えて比較のために24センチのイサギをメジャーのすぐ上に置いているが、かなり小さく見える。24センチと言えばこの時期のイサギ釣りのレギュラーサイズで、決して小さいほうではないのに。

100517bignormal.jpg

ゴマサバ持ち帰り3匹は1匹だけまあまあ、2匹はやせている。やせたのは他に3匹ほどリリースした。

100517gomasaba.jpg

前半と後半の食いの違いがあまりにも大きすぎて後半ダレてちょっとそこだけ残念だったが、量的には十分釣れたし楽しめた。

ナベのポイントでばかりやることが多くて、こっちばかりできあがってきたみたいだが、これからジャリのほうもできあがってくると本格化するかもしれないので楽しみである。

さて、携帯を無くしたのでとりあえずコンビニまで行って公衆電話からYUKAに電話した。誰かひろっているかもしれないので、ちょっと電話してみてとお願いして車に戻ってみると、携帯が鳴っている!

ポケットにも入っていないし、足下にも落ちていないのでどこかで落としたと思っていたが・・・いつもと違う場所に収納していたのを忘れていただけで、無事に携帯はあった。

せっかく、ナベ山の写真とか釣り風景とか釣果の写真を撮りたかったのに携帯を無くしたと思って獲れなかった。残念である。

今回釣れたのは不思議とメスばかりであった。12匹のうちメスが11匹、大きめはすべてメスで、小さめの1匹だけがオスだった。

100517kokko.jpg

最初にメスが群を作って後からオスがやってくるのか、はたまたメスが最初に食い気を出して釣れただけなのか、イサギの生態についてはどうなっているのだろうか!?不思議である。

そう言えば去年、オスばかり釣れた時があった。たしかどちらかと言うと終盤のほうだったと思うので、やはり最初にメスが釣れ出すものなのだろうか!?

さらに、去年は抱卵イサギは脂がのっていなくて身がパサついていたが、今年は違った。結構脂が乗っていて塩焼きにしてもめちゃウマ!だったのげ感激。

刺身にしても皮下脂肪が付いて白くなっている。刺身もナメロウも激ウマ!脂大好き人間のYUKAにも大好評だった。

100518sashimiabura.jpg

もうちょっと食いが本格化してから行った方が良いとか掲示板に書いたが、やっぱり早く行ったほうが良いかも(笑)。

今の大型イサギ、ものすごい美味しいです!
釣り | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
私も20日は手釣りからスタートしようかな?

どんどん釣果が伸びていってますね~!
後は天候次第という感じです・・・雨は降ってかまわないのですが波風はちょっと・・・
2010年05月18日(Tue) 17:27
編集
手釣りのほうがアタリとりやすかったりとか、竿先を見ないので酔いにくいなど、いくつかメリットあると思いますが、船酔いに関しては、糸をもつらせたらアウトなのでそこだけリスクありますし、風の強い日だと注意が必要です。

食いがかなり上向いてきたので、少々荒れても竿でやっても、十分釣れるかと思います。

本当にサイズが良いのばかりなので、20-30匹も釣れれば楽しめますし、おみやげバッチリですよ。そして美味しいです。

では、みなさん頑張って来てください!
2010年05月18日(Tue) 17:42
編集
>つったどー丸さん

楽しみにしていましたが、私が耐えれる波ではなさそうなので今回はやめます。

折角声を掛けて頂いてたのに申し訳ありません。

つったどー丸さんの連絡さき知らないでこちらですいません。
それと見てくれてるか心配なので返事お願いできますか

数も上がりだしたのに残念です。
2010年05月18日(Tue) 22:08
編集
おや、ゴリオさん、それは残念ですが、確かに波はまあまあありそうですね。まあ、まだシーズン開幕したばかりですから、今後もチャンスあるでしょう。

つったどー丸さんはブログされてますので、見ているかどうか心配でしたらそちらにも書き込みされれば確実かと思います。

つったどー丸さんのブログ「釣れたらいいな」は私のHPのリンクのページにのっています。
2010年05月18日(Tue) 22:23
編集
ありがとうございます。
つったどー丸さんのブログに書き込みしてきました。
2010年05月18日(Tue) 23:18
編集
>ゴリオさん

わざわざすみませんでした。
お逢いした時にメルアド交換しましょう。

>ゴリオさん・船長

クッションゴムまでは購入したのですがイサキ仕掛け(針の部分)は買ってません。
ご自分で作って行かれるようですが市販されている物でお勧めなどございましたら教えてください。
後、オキアミ等は買っていったほうが良いのでしょうか?

カツオやカンパチの回遊があるようなので釣堀の青物仕掛けも忍ばせて行こうと思ってます(笑)
2010年05月19日(Wed) 01:52
編集
船長・みなさんご無沙汰しております。

最近、職場で席替えがあってなかなかサイトが見れなくなっていました。

>ゴリオさん
来られないのですか?
お会い出来るのを楽しみにしていたのに・・・残念です。
いつも仲政丸の釣果欄で写真を拝見しているので、
片思いをしている高校生の気分です。

>師匠
波あり、雨あり
ゴリオさんも、しんすけさんも欠席みたいですし(><)
過酷な漁になりそうですね。
今回も撒き餌は撒かせて下さい。
手釣りにするのですか?体力が心配

>船長
なかなかご一緒出来る機会がないですね。
ポン酢渡せずにいますけど、
もう鍋シーズン終わってますね
すみません

2010年05月19日(Wed) 08:10
編集
>つったどー丸さん
では、仕掛について、今日中に記事として書くことにしますので、しばらくお待ち下さい。

>ネレウスさん
どうも、おひさしぶりです。
夏でもナベしますので、楽しみに待っています(笑)。
都合会うようでしたら釣りもご一緒願います。
では!
2010年05月19日(Wed) 08:45












非公開コメントにする