カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP自然と科学 ≫ みのもんたの脳科学

みのもんたの脳科学

最近読んだ本の中に面白いことが書いてあった。

ニンテンドーDSなんかの「脳トレ」は、たとえて言えば「みのもんたの脳科学」だとのこと。

もともと言ったのは、私がうさんくさいと思っている茂木健一郎氏みたいだが、別の人の書いた本に茂木氏がそう言ったと書いてあった。意外にまともなことも言っているようである。

その意味は、みのもんたの(もう終わったが)お昼の番組で、彼がよくやっていた「ちょっと奥さん、これを食べると長生きできますよー」的なレベル、「これをやると脳が鍛えられるんですよ」と言うレベルの話だと。

脳科学と言っても脳研究には実に幅広い学問分野がたくさんある。いわゆる世間一般で最近広く言われている「脳科学」に一番近い本物の研究分野としては「認知脳科学」というのがそれにあたるようである。

でも、この分野は脳研究の中でもまだまだ少数派である。研究者人口も圧倒的に少ない。当然のことながら、成果も少ない。にもかかわらず、「脳研究」と言うと、世間にはこの分野だけ異様に広く取り上げられている。比較的専門知識が少なくても(専門用語など知らなくても)話ができるからかもしれない。

その「認知脳科学」をまじめに研究している専門家の間では、世間に流布されている脳科学を「お茶の間脳科学」と言って区別している人もいるようだが、この「お茶の間脳科学」もしくは「みのもんた脳科学」について、科学的に事実と証明されているものはほとんど無い、従来の怪しげなハウツーものに、ただ脳科学と入れただけのレベルのものばかりだそうだ。

例えば「脳トレ」や「ゲーム脳」など、これは比較的まともそうなものだが、これらのいずれも、科学的に証明されたと言えるレベルには無いそうである。

「脳トレ」の開発者はちゃんとした研究者だが、彼自身も自分の論文の中で、脳トレをやって脳が鍛えられる(この表現も何を言っているのかあいまいだが)のは、脳トレそのものの効果でない可能性もあると書いている。

それなのに、商品化されたものの「根拠」となる情報をマスコミや広告会社が大量散布する段階になると、イメージ、わかりやすさ、面白さ、そして何より売らんかなの商売が優先され、事実がねじまげられてしまう。

まるきり政治の世界に関する言説と同じことがおこっているわけである。あちらはイデオロギーや偽善がからんでいるからもっと複雑であるが・・・。

話をもどして、脳トレやゲーム脳その他、「お茶の間脳科学」が「科学」でなければ科学者がどうこう言う問題ではないし科学的に考える必要はかならずしも無い、

たとえば、占いやオカルト、宗教や自己啓発セミナーなど、科学とは関係ないものならば科学的に考える必要など必ずしも無いものだが、脳科学は、いちおう脳「科学」と言っているからには、科学的に考えて科学的に立証されたものでなければ、拙速に流布すべきでないようにも思う。

しかし、マスコミという大量情報散布機関を通してしまうと、丁寧な説明は不可能になり、扇情的、視覚的、単純、低俗、そして何より「売れる」もの、が優先されておかしくなってしまう。

効果が科学的に証明もされていない、どこかに小さく「個人の感想です」と書いてあるような健康補助食品が広告の力によって爆発的に売れるのもまた然りである。

政治の世界でも同じである。どうでも良いスキャンダルネタや嫉妬としか思えないような言説(低俗、扇情的)、首相のルックスやもしゃべり(視覚的)、わかりやすいが内容空疎なワンフレーズ(単純)、広くばらまくような政策(売れる)ばかりがマスコミで取り上げられていることを見れば、まったく同じ構図がそこにもあることは明らかである。

マスコミや広告代理店など、情報の大量散布機関を通して人々が物事を判断しているうちは、政治にしろ何にしろ、間違いばかりを繰り返す。世の中、良くなるはずが無いことは、一部の人には明白なのだが、情報の大量散布にどっぷり使ってしまうとわからないようである。

しかし、数から言えば、気づいている人間のほうが圧倒的に少数なため、多数の人たちからは、はっきり言って変な人扱いであろう。が、私はそういうのには慣れている。

みんな、人のことを勝手に解釈してわかったつもりになり、「あいつは○○なのだ」などと適当なレッテルを貼って多数の仲間同士で満足しているのである。かわいそうな人たちがかわいそうでないほうをかわいそうと思っているのかもしれない。
自然と科学 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする