カーク船長の娯楽日記

周回軌道上から地球を眺めつつしたためた恒星日誌
ホームページへ     
TOP料理 ≫ マダイ西京漬けも最強に近い!

マダイ西京漬けも最強に近い!

メダイの西京漬けというものを頂き、その美味しさにびっくり。釣った魚はいろいろ料理してもらったが、西京漬けというのも良いもんだとわかった次第。

ということで、自分が釣ることのできる魚でできはしないかと考えてみたところ、ふと思い立ったのが釣り堀で釣れる真鯛である。マダイとメダイ、名前もなんか似ているし(笑)。

ただし、どうしてみそ漬けをかを今までしなかったかと言うと、実はずっと昔に一度やって大失敗しているからである。

釣り堀で釣れたマダイでみそ漬けとかす漬けの両方をたくさん作り、それが大失敗、とても食えたものじゃない出来で、結局ほとんど捨ててしまった恐ろしい過去がある。

だから、それ以来みそ漬けもかす漬けも怖くて作れなかったのである。しかし今回、旬蛸さんにちゃんと教わって、釣り堀のマダイで作ってみた。

基本は西京味噌100gにたいして酒とみりんを各大さじ1ずつだが、しゃもじですくってトロっと落ちるくらいを目安にして味噌だれ?を作った。ので、実際には酒・みりんともに各大さじ2強となった。ミソの固さによるだろう。

好みによって合わせ味噌にしたり醤油を入れたり柚皮を入れたりとかのバリエーションもあるようだが、今回は基本に忠実?ともかく、西京味噌と酒とみりんだけにして作ってみた。

100322misoduke.jpg

これで3日間冷蔵庫でつけ込む。

なかなか良さそうな感じの色になっていた。

100325tukariguai.jpg

早速焼いて食べてみると・・・ウマ?イ!これは、メダイ西京漬けに巻けないうまさだった。

100325saikyouyaki.jpg

ということで、今回は大成功。早速残りを真空パックして保存した。これでマダイの料理方法が一つ増えた。

100325saikyoustock.jpg

ただ、頂いたメダイの西京漬けと比べると、ジューシーさでかなり負けていて、少しだがパサつきぎみだったため、最強とまでは言えない出来だった。これが魚の特徴なのか作り方の問題なのかわからないので、とりあえず次回はもうちょっと作り方を工夫してみようとは思っている。

最近思うのだが、やっぱり魚は焼いて喰うのがうまい。塩焼き、干物、ムニエルといずれも焼いて食べると香ばしさも出るし、皮も美味しく食える。

西京漬けもまた然りである。

ぜいたくな話だが、刺身はちょっと食い飽きてきたし、熱を加えることで旨味が活性化されるから、焼いて食うのが最近は気に入っている。

ただ、やはりあまりごちゃごちゃいじくりすぎず、適度に調理して喰うのが美味いと思う今日この頃。西京漬けなんか、丁度良いぐあいである。

と、今回、釣り堀のマダイもやはり美味しいことを再発見したので、1?2ヶ月に1回は釣り堀も行こうかと思っている。目玉魚種にもたしかに惹かれるが、釣り堀は私にとってはやはりマダイを釣りに行くところ、マダイに魅力を感じなければ重い腰も上がらない。


ところで、ミソ漬け、今回とてもおいしくできたが、では昔にはなぜ食えないほど大失敗したのか!?

たぶん、あまりよく調べずに適当に作ったためであろう。それも、YUKAではなく私が全面的に作成にあたった。

酒だけでみりんを入れなかった気がするし、味噌ダレやカスダレがとにかくかなり固かった記憶があるし、あと、魚を三枚におろしただけの状態で、その上からタレをぬりたくった記憶がある。それで、魚の表面だけがカチカチになった割に味がしみておらず、ただ酒臭いだけだった記憶がある。

今回作ってみて、ミソダレはそれなりの柔らかさが必要とわかったし、魚の身はある程度の切り身にしてつけたほうが浸かりやすいのだろうとわかった。

さて、次は「幽庵焼き」にチャレンジしてみるか!?

料理 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
船長!コッチは娘を連れて、生まれて始めての海の釣堀デビューを来月あたり考えています。
淡路島の由良に新しい釣堀が出来たので考えているのですが…また決まったらご指導賜ります。
釣りビジョンとか見ていてもなかなか難敵そうですね。
2010年03月28日(Sun) 00:03
編集
おおー、あの海人(カイト)とか言うところですかー。あちらの人気具合はどうなんでしょうねー。

三重や和歌山の人気釣り堀だともうなかなか予約とれない状態みたいですから(予約とれればご案内させていただきたいくらいですが・・・)、数日前でも予約取れるようならそのほうが良さそうですね。やっぱり釣り堀でも雨とか暴風はきついです(笑)。

釣り堀の人気ってなんだかんだ言ってもやっぱり放流する魚ですよね。魚の量・質・種類・取り扱い方。私は一番気になるところです。

淡路島の釣り堀はそこらへんどうなのか。6月すぎると高速も高くなるみたいですし、4月の暖かい日にでもいっぺん行っておくのは良いかもしれませんね。私も少し気になります。

たいしてご指導などできる能力もありませんが(釣り堀ではスタンダードな浮き釣りが苦手です)、私にできることありましたら何なりとお申し付け下さい。
2010年03月28日(Sun) 10:29












非公開コメントにする